« 深みにはまって、さあ大変? | Main | お星様になったpinさん »

November 12, 2011

「響きあう美の世界」

 絵の資料のつもりで買いましたが、お二人の往復書簡が紹介されていて、こんな綺麗な日本語があったんだと感心することしきりです。
011_5
 表紙も画伯の代表作の一つの「冬華」がエンボスになっていて、とても美しいです。
 最近、煩わしいことが続いたので、明日はどこかでお茶でも飲みながら、ゆっくり読みたいです。^^

 あっ、後ろにあるのは、会員サービスでカップ型のブックマーカーが抽選で当たりました。ささやかな幸せです(笑)。

|

« 深みにはまって、さあ大変? | Main | お星様になったpinさん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

この本よさそうですね、私も読んでみます。

Posted by: donna(kokoni) | November 14, 2011 10:12

四国の坂出にある東山魁夷せとうち美術館も良かったですよ。機会がありましたら是非。^^

Posted by: winter-cosmos | November 14, 2011 20:18

トラバ送ります
読んだ後、とても清々した気持ちになりました

Posted by: donna | November 23, 2011 11:13

ありがとうございます。

綺麗な本でしょ。^^

Posted by: winter-cosmos | November 23, 2011 12:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「響きあう美の世界」:

» 川端康成と東山魁夷 [ここどんな町]
winter-cosmosさんのぶろぐ/緑の森を楽しく歩いた で紹介されていた 川端康成と東山魁夷―響きあう美の世界 を読んでみました ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 川端作品の表紙は東山魁夷作 だったのです まだ若い頃から画家を厚遇していたようです 書や骨董絵画などにも造詣が深かった作家が “家にあそびにいらっしゃい”と言えば 持っている書画などを見せるために呼ぶ という事ですね 手紙の写しもそれぞれのページに載せられてい... [Read More]

Tracked on November 23, 2011 11:12

« 深みにはまって、さあ大変? | Main | お星様になったpinさん »