« May 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

「 水無月祓(みなづきのはらえ)」

 6月30日は水無月を食べる日といっても、それはお菓子屋さんの表の貼紙で意識する程度のことなのですが(笑)。
 スーパーに売っていた山○製パンのお買い得商品です。大きくて小豆がどっさりで迫力です。^^;
019 お茶は水出しの緑茶にしました。今週に入ってから、本当に暑くって、早々と夏ばて気味です。頑張って、何でも食べておかないとダメそうです。

 こちらは、何ていう鳥でしょうね。今日も、朝から地震のニュースです。町に小鳥がいると、今のところ大きな地震は大丈夫かな…と思って見ていました。仲睦まじくしているように見えたので、ハート型にしようかと思いましたが、七夕が近いのでお星様にしました(笑)。
Tori

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 26, 2011

「ふくらむ夢」

 今日は、携帯の機種変更をするつもりで出かけましたが、お店によって条件が全然ちがうのですね。地デジではないですが、周波数の変更の関係で来年の7月までに変更するようにと通知がきているからなのに、今日、行ったお店は驚くような値段だったので、やめておきました。今の携帯に不具合があるわけではないので。

(追記:今日(27日)、携帯電話専門のお店で説明を受けて納得がいきました。昨日は家電の量販店に行ったのですが、説明しきれていなかったということのようです。ともかく、今、急いで替える必要はなさそうです。)

 帰りにかわいい買い物をしました。「ハートの種ついてます」が目にとびこんできたもので。
 ティーバッグの紅茶にふうせんかずらの種がオマケでついてます。午前中に他のお店で新しい紅茶を1缶、買ったばかりだったのですが、いいでしょう。腐るものではないですから。ただしフウセンカズラの蒔きどきが6月なので、間に合うかな…というところですね。^^

032
 パッケージに花言葉が書かれていて、「ふくらむ夢」だそうです。ちょっと憂鬱なもので、そんな気分ではないのですが。^^;

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 25, 2011

100パーセントの恋愛小説?

 会員証の更新に行き、1本レンタルしてきました。小説の方も、少し前に古本屋さんで、まだ綺麗なハードカバーを見つけて買ったところでしたし。
41fxlh3modl__sl500_aa300_
 映画の方は1967年に高校生だった主人公たちの無邪気な姿から始まり、やがて大人の恋へと発展していくのですが。内容については超ベストセラー小説ですから説明するまでもないのかもしれませんね。
 こんなお話の映画は、いくつか観たような気がします。でも、生々しく描かれているわりには、生活感の乏しいところが、一昔(二昔?)前のものとは違いますか。
 やたら露骨なセリフばかりが際立っているようで、心象風景とバックを流れる美しい音楽が、なんとか小説の世界を表現しているのかなとも。
 今日のお天気のような、じっとりとした空気が絶えずまとわりついているようでした。まだ、原作はパラパラと見ただけなので何とも言えませんが、風合いが全然違うような気がします。それとも、もう少し読んでみれば、この映画にも納得がいくのでしょうか。^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2011

時を刻む

 暑いです。陽射しも強くて焼けますね。^^;
 時計の電池とベルトを交換に行って、サービスで扇子をもらいました。
006 わりと、しっかりした品物なので嬉しいです。カバンに入れているとすぐに傷んでしまいますが、これでひと夏くらいは大丈夫でしょう。
 この時計も買ってから、何度ベルトを交換したか…。時計そのものは、もう十分に減価償却してますね。1000円くらいの時計を1年で使い捨てにすることを思えば、まだ倍くらいの年数をつかわないとダメですが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2011

「夏の朝の夢」

 取り込む家から足が遠のくように、震災後、日本を訪れる外国人は半減した。音楽界でも来日の中止や延期が相次ぐ中、きのう2組が公演日程を終えた。喝采は、「約束」を果たしたことへの感謝で増幅された

 これは昨日の朝日新聞の天声人語ですが、日曜の演奏会も、その通りだったかな…と。

第44回定期演奏会
マーラー : 交響曲第3番 ニ短調(曲目解説
指揮・芸術監督/佐渡 裕
メゾ・ソプラノ/ミシェル・デ・ヤング
共演/マーラー・チェンバー・オーケストラ
女声合唱/オープニング記念第9合唱団
児童合唱/大阪すみよし少年少女合唱団
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

 本当に長い曲でした。うちにある小澤征爾指揮ボストン響のCDは97分11秒です。プログラムには1時間30分を超え、ギネスに「世界でもっとも長大な交響曲」として掲載されていたと書かれています。これを休憩なしで演奏されたのですから。^^;
 何というか、1楽章は、風に飛ばされた楽譜を拾い集めた順番に演奏している?(変な感想でゴメンナサイ)その散らばったものを、美しいヴァイオリンのソロが銀の針と糸のようにスイスイと縫い合わせてつないだという印象でした。
 マーラーの交響曲は本当に複雑な構造で…と京都コンサートホールの杮落としのコンサートで8番を指揮された井上道義氏がインタビューで話されていたことを思い出しました。合唱があるからか、この曲が8番のサンプルのように、何となく思えたのもそのせいかもしれません。
 6楽章は5番のアダージェットを思わせなくもない美しい曲ですが。そのフィナーレに近づくにつれて、指揮者の横に座られているソリストのミシェルさんの表情が、素晴らしく晴れやかで満足気に見えました。プレトークのときに佐渡さんが、外国人アーティストが来日を見合わせておられるなか、よく来てくださったとおっしゃってました。プログラムは1年前には決まっていたものですが、そのときには日本でこんな大変なことが起きるなんて想像もつかないことだったでしょうから。
 今回、ポストホルンとか珍しい楽器のソロがあったりしましたが、1階でも、かなり後ろの席でしたから、あまり見えませんでした(近眼の度が進んだ?)。次のシーズンは逆にかなり前の端っこです。予想どおり申し込みの電話が全然つながらなくて良い席が残ってませんでした(悲)。^^;

 この日、西宮北口の駅前にビッグイシューの販売員さんがおられました。いつも来られていたそうなのですが、気がつかなかったようです。今月の表紙とスペシャルインタビューはダニエル・ラドクリフ君で、特集は「原発よ さようなら ~市民がつくる賢い電力網~」です。^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2011

「週明けも傘の花」

 鮎です。安い養殖ものですが、一応、夏の風物詩ですね(笑)。この間、佃煮にしておいた山椒といっしょに炊きました。

001_2
 今日は、昼間、西宮まで出かけましたが、予報では雨に注意ということだったので、ブラブラ歩きはなしです。お昼前にゆっくり出かけて、これは圧力鍋で、さっと炊いておきました。帰ったときには骨まで柔らかくなって味もなじんでいます。

 明日からの1週間は晴れ間のない日が続くようですね。毎日、蒸し暑いので、気休め程度ですが、昨年に引き続き風鈴を設置しました。クリックして涼を感じていただけると幸いです。^^;

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 17, 2011

「忙しくても遊べる!1日1分簡単♡ガーデニングゲーム」

 かわいい花を買いました。40㎝くらいの背丈のポット苗ですが、まだ少し大きくなるようです。しそ科の多年草で耐寒性もあり、育てやすく大株に育つとか。021 可憐な姿に似合わず「燃ゆる思い」などという花言葉です。まっ赤な花びらの種類があるからでしょうか。
 自転車なので倒して折らないようにと、お店の方がしっかりガードしてくださったので無事にたどりつけて良かったです(笑)。

 ココログのIP(インターポット/仮想空間のお庭造り)に参加されている方は、リアルでも園芸が趣味の方が多いです。立派なお庭で本格的にされている方もあれば、ちょっとしたスペースで楽しまれている方も。そんな方のブログめぐりの中で、この花を紹介されている方がありました。名前は忘れたけれど「ウサギのよう」と書かれていて、かわいいな…と思っていたら、帰り道に通りかかったお花屋さんの店先に出ていました。これも、ちょっとした不思議なご縁かなと思います。

 IPの「お庭」や「つぶやき」は、ココログのアカウントを持っていない人でものぞくことができる公開された状態です。ゆるやかなツナガリで、みんなが友達なところがいいのですね。たぶん、ほとんどの人がそうではないかと思うのですが、私も息抜きに始めたことですから、負担になるようでは意味がありませんしね。^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2011

難を転ずる?

