« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

目に優しい

 だいぶ前から、本文のフォントがIEの8に対応してないのに気づいてながら、そのままになっていました。昨日、IEの8をインストールして、フォントも変更しました。サイズは小のままですが、ちょっとは読みやすくなったでしょうか…すみません。(^^;

002 確か、去年に買ったと思うのですが、過去記事が見つけられません。小さなプラ鉢にはいったものを買ったのが、冬を越して大株になり花盛りです。咲いた分だけ、毎日カットしても次々と花を咲かせます。
 年度末で、ちょっと目が痛くて。今日はこれで失礼いたします。(*_*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2011

「暖かさで開花がすすむ」

京でサクラ開花 平年より3日早
(京都新聞2011年3月28日20時28分)
 ニュースで聞いて、ちょっと信じられませんでしたが、確かに咲いているところを、何カ所かで見ました。先週まで、あんなに寒かったのに。3月の終わりになっても、いつまでも冬のつづきのような気がしていましたから。(^^
005

 日曜に映画を観に行った帰り、デパ地下をのぞきました。催事のコーナーに茨城空港で売られているという甘納豆のお店が、ひときわ賑わっていました。茨城も、ニュースでは、大変な状況を耳にすることの方が多いのですが。サイト内の催事情報を拝見すると、震災後、初めての遠方の出展です。
 蓮の実やひよこ豆、ごぼう、紫芋、金柑etcと珍しいものがズラリと並んでいて、日持ちもするので、いっぱい買ってしまいました。普通であることが何とはなしに嬉しく思えます。(^^ 
Camuvywr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2011

「デザートフラワー」

 土曜日のテレビのニュースで仙台の映画館が上映を再開したことを伝えていました。少しずつ、こんな話題が増えていくと良いのですが。(^^

映画館再開 観客に笑顔 仙台中心部
(河北新報2011年03月27日日曜日)

 東日本大震災の影響で営業を休止していた仙台市中心部の映画館が、一部で再開している。JR仙台駅東口の商業ビルにある「チネ・ラヴィータ」は26日、上映を再開し、学生や家族連れらが久々の映画を楽しんだ。

 昨日は、上映期間が短いので気になっていた映画を、私も観に行ってきました。
Desertflower_tn

 アフリカの貧しい遊牧民家庭に生まれ育った少女が、砂漠を飛び出し大都会ロンドンで世界的トップモデルへと転身を遂げる―。トップモデルのワリス・ディリーのベストセラー自伝本を、現役トップモデルのリヤ・ケベデが圧倒的輝きで演じた、劇的トゥルーストーリー。衝撃の過去を秘めながらも力強く前進し続ける姿が胸をつく一作。(京都シネマ公式サイトより)

 以前、ワリスさんのことをとりあげていたバラエティ番組を観ていたので、トップモデルになられたということまでは知っていました。でも、徐々に明かされる「衝撃の過去」は、とてもゴールデンタイムのテレビで伝えきれるものではありませんでした。
 映画としては、彼女と周囲の人々とのエピソードが、やや不自然に感じるところもありますが。彼女が母国の因習に悩み苦しみながら、自らFGM廃絶を訴えるまでの背景としては、そんなこと問題ではないのかもしれません。
 ワリスとはソマリアの言葉で「砂漠の花」を意味するのだそうです。彼女の強く咲き誇るような素晴らしい生き方、そしてワリス役のリヤ・ケベデさんの圧倒的な美しさには魅了されました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2011

花言葉は「恵まれた未来」

 PAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)から、来月の定期会員対象公開リハーサルの案内といっしょに、2011-2012シーズンの定期会員券発売のお知らせが入ってました。その中に、「引き続き会場での義捐金呼びかけを行うと共に、さまざまな被災地への支援策を検討していきたいと思っております」と書かれています。PACは「阪神・淡路大震災からの心の復興のシンボル」として活動してこられた楽団です。その活動に賛同していきたいと思っています。
 そのPACの3月の定期演奏会のときに、指揮者の岩村力さんからお名前をお聞きしていた仙台フィルが今日のニュースに。

