« 「壊れ物注意」 | Main | 四季折々 »

January 29, 2011

京都ふらり歩き

 この土日が寒さのピークとのことでしたが、良いお天気で暖かく感じました。今週は冬ごもりになるかと思ってましたが、そんなことで京都府庁の西側にある「中信美術館」に行くことにしました。
 京都中央信用金庫の本支店にこの入場券が置いてあります。ただし、"基本的には"ということのようです。フラッとお立ち寄りいただくのも良いかと。(^^
050
 梅原猛氏が京都市立芸大の学長時代の教え子にあたる、今が旬の作家さんばかりです。それほど大きな建物ではありませんんが、明るく開放的な雰囲気の展示室(3室)に斬新な作品が並びます。
 少し前の新聞でだったか、梅原夫妻の横顔が"だまし絵"のように浮かび上がって見える壺が話題になっていました。私は山本容子さんの版画が見たかったのですが、不思議の国のアリスを題材にした、かわいい作品でした。
 この葉書と同じデザインの図録もいただいて、無料だなんて嬉しいです。

 このあと御所の中を、寺町通りの方へ通り抜けました。
009
 梅林の一番北側の木が咲き始めています。その横の白梅も、ツボミがふくらんでいましたし、もう咲きますね。
 引き続いて寺町通りを南に向かい、少しお買い物をして帰りました。ここも、旬のお店でしょうね。話題の若手の作家さんのものを揃えられていて、「京都うつわさんぽ」という本にも掲載されています。
051
 普段使いのできるシンプルなフリーカップと小皿を2枚買いました。カップの裏は普通のサインですが、お皿には少しずつ違うイラストが入っているところも人気の秘密のようです。表側はカーブをもたせず平らで、小さなお皿らしからぬ安定感があります。
 女子大の家政学科を卒業されたあと、安藤忠雄建築研究所にお勤めという経歴をお持ちの作家さんです。6月に個展もされるようで楽しみにしています。(^^

|

« 「壊れ物注意」 | Main | 四季折々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京都ふらり歩き:

» 福岡彩子さんの器 [めし日記]
[Read More]

Tracked on February 01, 2011 22:51

« 「壊れ物注意」 | Main | 四季折々 »