« 明日はお花見日和 | Main | 洗濯日和 »

April 18, 2010

需要と供給?

 昨日は絵画展と、その近くの画廊をのぞかせてもらいました。絵の方は、才能あふれる青年が画伯とよばれるまでの歴史を、順を追って見せていただいたように思います。
 画廊の方は、今は陶芸の展示をされていますが、次の企画の作家さんも来られていて、ちょっと楽しい時間となりました。
 お店に並ぶ器は、だいたい3000円が目安になったものがほとんどです。普段使いとなると3000円が限度?それより高いと特別な日に使おう♪となってしまうような気がします。飾っておくだけのものはほしくないので、私も3000円までで"妥当"だと思ったものしか買いません。作家さんといえども「美術品」をつくられているだけではありませんし、より使ってもらえる器を提供するように考えてモノづくりをされているようです。

Ca3iq4zd  これも、昨日、その近くのお店で買ったツゲのカンザシです。素材が本つげ(国産)のものと比べると、色、ツヤが違います。もう少し小振りの本つげで、これと変わらないお値段のものもあったのですが、すべり止めの部分がない形でしたから、軽いので落としても気がつかないかもしれないと思い、こちらにしました。…う~ん、このあたりが「関西人」でしょうか。(^^;

|

« 明日はお花見日和 | Main | 洗濯日和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 需要と供給?:

« 明日はお花見日和 | Main | 洗濯日和 »