« 「下町さんぽ」 | Main | 「モノづくり」の基準 »

August 17, 2010

「誇り高きデザイン 鍋島」

 15日に新宿へ行っておいたおかげで、16日は、ゆっくりチェックアウトして六本木に向かうことができました。
 そのあとはサントリーホールの演奏会が3時からなので、それまでサントリー美術館へ寄るつもりでした。開催中なのは「誇り高きデザイン 鍋島」です。

Maintitle
 綺麗な装丁の図録が売られていましたが、荷物が増えるので買う気になれません(重)。幸い併設のカフェでランチをいただいたときに、見本が置かれていましたから、ゆっくり読ませてもらうことができました。

 鍋島焼が将軍家献上を主目的としたため、幕藩(ばくはん)体制の絶対権力者・徳川将軍家の動きに敏感に反応して変遷を遂げた、という新たな視点から藩窯(はんよう)の歴史をたどるものです。

 こちら(将軍家への献上 鍋島)の展覧会の解説に、言わんとすることがまとめられていたので拝借しました。今回の展覧会の図録には「初めて政治利用された焼物」と書かれていたと思います。

 献上品といえども、大半は美術品として飾っておくようなものではなく、日常の器として使用されていたと思うのですが、どうなのでしょう。
 展示替えが、このあと2度あるようなので、お目当ての作品のある方は、サイトの出品作品リストで日程をチェックしておかれたほうがいいかもしれません。ですから一回に展示されている作品数はそれほど多く感じませんでした。
 展示品も貴重なものなのでしょうけど、会場の雰囲気やチラシのデザイン、グッズ類の販売等の企画が上手ですね。東京ミッドタウンも素敵なところです。緑が目にやさしいですし、涼しくて快適で、この暑い時期を過ごすには最高でした(笑)。

|

« 「下町さんぽ」 | Main | 「モノづくり」の基準 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「誇り高きデザイン 鍋島」:

» 鍋島/サントリー美術館 [京の昼寝〜♪]
鍋島/サントリー美術館     現在、六本木のサントリー美術館で開催されている「誇り高きデザイン 鍋島」に行って来ました「鍋島」とは、江戸時代に佐賀藩から徳川将軍や諸大名への贈り物として作られた最高級の磁器と言われています。作品の撮影はもちろん禁止だったので、作品群はこちらで  「展示構成」その絵柄は重厚・繊細かつ豪華で、その時代のトップに献上される品としては、最高峰の磁器だったことが容易に想像できます。その一つ一つがため息の出るものばかりで、それは磁器の世界を超越し... [Read More]

Tracked on August 18, 2010 12:35

» 「鍋島展」 [弐代目・青い日記帳 ]
サントリー美術館で開催中の 「誇り高きデザイン 鍋島」展のプレス内覧会にお邪魔して来ました。 「誇り高きデザイン 鍋島」 2010年8月11日(水)〜10月11日(月・祝) 焼き物に関しても知識も乏しくズブの素人。何をどう拝見したらよいのか未ださっぱり分からないそんな自分でも、「曜変天目」と「鍋島」だけは展覧会が開催されると知ると心昂るものがあります。 ※静嘉堂所蔵の曜変天目(稲葉天目)は三菱一号館美術館で8月24日から始まる「三菱が夢見た美術館#8212;岩崎家... [Read More]

Tracked on August 18, 2010 21:39

« 「下町さんぽ」 | Main | 「モノづくり」の基準 »