« 「摂津ふらり旅」 | Main | 冬のガーデニング »

January 24, 2011

北野ふらり旅

 昨日は兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の、今年初めの定期演奏会でした。プログラムの裏表紙に「HAPPY NEW YEAR」、そしてウサギの絵のバックには「ふるさと」の歌詞が書かれています。

 オール・ベートーヴェン・プログラムということで、「エグモント」序曲op.84、 ピアノ協奏曲第3番 ハ短調op. 37、 交響曲第3番 変ホ長調op. 55「英雄」。指揮・芸術監督は佐渡 裕 、ピアノはエフゲニ・ボジャノフです。
 12月の定期は、遅れてきた人が多く、空席が目だったことに驚きましたが、さすがに今月は1曲目から満席状態でした。

 2010年のショパン・コンク-ルで第4位入賞された、まだ26歳のボジャノフ氏は、ライトが当たるとプログラムに掲載の写真より明るい髪の色が美しい青年です。
 2009年のヴァン・クライバーンコンクールでの演奏を佐渡監督が気に入られ、この度の演奏会となったそうですが、少女マンガさながら、泉から湧き出るように美しい音色があふれていました。(^^
 アンコール曲も何を演奏されるのかドキドキしながら待ちました。まずショパンの「ワルツ第5番変イ長調作品42」を。そしてポンと背中を押されたかのように舞台に戻ってこられると、「華麗なる大円舞曲変ホ長調作品18」を演奏されました。コンサートマスターの豊嶋さんが席を立たれなければ、いつまでも拍手は鳴り止まなかったでしょうね。(^^

 今回のプログラムは、この金・土・日の定期以外に、15日から愛媛県、大阪府、兵庫県内の5会場でも演奏されていて、昨日がツアー最終日でした。その最後を飾っての「英雄」の演奏には、会場中が拍手をするのが待ちきれなかったというように感じました。決してフライングではありません(笑)。
 監督がおっしゃる「世界遺産のような曲」のあとのアンコール曲は「ふるさと」でした。プレトークで、昨年のケルン響のジルベスターコンサートの話をされたあとだけに、世界中を忙しく活動されている姿と重なって、感動もひとしおです。

Pen1_83 005
 演奏会の前に、今回は神戸の北野に寄りました。今が一番観光客の少ない時期だそうですが、それでも通りは結構な賑わいでした。
 手前が北野美術館、向こうに見えるのがラインの館です。美術館では淡路島にある美術館からの特別展示で猫の墨絵を観ることができます。
 こじんまりとした展示室にある60の作品には、それぞれに思いの込められた言葉が添えられています。ふてぶてしく、それでいて憎めない顔をした猫たちです。

 それで思い出したのが、このちょっと気になる記事です。 
野良猫の去勢、希望殺到 京都市 無償で実施
(京都新聞2011年01月22日12時48分)

 私は、どちらかといえば人に慣れている近所の飼い猫から被害を被ることの方が多かったので、この記事は、う~んという感じだったのですが、野良猫の多い地域の方にすれば深刻なことです。画伯がいわれる、「猫も人間もともに幸せな社会」とはどのように実現すればよいのでしょう。
 猫だけではありません。少し前のテレビの番組で、飼い犬をなつかないからというだけの理由で殺処分場に持ち込み、帰りに“かわいい子犬”を譲ってほしいという人がいるのだそうです。ウサギ年の今年には、手がかからないと思ってウサギを買ったものの、持て余す人が増えるのではないかという心配もされてましたね。(^^; 

 すみません、話題があちらこちらにフラフラしますが、この辺りを歩くのは4回目になります。今回、ようやく「うろこの家」に行くことができました。かなり細い通りに面していたのですね。北野美術館の裏側の石段を上がった向こうに、その通り(オランダ坂)へ続く道がありました。
010
 ラインの館のインフォメーションの方が、丁寧に地図で示してくださったおかげです。着いてみれば、な~んだと思うほど近くだったのですが。(^^;
029 033 038
 調度品とあわせて、マイセンなどの陶磁器やガレのガラス工芸品が並びます。文化財の建物で室内が撮影可というのは嬉しいです。ちょっと入館料が高い(1000円)なと思ったら美術館が別棟にあったのですね。見逃しました(ショック)。(^^;

 こちらも初めて見ました。その昔、テレビドラマで有名になった「風見鶏の館」です。この時期にしては、寒さも和らいで助かりましたが、写真を撮るには、すっきりしないお天気だったのが残念です。
053
 北野美術館の受付の方オススメの北野坂にあるスターバックスも移築された洋館を利用されたものでした。ふわふわのソファーで温かい珈琲を飲みながら休憩したあとは、通りに並ぶかわいい雑貨のお店をのぞきつつ三宮の駅に戻りました。

|

« 「摂津ふらり旅」 | Main | 冬のガーデニング »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/50670363

Listed below are links to weblogs that reference 北野ふらり旅:

« 「摂津ふらり旅」 | Main | 冬のガーデニング »