« August 2010 | Main | October 2010 »

September 29, 2010

ただいま充電中?

 9月もあと1日です。今日あたり、秋らしい空と雲が見られるように天気予報でいってましたが、秋を実感するのは日の暮れるのが早くなったことです。

 気候もよくなってきたことですから、今のところ来月は何も予定がないので、久しぶりに各駅停車の旅にでも行きたいですね。青春18と比べると、ちょっと割高ですが、「秋の関西1デイパス」「鉄道の日記念 JR全線乗り放題きっぷ・JR西日本一日乗り放題きっぷ」が来月は利用できます。1デイパスの方は京阪電車(大津線のみ)、南海電鉄(一部区間)、近江鉄道、それに琵琶湖汽船のミシガンにも乗れます。あまり本数のない電車のようですから、行き当たりばったりというわけにはいかなさそうですね。

Wp_pic03 エボルタくんのように、とっとこ旧街道の旅もいいなと思うのですが。うん、今なら自転車の遠出もありですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2010

「The 108th Sheep」

 Amazonに注文してあった「The 108th Sheep」が届きました。 やっぱり安いですね。1270円で買いましたが、元は$15.95ですから。

Ca0gkzy4

 目を見開いて難しい表情の女の子のベッドの上を羊が跳んでいます。得意げな様子の羊たちですが、何故か108番目の羊だけは…。
 今井彩乃さんのお話は、すごく切ない場面がある分、優しい気持ちになれそうです。
 絵本で辞書をひかないとわからない単語があるのは情けないですが、頑張って読む価値はありました(笑)。
 日本語で出版されているものは図書館で借りて、「Chester」と「チャッピィの家」を読み比べてみました。どちらも今井さんの文ですが、英語版の方が、いくぶんサラッとしてますね。日本語版の方が絵を補う言葉が増えていて、グッときます(涙)。
 この「The 108th Sheep」も、絵を見ているだけで微妙な心情が伝わってきますが、日本語版が出版されると嬉しいですね。

 そういえば、有線放送に「睡眠」というチャンネルがあって、一つは「羊が1匹」「羊が2匹」「羊が3匹」…と数える男の人の声で、もう一つは「哲学講義」でした。今でもあるのでしょうか…。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 26, 2010

次は第九?

 ちょっとモネの睡蓮みたいです(笑)。
011

 今日はアマチュアの定期演奏会を聴きに行きました。演奏曲はドヴォルザークのチェロ協奏曲と交響曲第8番です。ソリストさんは本業が別におありのようなのでセミプロになるのでしょうか。それにしてもお上手で、楽しそうに演奏されていました。

 演奏が始まる前に、室内楽のロビーコンサートがありました。自由席ですから、先に座席は確保してあったのですが、ホールに戻ると通路に近い席の方が座られています。通してもらおうと思うのですが、足をひいてくれない人がいて難儀しました(汗)。
 コンチェルトが始まると、その人、グーグー高いびきでお昼寝です。交響曲第8番が始まって、しばらくするとピリピリピリと音がするので、何かなと見ると、今度はコンビニのオニギリで3時のオヤツが始まりました。しっかりと水筒に入れたお茶も持参です。もちろんホール内は飲食禁止と入り口に掲示してあります…。
 お腹がふくれると、またお昼寝が始まり、曲が終わって拍手の音でお目覚めのような。席を立たれたあとにはオニギリの包みとプログラムが座席の下にほっちらけです。
 近所のオジイチャンかなと思いますが、途中で席を立たれることもなく、心地よい時間を過ごして(?)帰られたのですから、良しとするしかなさそうです。(^^;

 まだ農地が点在する私鉄沿線の新興住宅地に、そびえるように建つ立派なホールです。席数1300のホールの他に、主だった文化施設も併設されています。海外のアーティストが、たまに来られていることもありますし、開館15周年記念の演奏会はスロヴァキア放送交響楽団の「未完成」「運命」「新世界より」の演奏会でチケットも3000円です(助成金あり)。関フィルのニューイヤーコンサートも2500円と格安ではないでしょうか。
 ハコモノあってのソフトですし、それも楽しみにしている人あってのことですものね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2010

食欲の秋

 ビーフシチューまん・神戸ワイン使用…。確かに熱々だと、ホワッとワインの香りがするような気がします。味はビーフシチューですけど、食感が肉まんというところでしょうか(美味)。
Cainf3r5
 食欲の秋ですから、オヤツ類は新製品のラッシュですね。最近、同じメーカーの「ラー油肉まん」が美味しいなと思って、冷凍庫にストックがしてあります(笑)。
 このビーフシチューまんは初めて見ました。メーカーのサイトには紹介されてませんが、「神戸ワイン」だから関西限定の"ご当地商品"ということでもないのですね。
 そこに紹介されている中では、千葉県立東金商業高等学校共同開発商品「ランチパック・ピーナッツカレー」が食べてみたいです。千葉ケンミンはカレーにピーナッツを入れるのでしょうか。不思議、でも美味しそう。(^^;

 少し前にB級グルメのグランプリの話題が賑わっていましたね。京都だったら何で競うのでしょう。ラーメンくらいしか思い浮かばないのですが。
 郷土料理として、よく紹介される「芋ぼう」(乾物の鱈と里芋の煮物)なんかでもお正月だけのものですし、今では作るうちも減っているでしょうね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2010

中秋の名月

 雲に見え隠れしています。(^^

006 こちらも猛暑日だったのでしょうか?午後から雷雨の予報だったのが、かんかん照りでした。(^^;

東京都心の真夏日71日に 記録更新
(MSN産経ニュース 2010.9.22 21:31)

 月見団子を買って帰ろうと、お饅頭屋さんに寄りましたが、マスカット大福に心変わりしてしまいました。すると、お店を出た途端に、パラパラと雨が(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2010

「その出会いから生まれた新たな美」

 昨日のお昼ご飯は、京都文化博物館から近いのでIEMON SALONに行きました。フリマをのんびり見てしまい、映画の上映時間がせまっていましたから、ランチの丼ものであわただしく済ませました。
 そう、急いでいたのですが、お席が順番待ちで20~30分かかるとのことでした。このお店のいいところは2階のギャラリーの展示がいつでも観られることです。
 今は展示替えをされたばかりで「千總と京の日本画家 ~友禅と絵画の出会い~」(千總HP>千總の世界>千總ギャラリー)です。明治期の型友禅のお軸の数々と日本画家岸竹堂の一双の大きな屏風で「梅図屏風」、それと、今ではあまり見られないシックな色合いの振袖が観られます。

20100914_588549_t 当時の日本画家は明治政府の神仏分離令による廃仏毀釈と東京遷都により宮家や門跡家筋のパトロンを失い窮地に陥いっていました。
 殖産興業の著しい、産業が活気付く中で、時代から取り残された友禅染を、そんな名の通った日本画家たちに図案を手がけてもらうことで新風を吹き込んだのだとか。
 チラシに使われた友禅軸の図案は岸竹堂が下絵を描いたもので、鯉が滝を登って龍になるという故事に、当時、革新的に生まれ変わった友禅染の姿をなぞらえたのだそうです。
 大変な時代は繰り返されてきたのだと改めて思いますね。(^^;

 店内の空いたスペースや、表のウッドデッキで待たれている方が何人もおられました。受付の店員さんが誘導してギャラリーの存在をアピールされてもいいのに…と思ったりなんかして(笑)。

| | Comments (0)

September 20, 2010

秋の休日

 三連休の最終日は、京都文化博物館周辺で開催される「京都アートフリーマーケット」に行きました。若手の作家さん、職人さんが開かれるこのフリマ、春と秋の連休の楽しみになっています。

Caldhl23 今回のお買い物は、ガラスのカエルくんのペンダントです。カエルは「幸運を招くシンボル」という意味合いもあるのだそうです。写真ではわかりにくいのが残念ですが、透かして見るとキラキラと綺麗です。
 ご夫婦で工房を営まれていて、カエルは水辺の動物を好んで作られているご主人様の作品だとか。
 サイトの方を拝見すると、クラゲがモチーフの作品も、ガラスのアクセサリーの雰囲気に合っていて素敵です。

 今日は近くのシネコンのサービスディでしたから、ついでに映画も1本観ました。いっしょに行った姉上様が、3Dの映画を未見だということで「海猿」にしました。
 娯楽映画ですから、お話のつじつまは考えない方が良さそうです。海上保安官にお嫁さん候補が集まったというくらい、ほんとカッコイイです。
 女性はヒロインの加藤あいさんと、天然ガスプラントの常駐医役の吹石一恵さんくらいで、登場するのは男性ばかりの、ひたすら「男の美学」を追求したような。
 スタントなしで俳優さんが演技されたり、海上保安庁の協力で実際の巡視船やヘリが使用されるなど、前評判どおりの大変な迫力の映像でした。でも悲しいかな、3Dが一番実感できたのは、初めに映る東宝のマークでしたね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2010

生もの注意!

 徳島に嫁いだ姪っ子のところから届きました。
Caw4nkhf
 このまま食べたら美味しいのでしょうけど、まだ生きてます…。エビって殻をむいても、まだ動くんですよね(怖)。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2010

「Der Stiefel-Kater」

 買ってしまいました。Amazonで、ちょっぴりですが円高のおかげで洋書が安くなっていましたから。
 「Der Stiefel-Kater」と「Chester」は日本語で出版されてますが(日本語版は「くつやのねこ」と「チャッピィの家」)、他の2冊は未邦訳のようなので。はは、ドイツ語は読めないのですが、この機会に勉強します。(^^;

004_2
「Der Stiefel-Kater」
いまいあやの〈絵・文/ドイツ語〉
「Wie Niklas ins Herz der Welt geriet」
Gert Scobel〈文/ドイツ語〉、いまいあやの〈絵〉
「Chester」
いまいあやの〈絵・文/英語)

 あと、別便で届くものに、「The 108th Sheep」いまいあやの〈絵・文/英語〉が注文してあります。著者の今井 彩乃さんは外国での生活が長いので、日本語と英語の両方で出版されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行ってらっしゃい!

行ってらっしゃい!
蜜柑の木にアオムシは七匹いました。
その中の一匹が、今朝巣立ちました。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2010

これも二年目

005 ゴルゴンゾーラのチーズケーキです。えっ?ブルーチーズでケーキ??という感じですが、日曜日に西宮の阪急で買いました。
 冷蔵で3日、冷凍で1週間は大丈夫とのことでしたから、冷凍してあったものを少し切ってお味見です。恐る恐る(笑)。
 もっと辛口なのかと思いましたが、ふんわり甘く優しい味です。しっかりとブルーチーズの香りがしても、思ったより気になりません。薄めのタルト生地の香ばしさもいいですし、これは美味しい珈琲を淹れて食べたいですね。

 このお店、こちらの伊勢丹の催事に出店されていたときに、チーズケーキも並んでいたのですが、そのときは"季節限定"にひかれて「和栗のタルト」を買いました。ゴロゴロとマロングラッセが入っていて、そちらもとろける美味しさでした。(^^ ←栗好き

 本店は夙川です。阪急神戸線の沿線は"評判のお店"がいっぱいありますから、ケーキ屋さんめぐりが西宮に通う目的の一つでもあります(幸)。
 ただ、遠くでケーキを買うと、持ち歩きが大変なのですが、このタルトはケースにきっちり収まっていて、薄型のペーパーバッグに縦向きに入れられるのでコンパクトです。無事に持って帰る自信がなくてあきらめるケーキもありますから。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 13, 2010

「豪快、そして繊細…。渾身の『惑星』!」

 昨日の阪急沿線テクテクの旅の続きです。兵庫県芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会に今シーズンも通うことにしました。昨日のプログラムは武満徹の「フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム-5人の打楽器奏者とオーケストラのための- 」、それとホルストの組曲「惑星」 op. 32 。指揮は佐渡 裕 、パーカッションは 打楽器アンサンブル・ネクサス、女声合唱は神戸市混声合唱団です。

Pac_2

 ホールに入ると正面の2階席右方向・左方向からステージ上のスタンドに向かって赤・黄・白・水色・緑のリボンがたらしてあります。PACの5歳のお祝いの飾りつけ?と思った人は私だけではないと思います(笑)。
 ステージの上に楽器はセッテイングされているのに、曲が始まっても5人のメンバーはおられません。尺八を思わせるフルートのソロに続いて、どこからか穏やかな鐘の音が聞こえます。宗教儀式の時に使われるのを見たことのあるような鐘というより鈴(りん)でしょうか。リボンと同じ色の衣装を、それぞれ身にまとったメンバーが1階席の後方から打ち鳴らしながら、ステージに向かって進んでいかれます。この演出で、すっかり曲の世界の中に引き込まれてしまいました。

 1990年にカーネギーホールが100周年を迎えるにあたって委嘱された曲で、「フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム」というタイトルは詩人の大岡信の詩の一片を英訳されたものだとか。そして「ミー」というのはカーネギーホールのことだそうです。
 佐渡さんのプレトークとプログラムの解説によると、ステージ上のリボンは、チベットの遊牧民による「風の馬」という占い(儀式)で掲げられる旗の5色を表していて、それは曼荼羅の中核を形成する五仏の色彩で「青=水、赤=火、黄=大地、緑=風、白=それらの統合であり、空・空気・エーテル・無の象徴」を表現しています。演奏するにあたっては、スコアーに衣装や楽器の設置等々の細かな指定がされているそうです。

 曲全体は、13のセクションにわかれていますが、楽章は一つのようで30分余りの曲が休みなく演奏されます。リボンの先にはシカケがあって、鐘の音の余韻を息をひそめるように聴くうちに静かに曲は終わりました。日本の曲というよりガムラン音楽のように聴こえる場面なんかもありますし、CDで聴いたらどんなイメージが浮かぶでしょうね。現代音楽というと敬遠しがちですが、これは本当に美しい曲でした。

 惑星は有名な曲なので省略したいですね。(^^;
 とにかく大きな編成の曲なので、あちらこちらの楽団の主席奏者の方々が来られていました。東京交響楽団からコンサートマスターとHr主席・Tp主席、東京フィルハーモニーから2Vn主席・Va主席・Cb主席、紀尾井シンフォニエッタ東京Vc主席とCl主席、京都市交響楽団Fg主席、そして元京都市交響楽団のパーカッション主席です。これだけ見ても、早々聴く機会はないだろうなと思ってしまいます。
Cajbeonm  アンコール曲もホルスト「吹奏楽のための第2組曲より第1楽章」と「セントポール組曲より 第1楽章」と2曲もありました。
 撮影禁止のホール内でも、これだけはOKですね(笑)。ただし、次の日にはホールのサイトの公演カレンダーのところにアンコール曲も追加されますから、控えて帰る必要はないのですが。(^^

 前のシーズンは一階席の前から8列目と、ステージにちょっと近すぎたので、今回は後ろよりの席にしました。売り出し初日からずっと電話がつながらなくて、申し込みまで何日もかかりました。相変わらずの超人気で、楽しみな1年になりそうです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボローニャ国際絵本原画展2010

 昨日の阪急沿線テクテクの旅は、桜の名所の夙川です。お花見のときとは反対方向に、今回は駅より南へ20分ほど歩いて、西宮市大谷記念美術館に「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2010」を観に行きました。

 思ったより広い展示室で作品数も多く、さまざまな技法の絵を楽しめます。文字はなくともお話へ想像がふくらむものや、ちょっと大人っぽい絵柄で不思議な世界をのぞきこんだようなもの、中には物語性を感じないポスターのようなものなどもあり、絵本とひとくくりにはできません。これだけあれば、誰でも好みの一枚を見つけられるのではないでしょうか。
 この一枚のために、もう一度足を運んでもいいかなと思ったのが、「アフリカの絵のかりうど」という絵本(?)の「月と木星がならんだ日、絵のかりうどがわたしたちをアフリカの冒険に連れていった。」というタイトルで、ルーマニアのディアナ・マルガレタ・チェプレアヌさんの作品です。原画は縦が50㎝くらいあったでしょうか。絵葉書が売られていましたが、緻密に書き込まれた原画のことを思うと物足りなくて、絵本が発売されるのを待つことにしました。

 こちらは昨年の入選作のようですね。今年の5月に発売された、ドキドキするほど魅力的な表情をした猫が登場する絵本です。クリアファイルと一筆箋のセットが売られていたので買いました。
010

 住宅街の中にある落ち着いた雰囲気の美術館です。手入れの行き届いたお庭が綺麗で、散策できるようになっていますから、帰りに見学させていただきました。
009_2 暑さのせいか、花が少ないような気がしたので、お手入れをされていた方にお聞きすると、例年なら、そろそろ彼岸花が咲き始める頃ですが、もう少し先になるよう言われてました。でも柏のドングリが、もう熟していると、足元に落ちていたのを一掴みくださったので、鉢に埋めてみることにします。(^^

 こちらも、あまりくっきり撮れていませんが、夙川公民館の裏の蓮の花です。一つ前の記事の携帯で撮った写真だと花の咲いているところがわかりませんでしたから。(^^;
007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2010

阪急沿線テクテクの旅二年目へ

夙川公民館・河川敷緑地
川西歩道橋から阪神高速
西宮市大谷記念美術館
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2010
汗ばむ陽気ですが、日陰に入ると風が吹いて涼しいです。
まだ蓮の花が咲いていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2010

大人のゴーヤ

 代わり映えしない話題で、すみません。(^^;
001 プランターに、7月だったか種を蒔いておいたゴーヤです。9月に入ってから花が咲き始めましたが、今年は雌花の比率が高いです。いつもは雄花がほとんどなのですが。
 おかげで、小さなゴーヤが10個ぐらいぶら下がってます。それが、まだ4㎝くらいにしか育ってないのに、黄色く熟し始めました。これも猛暑の影響なのでしょうか?

 ちょっと前の新聞の声欄に、熟したゴーヤでジャムを作られた方が投稿されていました。佃煮はよく作りますが、ジャムは意外でした。ほろ苦い大人の味なのでしょうか。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2010

「猛暑商戦は延長戦」

 日差しは強くても、風があるので過ごしやすい一日でした。
Pen1_12_4 残念ながら、明日はまた猛暑日の予報ですね。この夏は、熱中症予防にと出かける前には必ず水分補給をし、汗をかいては冷たい飲み物を飲んでばかりいましたから、すっかり胃腸が弱ってしまったようです。BMIが19になったのはひっそり嬉しいですが(笑)。
 そういえば、猛暑でこんな「特需」があったとニュースで言ってましたね。これは流行り病です。(^^;

 バナーに使ったキバナコスモスです。同じコスモスでも暑さに強い品種だそうで、最近、あちらこちらでよく見かけますね。
008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2010

白露(はくろ)

 今日は「秋の気配が濃くなり野草に白露が宿る頃」だそうですが、台風が接近していなければ、相変わらずの猛暑日だったのでしょうね。

台風9号が日本海東進 離れた場所も大雨
(京都新聞電子版 2010年09月07日 16時40分)

 運悪く外にいるときに激しく降りました。傘は持ってましたが、それでも防ぎきれないくらいの雨です。10分くらいでやみましたけどね。

暑すぎる!京都市内で猛暑日34日の最高記録更新
(MSN産経ニュース 2010.9.6 21:49)

Oth_pen39  日本で一番暑い京都はカラカラ天気続きでしたから、植物にとっては恵みの雨となったかもしれませんね。あとは、無事に通過してくれますように。こちらは明日が本番でしょうし。
 そういえば去年でしたか、台風が通過したあと行方不明になってしまったのは。今年の蜜柑の木の六つ子ちゃんはプラケースに避難させることにしました。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

君をアイス

Caivg1ui  少し前から近くのお店に、森永なんかのメーカーとは分けて並べてあったので気になってました。「関東・栃木レモン10%使用」で無果汁って?
 買って帰って、よく見たら意味がわかりました。「関東・栃木レモン」というレモン風味の牛乳(無果汁)が売られていて、それが10%使われているアイスなんですね。
 確かにレモンの香りがします。そんなに甘くなく、フワフワしていて美味しいです。

 今年は冷たいオヤツの消費量が増えてます。アイスは身体を冷やすので、食べても太らないとテレビで言ってましたが、どうなのでしょう。
Oth_pen38 やせるためには、こっちの「(エアロビクス)(アイソメトリックス)(ストレッチ)」が必要だそうです。日差しを避けて、カロリーの消費量は減っていますね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2010

もういいかい?(^^;

 まあだだよ~。のようですね。

あと1週間も続くの…猛暑、原因は二つの高気圧
(2010年9月3日21時52分 読売新聞)

 マンション暮らしだとゴキブリ、ハエ、蚊で困ることはほとんどありませんが、今年は蚊が多いような気がします。これも猛暑の影響なのでしょうか?
 日陰に逃げることのできる私たちはともかく、ベランダの植木にとって、今年の暑さは酷暑以外の何物でもなかったでしょうね。熱帯で育つはずのアボカドが枯れてしまいました。(^^;
014
 連日の猛暑日にヒメリンゴも辛そうです。毎年、秋に2度目の花を咲かせていましたが、今年はそんな元気もなさそうです。
 日当たりの良い暖かいところが向いているように説明書きにあった綿花子も、いくつか咲いた花が実をつけるまでもなくポロポロと落ちてしまい、葉が弱っています。あと、今年の春に買った桜の苗木もだめみたいです。
 そんな中で、南国生まれの蜜柑は元気いっぱい、いつの間にか里親さんを始めていました。アゲハのお母さんも、あまりに暑くて卵を産み付けに来なくなったのかと思ってましたが、匹のチビチャンたちは葉の裏に隠れていたようです(もっといるかも…)。このあと、しばらくして3匹がアオムシになりました。みんな精一杯生きていますね。(^^;
018

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2010

「京都で始まったワンストップサービス」

京都で始まった働きたい母親を対象にしたワンストップサービスとは。》(毎日新聞 2010年8月30日 東京朝刊)

 働く女性の約7割が出産を機に仕事を辞めており、子育て中の再就職は簡単ではない。保育所の待機児童増加で、就職活動中の預け先確保は難しく「働きたくても働けない」という声は強い。8月に京都府が開設した「マザーズジョブカフェ」は、働きたいお母さんを支援するための複数の機能を1カ所に集め、関係者の注目を集めている。
 ジョブカフェはJR京都駅南、府の男女共同参画センターの中にある。女性向け求人情報を提供するハローワークの「マザーズコーナー」▽働き方や就職活動の仕方をアドバイスする「女性再就職支援コーナー」▽母子家庭の就業、生活相談を受ける「母子自立支援コーナー」--の三つが同居し、相談から就業までを一元的に支援する。
 また、同じ建物に保育室もあり、就職活動中は無料で子どもを預けることができる。就職後も最大3カ月間まで、1日2100円(3歳未満、一般世帯の場合)で利用できるようになっている。地元のママたちで作るNPOのスタッフが「ママさんコンシェルジュ」として、府内の保育所の空き情報や地域の子育て支援の情報提供・相談にも応じる。

 一つ前の記事ではないですが、小さな子どもをつれての外出は、泣きたくなるような経験をしたことのある人は少なくないと思います。まして、生活のために働こうとなると。
 就活が上手くいったとしても、それはゴールではありませんし、新しい苦労の始まりでもあります。どこに消えてしまうかわからない給付金より、こんな事業に向けられるのも心強いかもしれませんね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2010

「子供がうるさいので電車降りてくれませんか」

「子供がうるさいので電車降りてくれませんか」と母親に言った女性会社員の行動について議論

Pen1_72 たまにショッピングセンターなんかで、子どものはしゃぐ声より、叱りつけるお母さんの怒鳴り声の方が不快なときがあります(笑)。状況がわからないのに議論をするのもどうかと思いますが、通勤ラッシュの時間帯に小さな子どもを連れて地下鉄に乗っているのは、そのお母さんも出勤のためだったということは考えられないのでしょうか?
 一人をおんぶして、前に生まれたばかりの子どもを抱っこ、そして3歳になる上の子どもは歩かせて通勤していたというお母さんを知っています。独身で颯爽とスーツを着て歩くような働き方をしている人ばかりではありませんから。

 青春18切符を使って旅行をしていると、最短の乗り継ぎ時間で利用できる電車を、乗り換え案内のサイトなんかで調べたものを手に持っておられるのを見かけます。日帰りの旅だと、行きの電車で見かけた人が、帰りの車両でも乗り合わせるなんてことも珍しくありませんでしたから、18切符を持った人が利用しやすい電車で大移動しているのですね(笑)。
 それが、いつだったか小さな子どもを連れたお母さんが、子どもがいるから席を譲るように言われるのを見てしまいました。そして、席が確保ができたら、こっちこっちと離れたところにいる人を呼び寄せて、ちゃっかり自分も座られました。それは土日でしたが、朝の通勤の時間帯で満員の新快速電車でのことです。
 小さな子どもを連れて気ままな旅を楽しもうと思うなら、混まない時期(時間)を選ぶくらいの配慮は欲しかったですね。
 遊びに行く分には、そんなことでストレスを感じるくらいなら、利用しなければいいだけですから、問題ないのですけどね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »