« 森のきのこ倶楽部 | Main | 年越し寒波 »

December 30, 2010

「一日もおろそかならず古暦」

Oth_pen50  100円ショップで売っている、ミニミニサイズの箒と塵取りのセットです。ちょっと目に付いたゴミをとるのにいいかなと買ってありました。
Cad0lsus
 毛が適度に硬いので、棚の隅っこやハードカバーの本の上にたまったホコリが、ダスターでパタパタするより、すっきり取れます。
 増える一方の読みかけの本の山が、とりあえずは整理できてホッとしました。(^^;

 「一年が終わるんだなと、しみじみと感じるのは…」(東京新聞2010年12月30日筆洗)。子どもの頃なら、御幣(ごへい)を付け替えたらフィニッシュ!という感じでしたが、今は神棚もなければ、壁にカレンダーを吊るす必要もなくなってしまいました。

 本当に、「泣いても笑っても残すところはきょうと明日の二日だけ」。明日は「万全な強風&極寒対策を」とのことですから、あとは水周りの小掃除くらいで済まそうと思ってます。ついに雪が降るようですしね…(寒)。

|

« 森のきのこ倶楽部 | Main | 年越し寒波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「一日もおろそかならず古暦」:

« 森のきのこ倶楽部 | Main | 年越し寒波 »