 4月の初めに申し込んだ、震災復興支援のチャリティTシャツが届きました。一昨日に発送したと通知があったのに、来る気配がないなと思っていたら、メール便でポストに届いてました。
012 送料・税込みで2100円ですから、品質としてはこんなものかな…という感じですね。もう1枚頼みましたが、入荷待ちのようで、まだしばらくかかりそうです。

 こちらは2009年の1月に買った南天の木が、ようやく咲かせた花です。これも、一応白い花コレクションです(笑)。
010
 地味な花なので、通りすがりに南天の花が咲いているなんて気にもとめたことがなかったのですが、意識しているとよく見かけます。秋には赤い実を結び、難を転じてくれますように。^^

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 12, 2011

「深夜まで本降りの雨」

 京都府庁です。1904年(明治37)に竣工され、ルネサンス様式の本館は創建当時の姿をとどめる現役の官公庁建築物としては日本最古。現在は国の重要文化財でありながら、執務室や会議室として使用されている云々。とにかくご自慢の建物です。^^
013_2
 今日は、その府庁近くの中信美術館へ。
 「九兵衞のまなざし~清水九兵衞没後5年~」ということで、陶芸展かと思って来てみたら、彫刻が中心でした。立方体の展開図のようとでもいったらいいでしょうか。クリスタルガラス、木材に和紙を貼ったもの、それにアルミでできた立方体が組み合わさってできた造形です。あとで受賞暦を拝見すると第一回ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞とあります。市内の何箇所かにあるオブジェが氏の作品だということも、いただいた図録で分かりました。大変な失礼を。^^;
 陶芸作品は「截土容黒燿金彩壱輪挿」が数点展示されていました。かなり不思議な形でしたから、お花をいけた状態も見てみたいものです。

 無料で見学させていただいているので少し紹介させていただくと、預金量1兆円達成を記念して設立された財団で、1年に3人ずつ芸術家を顕彰してこられて24年になるのだそうです。その選考委員に名を連ねられていた九兵衞氏の没後5年ということで、今回の展覧会開催の運びとなったようです。
 銀行にお金を預けても、スズメの涙ほどにも利息もつきませんし、ティッシュ一つもらうこともなくなりました。本当に小さな美術館ですが、こんな形で地元に貢献していただけることは嬉しいです。次回は今月末から1ヶ月の会期です。
046

 帰りにお香屋さんに寄りました。箱の中に専用の台がセットされていましたが、先月の弘法さんで買った猫さんの台を使いました。
021
 3時頃から雨の予報でしたから、かけあしでお買い物も済ませての帰り道、まだ2時前でしたが、ポツポツと雨が降り始めました。明日も一日、降ったり止んだりのようですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 10, 2011

「でんきを消して、スローな夜を。」

関電、15%節電要請 来月1日~9月22日
(京都新聞 2011年06月10日 14時06分)
 遅がけから雨の予報でしたが、午後からポツポツと降り始めました。そのせいか、朝からムシッとしているので、エアコンに手が伸びてしまいます。困ったものです。^^;

002
 今年は22日です。水曜日ですから、夜の8時から10時はバタバタしている間に過ぎてしまうかもしれませんが、できるだけでんきを消して、スローな夜を

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 06, 2011

山椒は小粒でもピリリと辛い

 山椒を買いました。今回はアゲハのチビチャンたちにではなく、私が食べる実の方を。2鉢あった苗木は、チビチャンたちに食べつくされて枯れてしまいました(苦笑)。
 実ができるということは花が咲くわけで、花言葉もあるんですね「健康・魅惑」だそうです。
004
 さあ、今から下ごしらえをしても、炊き始めるのは明日になりそうですね。部屋中に、いい匂いがするでしょうか。(⌒・⌒)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 03, 2011

夢は夜開く?

 月下美人の苗(?)です。ずいぶん前に買ったのですが、いっこうに育つ気配が無く、少し前に鉢の土を入れ替えてみました。
004
 それで息を吹き返したのか、新芽が少し出てきました。調べてみたら、もう4年近く前に買っています。他の植木の陰になるところに置いたのですが、ちょっと陽射しが当たるとダメだったらしく元の葉が傷んでしまいました。それで、室内にとりこんだので、今度は日照不足になったのかもしれません。
 花が咲くようになるには、子どもの背丈くらいまで育たないとダメなようです。まだまだ先のことですね(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 01, 2011

夜空を彩るのは

  もう、すっかり梅雨ですね。一日よく降りました。先週末の雨で川が、だいぶ増水しているので、ちょっと心配です。このまま、明日まで降るようですし。それに、気圧の関係でしょうか、肩がこって痛いです。(⌒・⌒;)

 ガクアジサイの隅田の花火が咲きました。自粛ムードに合わせて(?)、花の数が少ないようです。009

 こちらは盛大に開催されますように!
東北の夜空を花火で彩る「LIGHT UP NIPPON」が発足!
(asahi.com2011年6月1日17時1分)
Aut201106010082

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »