« April 2011 | Main | June 2011 »

May 29, 2011

「おかげさまで30周年」

 地下鉄の車両基地です。今日は開業30周年記念の「地下鉄まつり」です。用事もあったので、降りしきる雨☂(というほどでもなかったですが)の中、大勢の子供達に混じって見学です。(笑)
 これは奈良行き急行(近鉄京都線・相互乗り入れ)に使われている、ラッピング車両です。この続きに鹿や奈良の景色が描かれています。
012
 子供は、駅で「『地下鉄の日』限定こどもフリーチケット」がもらえるそうです。うらやましい。いい記念になりますね。
 大人で来ている人は、大半が鉄ちゃんなのでしょうね。人だかりがしていたのは廃品になった備品の販売コーナーです。延伸する計画が立ち消えになった?幻の「三栖行き」の行き先表示なんかが売られたのですね。これはレアかもしれません。(⌒・⌒;)

 スルッとKANSAIエリア内の他の電車やバスのグッズも売られてましたが、せっかくですから京都市交通局のものを買いました。それと茨城産メロンを一つ。
 廃品や農産物の売り上げの収益は被災地復興のために寄付されるそうです。メロンは完売してましたし、まずまずの賑わいのようでした。
024

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 27, 2011

「週末は大雨に注意」

 《今年は長い 近畿地方梅雨入り》(大阪日日新聞2011年5月27日)
 卯の花の匂う垣根に、ホトトギス、早も来鳴きて~♪の「卯の花」ですね。リンク先の画像は。
 昨日も、ちょうど帰りがけから降り始めました。まだ、それほど強い雨ではありませんが、大型台風が接近中なのですね。
 図書館で借りた本と、どんな本でも100円で売っている古本屋さんで買った本がどっさりあるので、土日は“雨読”です。~☂
001

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 23, 2011

音楽の力 平和の力

 佐渡裕監督がベルリンフィルで指揮をされたニュースは、テレビや新聞でご覧になられたと思います。演奏会の様子はテレビで放送されるようですが、CDとDVDも発売される予定なのですね。印税を東日本大震災の義援金に充てられるとか。
 今回、演奏された武満徹の「フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム」は去年の9月のPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の定期で演奏された、とても美しい曲で、もう一度聴きたいなと思ってました。舞台上での演出も楽しみな曲でしたからDVDが欲しいです。
 もう1曲はショスタコーヴィチの5番だったそうですが、監督がお留守のPACの今月の定期も井上道義氏指揮でショスタコーヴィチの1番です。こちらも心待ちにしていた曲目でした。

オール・ショスタコーヴィチ・プログラム
ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調op.77 (op.99)
交響曲第1番 ヘ短調op. 10
指揮/井上 道義
ヴァイオリン/ボリス・ベルキン
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団
 「曲目解説」が上のプログラムにリンクしています。クリックしてご覧ください。

 話題は飛びますが、昨日は道中に、「ことばの力 平和の力 ~近代日本文学と日本国憲法」(小森陽一著/かもがわ出版)を読んでました。だいぶ前に買った本ですが、震災をきっかけに宮澤賢治について書かれているところから読み始め、その続きで樋口一葉を読んでいたところです。

 樋口一葉が子どもたちの世界をとおして、国家が管理する売春の現場である吉原のなかにおける、一人の人間が人間でないものにさせられていくプロセスを描いたのが『たけくらべ』の意味ではないかと思います。私たちが明治の文学を読み直すとき、その一つひとつの作業のなかにも、いま私たちが生きている時代を世界史的な大きな流れのなかでどのように見直すのかが問われているのではないでしょうか。

 子どもの課題図書にもなるような本に、こんな内容が込められていたとは(不勉強で申し訳ないのですが、読んだことがありません)。
 PACのHPには掲載されていませんが、演奏会のプログラムの中に「名曲サイド・ストーリー」というページがあります。今回は「“DSCH”はショスタコーヴィチの“SNS”?」というタイトルです。DSCHとはショスタコーヴィチのドイツ語表記の中から抜き出した4文字で、これをドイツ音名のニ・変ホ・ハ・ロに読み替えてDSCHの音型を曲の中に用いたのだそうです。ショスタコーヴィチ(1906-1975)の生きた時代は、一葉(1872-1896)とは少し違いますが、頭の中でぼんやりと重なって見えるものがありました。

旧ソ連にはブログもツイッターもミクシイも存在しなかった。仮にあったとしても、そこで自分の考えを自由勝手に述べたら、場合によっては投獄されるか、はたまた処刑される可能性があった。SNSがないと生きていけないと感じている読者は、もしも自分がそうしたコミュニケーションツールを奪われたら、どのような苦しみを感じるか想像してほしい。それこそが、ショスタコーヴィチを読み解くための最初の第一歩である。

 舞台の上におられる指揮者、ソリストをはじめとする皆さんがショスタコーヴィチの意志を継承されているのだと思うと、何か特別なものを感ぜずにはいられません。割れんばかりの拍手のあとのアンコール曲は、「短い曲ですが、しびれまっせ」という井上氏のコメントつきの10番の2楽章でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2011

燃え~

 今日、地下鉄の階段を上がっていると、一段ごとに何か書いてあります。マイナス何キロカロリー…、それに短いメッセージが。そして上がりきるところには、惜しみない賛辞の言葉まで(笑)。
 「燃え燃えプロジェクト」なんだそうです。はい、確かに「次のメッセージを見たくなるような内容」でした。お座布団を1枚進呈したいくらい(山田く~ん)。

 これは、新しく烏丸御池駅の構内にできた「Kotochika(コトチカ)御池」のポスターです。
Cau61gc9_2

   関西だけに、お役所仕事もウケねらいです。(⌒・⌒)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 21, 2011

真夏日?

 今日は21日ですから、弘法さんの市が開かれています。表に救急車が止まっていて、ストレッチャーを門の中に入れられるところでした。奥の方で小学校の低学年くらいの男の子が気分が悪くなったらしく運び出されていきました。お昼過ぎで暑くなってきていたためでしょうか。
 分かりにくいですが、中央の右側に青サギ(のはずです)が写っています。
005_2
 とにかく人が多いので、見学のできないところしか人の写らない場所がありません(笑)。土曜日だということと、春の特別公開もされているので、余計に人が多いのかもしれません。011

 本日の収穫です。蚊取り線香の台ですが、この大きさなら渦巻きになったお香にも使えますね。他にも、花活けや、色々な使い方ができそうです。
030040

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 20, 2011

「今日も日差しタップリ」

 去年は、バイカウツギの剪定をしなかったので伸び放題の花盛りです。香りをお届けできなくて残念です。
030 入梅もしていないのに、気分は“暑中お見舞い申し上げます”です。(⌒・⌒;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 16, 2011

「安穏なれ」

 何かの機会に使おうと思って撮ってきましたが。
004
 ちょっとエキゾチックな建物です。全体はこんな感じ。
009
 面白いのは、周りの柵の役目をしてる石造です。
014
 アップで見ると、何でしょうね。一応怪獣だそうです。
003

 ずっと修復のため覆いがしてあったので、久しぶりに姿を見ました。今年は法要があるので、それに合わせてのことだったみたいですね。土曜日に映画を観たあと、駅前へ買い物に行く途中に通りました。周囲の御用達の看板をあげている商店の表には三色の旗が掲揚されていて、人通りはそれ程ありませんが、賑わっている雰囲気が伝わってきます。

 この辺り、観光目的で歩く人は少ないでしょうけど、レトロでちょっと珍しい造りの建物がそこかしこに残っています。ぶらり歩きにオススメです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2011

「ブラック・スワン」

 痛そうな映画でした。PG15 R15だけあります。(⌒・⌒;)
41xaswij0il__sl500_aa300_ 51gdbmiumil__sl500_aa300__2

 「ブラック・スワン」、バレエ「白鳥の湖」の主役を勝ち取るために、精神的に追い込まれて幻覚とと現実の間を行き来するヒロイン(ナタリー・ポートマン)。9㎏の減量と過酷なバレエのレッスンも受けられたというアカデミー主演女優賞に輝いた彼女の演技が必見です。不安定な精神状態になり常軌を逸した彼女とは対照的に、通り過ぎた通路に貼られた公演のポスターの、妖艶な微笑が印象的でした。

 封切り前に、何かの番組で映画監督の周防正行さんに、この映画の感想をたずねられていました。奥様(バレリーナで女優の草刈民代さん)の舞台の前の神経を張り詰めた様子を思えば気持ちが分かる…といった内容でした。無難な応え方しかできなかっただろうなと、この映画を観てから思いました。舞台裏でのすさまじいやり取りを作品に許してくれるほど、こちらは寛容じゃなさそうな気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2011

「週末はお出かけ日和」

 かわいいプレゼントをもらいました。(⌒・⌒)
Tea
 シリコンでできた茶漉しです。同じように中に入れるタイプでステンレス製のものも持ってますが、細かい葉が蓋の隙間から出てきてしまいます。これは茶葉が上手く蒸らせられ、ポットを使ったときよりもお茶が美味しく入れられますね。紅茶、緑茶、中国茶etc何でも使えますから、少しだけ淹れたいときに便利です。

