« 「金曜日は花散らしの雨」 | Main | 「塵も積もれば山となる」 »

April 17, 2011

「夕闇せまる参道の桜は夢心地」

 三井寺です。満開の桜がハラハラと散り始めています。桜の頃が美しいと去年の秋に聞きましたが、このタイミングに来ることができるとは。010_2
024
017
 石楠花の花時は、もう少し先かと思ってましたが、山の上と違って今が見ごろのようです。
012

 昨日は、招待券のおすそ分けをもらって、大津市伝統芸能会館で上方の舞を拝見しました。「古典の日」関連の催しで創作舞踊です。3作品のうち一つは有名なオペラの「トスカ」をシンセサイザーの演奏にあわせて、狂言とのコラボで演じられました。トスカは家元が舞われ、狂言師の茂山童司さんがカヴァラドッシを。有名なアリアの「星はきらめき」を狂言の所作と節回しで演じられるのですが、全く違和感がありません。そして、間近で観る舞は、優雅さというより鍛え抜かれた身体の上に成り立つ美しさを感じました。

 30分くらいしか時間がなかったのですが、駆け足で大津市歴史博物館にも寄りました。柴田晩葉…解説には「湖都のモダン日本画家」とありますが、絵は京都で学ばれています。
 お名前は知りませんでしたが、「五色豆」の化粧箱の掛紙は見たことがあったかも。立派な襖絵もあれば、ちょっと安野光雅の水彩画を思い出さなくもない可愛い作品もあり、意外さもあって楽しめました。

 イベント自粛で、周辺の桜のライトアップも中止になったためか、どこも人は少な目でしたね。「『三井寺夜桜コンサート』は大津市民にとって、春の一大イベント」だそうです。仕方ないですが、ちょっと残念。(^^;

|

« 「金曜日は花散らしの雨」 | Main | 「塵も積もれば山となる」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
 桜きれいですね。寺町の屋根から桜の花びら・・
 歴史を感じる風景です。

 石楠花も咲いていたんですか、早いなぁ。
 「夏がくーれば思い出す・・シャクナゲ色にたそがれる」
 てっきり夏の花かと思っていたら、色のことだけなんですよね。
 今頃なんだ、写真は淡いピンクでステキな色です。
 

Posted by: pauchin | April 19, 2011 20:19

pauchinさん、コメントありがとうございます。
大津では三井寺の桜と石山寺の紅葉が美しいのだそうです。
ずっと前ですが、石楠花を比良山で見たときは、5月でもっと陽射しの強い頃だったと思います。そのせいか、もっと力強い花だという印象がありました。こうして見るとたおやかな雰囲気ですね。

Posted by: winter-cosmos | April 19, 2011 22:01

こんばんワン

イイです。最高です。
三井寺。いってみた~い。

Posted by: ウルマン | April 20, 2011 19:41

コメント、ありがとウサギです(笑)。

石山寺の紅葉も綺麗でした。京都より静かでいいです。オススメです。
いつか私も滝桜を。(⌒・⌒)


Posted by: winter-cosmos | April 20, 2011 19:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夕闇せまる参道の桜は夢心地」:

« 「金曜日は花散らしの雨」 | Main | 「塵も積もれば山となる」 »