« March 2010 | Main | May 2010 »

April 30, 2010

指きりげんまん!

 これも昨日のことです。そういえば、今日の獅子座は12位だったと、その時にふと思わなくもありませんでした。「春から縁起が良いわい ? 」と書いた日の、懸賞で当たったはずのコンサートのチケットについて、夜にY新聞の女性から電話がかかってきました。
 招待席の分を確保せずにチケットを販売してしまったのだそうです。そして招待券も発表より実際は多めに送ってしまい、当日、ホールに来てもらっても引き換える席がないか立ち見になるので「キャンセル」してほしい旨。代わりに大阪で開かれるルノワール展のチケットを送らせてもらうからとも。
 「招待席」は、残った席を埋めるためのものだった…?と思うと、ちょっとがっかりです。私は1枚だけでも買ったチケットがあるので、まだいいのですけど、当選したために買いそびれた人があるでしょう。楽しみにしていたのに、チケットが売り切れてから連絡してこられてはショックも大きいです。東京のオーケストラの演奏を、この内容で関西で聴く機会が、そんなにあるとは思いませんから。
 このチケットの引換え証がオークションに出ていて、何人か入札されているのも見たのですけど、買った人は怒るでしょうね。(^^;

 ルノワール展のチケットは要らないので、次回の大阪公演(1年後です)のチケットに振り替えてもらうようにお願いしたのですが、これも"口約束"なのでどうなることやらです。

Pen1_78※追記:クラシックのコンサートで、会場を埋めるのは至難の業のように、別の新聞社の友人も言ってました。今回は新しい指揮者さんのお披露目の演奏会でもあるのに、チケットの売れ行きの出足が遅かったので、補うために招待券を相当数出されたのだそうです。ところが間際になって急激に売れ出してこのようなことになってしまったとか。招待席が確保できそうとの噂を耳にしたので問い合わせたら◎でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「脱・使い捨て」

 昨日のプログラムはエコバッグのオマケ付きです。
030 京都会館開館50周年記念式典・祝典コンサートということで、演奏会の前に市長のご挨拶等々の簡単な式典がありました。そのあと引き続いて井上道義指揮で京響の演奏会となります。演奏曲はベートーヴェンの序曲「コリオラン」と「第九」です。ソリストも三原剛さんのバリトンに、「マリオ・デル・モナコの声を持つ医学部教授」とプログラムに紹介されていたテノールの米澤傑さんも本当に驚きの素敵な声でした。
 音響の悪いホールと"定評"がある京都会館です(笑)。そういう意味で期待はしてませんでしたが、演奏の終わった後に井上氏が、せっかくマイクを持つことができたのでと軽くひとこと。
 「京都に来る人たちは非日常を求めてやってくる。京都の人にとっては京都は日常です。音楽も非日常といわれることがあるが、音楽も日常でないといけない」。そして京響に指揮者として就任された当時(京都コンサートホールの竣工は1995年。1990年に演奏会の会場といえば京都会館です)のことを振り返って、「もう50年ですからぶっこわしてしまってわ…」と思いを告げて舞台を去られました。(^^;
 はは、確かにそうなのですが。昨日は、オーケストラと合唱団が並ぶにはステージが狭いので、両サイドの仕切りを開けてしまってパーテーションが置かれていました。ステージに近い座席でしたから、楽器の音がそのまま聴こえてきますが、何だかこもった音のように感じます。それでいて野外コンサートのように思えてくるのはどうしてでしょう(謎)。
 2曲目に移る前にソリストの分の椅子のスペースを空けるため、楽員さんたちが楽器を持ちながら自分で椅子を運んでの移動です。舞台裏のスペースも狭くて身動きがとれないような。(^^;

社説:京都会館保存活用  脱「使い捨て」広げたい》(京都新聞 2010年02月17日掲載)

 疏水沿いの八重桜が、まだ綺麗に咲いてました。いいお天気でしたが、風が強くて枝が揺れます。
014 コンサートが終わって表に出た頃には、気温も下がってきていましたから、お茶を飲んで帰ることにしました。
 行列のできる「スフレの専門店」が近くにあります。通りに並ぶわけではないので、まあいいかなと待つことにしました。お店に入って、焼きたてのスフレが目の前に表れるまで1時間余りです。スフレは美味しいのですが、飲み物がお値段に見合うだけのものでないという評判です。メニューのどれもが、場所代をプラスしたような内容なのかもしれません。
 スフレを焼くことから全てアルバイト(?)のお嬢さんたちですし、仕方ないのですが、気になったのは、気持ちに余裕のない応対と、その会話は京都弁ではないのに、ときおり聞こえる「おこしやす~」の掛け声が"語尾上げ言葉"なことです。「非日常」の演出としてはNGです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2010

「新世界へようこそ!」

 友達からもらった展覧会のチケット詰め合わせの中に、南画の公募展のものがありました。京都も会場になっていましたが、天王寺公園内にある大阪市立美術館で開かれる期間(昨日が最終日)だと公園の入園券を兼ねているように書かれていました。ということで、昨日の天王寺行きとなりました。予定では北浜にも寄るつもりでしたが、電車に酔ってしまい限界だったので、天満橋で降りて地下鉄の谷町線に乗りかえました。
005
006 公園も綺麗ですが、素敵な美術館です。南画院展は公募作品といえ、南画(水墨画)をあれほどたくさん観る機会は、そうないでしょうし面白かったです。驚いたのは、この美術館から通天閣が見え(初めて見ました)、正面に「新世界→」の立て札があったことです。

008 賑やかなところですね。美味しいものの匂いが立ち込める通りには、有名な屋台なのでしょうか大変な人だかりです。一大観光地という感じで、ガイドさんに先導された修学旅行生の列ともすれ違いました。
 通天閣の下を通り抜け、ナンバまで歩きました。途中、日本橋の辺りでは"メイドさん"も見ました(珍)。ナンバの駅でオミヤゲを買って帰るつもりだったので、お店(ケーキ屋さん)を探すのに骨が折れて疲れましたが、初めて見るものづくしで大阪を満喫です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2010

新世界より

新世界より
15年ぶりくらいに大阪の地下鉄に乗りました。
途中、京阪電車の車両が化粧品の臭いが充満していて乗り物酔いしてしまいました。
せっかくのお散歩日和だというのに。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2010

洗濯日和

008 すっきりしないお天気が続くので、本当に貴重な晴れ間です。青空のよく似合うハナミズキの白さは、綺麗に洗った洗濯物を連想します。四月だというのに冬のような気候が続くと、菜種梅雨なんて言葉もすっかり忘れていました。
 去年は記録し忘れたようですが、何日か前にヒヤシンスとムスカリが芽を出していました。このペースだと花が咲くのは5月になりそうですね。
Oth_pen39 感心するのは、ナメクジがこの寒さでもめげずに頑張っていたことです。木酢液と珈琲ガラが威力を発揮していたようなのですが、なかなか手ごわいです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

需要と供給?

 昨日は絵画展と、その近くの画廊をのぞかせてもらいました。絵の方は、才能あふれる青年が画伯とよばれるまでの歴史を、順を追って見せていただいたように思います。
 画廊の方は、今は陶芸の展示をされていますが、次の企画の作家さんも来られていて、ちょっと楽しい時間となりました。
 お店に並ぶ器は、だいたい3000円が目安になったものがほとんどです。普段使いとなると3000円が限度?それより高いと特別な日に使おう♪となってしまうような気がします。飾っておくだけのものはほしくないので、私も3000円までで"妥当"だと思ったものしか買いません。作家さんといえども「美術品」をつくられているだけではありませんし、より使ってもらえる器を提供するように考えてモノづくりをされているようです。

Ca3iq4zd  これも、昨日、その近くのお店で買ったツゲのカンザシです。素材が本つげ(国産)のものと比べると、色、ツヤが違います。もう少し小振りの本つげで、これと変わらないお値段のものもあったのですが、すべり止めの部分がない形でしたから、軽いので落としても気がつかないかもしれないと思い、こちらにしました。…う~ん、このあたりが「関西人」でしょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

明日はお花見日和

 ようやく春らしいお天気に戻りました。夕方には、また冷え込んできましたが、日中はまぶしく感じるくらいの日差しでした。
001 お花見するには十分なほど、桜の花も残っています。八重桜や遅咲きのものなら、今からが見ごろですね。
桜の開花―満開、ことしは長い 6地点で記録 京は史上2番目》Kyoto Shimbun 2010年04月15日(木)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2010

さくらさくら

 今月の兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会は、坂本龍一作曲「箏とオーケストラのための協奏曲」 (世界初演)とグバイドゥーリナ「樹影にて~ アジアの箏とオーケストラのための(1998) 」、そしてプロコフィエフの「バレエ組曲《ロメオとジュリエット》より 」でした。
 3時開演で、後半のロメオとジュリエットが始まったのが4時40分とやや遅めです。ソフトバンクモバイルのCMに使われた第2組曲第1曲「モンタギュー家とキャピレット家」から始まり、全部で8曲の演奏でした。前半の現代音楽2曲とは雰囲気を変えて、若く切ない恋の物語です。そうですね…。明日、同じ曲で東京公演がありますし、内容はあまり書かない方がいいかなと思います。アッと驚く演奏ですから。
 1曲目ではお琴が4面、舞台に並びますが、演奏されるのは沢井一恵さんお一人です。琴柱の位置が全然違いましたから調弦が違うのか、それぞれを楽章ごとに使い分けられます。収録したものを後日、おなじみの番組で放送もされるようですし、テレビなら手元も映るでしょう。

 そういえば、昔々に、お琴を習っていた友達に教えてもらいながら、「さくらさくら」を弾いたことがありましたね。初めのところだけですが(笑)。
009 西宮市の花は「桜」だそうです。駅のベンチや、あちらこちらに桜が描かれていました。これは苦楽園口駅前にかかる橋だったと思います。
 青空がバックだともっと綺麗だったでしょうね。週末あまり気温が上がらなかったおかげで予想より花が長持ちしたようですから、この曇り空にも文句は言えないのですが。夕方、コンサートが終わってホールを出ると雨が降り始めていました。本当に運が良かったと思わないといけません。
 来年はパステルとスケッチブックを持っていこうかな、なんて考えています。(^^
018
005027032_2
 夙川の両岸、南北2.7kmに1660本の桜が植えられているそうです。一番右側は西宮市オリジナルの「西宮権現平桜 」です。あと「夙川舞桜 」という種類を探しましたが、残念ながら見つけられませんでした。

 このあたり、洋菓子工房がたくさん集まっているので、「スイーツロード」ともよばれているそうです。昨日のオミヤゲはこちらで買いました。人気のクッキーは予約がいるように紹介されていましたから、前日に電話したら来週分になるように言われましたが、お店に行ってみるとショーケースの上に並んでいました(笑)。ジャムののったクッキー(ロシアケーキ)はあまり好きではないのですが、「日本一のクッキー」といわれると気になってしまいます。いっしょにいただいて帰ったレモン風味のバターケーキのどちらも優しい甘さで、思ったよりシンプルな味のお菓子でした。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2010

さくら夙川

さくら夙川
さくら夙川
さくら夙川
駅のそばは、賑やかな雰囲気ですが、少し歩けば屋台もなく、のんびりした散歩道です。
時おり吹く風に、花びらがハラハラと舞っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

春から縁起が良いわい ?

日本三大桜 満開、樹齢1500年 岐阜・本巣》(毎日新聞2010年4月10日1時51分)
 簡単に行けそうもないですが、樹齢1500年で高さ16.3m、幹周り9.9mなんて桜も見てみたいですね。そちらは「薄墨桜」ですが、こちらにもよく似た名前の桜があります。
003 名前の由来は「花は小さく単弁で白いが、茎・葉とも青く、薄墨色のように見える 」。でも、伝説上の桜だとされてますね。
この木の横には御衣黄も咲いてます。同じ境内のソメイヨシノは散り始めてますが、まだ明日くらいまでは楽しめそうなようすです。

Ticket 最近コンサートや展覧会に行く機会が増えてきています。少し前に、某新聞社に勤める友達から詰め合わせでチケットをもらったばかりなのに、今度はコンサートのチケットが当たってしまいました。ただし、このコンサートは元々行くつもりでしたから、一番安い席を1枚買ってあります。
 5月の連休も、他に予定は何もありませんから、これで子どもらとブラブラ出かけることにしましょうか。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

「インヴェンションとシンフォニア」

 夕べは、新大阪のホールであった、知り合いのコンサートに行ってきました。最近、早く仕事が終わることが多いので、大丈夫かと思っていたのですが、昨日に限って予想外のことが起きてしまいました。いっそ、もう少し遅くなっていたら、やめていたのですが、7時に京都駅に着いたので、東海道線のホームに降りたら、新快速が車両事故で遅れています。そんなこんなでホールに着いたときには前半が終わってしまってました。

 木管のトリオにフルートとダンスの共演と珍しい内容の演奏会です。ステージは一段高くなっていますが、客席は可動椅子が並べてあるだけですから、ダンスは後ろの席からはあまり見えませんでしたね。ゲームのマリオブラザーズの音楽がアンコール曲で、それに合わせてパントマイムのようにコミカルに踊られるのですが、ゲームの画面のようにピョコピョコと上半身だけが見えているという感じでした。
 驚くほど盛況で、一番後ろの列に席を確保することができましたが、まだ私よりあとから来られた人があったようで、立ち見の人も何人か。
 音大の学生さんや教室の生徒さんが多そうですが、あとはさまざまなのでしょうね。ただ、妙な一体感があったような。席数250までのこじんまりとしたホールだからでしょうか、軽いトーク(ギャグ)の連続でライブハウスのノリを連想してしまいました。
 演奏曲はバッハやモーツァルトとおなじみの曲で、クラリネットと思えない華やかな音色が印象的でした。そしてメリハリのある演奏をされる進行役のファゴットさんが"濃い"ので、他の人が地味に感じられるのかもしれません。
 さすがに上手です。演奏が終わって帰って行かれる人を見ても満足げで、興奮気味には感じました。でも、何でしょうね、演奏に満足したというより珍しいものを見させてもらったという気持ちの方が強いです。何となく…。(^^;
Mus_pen01  このあと9日の横浜での演奏会が「ジャパンツアー2010」最終日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2010

