« May 2010 | Main | July 2010 »

June 30, 2010

今日暑く

 これが梅雨のお天気ということなのでしょうか、日中はジリジリ暑く、夕方になるとはお天気が心配になります。
 日曜も、結構いいお天気でしたから河原町の画材屋さんに行き、そのまましばらくウロウロしていました。それが5時ごろから今にも降りだしそうな空になり、どうなることかと思いましたが、一滴の雨も降りませんでした。
 昨日は帰りに期日前投票に行くつもりでしたが、雲行きが怪しいので大急ぎで帰ると、家に着くのと、ほぼ同時に土砂降りです。(^^;

Oth_pen70 早いもので、明日から7月です。保育園からの帰り道だったようで、七夕の笹を持った親子を見かけました。それに、もうすぐ祇園祭ですね。でも、あまり実感がありません。
 こちらは、早々と猛暑の日々だからかもしれません。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2010

改選数1

 確か15年くらい前に買った、ミニコンポがついに壊れました。もっと前に、ダメになった部分はありましたが、CDを聴くには差し支えのないところだったので、修理することもなく長い間頑張ってくれました。音は二の次として操作が簡単でしたから、まだ小さかった子供らでも使いこなせて重宝しました。
 今回は主に使うのが私なので、CDさえ聴ければOKです。でも最近の新しいコンポはipodやiphoneに対応した機種がほとんど何ですね。(^^;
 機能が少ないといえば、B社のものが候補に挙がってきます。ときどき行くお店がBGMをそれで流されていて、いい音がするなとは思うのですけどね。
 ともかく、ネットで"売れ筋"との機種を調べて量販店も少しのぞき、結局、こちらになりました。
Can0dfb4_2 性能は違うのでしょうけど、価格はB社の3分の1です。これでCDとFM・AMラジオが聴けるので、私には十分かなと思います。
 集合住宅では、ちょっとうるさく感じるくらいの音量でないと、いい音の実感がないのが残念ですが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2010

「資本主義はけしからん、とんでもない」?

 今日の朝日の夕刊、文化面に面白い記事が載っていました。
《マルクス名言に「一歩一歩」 大学玄関に新たなメッセージ》
 ドイツのフンボルト大学の正面玄関に金文字で彫りこまれた「哲学者たちは世界をいろいろ解釈してきたにすぎない。しかし、肝心なのは世界を変えることである」。
 その壁の手前にある階段の一段一段の縦板に「ステップに注意」と書いた金色の文字盤が並び、その上にマルクスの言葉が見えるのだそうです。
 そして「マルクスの言葉を絶対視した旧社会主義時代とは、人間がその落とし穴に陥った時代であった。160年以上前の古い言葉に、『気をつけて』という現代の一語が加わることによって、この広間は、新たな歴史的メッセージを訴える空間として甦った。」と締めくくってあります。

003  こちらは、まだ全部読めてないのですが、さすが「週刊こどもニュース」の元お父さんです。難解な言葉で足踏みさせずに、身近に感じるような話題もからめて読み進めていかせる話術は、本当に「名人芸」だと思います。

 つまりマルクスは「資本主義はけしからん、とんでもない」って言ってるわけじゃないの。もちろん資本主義っていう仕組みがいかに非人間的なものであるかってことも論じてるんだけれども、決してそれだけではないんだ。
 みんなが同じところで働くことによって生産性が上がり、みんな豊かになっていく。あるいはそこで一人で孤独に働くよりは、ライバルがいたりして、やる気が出てきて働く。これは人間本来のことなんだ。
 人間として一人一人の労働者が成長していくので、決して悪いことばかりではないってことを、実はここで言ってるんです。
 これ、意外に見過ごされがちなんですが、大事なことなんですね。マルクスは、資本主義がいかに非人間的なしくみなのかって言ってるだけではないんです。みんなが一緒になって働くことによって世の中は豊かになっていく、そういう働きもある、そしてその中で人間として生きがいを見出したり、働くことが楽しくなったりっていうこともあるということを実は言っています。

 そんな豊かな社会を願い、次の選挙は一票投じましょうか。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 23, 2010

ドングリと背比べ

005  久しぶりの登場ですね。「日本の大きな木」のドングリと「アフリカの大きな木」のバオバブです。
Wc_pen01 ドングリの方が2006年の10月、バオバブが翌年の5月に芽を出してますから、ドングリの方が早いのですが、負けてます。この旗、誰もがこだわりのないものに、何とかならないかと思いながらも。(^^;
 バオバブは、今で110㎝くらいです。もっとニョキニョキ大きくなるのかと思ってましたから、意外と普通だったような。2本育った、もう1本の方は、まだ少し小さいですしね。でも、去年から今年にかけて1.5倍くらいになったので、これから成長期なのかもしれませんね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2010

「でんきを消して、スローな夜を。」

 いいお天気になりそうな空のときもありましたが、気を許したらザッと降りだしたりするので湿気が多く感じます。Oth_pen51 でも、あまりカラッとしてないときの方が埃がたたなくて、掃除には案外いいかもしれません(笑)。とりあえず、きもち夏向きに模様替えをしました。
023 明日は夏至ですから、恒例のキャンドルナイトです。ちょっと、すっきりした気分で過ごせそうですね。
 今日は、一日早いですが、少し前に録画してあったN響の「千人の交響曲」(マーラー)を観ることにしましょうか。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2010

「人生最大の冒険は」

Up 本の感想をと思っているうちに、金曜日になってしまいました。取り急ぎDVDの方を。(^^;
 これは映画館に行くつもりでしたが、迷っているうちに観そびれてしまいました。カラフルな風船の動きが本当に素晴らしい。大きなスクリーンで見たかったです。
 お話の方も、初めの10分間で泣けると聞いたので、もう少しセンチメンタルな内容かと思ってましたが、どうしてどうして。考えさせられるところが随所にあって、しんみりとさせられることも。
 かなり無茶苦茶な展開ですが、夢は夢として。でも、ただのおとぎ話では終わらないです。生きるということは辛いことも多いけれど、こんな幸せな時間もあるから、また頑張れるのでしょうね。

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」--1万個の風船を描いたシミュレーション技術》(CNET News)2009年6月5日 07時30分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2010

梅雨入り

 今日は兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会でした。今回の西宮近辺のブラブラ歩きは、雨も降っていることなので、三宮の大きな本屋さんに行くことにしました。いつもチケットショップで阪急電車の株主優待券が買ってありますから、その切符で三宮まで乗ることができます。
 1400坪だそうですから、大きなビルがそびえているのかと思いましたが、アーケードの中に面していたのですね。駅からの地図は持って行きましたが、そう遠くないはずなのに、なかなか見つけられませんでした(迷)。
 これだけ大きなお店だと、雑誌だけでも初めて見るものが、いっぱいありますね。こういう所に来ると、いつもイソップの「田舎のネズミ」になった気分になります。(^^;
 探していた「かいじゅうたちのいるところ」の原作も、絵本の原書と日本語訳したもの、それと脚本を基にした小説版が並べてありました。そのおかげで、映画化するにあたって、元々のシンプルなお話に、かなり肉付けしてあったことがよくわかりました(納得)。
Ca3lpqpw  予定していたジャンルの棚しか見なかったので、それほど売り場の広さを実感するというほどでもなかったのですが、品揃えでは、京都の大型書店では扱ってなかった、首都圏エリアの情報誌が置いてあったので嬉しかったです。

 西宮に戻り、引き続いてPACの演奏会です。今日はショスタコーヴィチの交響曲第9番 変ホ長調 作品70とバルトーク の管弦楽のための協奏曲。指揮はオッコ・カムです。
 ショスタコーヴィチといえば交響曲第5番「革命」 が有名ですが、こんなお祭り気分の曲もあるのですね。知らないもので。(^^;
 30分ほどの短めの曲で、トライアングル、シンバル、タンバリンとパーカッション奏者が持ち替えたと思ったら、パンパンパンとあっけなく終わってしまったような気になりました。
 バルトークも40分くらいでしたか、まるでコラージュで貼り合わせられたかのように、違う雰囲気の曲に、あれあれと思っているうちに、これも終わってしまいました。(^^;
 アンコール曲のシベリウスの付帯音楽「クオレマ」より"鶴のいる情景"も、ヴァイオリンとチェロのうっとりするほど美しいソロのある曲でした。それが、聴き入っているうちにスーッと終わってしまって、拍手まで間が開いてしまいました。どの曲も、いい演奏だったと思うのですけど、何だか不完全燃焼だったのはどうしてでしょう。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かいじゅうたちのいるところ

61u2jdklsdl__sl500_aa300__2 レンタルショップでカードの更新をして、「かいじゅうたちのいるところ」のDVDを借りてきました。有名な絵本が原作ですから、子供向けかと思いましたが、お店の新作ランキングでは1位です。
 このキグルミのかいじゅうたちは、リアルな映像に慣れた今の子どもたちの目にはどう映るのでしょうね。そしてまるで絵本のページをめくるように、場面がパラパラ変わっていくところは、おとぎ話ですからあまり深く考えずに観ればいいのかもしれません。
 でも、「王様」という支配するものが現れることで、かいじゅうたちが悩み、争う姿には何か意味をもたせてあるのかと考えてしまいますね。そして、子どもの頃の胸がつぶされそうなくらい悲しい気持ちを、すっかり忘れてしまっていたことに、気づかせてくれるところも人気の秘密かなと思いました。
 原作を少し前に書店で探しましたが、見つけられませんでした。でも、是非読んでみたいですね。

Cai96os9 本日のオヤツはプリンです。詰め替え用カップ麺専用の耐熱ガラスのカップを使いました。このカップ、これが作りたかったから、元々買ったようなものでした。
 Happyプッチンプリンより大きいです(笑)。お腹がいっぱいになるくらい大きなプリンを食べてみたい♪…子ども(大人も?)の夢ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2010

クリックで救える命がある。

 宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金ができるので、クリック募金のバナーを上に移動させました。Flashの画像になったものは最前面の設定になっているので、サムネイルの画像を元に戻したときに重なってしまいます。でも、視界に入らなくなると忘れてダメですね。
On01_01 とにかく、ささやかですが、1日1クリックです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2010

試行錯誤(^^;

 昨日、殺菌剤をまいたので、口には入れられないのですが、ナメクジの餌になるくらいなら…と摘むことにしました。ちっちゃなワイルドストロベリーです。
005 効果を期待した珈琲ガラも、その上を通った跡がついているくらいなのでダメそうです。もう何でも試してみるしかありません。朝の水遣りのときにプランターのまわりに塩をまいてみました。
 それでも今日は4匹捕獲しました。帰ってきたときには薄暗くなってましたが、光るのでなんとなくわかります。悲しいかな、これが日課になりそうです。一応、実がなったので、それで良しなのかもしれませんが。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2010

似て非なるもの

 ワイルドストロベリーの苗とともに我が家のベランダにやってきたナメクジたち。ヒヤシンスがツボミができる様子のないまま根元から溶けてしまったのですが、これも新芽の部分を食べてしまっていたようです。鉢を動かしたら下に1匹いるのを見つけましたから。
 鉢の裏側にくっついてないか確かめて退治すればいいのですが、びっしり付いていたら…と思うと恐ろしくて見られません。(^^;
 朝の水遣りのときには滅多に姿を見せないのですが、キラキラした痕跡がそこかしこにあります。どうも夜型のようですね。さっき、帰ってきたときにプランターをのぞくと居ました…いっぱい。10匹ほど捕獲しましたよ。
 殻がついていたら、かわいい!と言ってもらえたかもしれないのですけどね。とにかく食欲旺盛で困ってしまいます。
004 それでも、めげずにワイルドストロベリーが実をつけたり、病気がちのミニバラが花を咲かせてくれると、何とはなしに励まされます。

 久しぶりにクロワッサンを買いました。韓国に旅行したいとか、表紙がタイプだからではありません(笑)。006 前にも書いたと思いますが、旅の特集が好きで必ず買ってますから。
 旅行に行きたくてムズムズしますが、暑い(熱い?)夏をのりきったら出かけることを楽しみに、しばらくがんばりましょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

「室内楽のひととき」

006  京都芸術センターは、昭和の初期に建てられ有形文化財に登録された元小学校の校舎を利用されています。
 呉服問屋街として栄えた地域だけに、小学校にしてはおしゃれで手の込んだ細工の施された建物です。建物の詳細な部分はサイトのFlashで見られます。老舗のカフェや一般開放されているお部屋もありますので、一度お立ち寄りを。

 昨日は、その中の講堂で室内楽の演奏会がありました。矢部達哉(Vn)、林七奈(Vn)、豊嶋泰嗣(Vn・Va)、鈴木学(Va)、向山佳絵子(Vc)という豪華なメンバーです。
 演奏曲はドヴォルザーク:弦楽三重奏曲ハ長調作品74「テルツェット」、シュルホフ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲、休憩をはさんでドヴォルザーク:弦楽五重奏曲第三番変ホ長調作品97でした。

 1曲目は矢部・林(Vn)と鈴木(Va)の演奏で、プロのヴィオラ奏者だったドヴォルザークが「家庭的な仲間でちょっと弾くためにこの編成で作られたようです」とプログラムの解説にあるように、約20分ほどの親しみやすい楽しい曲です。
 2曲目は豊嶋(Vn)、向山(Vc)の演奏です。1942年に強制収容所で亡くなったというシュルホフは、世に出た作品の数も少ないようです。現代音楽かなと一瞬思いましたが、アイリッシュフィドルや中国の二胡のように思えたり、風の音か横笛のようなかすれた音色(指先が切れそうな高音の)の部分ありです。終わった瞬間「変わった曲やったな…」と近くの人が言われましたが、本当に。でも、不思議な魅力があり、15分ほどの短い曲なのですが、もっと聴いていたかったです。

 後半は、矢部・林(Vn)、豊嶋・鈴木(Va)、向山(Vc)の五重奏です。運動会のかけっこで、いっしょにゴールしようねと言いながら、スタートしたら誰もが夢中で走っていたというような印象を受けました。すみません変な例えで(笑)。
 最後に向山さんからの目配せで(?)、軽くごあいさつやアンコール曲(ドヴォルザーク:二つのワルツ第2曲)の紹介をされたのは豊嶋さんでした。大きなホールでのコンサートとは違って、気の合う仲間と演奏する心地よさと、それぞれの方の気迫が直接伝わってくるような2時間だったのではないでしょうか。(^^ 016

 帰りに珈琲の木を買いました。我が家のベランダは、ワイルドストロベリーの実がたくさんなるようになって、まるでナメクジを飼育しているのではないかと思う日があります。この春に種を蒔いた綿もたぶん芽が出たときに、全部食べられてしまったようです。
 もう新しい苗を買う気になれなかったのですが、自宅で育てられた苗木から珈琲豆を収穫された話を、去年にネットのニュースで読んでから育ててみたいなと思っていました。ジャスミンのような良い香りのする白い花が咲くそうなので楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2010

遺伝子治療?

Oth_pen41 あちらこちらで「オマエ(もしくは複数形)にだけは言われたくない」というセリフが飛び交ってます。そうなんですよね。(^^;

 「M党はJ党のクローン」なんて発言もありました。どんどん細胞分裂してクローンだらけになったら…。困りますね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2010

「日本を治そう」

Oth_pen26 このタイミングに、ちょっと目を疑うようなポスターを見てしまいました。2009年の衆議院議員総選挙で、J党から出馬して落選した前衆議院議員が、みんなの党のY・Wさんとにこやかに。
 特効薬は見つかったのでしょうか…?(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2010

6月でも「五月雨」

 この日曜日に、岡崎公園でおなじみの、大きな鳥居の前で異国から来られた方々が、カメラを同じ方向に向けてパシャパシャ撮られていました。
001 新緑に欄干の朱色が映えて綺麗です。絵に描いたような京都の景色に映るのでしょうね。すみません、ちょっとぶれてますが、これ1枚しか撮らなかったもので。(^^;

 日曜は、予定していたことがあったのですが、時間を勘違いしていました。あとは岡崎のみやこメッセであったイベントを少しのぞき、案内をいただいていた東山の画廊にもおじゃまして、どちらも数百円ほどのお買い物をして帰りました。

 帰る頃には上がっていましたが、今日は午後から、かなり雨が降ったようです。明日も同じようなお天気だとか。"風薫る5月"も終わり、梅雨入り間近なのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »