« 「愛と胃袋」 | Main | 「待ち受ける先を歴史の先駆者たちは知らない」 »

November 01, 2010

「描く人・彫る人・発行する人」

 そう、しょっちゅうは行けませんが、メルマガを登録しておいたのでサントリー美術館から次の展覧会の案内が届きました。

歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎

 特集の《伝統木版画の制作工程 絵師の描いた下絵が、彫師・摺師の技術で魅力ある木版画に》がタイムリーな内容です。この間、ブリューゲル展で、すごい版画を観たあとだけに気になります。もとの絵も素晴らしいですが、あれだけの絵を再現した銅版画の技術も驚きでしたから。

 展覧会関連プログラムの江戸の出版事情についての講演会も面白そうです。お話を聴きに美術館には行けそうもないですけど、いろいろ本がでているみたいなので、お手ごろなものを探してみましょうか。
 それと、これも知らなかったのですが、レンタルビデオのTSUTAYAの名前の由来になった方なんですね。(^^;

|

« 「愛と胃袋」 | Main | 「待ち受ける先を歴史の先駆者たちは知らない」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「描く人・彫る人・発行する人」:

« 「愛と胃袋」 | Main | 「待ち受ける先を歴史の先駆者たちは知らない」 »