June 09, 2012

「音楽のジェットコースター」

 先月のPACの定期の感想も、まだでした。^^;
 金聖響指揮のマーラーの7番だったのですが、無難な演奏という印象だったと思います。演奏が始まる前に“レディースルーム”へ行くと、おばちゃま方の本音の批評がとびかっていることが多いのですが、好みの問題で関西人受けしないのだろうな…という気がします。でも、もちろん演奏終了後は、拍手の嵐でしたよ。私も、コンサートマスターが豊嶋さんで、ソロもたっぷり聴けたし、大満足でした。
 難をいえば、1楽章のテノール・ホルン(たぶん)が、びしっと決まって欲しかったなというところでしょうか。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2012

♪ミカンの花が~

 5年前の秋に買った温州ミカンの木にツボミがつきました。アゲハの幼虫のためだったのですが、この何年かナメクジがイチゴ以外の植物も次々と枯らしてしまい、農薬を使ったせいですね。卵を産み付けに来なくなってしまいました。^^;
 そのおかげというかミカンの木も、一回り大きく育ちました。

001

 今月のPACの定期演奏会の感想が書けてなくて気になってましたが、実は、まだプログラムも読めていません。ちょっと落ち着かない状態が続いていたこともありまして。
 とりあえずは、先週の土曜に来期の通し券を確保することができました。会員ですから一般発売の前日に予約できるのですが、朝から電話をかけ続けること4時間で、ようやくつながりました。去年と同じく、一階席で残っていたのは、真ん中のブロックなら最後列か中ほどの列の端っこです。本当にどうなっているのでしょうね。2000席あるホールの三日分(B、C席は金曜から)を予約するため、一斉に電話をかけるのですからそんなものなのでしょうか。
 でも、その人気を裏付けるように、その前の週の日曜にあった、4月の定期演奏会は盛り上がりました。立ち上がって拍手してもいいくらいの雰囲気だったのではないでしょうか。
 プログラムはドヴォルザークのチェロ協奏曲とベートーヴェンの「運命」と、おなじみの曲です。チェロ協奏曲はソリストさんのチェロの音色はもちろんのこと、コンサートマスターの豊嶋さんのソロとの掛け合いが絶妙でした。後半のベートーヴェンの運命も、あー、この曲って本当にコンサートマスターの腕にかかってるなどと。これはもしかして偏った感想かもしれませんが、強く思いました(笑)。

 この当日、余裕を持ってホールに入れる時間の電車に乗ってましたが、駅に着いて改札階に上がるエスカレーターの手前にきたときです。前におられた年配の男性が、その場で倒れられました。すぐ後ろの男性が支えられたので、エスカレーターに巻き込まれるのは防げました。わりと体格のよい方なので、私もいっしょに抱えて後ろへ腰をおろしてもらいました。
 意識は、しっかりされていて、大丈夫だからといわれるのですが、エスカレーターの途中で、もう一度倒れられたら大変なので、駅員さんが来られるまで説得していました。
 そのあと、そのままホールに行けば、よかったのですが、午前中に家を出てから、お茶いっぱい飲んでなかったもので、近くのスタバに珈琲を買いに寄ってしまいバカですね。佐渡さんのプレトークを聞き逃してしまいました。^^;
 そして休憩になって飲みそびれた珈琲を持ってホワイエのベンチに座った途端、タンブラーを落としてしまいました。フタがはずれなかったので、床にこぼれずには済みましたが、口のネジの部分が綺麗に割れて二重になった容器の外側がはずれ、内側の容器にもヒビが入りました。傾けると漏れそうなので、結局、そのまま家まで持って帰りました(トホホ)。

 書き出したらキリがないというか、気にしなければ、それまでの程度のことですが、想定外のことが続き、疲れました。家まで無事帰り着いただけでも感謝なんですけど。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2012

「人生はただ一度きりです。だからこそ誠実に堂々と生きなくてはならないのです」

 これも記事にするのが遅れてしまいましたが、今月のPACの定期演奏会の感想です。勝手に私が思っているだけなので、口にしていいものかという気持ちが少しありました。
 今回は、震災から一周年なのでプレトークがあって、その時刻に合わせて黙祷をされるんじゃないかと思っていたので早めに席に着いてました。それが特にアナウンスもなく、定刻になると楽器を持たずに前半の曲の演奏者の方々、続いて指揮者さんがステージに出てこられました。そして、実際に多くの方々が亡くなったのは、その時刻よりあとなのだから、こういう形にしましたと説明がありました。
 タイトルは今回の演奏曲が、新交響曲として公開リハーサルされるときに、ショスタコヴィッチが聴衆に語った言葉だそうです。詳しくはサイトの曲目解説に書かれています。
 去年の4月のチケットの売り出しの時には曲目は決まっていましたから、この日に合わせて選ばれたものかはわかりませんが、死を強く意識させる曲です。それがソリストの女性の演奏が終わったあとの陽気な姿は、ひどく対照的でした。
  後半は曲の雰囲気も全く違うのですが、2曲を通して指揮者さんが全身で表現されているように見えました。言葉には出せないけれど、悲しんでばかりいないで元気を出してと。
 忘れてはならないことが本当にいっぱいあるけれど。