「急げ」

 今日は小学校の入学式だったようです。その年によって、冬服でも寒いくらいのときもありますが、今年は穏やかないいお天気で、桜もちょうど満開と恵まれましたね。
 仕事が早く終わったので、帰りに次の日曜にある知事選の期日前投票に行ってきました。11日は、そんなに遅く帰ることはないのですが、また西宮に行くので念のためです。今月は桜の名所に行って、お花見ができるかと楽しみにしていましたが、そろそろ散り始めているので無理なようです。お天気もあまりよくなさそうなので、別のプランをたてた方がいいかもしれませんね。
035 これはバナーに使った画像です。ウェザーニュースの「さくら情報」では8日が「桜吹雪」で9日、10日が「急げ」です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

サクラサク?

 本当にさわやかな良いお天気です。夕方にもう一度、ふらふらと出かけてしまい、今度はホームセンターに寄りました。
042 何年か前に「暖地」の苗木は買って、家でお花見ができるかと楽しみにしていたのに、初めての春を迎える前に枯らしてしまいました。これは、あまりに元気そうな苗木だったものでリベンジです。(^^;

047 その他の鉢の入れ替えや、土の整理もついでにしてしまうことにしました。これも一昨年の暮れでしたっけ、福寿草の苗を三つ買ってきたのは。水遣りが過ぎたようで、枯らしてしまったと思ってました。
 雨も当たらない場所に置いていたので、ほとんど石みたいに土が固まっています。それをスコップでコンコンと割っていると、よく見たら一つ芽がでています。
 カラカラになった鉢の中を全部ほぐしてみると、木の根っこのような根を伸ばして生きつづけていたのですね(驚)。アスファルトの隙間からスミレの花が咲いているのを見かけたりして、植物の生命力にはびっくりさせられることがありますが。ともかく土を入れ替えて元の鉢に戻しました。いつか花を咲かせてくれるのでしょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お花見日和

 ソメイヨシノが満開です。美容院に行ったついでに、疏水沿いの道を少し歩いてきました。(^^

012
022 青空の下、疏水の深い色に桜がよく映ります。並木道をお散歩する人の姿も普段より多いですね。(^^

 昨日は京都シネマに「アイガー北壁」を観に行きました。上映初日ですし、まずまずの賑わいで、中にはトレッキングの用意をした女性も何人か。それにしても、中高年に登山が人気のように聞きますから、ここにもシルバーな雰囲気が漂っています。(^^;

 1930年代ドイツ。ナチス政権下に国家の大きな期待を背負い、スイスの名峰アイガー北壁の初登攀を目指す登山家たちがいた―。〈殺人の壁〉と呼ばれ、挑戦者をことごとく拒む名峰で起きた悲劇の実話を映画化した感動大作。(京都シネマHPより)

 このお話、結末を知っていたら観に行ったかどうか悩みます。極限の状態で判断を迫られたときに、自分だったら…とか思いをめぐらす人もいるのでしょうね。お話の中心人物の誰もが純粋なだけに本当に辛くなる場面の連続で、単純に素晴らしいとはとても言えません(泣)。

 オミヤゲに、京都シネマの近くのお店で、またまたロールケーキを買って帰りました。ここの「塩キャラメルのロールケーキ」はあちらこちらで紹介されているようです。予約しておかないと手に入らないと聞いたようにも思いましたが、簡単に買えてしまいました。
 グルメサイトをのぞくと、このロールケーキについては、あまり良いことが書いてないので驚きました。パサパサで卵焼き(たぶん伊達巻ですね)みたいで美味しくないのだそうです。それは流行のふわふわで生クリームがたっぷりのロールケーキの味に慣れた人なのではないのでしょうか。私は、子どものときに食べたフランス菓子のお店の懐かしい味だと思うのですが。
 今回買ったものには冷蔵保存した場合、常温に戻して本来のバタークリームと生地風味を味わうように説明書きが添えられていました。その昔懐かしいお店もショーケースは今のように冷蔵庫ではありませんでしたから常温保存で、常温で店頭に並べられない期間(5~10月くらい?)はシュークリームは作られていませんでした。そしてケーキのクリームと言えば少ししょっぱいバタークリームでした。
 思いがけない出会いに嬉しくなります。次の機会には是非、シュークリームを買わないと…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2010

もうすぐ旬です

009 もうこんな時期なのですね。朝掘りのタケノコが売ってありました。今日は雨降りでも気温も高いです。これで一気に季節が進むのでしょうね。
 タケノコも茹でるときの甘い匂いが好きです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »