« 「帰ってきた江戸絵画」 | Main | 「時間を超えた各国からの音楽大使」 »

October 17, 2011

「和ガラスの神髄」

 連日、10月の半ば過ぎとは思えない陽気ですね。昨日は西宮に行くついでに、神戸の旧居留地にある市立博物館へ足をのばしました。
 「和ガラスの神髄 ―びいどろ資料庫名品選」、半月ほど前だったか朝日の紙面に紹介されていたので、10月の神戸ブラブラ歩きの候補地に決めていました。^^
007 旧横浜正金銀行(現 三菱東京UFJ銀行)の建物を利用した、素敵な博物館です。展示室前のステンドグラスも港町神戸らしいですね。もう1枚どこかに所蔵品の銅鐸をモチーフにしたものがあったようですが、そちらは見逃しました。^^
002
 江戸時代の初めに入ってきた文化とともに持ち込まれた、ヨーロッパの美しいガラスに魅せられた人たちの努力の歴史という感じです。
 そのお手本となったヨーロッパのガラス製品が常設展示の中に数点ありました。今回、お披露目になった作品たちも、本当に美しいのですが、この時点では、やっぱり完成度が違うかな…とは思いました。
 作品ごとに製法が詳しく解説されていて、それが一番の収穫です。熱くて、きっと私は辛抱できませんが、チャレンジしたらはまってしまいそうな気はします(笑)。

|

« 「帰ってきた江戸絵画」 | Main | 「時間を超えた各国からの音楽大使」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「和ガラスの神髄」:

« 「帰ってきた江戸絵画」 | Main | 「時間を超えた各国からの音楽大使」 »