« March 2011 | Main | May 2011 »

April 30, 2011

青丹よし奈良の都は…

 奈良といえば鹿ですね。表紙は正面から見たところ、背になる部分は横から、では裏表紙は…。こんなお茶目なところに、まず気づくべきでした(笑)。
 旅行のガイドブックとは一味ちがいますね。「鹿男あをによし」(万城目学) 、「まひるの月を追いかけて」(恩田陸) 、「早春の旅」(志賀直哉) 、「古寺巡礼」(和辻哲郎) 、「殯(もがり)の森」、(監督・河瀨直美)等々この何年かに話題となったものを中心に、作品の舞台となった場所が紹介されています。
 「作品を作品たらしめている場所を、作者や監督の気持ちになって訪ね歩く、というテーマ」だそうで、観光案内のための本としては写真が地味です。主役は紹介されている本や映画ですね。旅に出る前に、作品に表されている世界に浸ってみたくなります。
 《私なら、この「奈良」を語る》では、地元で活躍される、さまざまなジャンルの方から寄せられた思い入れのある場所からは、生活している人にしか分からない空気のようなものも伝わってきます。
 Yomiarukinara
 発刊された奈良県立図書情報館館長の千田稔氏の対談《いかにも奈良らしいということ。》の中の「僕が最近よく口にすることばのひとつに『奈良を第二の京都にしたらあかん』というのがあるんです。」には、思わずうなずいてしまいました。
 同館は、2005年開館の新しい施設ですが、2009年に「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー」優秀賞を受賞されたのだそうです。同館のサイト内の図書館司書のオススメスポットマップにある「宝の山Ⅰ・Ⅱ」には顔がほころんでしまいました。行く機会のなさそうな場所にあるのですが、ぜひとも宝探しに出かけたくなりますね。(⌒・⌒)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 29, 2011

ホップ・ステップ・ジャンプ?

 ゴールデンウィークですね。私は飛び石連休で、特に遠出する予定もありませんが、お天気の方は、1日以外はまずまずのようで。(⌒・⌒)
 鉢の土を入れ替えないといけないのですが、なかなか手がつけられません。それでも、みんな良い子で病気もせずに元気です。
 珈琲を飲んだあとの豆を、まず冷蔵庫にしまって脱臭剤代わりに。乾燥した頃に植木の肥料と思って蒔いておいたのが良かったのか、本当に今年は花盛りです。027
 ただ、2月にもらった四つ葉のクローバーの新芽が、貝割れくらいに育ったなと思うと消えてしまいます。もしかしてと2、3日前にナメトックス(誘引殺虫剤)をまこっそり。
 みごと現行犯逮捕です。いつもなら通った後がキラキラ光るので気がつくのですが、知能犯になってきたのか。(⌒・⌒;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 26, 2011

「静寂の線がつくる世界」

 今頃になって雨続きです。それに結構寒くて冬の上着が手放せません。
 日曜は、美術館「えき」KYOTOの「生誕100年 南桂子展銅版画―静寂の線がつくる世界」の最終日でした。いただきもののチケットがあったので、行っておこうと思ってたのですが、お昼ごろから雷が鳴り出しました。(⌒・⌒;)
Maronietosyojo

 お天気が落ち着くのを待って、なんとか閉館1時間前に滑り込みです。中に入ると思ったより、たくさんの人でした。
 会場にモノクロ写真で、まだ若い作者の姿がありました。洋装なのもありますが、驚くほど古さを感じません。1911年のお生まれだということは、戦前か戦後間もなくでしょうか。物静かな雰囲気で理知的な美しい方です。
 どの絵もバランスの取れた構図で、チケットにもなっている「マロニエと少女」(1975年)あたりまでの寂しい雰囲気からは、繊細な神経の方という印象を受けました。
 それが、「1982年、長年過ごしたパリから温暖な気候をもとめてアメリカのサンフランシスコに移り」なのだそうですが、お歳が70代からの作品は、穏やかな色味へと変化しています。なんとも温かみのある緑色の作品です。
 油絵、銅版画といっしょに、短編の童話もいくつか紹介されていました。とても優しい気持ちになれそうなお話です。壷井栄さんに学ばれたそうですが、いつも子どもの心に寄り添うように生きてこられたのでしょうか。
 まだ少し先ですが、このあと4カ所で巡回展が予定されています。 

 何年か前から、道端でよく見かけるようになった花です。“芥子粒”のような種を撒き散らし、可憐な姿に似合わず大変な繁殖力で雑草化したのだそうです。Poppy ベランダ中、この花になったら大変かもしれませんが(ちょっと幸せ・笑)、育ててみたいなと思ってました。日曜の帰り道、歩道の植え込みからこっそり抜いてきました(上の画像は別の日のものです)。雨上がりで土が軟らかくなっていたので、あまり根を傷めずに済み、なんとか育ちそうな気配です。(⌒・⌒)b

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2011

「みんなでがんばろう日本」

 チケットの代金を振込に、コンビニへ行ったとき、ポイントカードはお持ちですか?と聞かれました。せっかくですから、その場で作ってもらって家のPCで会員登録をしました。1ポイントから震災の義捐金の受付をしていたので、早速、その日の1ポイントを寄付させてもらいました。
 わずかなポイントのために、あちらこちらのカードを作っても、かさ張って持ち歩きが面倒ですが、少しでも役に立つのなら。

 今日の朝日新聞の天声人語です。

情報を絞り込んだ小さな記事は、時に多くを語る。今年の政党交付金の初回分、80億円が国庫から支払われたという短信が各紙に出た。震災増税が言われる中、被災者に尽くすべき者が炊き出しに並んでいるような違和感を覚えた

 友達が、職場で募金箱が設置されたときに1万円入れたそうです。サラリーマンにとっては大きな金額です。人生最大の募金やねというと笑ってました。10円安い缶コーヒーを買ったら、すごく得をしたような気分になる金銭感覚の私達でも、被災地の人たちのお役に立つのならと思っています。この先、気の遠くなるようなお金が復興には必要なのですから、本当に考えさせられてしまいます。

 元々人気のCMですが、今回の白戸家のお父さが星空を眺める姿は特に好きです。バックに流れる「亜麻色の髪の乙女」の初めのポ~ンという音を聴くと、何をしていても手を止めて見入ってしまいます(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2011

穀雨

 今頃、モミジ?と思って、近づいてみたら違いました。
001
 今日は強い雨が降るような予報でしたが、夕方には小雨になっていました。ということで、一度、試してみたかったことを。職場から歩いて帰りました(笑)。
 そんなに大した距離ではないですが、それでも1時間40分かかりました。道路距離で8㎞くらいということですね。歩けない距離ではありません。ちょっと足が痛くなりましたが。(⌒・⌒;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 20, 2011

「塵も積もれば山となる」

 街路樹のハナミズキが咲き始めました。去年は今頃が盛りでしたから、全体に10日くらい遅めな感じがします。
008
 そうですね、昨日、今日と冬に戻ったような寒さです。テレビで見る震災の被災地は降りしきる雪でした。
 右のサイドバーにある「夢を誓って、絵本を贈ろう」に何か「誓い」を書き込んでください。その下の「クリックで救える命がある。」はポチッとするだけです。どちらも震災の復興支援となります。一日にわずか1円ずつですが。(⌒・⌒)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 17, 2011

「夕闇せまる参道の桜は夢心地」

 三井寺です。満開の桜がハラハラと散り始めています。桜の頃が美しいと去年の秋に聞きましたが、このタイミングに来ることができるとは。010_2
024
017
 石楠花の花時は、もう少し先かと思ってましたが、山の上と違って今が見ごろのようです。
012

