« 神戸元町 | Main | 「おいしい暮らしは、コーヒーとパンから始まる。」 »

November 28, 2010

「輝きの記憶を留めるために」

 今日はPAC(兵庫芸術文化センター管弦楽団)の第37回定期演奏会です。9月の第36回から2カ月以上、間があいてしまい、待ち遠しかったです。

  今回の指揮はギュンター・ピヒラー 、ヴァイオリンがベンヤミン・シュミット 、管弦楽は兵庫芸術文化センター管弦楽団。
 前半はロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」序曲とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調op. 61。そして後半はベートーヴェンの交響曲第6番ヘ長調op. 68 「田園」です。

 ウィーン・フィルのコンサートマスターだったというピヒラー氏です。すごく端正な演奏という印象でした。「セビリアの理髪師」序曲が終わったときに、お隣の年配のご婦人が上手やったねーと思わず言われました。(^^
 でも、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が、もっと素晴らしかったです。ヴァイオリンの高い音の快・不快は紙一重のような気がしますが、心地よく、それでいて筋の通った音色です。どんな小さな音も逃すまいと聴き入ってしまいました。
 アンコール曲は、ビーバーの「パッサカリア」という無伴奏の曲でしたが、休憩の間にCDの販売コーナーへ行ったら、考えることはみんな同じです。残念ながらシュミット氏演奏の2曲のどちらも、その場にもメーカーにも在庫がないのだとか。
 機会があれば、もう一度お聴きしたいものです。

 後半は「田園」ですから、まったりとした時間を過ごしたという感じです。ヴァイオリン協奏曲はシュミット氏に目がくぎ付けでしたし、その他の曲は良い気持ちでウトウトしながら聴いていたので、拍手をするタイミングを計るために見た瞬間以外に、ピヒラー氏が指揮をされる姿の記憶が全くありません。困ったものです。(^^;

 ホールの外に出るとイルミネーションが始まっていました。駅からの道も飾りつけがされて、すっかり冬の準備が整ったようです。
023

 演奏会の前に歩いた、旧居留地とルミナリエの会場になる公園のケヤキ並木です。紅葉(黄葉?)したケヤキに真っ白なルミナリエも美しい眺めでした。
028040003

|

« 神戸元町 | Main | 「おいしい暮らしは、コーヒーとパンから始まる。」 »

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「輝きの記憶を留めるために」:

« 神戸元町 | Main | 「おいしい暮らしは、コーヒーとパンから始まる。」 »