 夕方、大雨警報がでていて、夜半に雨足が強まるような予報でしたが、治まってきたようです。でも、台風が接近してくるのはこれからなんですね…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2011

立夏…

 花の季節から新緑へと。あと少しで今年も折り返し点です。(⌒・⌒;)
018_2
 連休最後の今日は、少し前からバオバブの葉が黄色くなってパラパラ落ちだしていたので植え替えの用意をしました。

057
 根づまりしているのかと思いましたが、鉢から抜いてみると、それほどでもなさそうです。今の鉢より大きいのとなると、ホームセンターに売っている一番大きいのでした。移すのはいいけど、冬に室内へ取り込むときに持ち上がらないんじゃ…と不安になったので元に戻すことにしました(ホッ)。

 ホームセンターからの帰り道、飛行船がプカプカ浮かぶように飛んでました。
037

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2011

SONGS FOR JAPAN

 昨日のお昼にAmazonに注文したものが、もう届きました。東日本大震災チャリティ・アルバムです。「レコード会社の枠を超え、日本のために世界のトップ・アーティスト達がここに集結」なのだそうです。
Cay2u77y
 4日の朝刊に日本語の対訳ブックレット 付のものが発売になったと全面広告が出ていました。収益が全額日本赤十字社に寄付されて2枚組(全37曲)で2000円です。それでも、ずいぶん安いなと思いましたが、Amazonをのぞくと輸入版が1165円で売られていました。
 ポピュラーのCDを買ったのは、本当に久しぶりです。私は詳しくないので、初めて聞く名前の曲が多いのですが、ちょっと懐かしい曲もちらほら見つけたもので。(⌒・⌒)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2011

みどりの日

 連休だというのに家にひきこもっているのもモッタイナイので、久しぶりにサイクリングロードへ行ってきました。八幡木津自転車道線、通称桂川サイクリングロードです。
 まずは起点の嵐山周辺です。
209_3189
202179

 松尾大社の境内には約3,000株の山吹が植えられていて、5日まで山吹まつりが開催されています。
109_2137
154164

 サイクリングロードを久世橋通りで降りて、東に2㎞くらい?(あとで地図で見たら、もっと近くの出口がありました)の鳥羽水環境保全センター「せせらぎの道」です。この連休は蹴上の浄水場でツツジの一般公開がされてますが、ここは敷地内の藤の回廊が有名です。
 周囲は工場や配送センター等が多く、歩く人もほとんどないのが惜しいくらいです。今は藤棚の他にモッコウバラのアーチが見ごろです。
009050
054080_2

 桂川の右岸、左岸を縫うように、場所によっては河川敷の農地の中を通り抜けて行きます。ちょっとわかりにくい所もありますが、路面に書かれた「自転車専用道→」を見失わなければ大丈夫です。
 この画像だけ縮めずに貼りました。真ん中にシギが写ってます。クリックしてご覧くださいませ。(シギではなくケリだそうです。5月13日訂正しました)
095

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 02, 2011

何と立派な平城京

 西大寺です。興福寺、東大寺、西大寺、薬師寺、元興寺、大安寺、法隆寺の南都七大寺の一つで、近鉄電車の大和西大寺駅から少し歩いたところにあります。
 昨日、用事があったのは駅の反対側ですが、せっかく「西大寺」にきたのですから大急ぎで見学(自由に入れます)させていただきました。

034_2
037
042
044_2
011
004
007
023

 伽藍は火災で焼失したため、江戸時代に再建されたものだそうです。小雨がパラパラ降る、あいにくのお天気でしたが、思ったより明るく撮れてました。
 路線図で駅名を見ることはあっても降車したのは初めてで、実際にお寺があることもろくに知らず無知でした。(⌒・⌒)ゞ

 これは、東門の前にある、評判のケーキ屋さんのものです。あまりに綺麗なのでアップでパチリ(笑)。
064
 ここも、この駅で降りることがあったら、買いに行こうと楽しみにしていました。西大寺はターミナル駅ですが、お店の周りは住宅地で、そんなに人通りも多くありません。でも、念のためと先に寄って取り置きしてもらって良かったです。東京なみのお値段でしたが、夕方には、ほとんど売り切れていました(驚)。
 電車に揺られて帰ってきたのに、しっかり形を保っています。スプーンで触ってみると驚くほど柔らかく、とろける美味しさでした(幸)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »