« 「新刊書の後ろに広がる古書の海」 | Main | 寒露? »

October 12, 2010

「その奇跡は、一人じゃ起こせない。」

 映画の試写会に行きました。
Cakj8ac2
 ここのシネコンは市営地下鉄の駅に、ほとんど直結といってよいような位置にあるのですけど、なんとなく足が遠のいてましたね。
 区画整理事業でできた広い土地に建つビルは、テナントの数が限られているので、映画を観るだけになっちゃうからなのですが。(^^;

 上映されたのは29日封切り予定の「怪盗グルーの月泥棒」です。ユニバーサル・ピクチャーズの制作というだけに、遊園地のシーンが大変な迫力です。絶叫マシンは、怖くて実際には乗れそうもないので、雰囲気だけ楽しませてもらいました。3Dの映像も1作ごとに進化していきますね。(^^
 内容は本当に子供向けのアニメですが、タイトルにあるようにお月様を盗んで持ち帰る(どうやって・秘)というスケールの大きな話です。バックに流れる音楽も、ビージーズの「You Should Be Dancing」などとオジサン、オバサンの方が体がむずむずしていたのでは(笑)。
 怪盗グルーの吹替えは、笑福亭鶴瓶さんのべたべたの関西弁です。もとの声優さん(英語版・公式サイト)とは、全然違ったキャラクターじゃないのかなとか。
 前半はかなり毒を放つギャグの応酬ですが、ほろっとさせられるラストを、より強調する配役となったのでしょうか。
 少し前に、字幕で初めて「トイストーリー」を観て、日本語版の唐沢 寿明さん、所 ジョージさんの方が、英語版の声優さんより似合っているように思いましたから。
Minion08  映画を観るまでは、そんなにかわいいと思わなかったキャラクターも、帰りには前売り券のオマケのプニプニしたお人形がほしくなりました。とってもおちゃめでラブリーです。

 夕方に映画を観に行くと、疲れているから眠くなります。でも、チケットをもらったから宣伝するわけではないですが、かなり笑えました。間に合って良かったです。(^^;

|

« 「新刊書の後ろに広がる古書の海」 | Main | 寒露? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「その奇跡は、一人じゃ起こせない。」:

« 「新刊書の後ろに広がる古書の海」 | Main | 寒露? »