 そうそう書き忘れてました。井上氏のポケットチーフが真紅だったんです。もちろん、お衣装は、どなたも黒でしたが。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

「森と湖の神秘の国」

 最近、何かで聞いたことに、PAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期会員は4000人超だとか。芸文センターの大ホールは2141席で、定期演奏会三日分ですが、残った席も、毎回ほぼ完売だそうです。^^

009
 西宮に着いたら良いお天気だったので、えっ?という感じでした。当日は、曇り空で気温も低くなるような予報でしたから、演奏会前にブラブラ歩くのはやめておいて、ホールの近くのショッピングモールに寄ることにしていました。そして今月はオール・シベリウス・プログラム(→曲目解説)で、指揮者さんもフィンランドからお見えになります。そんなことで、お昼ご飯もフィンランドつながりのお店のランチと決めていました(笑)。
 フィンランド料理というと、「世界一まずい」と言った人がいるそうなのですが、私にとっては豊かな食の記憶の一つです。
 以前、こちらに映画の「かもめ食堂」の日本版のようなお店がありました。フィンランドに留学されていた店主さんが、向こうで食べられた家庭料理を、たぶん見よう見真似で始められたのではなかったかと。
 何となく覚えている、初めて食べた耳慣れない名前のお料理は、ほとんど味のついていない、ボイルしただけのソーセージだったような…。それでも、何年も続けていかれるうちに、美味しいコース料理を出される評判のレストランとなり、メニューに並ぶザリガニやトナカイといった食材に異文化を楽しませてもらいました。残念ながらどちらも季節商品で、いただく機会がなかったのですが。
 初めてそのお店に行ったときは、まだ中学生でしたが、子供だけでも入ってもいいことになってました。今思えば近所だからというだけではなく、店主さんへの信頼だったのでしょうね。大人になってから知ったことに、フィンランドへ留学生を送るお世話や友好活動もされていたようです。
 中学生のことですから、珈琲しか注文しないで、延々とおしゃべりしていたと思います。でも、嫌な顔もせずに長居させてくださっていたのですね。
 最後に、そのお店のお料理を食べたのは、もう20年ほどになります(閉店されました)。今でも時々思い出すのは、よく熟したトマトをキンキンに冷やしただけのサラダです。お昼の6000円くらいのコースでしたが、白いお皿に盛り付けられた真っ赤なトマトの色と味だけが記憶に残りました。
 そして、この日のランチに食べたのは、サーモンとポテトのグラタンです。一口食べた瞬間、ずっと前に食べた「フィンランド料理」の味を思い出しました。ごく普通のグラタンなので、何が違うといわれても説明できないのですが。
 今でも、ロンドン・ローマ・パリほどは、お気軽に旅行できないでしょうけど、ムーミンの故郷として想像をふくらませた「森と湖の神秘の国」は、少し身近になったでしょうか。^^

 PACの定期のお客さんは、いつでも惜しみない拍手を送られるので、反応が分かりにくいところがありますが、今回も、良い演奏だったのではないでしょうか。私はフィンランドの自然のイメージがふくらんだカレリアが一番好きな演奏(曲)でした。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

「永遠のロック少年」

 クラシックじゃないコンサートに行くなんて、本当に久しぶりです。^^
Osakajo_hall_2
 プレイガイドのモニターに当選して、チケットをいただきました。お余りの席だから、どんなところかなと思ってましたが、悪くないです。遠くても正面ですし、モニターもよく見えます。
 詳しくないので、内容について書けることがなくて残念なのですけど、ノンストップで歌って演奏して、52歳だなんて思えない(ホイットニー・ヒューストンの訃報の直後だから尚更)パワフルな2時間10分でした。
 名前は知らなくても、この曲(→YouTube)は聞いたことがあるのでは。客席から上げられた女性(神戸から来られた英語の先生だそうです)といっしょに歌ってハグしてと、すごく気さくな方のようですね。はぁ~、帰り道もまだ夢心地でした。^^
Bryan_adams_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2012

「人の栄華は草の花のよう」

 新しい林檎のオモチャに夢中で、更新が…。^^;

 月曜まで、それほど寒くはなかったのですけど、火曜日から深々と冷えてきています。大寒だった日曜は、中国のお正月にあたる春節の前日ということで、大晦日だと思ったらいいのでしょうか。何かイベントがあるようにJRの情報紙に紹介されていたので、神戸は元町の、南京町をのぞきました。
 それで、人出は確かに多かったですね。でも、龍や獅子舞の出し物は夜になってからのようでした。そんなことで写真は、↓下の1枚しか撮ってません。

 湯気の上がった点心を横目に商店街を通り抜け、引き続いて次の目的地にテクテク歩きました。
 私は本好きというより、本屋フェチなんでしょうね。本の匂いをかぐとワクワクします(笑)。で、今回は、その元町にある本屋さんに行きました。海の本コーナー、港町グッズ、古本コーナーなんかもあり、新旧入り混じったニオイのするお店です(くんくん)。
 広いフロアーで、売り場は2階まで。いまどきのメガ書店に、品揃えは負けますけど、他にない雰囲気があります。階段の踊り場には、作家さんのサイン入り色紙が何枚か展示してありました。え~っと、いしいひさいちさんと、あとは…忘れました。^^;
 結局何も買わなかったので、また行きたいですね…。ブックカバーがオリジナルの船の柄なんだそうで、是非ゲットしたいです。^^

 来た道を引き返し、あわただしく途中の中華屋さんでランチを食べて、高架下のお店をキョロキョロしながら阪急の三宮まで戻って、西宮北口へ移動です。

 今月のPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期演奏会は、1月ですからレクイエムです。ブラームス作曲のドイツ・レクイエムということで、何となく重い曲を想像していたのですけど、何だか違いましたね。歌詞は確かに「天に召されたものは幸いです」なんて、本当に魂を鎮める歌です。でも、とても前向きな曲という雰囲気がしました。
 生き生きとした演奏なのですね。そして、とにかく合唱が上手でした。特にテノールはグレゴリアンを思い出すような美しさです。最後に合唱の指導者の方が出てこられたときに、とても感激されているようでした。練習、大変だったのでしょうね…。去年は誰にとっても、何も思わないことのない年でしたから、思い入れも強かったでしょうし。 本当に、限りある命だということも、嫌というほど思い知らされました。

 今月のプログラムに、1月29日(日)の21:00~21:57のEテレ「オーケストラの森」でPACの特集が組まれるように載っていたのですけど、番組表を見たら別の番組のようです。何か変更があったのでしょうか?^^;

※追記:2月19日に変更になったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2011

「平和と連帯を歌い上げる」

 昨日は第九の演奏会に行ってきました。こちらである演奏会はアマチュアの合唱団のことがほとんどです。一度プロの合唱で聴きたいな…なんて思っていたのですが、どうしてどうしてお上手でびっくりしました。

C111211top
 大友さんの指揮で京響が演奏されるのですから、A席でも5000円という料金は当然です。でも決して安くはない料金で早くに完売するって、毎年楽しみにされている方がおられるのでしょう。それを運よく、いただけることになって感謝です。
 アマチュアの合唱団だと年配の方が目立つような印象がありましたが、遠目では若い方が比較的多いように見えました。ビギナーでも入団OKとされていますし、合唱経験者が揃っているということでもなさそうです。練習をしっかり頑張っておられるのでしょうね。
 本当に、いい演奏会でした。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 10, 2011

師走の風

 昨日は、チケットショップで前売りを買って、久しぶりに映画を観て帰ろうと思っていたのですが、売り切れていました。2100円払うなら、こんな寒い日に帰りも遅くなるし、あわてて観ることもないかな?と思って予定変更です。

51favomkztl__sl500_aa300__2 その足で、調べたいこともありましたから本屋さんへ。で、面白い付録がついた雑誌を1冊買いました。ベートーベンの第九のCDなのですが“四代巨匠が集う珠玉の名盤”だそうです。指揮者がカラヤン、クリュイタンス、ラトル、フルトヴェングラーの順に1楽章ずつ(演奏はそれぞれ別のオケ)で1曲になっています。
 やっぱり圧巻は4楽章ですか、男性ソリストに合唱も素敵ですね。これに使ってあるフルトヴェングラーのCDが欲しくなる、というか4枚とも欲しくなる上手な企画かもしれません(笑)。ラトル以外は1950年代の古い録音ですが、ちょっと聴いた限りでは全然ノイズもないですし、技術の進歩を感じます。
 記事の方も特別企画として「名曲・名演奏で新年を迎える」というタイトルで、先月、行きそびれた演奏会の指揮をされていた下野竜也さんのインタビューも載ってます。近日中に第九を聴きに行けることになったので、この記事を読んで予習することにします。^^

