« December 2011 | Main | February 2012 »

January 28, 2012

大人買い(笑)

 一つ前の記事に書いた「オーケストラの森」の日程が分かったので、そのお知らせを兼ねてクイズです。^^
だいぶ前に買ったので、もう売ってないでしょうけど、ペットボトルの飲み物のオマケで、有名な音楽家6人のストラップです。041 カ●ピスソーダ学園の吹SODA楽部なんだそうで、水玉模様の衣装です。吹奏楽で、この6人の組み合わせは、不思議な気もしますが、人気の音楽家ということなのでしょうか。手に持っている楽器もあまり意味はなさそうです(笑)。
 右側の3人は髪型に特徴があるので、分かりやすかったです。一番左はマーラーかと思ったのですが、袋から出してみると和服を着ていました。^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2012

「人の栄華は草の花のよう」

 新しい林檎のオモチャに夢中で、更新が…。^^;

 月曜まで、それほど寒くはなかったのですけど、火曜日から深々と冷えてきています。大寒だった日曜は、中国のお正月にあたる春節の前日ということで、大晦日だと思ったらいいのでしょうか。何かイベントがあるようにJRの情報紙に紹介されていたので、神戸は元町の、南京町をのぞきました。
 それで、人出は確かに多かったですね。でも、龍や獅子舞の出し物は夜になってからのようでした。そんなことで写真は、↓下の1枚しか撮ってません。

 湯気の上がった点心を横目に商店街を通り抜け、引き続いて次の目的地にテクテク歩きました。
 私は本好きというより、本屋フェチなんでしょうね。本の匂いをかぐとワクワクします(笑)。で、今回は、その元町にある本屋さんに行きました。海の本コーナー、港町グッズ、古本コーナーなんかもあり、新旧入り混じったニオイのするお店です(くんくん)。
 広いフロアーで、売り場は2階まで。いまどきのメガ書店に、品揃えは負けますけど、他にない雰囲気があります。階段の踊り場には、作家さんのサイン入り色紙が何枚か展示してありました。え~っと、いしいひさいちさんと、あとは…忘れました。^^;
 結局何も買わなかったので、また行きたいですね…。ブックカバーがオリジナルの船の柄なんだそうで、是非ゲットしたいです。^^

 来た道を引き返し、あわただしく途中の中華屋さんでランチを食べて、高架下のお店をキョロキョロしながら阪急の三宮まで戻って、西宮北口へ移動です。

 今月のPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期演奏会は、1月ですからレクイエムです。ブラームス作曲のドイツ・レクイエムということで、何となく重い曲を想像していたのですけど、何だか違いましたね。歌詞は確かに「天に召されたものは幸いです」なんて、本当に魂を鎮める歌です。でも、とても前向きな曲という雰囲気がしました。
 生き生きとした演奏なのですね。そして、とにかく合唱が上手でした。特にテノールはグレゴリアンを思い出すような美しさです。最後に合唱の指導者の方が出てこられたときに、とても感激されているようでした。練習、大変だったのでしょうね…。去年は誰にとっても、何も思わないことのない年でしたから、思い入れも強かったでしょうし。 本当に、限りある命だということも、嫌というほど思い知らされました。

 今月のプログラムに、1月29日(日)の21:00~21:57のEテレ「オーケストラの森」でPACの特集が組まれるように載っていたのですけど、番組表を見たら別の番組のようです。何か変更があったのでしょうか?^^;

※追記:2月19日に変更になったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2012

春節祭

春節祭
 お祭りは明日からですが、通りはいっぱいの人で賑わってます。

春節祭
 この募金箱は元町一番街にありました。さすが港町神戸、色色な国のお金が入っていてインターナショナルです。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2012

りんご記念日

 今さらですけどiPadを買いました。

005
 96年にMacは買ったことがあるので、初めての林檎製品というわけではありません。アンドロイドのタブレットでさんざん迷いましたが、面白そうな使い道をみつけられそうなので。お父さんグッズもしっかりもらって嬉しいです。^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 08, 2012

ランドマーク?

 寒くって冬眠状態(?)…更新をさぼりぎみです。^^;
 素材に使う写真を撮らないとダメだったんですが、午後から曇っていて半分あきらめながら出かけました。ちょっと暗めですが、撮れなくもないかなという感じですね。
Photo
 普通の町並みですが、建物が合成されているように見えませんか?(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2012

足元を見つめなおす…

 最近、新聞を読んでもビビッと(死語?)くるような記事に出会わないのは、大きな悲しいできごとが続き、私が鈍になってるから…と思ってました。大新聞の宙に浮かんだような話を読んでも、全然実感がわかないのです。

 かつて未曾有の大震災だった阪神大震災を経験した神戸からだからでしょうか、新年の社説に、しみじみと思うものがありました。
「抗議者」/足元見つめ直し、社会を変える》(神戸新聞 2012/01/01掲載)

 大災害と原発事故に見舞われた年がゆき、新しい年が明けた。喪失感から抜け出し、希望の持てる年にしたい。
 期待するのは若者たちだ。雇用不安に所得格差。社会のひずみを訴える若者の怒りが昨年、世界中で渦巻いた。アラブ諸国では独裁政権を倒し、欧米ではマネー社会に警鐘を鳴らす力になった。
 日本は、私たちの足元はどうか。政治も経済も勢いを失い、内向き志向が目立つ。時代が大きな曲がり角を迎え、新たな価値観が求められている。たくましく生きる若者が現れてほしい。
(中略)
 最近、海外に出る若者が少なくなったといわれる。昨年暮れ、東京の国連大学でフォーラム「激動の世界と日本‐若者よ元気を出せ」が開かれた。海外を目指したいという声の一方で、就職活動に響くため躊躇(ちゅうちょ)するといった声も聞かれた。
 今の日本社会は若者の進路の選択肢まで狭めている。「縛り」はなくせないものか。若い人たちの視野を広げるためにも、就職前にボランティアなどを内外で体験する仕組みがあっていい。
 松平さんは学生時代に思いきって海外に出た一人だ。若い時にしかできないことを経験したい。そんな思いからだ。
 原点は学生時代のイラク戦争にある。この流れを変えねば、と反戦デモに参加した。「抗議者」の一人だった。
 そんな松平さんを過疎の町が迎え、元気を取り戻している。地域社会も変わっていくに違いない。

 同じ地方紙のこちらにも
再生の年に  被災地と共に未来築きたい》(京都新聞 2012/01/01掲載)

 福島県のコメ農家が、やり場のない怒りをぶつけた。「除染して新しい土を持ってくればいいというものではない」
 先祖から受け継ぎ、大事に養ってきた田んぼの土。原発事故による放射能汚染が、人びとから大地を奪った。
(中略)
 エコノミストの水野和夫さんは、福島第1原発事故に「近代史」の終わりをみている。近代の爆発的な成長を支えてきた技術の進歩神話が崩れ去ったからだという。
 1973年の石油危機から中国など新興国の台頭に至り、利潤を求め膨張を続けてきた資本主義に限界が見えてきた、との指摘も出てきている。
 超円高とデフレに苦しむ日本を襲った震災と原発事故。この国難を抜け出すのに、これまでの「成長」を前提とした思考やシステムでいいのか。根本的に問い直す時期に来ている。
 景気回復が必ずしも賃金の上昇につながらない経済構造。大都会に資金と人材が集中し、地方が衰退している現実を、何とかできないか。
 21世紀は「脱成長の時代」と言うのは水野さんだけではない。ゼロ成長でも持続可能な社会を模索したい。
 その中心となって担うのは地域だ。エネルギーや生産、消費、金融、医療・介護などを備え、利益やサービスが循環する。そこで欠かせないのは、地域の自治であり民主主義だろう。
 東北の復興地と共に、未来の地域を見すえる年にしたい。

 その時々には、いつも精一杯できることをと思って過ごしてきたつもりでしたが、何だかな…と思う年頭です。はい、まだまだ縮こまってなんかいられません(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2012

あけましておめでとうございます

Illust1142_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »