« January 2012 | Main | March 2012 »

February 28, 2012

春を告げる

 いかなご漁解禁です。
キラキラ播磨灘 春告げる漁…イカナゴ解禁》(2012年2月27日 読売新聞)
021
 解禁日の昨日に、近くのお店で買ったのですけど、1㎏980円と安値でした。この何年か不漁続きでしたから、嬉しいニュースかもしれませんね。
 夕べのうちに炊いておきましたが、まだ小さくて柔らかいので、パリッとはなりませんでした。でも、それはそれで好きなので、かまわないのですけどね。はい、ともかく、来年も豊漁となることを今から祈っておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

「森と湖の神秘の国」

 最近、何かで聞いたことに、PAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期会員は4000人超だとか。芸文センターの大ホールは2141席で、定期演奏会三日分ですが、残った席も、毎回ほぼ完売だそうです。^^

009
 西宮に着いたら良いお天気だったので、えっ?という感じでした。当日は、曇り空で気温も低くなるような予報でしたから、演奏会前にブラブラ歩くのはやめておいて、ホールの近くのショッピングモールに寄ることにしていました。そして今月はオール・シベリウス・プログラム(→曲目解説)で、指揮者さんもフィンランドからお見えになります。そんなことで、お昼ご飯もフィンランドつながりのお店のランチと決めていました(笑)。
 フィンランド料理というと、「世界一まずい」と言った人がいるそうなのですが、私にとっては豊かな食の記憶の一つです。
 以前、こちらに映画の「かもめ食堂」の日本版のようなお店がありました。フィンランドに留学されていた店主さんが、向こうで食べられた家庭料理を、たぶん見よう見真似で始められたのではなかったかと。
 何となく覚えている、初めて食べた耳慣れない名前のお料理は、ほとんど味のついていない、ボイルしただけのソーセージだったような…。それでも、何年も続けていかれるうちに、美味しいコース料理を出される評判のレストランとなり、メニューに並ぶザリガニやトナカイといった食材に異文化を楽しませてもらいました。残念ながらどちらも季節商品で、いただく機会がなかったのですが。
 初めてそのお店に行ったときは、まだ中学生でしたが、子供だけでも入ってもいいことになってました。今思えば近所だからというだけではなく、店主さんへの信頼だったのでしょうね。大人になってから知ったことに、フィンランドへ留学生を送るお世話や友好活動もされていたようです。
 中学生のことですから、珈琲しか注文しないで、延々とおしゃべりしていたと思います。でも、嫌な顔もせずに長居させてくださっていたのですね。
 最後に、そのお店のお料理を食べたのは、もう20年ほどになります(閉店されました)。今でも時々思い出すのは、よく熟したトマトをキンキンに冷やしただけのサラダです。お昼の6000円くらいのコースでしたが、白いお皿に盛り付けられた真っ赤なトマトの色と味だけが記憶に残りました。
 そして、この日のランチに食べたのは、サーモンとポテトのグラタンです。一口食べた瞬間、ずっと前に食べた「フィンランド料理」の味を思い出しました。ごく普通のグラタンなので、何が違うといわれても説明できないのですが。
 今でも、ロンドン・ローマ・パリほどは、お気軽に旅行できないでしょうけど、ムーミンの故郷として想像をふくらませた「森と湖の神秘の国」は、少し身近になったでしょうか。^^

 PACの定期のお客さんは、いつでも惜しみない拍手を送られるので、反応が分かりにくいところがありますが、今回も、良い演奏だったのではないでしょうか。私はフィンランドの自然のイメージがふくらんだカレリアが一番好きな演奏(曲)でした。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2012

♪粉雪舞う季節は~

 9時ごろまでは日陰を歩くとパリパリと音がしましたが、積もった雪も、あっという間に解け始めてしまい、ちょっと残念。^^;
022
 でも、まだチラチラ降ったりしてますし、気温が低いので、夜になると道が凍ったりするでしょうね。寒くても京都は、この季節が一番美しいかもしれません。お出かけは雪支度で。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「真冬の厳しい寒さが続きます」

 weathernewsのLive Cameraによると、このときの気温がマイナス1℃。夜の間、降り続いた雪が、車の屋根や植え込みの上に1、2センチ残っています。でも、いいお天気ですね。^^
014
 明日の最低気温はマイナス4℃の予報。今日の私は、冬ゴモリ?^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2012

「永遠のロック少年」

 クラシックじゃないコンサートに行くなんて、本当に久しぶりです。^^
Osakajo_hall_2
 プレイガイドのモニターに当選して、チケットをいただきました。お余りの席だから、どんなところかなと思ってましたが、悪くないです。遠くても正面ですし、モニターもよく見えます。
 詳しくないので、内容について書けることがなくて残念なのですけど、ノンストップで歌って演奏して、52歳だなんて思えない(ホイットニー・ヒューストンの訃報の直後だから尚更)パワフルな2時間10分でした。
 名前は知らなくても、この曲(→YouTube)は聞いたことがあるのでは。客席から上げられた女性(神戸から来られた英語の先生だそうです)といっしょに歌ってハグしてと、すごく気さくな方のようですね。はぁ~、帰り道もまだ夢心地でした。^^
Bryan_adams_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

NO MORE FUKUSHIMA

 最近、ネット上で、よく見かけるポスターです。当たり前ですけど、無断転載不可なので半分だけ隠してみました(あまり意味ないですか)。^^;
 下のポスター展のサイトに掲載されていますので、そちらを是非ご覧ください(189番です)。
No_more_fukusima

 反原発ポスター展というのが去年の秋にあって、そちらに出品された作品ですね。私は、手前にある雑誌で、この作品を知りました。あまりお店に並んでいるのを見かけないので、Am●zonで買う方が確実かも知れません。
 本当に、見た瞬間ドキッとしましたね。小さな子どもさんを抱えたお母さんの表情が、胸に迫るものがあります。

 この本に寄稿されるため、昨年の11月14日から12月8日までの間、作者の和田誠さんが日記を書かれています。そして、そのポスター展当日のものもありますが、作品については特に触れられることもなく、淡々とその日にあった出来事だけがつづられています。
 でも、11月21日に篠山紀信さんの震災の爪跡を撮られた写真展「ATOKATA」の内覧会に行かれたときのことです。

 どれも非常にきれいな影像だ。「あの悲劇を美化している」と感じる人がいるかもしれないが、それは誤りだ。きれいに写ったすべての影像の中に悲しみが溢れている。きれいに撮れた風景は現実であり、その中に悲劇があることを捕らえた見事な仕事だと思う。

 これは、和田さんの作品にも通ずることだと思います。日記によると和田さんは、被災地へ何か支援がしたいけれど、「結局ぼくには絵を描くことしかできない」ということで葉書サイズの絵を200点描かれたのだそうです。その素敵な絵も掲載されていますので、機会があれば、この本もご覧になってください。とてもほのぼのとした可愛い作品ばかりです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2012

♪大きくなって天までとどけ~

 この冬は、バタバタしていて植木の冬越しの手入れを何もしないままでした。バオバブは南の国生まれのわりには耐寒性があるので、うちのベランダの寒さくらいなら、それほど心配はないのですが、今年は特別です。最低気温が連日氷点下の予報でしたから、立春を前にして、あわてて室内へ避難させました。^^;
 そろそろ2本ある背の高い方が、私の背丈くらいになってきたので、スペース的に室内へ入れるのを迷っていました。5℃まではOKなんだそうですが、この一番寒くなる時期を外で過ごさせるのもちょっと心配です。
 でも、なかなかたくましいです。よく見ると、早々と新芽が出てきています。^^
020
 去年の夏に、一回り大きな鉢に植え替えをと抜いてみたら、まだ余裕があったのでやめておきました。そのおかげで運ぶのも、まだそれほど大変ではありませんでした。大きくなって欲しいけれど、里子に出さないといけなくなるのも困るし…。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »