« 「新世界へようこそ!」 | Main | 指きりげんまん! »

April 30, 2010

「脱・使い捨て」

 昨日のプログラムはエコバッグのオマケ付きです。
030 京都会館開館50周年記念式典・祝典コンサートということで、演奏会の前に市長のご挨拶等々の簡単な式典がありました。そのあと引き続いて井上道義指揮で京響の演奏会となります。演奏曲はベートーヴェンの序曲「コリオラン」と「第九」です。ソリストも三原剛さんのバリトンに、「マリオ・デル・モナコの声を持つ医学部教授」とプログラムに紹介されていたテノールの米澤傑さんも本当に驚きの素敵な声でした。
 音響の悪いホールと"定評"がある京都会館です(笑)。そういう意味で期待はしてませんでしたが、演奏の終わった後に井上氏が、せっかくマイクを持つことができたのでと軽くひとこと。
 「京都に来る人たちは非日常を求めてやってくる。京都の人にとっては京都は日常です。音楽も非日常といわれることがあるが、音楽も日常でないといけない」。そして京響に指揮者として就任された当時(京都コンサートホールの竣工は1995年。1990年に演奏会の会場といえば京都会館です)のことを振り返って、「もう50年ですからぶっこわしてしまってわ…」と思いを告げて舞台を去られました。(^^;
 はは、確かにそうなのですが。昨日は、オーケストラと合唱団が並ぶにはステージが狭いので、両サイドの仕切りを開けてしまってパーテーションが置かれていました。ステージに近い座席でしたから、楽器の音がそのまま聴こえてきますが、何だかこもった音のように感じます。それでいて野外コンサートのように思えてくるのはどうしてでしょう(謎)。
 2曲目に移る前にソリストの分の椅子のスペースを空けるため、楽員さんたちが楽器を持ちながら自分で椅子を運んでの移動です。舞台裏のスペースも狭くて身動きがとれないような。(^^;

社説:京都会館保存活用  脱「使い捨て」広げたい》(京都新聞 2010年02月17日掲載)

 疏水沿いの八重桜が、まだ綺麗に咲いてました。いいお天気でしたが、風が強くて枝が揺れます。
014 コンサートが終わって表に出た頃には、気温も下がってきていましたから、お茶を飲んで帰ることにしました。
 行列のできる「スフレの専門店」が近くにあります。通りに並ぶわけではないので、まあいいかなと待つことにしました。お店に入って、焼きたてのスフレが目の前に表れるまで1時間余りです。スフレは美味しいのですが、飲み物がお値段に見合うだけのものでないという評判です。メニューのどれもが、場所代をプラスしたような内容なのかもしれません。
 スフレを焼くことから全てアルバイト(?)のお嬢さんたちですし、仕方ないのですが、気になったのは、気持ちに余裕のない応対と、その会話は京都弁ではないのに、ときおり聞こえる「おこしやす~」の掛け声が"語尾上げ言葉"なことです。「非日常」の演出としてはNGです。(^^;

|

« 「新世界へようこそ!」 | Main | 指きりげんまん! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「脱・使い捨て」:

« 「新世界へようこそ!」 | Main | 指きりげんまん! »