故郷に帰る日は―歌声重ね、思い重ね 仙台フィル演奏会》(asahi.com2011年3月26日19時20分)

 東日本大震災で犠牲になった人たちの鎮魂と、これからの復興を祈り、仙台フィルハーモニー管弦楽団が26日、仙台市の見瑞寺で演奏会を開いた。演奏側も約80人の聴衆も被災者。唱歌「ふるさと」を合唱し、まぶたを押さえた。

 楽団の方も不自由な暮らしをなさっているのではないでしょうか。何らかの形でお手伝いしていけることがあればいいのですが。

 震災後、「花言葉 未来」で検索して、来られる方が増えました。本当に明るい未来を信じたいです。
 下の画像は、うちのベランダのムラサキハナナです。2005年の秋に初めて種をまいたものが、毎年、こぼれた種から芽を出して咲き続けていました。去年は、その前の年に土の整理をしたためか、芽を出さなかったので、あきらめていました。それが秋の終わりに芽を出し、冬を越して花を咲かせました。花言葉はいろいろあるようですが、その中の一つが「恵まれた未来」です。
070_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いちめんの…

 関東では菜の花が綺麗に咲いているそうです。IP(インターポット)つながりのお友達から、お聞きしました。
 それではと、朝から自転車で、こちらの有名な自生地に行ってみました。…まだですね。ポツンと咲いてはいますが、「いちめんのなのはな」には、まだ少しかかりそうです。夕べも雪の予報が出ていましたし、今日も良いお天気ですが、風が強く寒いです。(^^;
053

 その代わり、ツクシンボを見つけました。
037
 土手の上の道を少し歩いた限りでは、これ1本しか見つけられませんでした。お浸しにするくらい摘もうと思ったら、一日かかりそうです(笑)。

 通り道の畑に、紫色の花が咲いています。えっ、レンゲの花?と思ってよく見ると、ホトケノザでした。道端に咲いているのは見かけますが、一面ピンクに見える程なのは珍しいような気がします。(^^
024_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2011

「今年の桜はスローペース」

 いつまでも寒いです。彼岸桜の開花も遅れ気味だったのでしょうか。ようやく咲きそろいました。
015 九州・四国ではソメイヨシノが開花したところもあるようですが、こちらはまだまだですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2011

何かできること

 家に帰ってきたら、テーブルの上にアンパンが置いてあります。「仙台工場竣工記念」…。
Caiakutt
 メーカーのサイトをのぞいてみると、「3月29日竣工予定の仙台工場は、地震及び津波による大きな打撃を受け、現段階で復旧のめどは立っておりません。稼動には大幅な日数を要します」だそうです。まだまだ新聞やテレビの連日の報道でもうかがい知ることのできない辛いことが、被災地では起きているのでしょうね。
 他のメーカーも、キャンペーン中止の貼紙が売り場にあったので、被災されて生産できなくなったからかと思ったら、被災地支援のためだったようです。
 先週末にお米やペットボトルのお水が品薄になっているのを、あちらこちらで見かけましたが、いつのまにか補充されていました。個数制限はされていても、普段どおり品物が並んでいれば、あわてて買う人はないでしょうね。
 たまたま抜けたのか、新聞にいつも入るお店のチラシが入らないと、商品の入荷の予測がつかないのかなとか。お店の仕入れ担当の方も本当に苦労されていることだと思います。
 三陸岩手産の生わかめ、山形県産の「はえぬき」を買いました。せめて東北が産地のものを見つけたら買わせていただこうと。あまりお役には立たないかもしれませんが。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2011

雨でもお出かけ

 連休最終日の今日は、まだ「きもの無料乗車券」も残っていたので、またまた着物で出かけることにしました(小銭募金のため?)。
 21日なので弘法さんの市が出ます。地下鉄の駅から東寺までは少し離れているので市バスを利用させてもらいました。
002
 午後にはお天気も回復していましたが、足元はぬかるんでいるところもありました。こんな時用の草履があるので、へっちゃらなのですが(笑)。
 去年の陶器まつりでお会いした方とお話することができて、まだ良かったですが、残念ながら時間が遅かったので片付けられているところが多く、収穫はゼロでした。でも、ここの露店をのぞくのは高校のとき以来で、かなり懐かしかったです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「太鼓打つ子ら」

 昨日は兵庫芸術文化センター管弦楽団 の定期演奏会でした。今回はSF交響ファンタジー 第1番(伊福部昭)、プレイゾーン組曲(山下洋輔)、鳥は星形の庭に降りる(武満徹)、飛天遊 (松下功)と日本の作曲家の作品ばかりです。

 震災の当日、指揮者の岩村力さんは仙台フィルと青森におられたのだそうです。帰路、被災地の様子を間近でご覧になられたあとだけに、今回の演奏会への思いは強かったことでしょう。
 1曲目のSF交響ファンタジー は映画「ゴジラ」のテーマとしておなじみの曲です。プレトークのときに、このような状況のときに演奏されるについては、かなり議論になったいきさつを話されました。「暗く重い曲」と言われましたが、破壊された町を連想してしまいますから。でも、本当に実演で聴く機会の少ない曲ですし、楽しみにしているというメールなどが直前まで寄せられたのだそうです。 そして映画の背景にある反戦・反核の思いも忘れてはいけないということ。演奏するからには最高のものをということになったのだそうです。

 渾身の1曲だったと思います。映画で流れていたものよりも洗練された雰囲気でした。それでいて、お一人お一人の気迫が伝わってきます。今回、パーカッションに京響の元主席がエキストラでこられていました。バスドラム(ゴジラの足音)etcを担当されてましたが、昭和の子どもとしては楽しい演奏だったのでは、などとも思ってしまいました。(^^

 林英哲さんの和太鼓も、いうまでもなく素晴らしかったです。プレイゾーン組曲の作曲はジャズプレイヤーである山下洋輔さんですからジャズの雰囲気も楽しめて、和太鼓の表現を余すことなく盛り込んだ曲という感じがしました。
 4曲全部がメインといっても良いような内容で、もう、これだけ聴かせていただいて、まさかアンコールはないだろうと思っていたら、普通の大きさの和太鼓がステージの中央に運ばれてきました。
 「太鼓打つ子ら」という民謡に林英哲さんが付けられたという歌詞を朗々と歌われました。めぐまれない状況の子どもらに太鼓の指導に行かれるときに演奏される曲だそうです。元々予定されていたのだそうですが、これには大人も励まされました。
 芸文センターでも、予定されていた海外から来られるアーティストの公演は中止です。今回の演奏会のプログラムが日本を代表するお二人だったということは幸運でした。

 さすがに昨日はフラフラ歩く気にはなりませんでしたから寄り道はしてません。行きが4時間ほど遅い電車なので時間帯のせいかもしれませんが、いつもより阪急は混んでいました。大きなキャリーバッグで、空港とは関係のない駅で乗り降りされた方を見ると、しばらくこちらに身を寄せられるのかなと思ったり。
 12日から21日までの間、こちらは「伝統産業の日」で、キモノでお出かけすると市営の地下鉄やバスが無料になります(要優待券)。雨降りの予報でしたが、地下鉄なら、そんなに心配も要りません。無料になった運賃分だけ降車駅で義捐金箱に入れさせてもらいました。ホールにも義捐金箱が設置されていて、少しですが協力させていただきました。Oth_pen66 いずれにしても今だけの取り組みで終わったりすることはないでしょうし、わずかずつでも継続的にできることをしていきたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2011

「祈りの灯り」

 「京都・東山祈りの灯り」です。竹筒が「祈」という文字に並べてあるのは、お分かりいただけるでしょうか。中に浮かべられたフローティングキャンドルに日没を待って火をともされます。
066_2
 点灯されるところを見て帰るつもりでしたが、約束をしていた友達の都合がつかなくなったので、明るいうちに帰りました。このあたり日が沈むと、かなり暗くなりますから。
 元々は「東山・花灯路」だったのですが、震災の被害が大きかったことからいったん終了して、哀悼の気持ちをこめた催しとなりました。周辺の路上や商店、そしてこの広場に義捐金箱が設置されています。

 お彼岸ですから大谷本廟に向かう人もあり、通りは人であふれかえってました。清水寺近くのギャラリーへ行く予定をしてましたから来たのですが、何かなければ近づかない場所ですね。(^^;
001027042_8
 夜間拝観は実施されているようですが、レーザーでのライトアップは自粛されているという話でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2011

「一人一人ができること」

 近くのスーパーでも2Lのお水のペットボトルは「お一人様2本限り」と張り紙がされるようになりました。
 お米は、府内産のものを主に販売されていて、いつもレジ前に山積みしてあったものが、棚にわずか残るだけになっていました。
 わが家は阪神大震災以来、お水は1箱(2L×6本)だけは買い置きするようにしてましたから、去年の夏頃に買ったものだと思いますが、ストックがあります。お米も一ヶ月強くらいは大丈夫です。
 先を急いで買われているのは、オイルショックあたりを経験しておられる年代の方かと思ってしまうのですが、どうなのでしょう。(^^;

 さっきテレビで、バラエティ番組や歌番組をしているのを観て、ちょっとほっこりしたような気持ちになりました。 
 明日からの3連休、予定していたところには出かけようと思っています。中止になったイベントもありますが、できる範囲で実施されるようですから。

地域別復旧支援を 関西4政令市が緊急声明
(大阪日日新聞2011年3月18日)

 また4市長は、過度な経済活動の自粛は雇用や経済に悪影響を与えるとの認識で一致、働く場を奪うことのないよう働き掛けることを確認した。

 “諸般の事情”でアルバイト先から自宅待機と言われたなんてことを早くも耳にします。全ての人が一日も早く日常を取り戻せるように、切に切に願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2011

「節電中です」

経産相「需要増で大規模停電も」 鉄道各社に運行削減要請》(東京新聞2011年3月17日 18時23分)

 大手スーパーが、灯りとして点けられているもの以外の照明を全て消していました。冷蔵庫の照明やレジの上の番号が表示されているランプetc。そして「東日本で電力需給が逼迫しているので、更なる節電を…」と説明された紙が下がっていました。
 いつもと違う様子に動揺している気配の方もあり、購買意欲を刺激するのはちょっと心配ですが、何かできることをと取り組まれているのだと思います。
 こんなことでパソコンを使っているより、電源を落とした方が良いのかもしれないと思いながら、この記事も書いています。
 下の画像はブログで紹介されている方があり、取り込んであったので利用させていただくことにしました。これはバナーに使えるサイズ(100×142)に縮めてあります。PDFでポスターに使えるサイズのものなど何種類か制作されています。ご利用になられるならこちらからどうぞ。
Ene_2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2011

「春よ来い、早く来い」

 街路樹のハクモクレンが咲き始めました。あわてて撮ったので、ちょっと上に寄ってますね。すみません。(^^;
001 今日は北西の強い風が吹いてかなり寒いです。でも、夕方にパラパラと冷たい雨が少し降りましたが、青空の気持ちの良いお天気でした。

 これぐらいの気温で寒いなどと言っては、避難所におられる方に申し訳ないくらいなのですが、こちらも、しばらくは暖房が要りますね。今さらと思いながらも、クローゼットにしまいこんでいたD社のオイルヒーターを出しました。10年は使ってなかったかもしれません。(^^;
 確か、火を使わないので安心と、阪神大震災のあとに買ったのではなかったかと。それが暖まるのに時間がかかるのと場所をとるので、ほとんど使わずに石油のファンヒーターを買ってしまったのだと思います。
 あらためて使ってみると、気が長くなったのか(?)そんなに時間もかからず、むっくりと暖まります。それにエアコンと違って全く音がしないので快適です。もっと早く出せば良かったと、ちょっと後悔します。ただ、今、調べてみると、残念ながら期待した省エネ効果は全くないようですね。ガッカリ…。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2011

沈丁花の花言葉は

 今日から役所や市営地下鉄の駅、そしていつも利用させてもらっている市の図書館にも義捐金箱が設置されましたから、本1冊分ほどでしかないですが、協力させていただきました。

 暖かい風に運ばれてくる沈丁花の香りだけが春を感じさせてくれます。職場には被災地に身内がおられる方もあり、粛々と業務をこなしたように感じました。
Dan_pen10  阪神大震災のときに、被災者の方が「頑張れ」と言われて辛かったということを耳にしました。でも、少なくとも私らは頑張らなくちゃ。

被災が軽かった人にもできる「支援」をしよう
(All About2011年03月14日 )

  1. 省エネを強く意識してください
  2. 買いだめの「しすぎ」に注意して!
  3. 移動は公共機関をできるだけ使おう
  4. できれば寄付にも参加してください

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 13, 2011

【お知らせ】

 昨日、国境なき医師団から「日本人スタッフ6人を被災地、宮城に派遣」とメールが届いていました。毎月、小額ですがクレジットカードから募金させてもらっています。
 少ない方が意識せずにできて、長続きするかなと思ってさせてもらっていましたが、今月は少し増額します。

 ネット上でも募金の受付が始まっていますね。
TSUTAYA【緊急募金】
Yahoo!基金【緊急災害募金】

 壁紙を購入するとか他にもありますが、これは1ポイントからできますのでカードに余ったポイントが利用できます。どちらも1ポイント=1円に換算され募金先団体に送られますので。

即席めん20万食、ラジオ1万台…関西発・支援の輪
(2011年3月13日 読売新聞)
 この記事に紹介されているようにイオンに設置されている募金箱も集まった金額と同額を上乗せして寄付されるそうです。これもほんのわずかですが、貯金箱にたまっていた小銭を募金してきました。
 テレビからは繰り返し地震のニュースが伝えられますが、家の外に一歩出ると、何事もなく普段どおりの生活です。違うところを敢えて見つけるのなら、ガソリンスタンドにできている、いつもより長い行列です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2011

心からお祈り申し上げます

 テレビを通して被災地の様子を見ていると不安で気分が悪くなってきます。あちらこちらで起きている火災の広がりも本当に心配です。これ以上被害が拡大しないよう祈ることしかできません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2011

バオバブの4年

 なかなか暖かくなりませんね。明日も明け方には氷点下になるようですから、室内に取り込んだ鉢が外にだせません。
 2鉢あるバオバブの背の低い方が根詰まりしているようです。普通は鉢の下から根が伸びてきて気づくのですが、バオバブは上に盛り上がってきます。(^^;
008
 今の鉢は直径22㎝、高さ24㎝です。調べてみたら、2009年の9月に替えてますね。2007年の4月から育て始めて、1回めの植え替えは2007年の10月です。どちらのときも鉢から抜くと、びっくりするようなことになってましたから、今回も楽しみです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2011

「善女のパン」

前原外相辞任―外国人と政治献金
(朝日新聞2011年3月8日(火)付社説)
前原誠司外相の違法献金をめぐる辞任に、米国の作家O・ヘンリーの短編「善女のパン」がどこか重なる
(朝日新聞2011年3月8日(火)付天声人語)

 私は前原氏と国会質問で辞任に追い込んだN氏、どちらの支持者でもありません。ただ、この出来事に対して一言だけ。
 N氏は市内でも在日の方々が多く住まれる地域に事務所を構えられたということに、何か志のようなものを感じていました。それが、一般人である「焼き肉屋のおばちゃん」を巻き込んだ今回の辞任劇です。なんだかあきれました。

魔女のパン」オー・ヘンリー(青空文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2011

啓蟄…(^^;

 先週末くらいから花粉症の症状が出ています。帰りに大手スーパーに寄ったところクシャミが出て止まりませんでした。外にいる方がましでしたから、生鮮食料品がもっと飛散量の多いところから運ばれてきていたのか。

各地の花粉情報》(weathernews)

 夕方にはひんやりしてきていましたが、青空の気持ちの良いお天気でしたから、出掛けに先月もらった四つ葉のクローバーの種を蒔きました。Zod_pen09
 そろそろ室内の鉢も外に出したいので、日曜にミカンの鉢を移動させたら、下に大きなナメクジがいました。去年、綿の新芽はナメクジのために全滅でした。農薬で駆除できたと思っていたのに、何か対策を考えないといけません。(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

「毎日お世話」

 ココログの新サービス、「インターポット」に参加して、85日になりました。前回の記事にも書きましたが、お天気を予測して水遣りをしたり、他の人のお庭を拝見しに伺ったり(これが実は重要です)と本当に結構な手間がかかります。
 情報交換をする中で、いつのまにかコミュニテイも形成されたような。そのコミュニティの中にココログのスタッフさんも参加されていて、みんなの「つぶやき」もご覧になっているようです。最近、楽しいお庭づくりが、まるで“小作農”のように感じるようなこともあり、良かれと思って変更された内容に不平不満の出ることもしばしばで、辛い思いをされていることもあるようです。ちょっと申し訳ないなとは思うのですが。(^^;

 インターポット

 収穫した実の数に応じてひくクジの景品は、植物の種やお庭の飾りと交換できる券です。有償のアイテムには、かわいい季節のお花もあって心が動きますが、今のところ購入していません。ケーキは総収穫量が1000個になったお祝いにもらいました。お気に入りは、いつも独り言をつぶやきながら雨にもまけず頑張っているヤッコ凧です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2011

「日本一食べづらいお菓子」

 「苫小牧を代表する銘菓」が、近くのスーパーに売ってありました。何日か前のテレビの番組で取り上げられていたからでしょうか。思わず手にとってしまいました。(^^;(←のせられやすい?)
007
 変わったネーミングですが、通販サイトに掲載のコラムを読ませてもらって納得です。
→「小林多喜二 三星で過ごした5年間
 番組では、北海道を代表する激甘スイーツの一つとして紹介されていました。「日本一~」というのは、ハスカップのジャムが表面にたっぷり塗ってあって、手にベトベトくっつくからだそうです。めげずに美味しくいただこうと思います。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

「春の恵み」

 予報どおり、お昼ごろから雪がちらつき寒い一日でした。暖房を入れて閉め切っているので、部屋中にお醤油の辛い匂いです。生のイカナゴを買ったので釘煮を炊いています。
053

 今年は、こちらを参考にさせていただきました。
失敗しない生イカナゴの釘煮の作り方

 今日がイカナゴ漁の解禁日だったのですね。それで、こちらまで届いているなんて早いですね。1回も見かけることなくシーズンが終わってしまった年もありましたから。
 1㎏で1280円と少々高めですが、初物ですし、小さ目なので味は期待できそうです。(^^

 完成!
054

春の恵み求め…イカナゴ稚魚の漁解禁
(2011年3月3日14時59分 読売新聞)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2011

たががずれる

 まだ、はずれてはいません(笑)。夕べの晩ご飯はチラシ寿司でした。くっついたご飯を取るために、お水を張っていたのが原因のようです。乾いたら元に戻るかと思いましたが、ダメみたいです(困)。(^^;
Carepdxk
 チラシ寿司は毎年恒例、明日の雛祭りのごちそうでしたが、雪の降る寒い一日のようです。今日も、夕方にはポチッと顔に何か当たったような気がします。アラレ?ミゾレ?

 そんなことで、今年は一月遅れでお祝いする予定です。その頃には桃ではなく桜が満開になるようですが(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »