« 「チャレンジをお待ちしています」 | Main | 森のきのこ倶楽部 »

December 28, 2010

「うさぎ、うさぎ、なに見てはねる」

 今日の、朝日新聞(大阪版)夕刊2面、「旅・文化」の連載記事です。
005

《風来望 「東寺の終い弘法を訪ねる…」》
 歳末のにぎわいを感じたくて、京都・東寺の「終い(しまい)弘法」を訪れた。
(中略)
 新年の「卯年」を控え、ウサギをかたどった飾りを扱う店があちらこちらにあった。陶製のウサギが並んでいた。手作りで、ひとつひとつ微妙に違う表情に味がある。ウサギと皿とセットで1500円だ。大津市の梶谷佳加さんが、信楽の陶土でこしらえた。商いを手伝う夫の孝さん(51)は、本業はセラミック関係の会社勤め。「来年こそ景気があがってほしい。このウサギみたいに、ぴょんぴょん弾むように」

 2006年の五条坂の陶器まつりのときに、ウサギの花活けを買った方です。今年に伺ったときは、ご主人だけが店番をされていました。
 毎年来られているようで、このウサギは奥様が作られているとお聞きしてましたが、ご主人は会社勤めをされていたのですね。
 弘法さんで売られていたウサギたちは恵比須顔です。うちのウサギは、お月様でも見て、物思いにふけっている様子ですが。
 横の小鳥のお香たても、同じ方のところで今年買ったものです。これも微妙に表情が違うので、たくさんある中から選ばせていただきました。
 下のお皿は、弘法さんのウサギのお皿に似ていますが、2月にあった小学校の同窓会のときに、先生が八十の手習いに陶芸を始められたそうで、みんなに1枚ずつくださったものです。この2匹に雰囲気があっていたので、使わせていただいていました。

 東寺の縁日を「弘法さん」(毎月21日)、北野天満宮は「天神さん」(毎月25日)とよびます。どちらも子どもの頃は行きましたが、長い間行ったことがありません。この日は周辺の道が混むので、今日は弘法さんやな…とか言ったものでした。
 ちょっと忘れられかけていたウサギくんでしたが、お正月には南天の葉と赤い実を持って、わが家の新年を祝ってもらいましょうか。

|

« 「チャレンジをお待ちしています」 | Main | 森のきのこ倶楽部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「うさぎ、うさぎ、なに見てはねる」:

« 「チャレンジをお待ちしています」 | Main | 森のきのこ倶楽部 »