 昨日は、招待券のおすそ分けをもらって、大津市伝統芸能会館で上方の舞を拝見しました。「古典の日」関連の催しで創作舞踊です。3作品のうち一つは有名なオペラの「トスカ」をシンセサイザーの演奏にあわせて、狂言とのコラボで演じられました。トスカは家元が舞われ、狂言師の茂山童司さんがカヴァラドッシを。有名なアリアの「星はきらめき」を狂言の所作と節回しで演じられるのですが、全く違和感がありません。そして、間近で観る舞は、優雅さというより鍛え抜かれた身体の上に成り立つ美しさを感じました。

 30分くらいしか時間がなかったのですが、駆け足で大津市歴史博物館にも寄りました。柴田晩葉…解説には「湖都のモダン日本画家」とありますが、絵は京都で学ばれています。
 お名前は知りませんでしたが、「五色豆」の化粧箱の掛紙は見たことがあったかも。立派な襖絵もあれば、ちょっと安野光雅の水彩画を思い出さなくもない可愛い作品もあり、意外さもあって楽しめました。

 イベント自粛で、周辺の桜のライトアップも中止になったためか、どこも人は少な目でしたね。「『三井寺夜桜コンサート』は大津市民にとって、春の一大イベント」だそうです。仕方ないですが、ちょっと残念。(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 14, 2011

「金曜日は花散らしの雨」

 先週でしたか、ツバメが飛ぶところを見かけるようになったのは。巣の中からのぞいているのは子ツバメ?ツバメのお母さんが、せわしなく出入りしているので、巣があることに気がつきました。下には落下物を受け止めるためのダンボール箱が。(^^;
Tubame 西日本も含めて地震活動が活発化しているようにニュースでいってましたが、ツバメがやってくるくらいなら、この辺りは大きな地震もしばらくは大丈夫かな…などと希望的観測。万が一断層が動けば、こちらも震度6~7、液状化が心配されていますから。(^^;

花折断層帯(マグニチュード7.5)》(京都府)

大地震/「被災地に1000年ない」は本当か/西南日本は地震活動期に/M7級続発警告/学者分析/「南海」と関連も/備えまだ必要
【復興・検証】(神戸新聞1996年8月19日) 

 一昨日くらいから強い北西の風が吹いていたので、疏水の桜も、だいぶ散りました。明日の夕方から雨になるようです。今年のお花見も、土日で最後でしょうか。

Sakura

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 11, 2011

「Power of Sound 」

 満開の桜です。どこで降りようかと迷うほど、昨日の阪急沿線は、どこも満開の桜で本当に綺麗でした。週末の三日間に夜桜の通り抜けをされていたとのことなので、桜の並木もあるようですし、花よりパンダ(笑)。今年は、王子公園で降りて、動物園に行くことにしました。
016
 考えることは、みんないっしょ?園の前まで来て、びっくりです!チケットを買う列が表の通りまで続いています(50㍍以上?)。これでは中に入っても、ゆっくり楽しむこともできないでしょうし、あっさり断念です。(^^;

 せっかく時間があるので、近くをブラブラ歩くことにしました。前回来たときに工事中だったJRの灘駅も、立派な駅舎になっています。中を見学…とエスカレーターで上がってみると。

040
 旧駅舎をご存知の方なら、あーっ!と思われるでしょうね。(^^

 午後からは兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会です。演奏曲は、ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ短調op. 102とフランク: 交響曲 ニ短調。指揮・芸術監督/佐渡 裕 、ヴァイオリン/岩谷 祐之、チェロ/西谷 牧人。

 ホールに着くとホワイエにあふれる人です。入り口には募金箱を持たれた佐渡監督と楽団員さんが。特設のステージではプレコンサートが始まっています。
 被災地からスタートした劇場から東日本へ何ができるのかという監督のお話に続いて、G線上のアリアの演奏と黙祷で始まった演奏会でした。
 ともにPACの楽団員としてすごされたソリストのお二人です。前半は解説にあるように「呼吸のあったソリストでなければその真価が発揮できない」という曲です。
 アンコール曲も、チェロの独奏から始まり、無伴奏チェロの第1番?と思ったら(お隣の席の方もバッハや!と言われました)、ヴァイオリンで旋律を弾きはじめられました。このメロディは…サン=サーンス「白鳥」です(帰りに曲名の書かれたホワイトボードを見ると「ザ・スワン」となってました)。本当に阿吽の呼吸とでも言ったらよいでしょうか。

 後半のフランクの交響曲も美しい旋律の曲ですが、フィナーレはかなり盛り上がりを見せます。いつもにも増して力強く感じた拍手のあとのアンコール曲は、雰囲気を変えてカルメンの間奏曲です。震災後、大きな余震が起きていることが連日伝えられ、気持ちのうえでも落ち着かない日々です。フルートの優しい音色に、ホッとするような。
 神戸の街で被災し、復興までを見守ってこられた方も会場にはたくさんおられることでしょう。震災の直後には、生まれ変わった今の街を、想像することもできなかったと思います。佐渡監督が言われるように、音楽ではお腹はふくれないかもしれません。でも今シーズンのプログラムの裏表紙に書かれるようになった「Power of Sound 」…を信じたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2011

「日曜日は桜も喜ぶ暖かさ」

 バナーに使った菜の花(セイヨウカラシナ)です。
Natane そういえば、今は「菜種梅雨」の時期ですね。今年は雨が少ないような気がします。
 雨上がりの今日は、ひんやりとした一日でした。明日の投票日は、お花見日和だそうですね。
 自粛ムードで、今週に入るまで選挙カーを町で見かけることも、ほとんどありませんでした。震災の前に何が問題になっていたのか、すっかり忘れてしまいそうになりましたが、気持ちを切り替えないといけませんね。明日のために。

握る手、最後のお願い 統一地方選前半・あす投開票》(京都新聞2011年04月09日 12時53分)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2011

「桜咲いたら一年生」

 アルプス乙女の花が咲きました。毎年、ソメイヨシノに続いて、3月の末頃に咲いていたと思うのですが、今年はちょっと遅めですね。
013_6
 

福島県の校庭放射線、浪江町と飯舘村で高測定値
(2011年4月6日19時22分 読売新聞)
 今日は、小学校の入学式でしたね。通りで晴れやかな表情の子供達を、何人も見かけました。該当地域の子供達は屋外活動の制限・禁止がされているそうですね。一番過ごしやすい季節になって、外遊びの楽しいときなのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2011

「もうすぐ満開」

 ソメイヨシノも枝垂桜も5分咲きから満開の木が多くなりました。7~10日に平安神宮の紅しだれコンサートがありますが、ちょうど見頃になりそうですね。
055

 道端のスミレも花盛りです。(^^
013

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2011

「塔の上のラプンツェル」

 3月12日に封切りでしたから、観にいこうと思って前売りが買ってありました。
Image
 原作(青空文庫)とは、かなり違う設定ですね。外の世界に憧れをもちながらも魔女にマインドコントロールされている、囚われの身のラプンツェル。ただ白馬に乗った王子様を待つだけのお姫様ではありません。才気煥発で、かなり勇ましい(笑)。

 めまぐるしく場面が変わり動きも激しいので、やっぱり遊園地のアトラクションのようでした。3Dの作品ですから、お話の世界へ入り込んで疑似体験したような感覚になります。映像がとにかくリアルで美しく、中でも数え切れないほどのランタンが空を飛ぶシーンが素晴らしいです(手が届きそうなくらい近くまで飛んできます)。
 …そうですね。あー面白かったと爽快感は味わえますが、惜しむらくは余韻がないところですか。

 今日は、冬に戻ったかのような冷たい風の吹く一日でした。いろいろな温もりがありがたく感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »