« ♪帰ってきたぞ~ | Main | いよいよ開幕! »

September 15, 2011

旅の宿から…

 11日のPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の第45回定期演奏会(曲目解説) の感想がまだでした。ストラヴィンスキー : 組曲「プルチネルラ」、 ショスタコーヴィチ : ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 op.35 、 ラフマニノフ : パガニーニの主題による狂詩曲 op.43 、 ファリャ : 「三角帽子」第1・2組曲 と、いつものことながら盛りだくさんでした。
 圧巻だったのはなんと言っても若干14歳のニュウニュウ君です。プログラムの写真は少し前のものでしょう。今は身長も180㎝もあるそうで、風貌も幾分お兄さんになられています。終始、余裕の笑みをうかべて、必死で弾いてるなんてところは微塵も感じられません。
 初めのうちは、上手だけれど、迫ってくるものがない?なんて思ってしまったのですが、パガニーニの主題による狂詩曲の有名な第18変奏は、ただただ美しく、周りでも思わず声をもらしてしまった人がありました。
 PACのアンコール曲は三日間を通してカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲だったようですが、ニュウニュウ君については金曜日がショパンのエチュード作品10-12“革命”で、土曜日がフェリックス・アーントのNola(知らない曲です)。そして日曜は坂本龍一のenergy flowです。弾きはじめられたときに、正直、え…?と思ってしまいました。さんざん、指がよくまわるところを見せてもらったあとだっただけに。
 この曲がCMで流れてヒットしたときにピアノピースもすごく売れて、どこの楽器屋さんでも平積みにしてありました。そんなに難易度の高くない曲ですから。ただ、当時、流れていたものよりはテンポを早めて随所にアレンジがしてありました。
 やっぱり、すぐ書かないとダメですね。もう、ほとんど忘れかけてます。^^;

 この日のお昼に携帯で撮ったけれど、見つからなかった写真です。今日も、出先で撮った写真が何枚か行方不明です。何日かしたら、ひょっこり出てくるのでしょうか?
002

|

« ♪帰ってきたぞ~ | Main | いよいよ開幕! »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/52713794

Listed below are links to weblogs that reference 旅の宿から…:

« ♪帰ってきたぞ~ | Main | いよいよ開幕! »