« 「でんきを消して、スローな夜を。」 | Main | 難を転ずる? »

June 12, 2011

「深夜まで本降りの雨」

 京都府庁です。1904年(明治37)に竣工され、ルネサンス様式の本館は創建当時の姿をとどめる現役の官公庁建築物としては日本最古。現在は国の重要文化財でありながら、執務室や会議室として使用されている云々。とにかくご自慢の建物です。^^
013_2
 今日は、その府庁近くの中信美術館へ。
 「九兵衞のまなざし~清水九兵衞没後5年~」ということで、陶芸展かと思って来てみたら、彫刻が中心でした。立方体の展開図のようとでもいったらいいでしょうか。クリスタルガラス、木材に和紙を貼ったもの、それにアルミでできた立方体が組み合わさってできた造形です。あとで受賞暦を拝見すると第一回ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞とあります。市内の何箇所かにあるオブジェが氏の作品だということも、いただいた図録で分かりました。大変な失礼を。^^;
 陶芸作品は「截土容黒燿金彩壱輪挿」が数点展示されていました。かなり不思議な形でしたから、お花をいけた状態も見てみたいものです。

 無料で見学させていただいているので少し紹介させていただくと、預金量1兆円達成を記念して設立された財団で、1年に3人ずつ芸術家を顕彰してこられて24年になるのだそうです。その選考委員に名を連ねられていた九兵衞氏の没後5年ということで、今回の展覧会開催の運びとなったようです。
 銀行にお金を預けても、スズメの涙ほどにも利息もつきませんし、ティッシュ一つもらうこともなくなりました。本当に小さな美術館ですが、こんな形で地元に貢献していただけることは嬉しいです。次回は今月末から1ヶ月の会期です。
046

 帰りにお香屋さんに寄りました。箱の中に専用の台がセットされていましたが、先月の弘法さんで買った猫さんの台を使いました。
021
 3時頃から雨の予報でしたから、かけあしでお買い物も済ませての帰り道、まだ2時前でしたが、ポツポツと雨が降り始めました。明日も一日、降ったり止んだりのようですね。

|

« 「でんきを消して、スローな夜を。」 | Main | 難を転ずる? »

京都」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

こんにちはhappy01
 府庁は御所の近くなんですね
 ルネサンス式でなかなか、風情を感じられます。
 京都中央信用金庫bankの美術館art
 ティシュだけでなく、こういう展示会もいいですね。
 うちの近くの銀行もやっているのかな・
 お香はどういうかおりなのかな?
 渦巻きだと、
 一瞬蚊取り線香かとおもってしまいました。coldsweats01
  

Posted by: pauchin | June 12, 2011 at 18:54

pauchinさん、こんばんは。

展覧会、お近くの銀行でもしているといいですね。

お香に興味がおありでしたら、お店のサイトをのぞいてみてください。詳しくのっていますから。

Posted by: winter-cosmos | June 14, 2011 at 22:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/51924919

Listed below are links to weblogs that reference 「深夜まで本降りの雨」:

« 「でんきを消して、スローな夜を。」 | Main | 難を転ずる? »