 新年号ですもんね。かなり盛りだくさんな内容です。展覧会情報を見ると、先月、こちらの美術館で観たルドン展が東京でも開催されるそうなのですが…、料金に目が行きました(笑)。京都駅ビルにある美術館は、もともと料金が安く、JR・駅ビル関連のカードの提示で割引価格になりますから600円でした。それが同じ内容で1400円になってますね。東京の人はかわいそう。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2011

「時間を超えた各国からの音楽大使」

 タイトルはPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期演奏会プログラムの「3分でわかる今回の聴きどころ ―ロシアと旧ソ連を代表する2人の作曲家が、壮大な音楽世界へ誘う」より拝借いたしました。
 今月の指揮者のシュテファン・ザンデルリンク 氏はサイトに掲載のお写真から受ける印象より恰幅のよい方で、一瞬、七福神の布袋さんを連想してしまいました。
 ピアノのアレクサンダー・コブリン氏は知的なイケメンソリストですか。途中、厚手のタオルハンカチを出され、拭うというのではなく、ゴシゴシと顔の汗をふかれたのが妙に新鮮です。^^

 演奏曲はチャイコフスキーのピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調op.23とショスタコーヴィチの交響曲 第15番イ長調op.141で、すごく極端な曲の組み合わせでしたね。これから何かを頑張らないといけないときにチャイコンは聴くことがあります。景気づけですね(笑)。
  それで、今回のチャイコンですが、用意ドンでピアノが走り出したあとを、オーケストラが追っかけてるという感じで、壮大というより一気に駆け抜けたような、何とはなしにせわしなく感じました。^^;
 ショスタコーヴィチの15番は、初めて聴いたのですが、1楽章はともかく、後半は気持ちを沈めたいとき、本を読んだりするときに聴くのもいいかなと思いました。変わった構成の曲なのに、まとまりのある世界を見せてもらったような。チャイコンのときには大きなイビキが聞こえていました。それが、曲が静かになればなるほど客席が指揮者さんに集中していったように思います。 
 あと、チェロのゲスト・トップ・プレイヤーの方が、とても存在感のある音色でした。ソロで弾かれた瞬間、お隣の方がカバンからプログラムを取り出して見られたくらい(笑)。10月の室内楽シリーズにも特別ゲストとして出演されてますね。
 今回のプログラムに神戸新聞の方のコラムが掲載されていて、その中に「楽団員が次々と入れ替わる制度は珍しく賛否両論あるのも事実」と書かれています。それは、そうかもしれませんが、それプラス世界中の楽団の方がゲストとして演奏に参加されることで、毎回、とても新鮮な気持ちで聴くことができます。そして、このホールでの演奏会が私達にとっても世界との接点となっていることは確かです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

いよいよ開幕!

 昨日は、毎年恒例の京都の秋音楽祭開会記念コンサートに行ってきました。“市民400名を抽選でご招待”に応募しましたが、去年に引き続きハズレです(自分で買えばよいことですが)。それが、忘れた頃に友達から招待券のおこぼれをもらえることになりました。
リストのときはピアノのフタで指揮者さんが隠れてしまうほどの1階のセンターの良い席です。^^

 演奏曲はリストのピアノ協奏曲第1番変ホ長調とチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」第2幕(全曲) です。
 まずは市長のご挨拶に続き、オープニングのファンファーレ(デュカス/舞踊音楽「ペリ」から)です。広上淳一さん指揮の京響の演奏は、式典にふさわしい晴れやかな演奏ですね。ピアノ独奏の田村響 さんも瑞々しい演奏です。立派な経歴の方ですが、まだ24歳なんですね。たくさんの拍手にも、はかんだような笑顔で控えめな印象でした。
 市長はくるみ割り人形が始まる前に退席されましたね。お忙しいでしょうから、仕方のないことですが。こちらも、それぞれの楽器の持ち味を生かした演奏で、管楽器のソロが上手でしたね。楽団の方は実年齢より若く見えられことが多いように思うのですが、実際に以前より若い方が目につきました。
 アンコール曲はチャイコフスキーの弦楽セレナーデからエレジーです。

 終わってすぐに、地下鉄の駅に向かうと混むので、ブラブラ一駅向こうまで歩きました。先にかなり降っていたようですが、この辺りに来る頃には雨足が強まってきていました。鴨川の水位が上がって河川敷が水没しています。こちらで、こんな状態では紀伊半島が心配ですね。
007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