« 祝2000号 | Main | 「幼虫は極めて多食性」^^; »

November 03, 2011

「夢見る世紀末」

 今日がお休みだと思うと、ちょっと元気が出たので、昨日は帰りに美術館「えき」に寄りました。前知識は何もなしでしたが、駅に貼ってあるポスターの絵が気になっていたもので。
 それでですね。眼福という言葉が浮かんだくらい、好きな雰囲気の作品ばかりでした。モノクロの銅版画やリトグラフも良いのですが、色味が入ってからのものの方が好きです。
 「ルドンとその周辺」ということで、同時代の作家の作品にゴーギャンやムンクのものがありました。どうりで警備が厳重です。
 そのわりに、あまりPRされてないので会場は空いていて、もう息がかかりそうなほど接近し、堪能させていただきました(笑)。
 というのも最近、近視の度が進んだようです。ブリューゲルではないですが、大きな虫眼鏡が欲しくなるような作品も何点か。^^;

 図録もすごく綺麗な装丁で宝物になりそうです。早く読みたいけれど、まだ、ラッピングを取っていません。^^2011_11030004

|

« 祝2000号 | Main | 「幼虫は極めて多食性」^^; »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夢見る世紀末」:

« 祝2000号 | Main | 「幼虫は極めて多食性」^^; »