« December 2009 | Main | February 2010 »

January 31, 2010

BSクラシック・ナビゲーション

 兵庫芸術文化センター管弦楽団のヴェルディ「レクイエム 」が、3月1日 (月) 01:00~04:30(02:50頃から) にBS2「クラシック ロイヤル シート 」で放送されます。これは録画するしかない時間ですね。
Brd02_04 1月16日に収録されたもののようです。
 BSの局が増えた分、新聞の番組欄が細かくなったので、見逃して忘れてしまうかもしれません。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ウコンの力」

 昨日、産直の野菜を売っているところに出くわしたので、のぞいてみました。特別に安いとか良い品物というふうには思わなかったのですが、初めて見るものもあったので、ちょこちょこ買って帰りました。

011 生のウコンです。生のままでもいいし、スライスして干しておいたものを煎じて飲むようにお店で教えてもらいました。すりおろすとハーブのようないい香りがします。効能を調べると、たぶんこれは「春ウコン」なので胃腸に良いようです。
 「ウコンの力」は飲んだことがないのですが、やはり苦いのでしょうか…。とにかく苦いです。身震いするくらい。少しマスコバド糖を入れてなんとか飲みました。(^^;

  小学校のときに保健室に呼ばれた子が、ドロップをなめながら戻ってきたことを思い出しました。この意味がわかる人は一定の年代以上だそうです(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2010

「おめでタイ」

 元気が出ません。(^^;
Capc63ia これでも食べて頑張ります。袋の上の方に「破って鬼(疑心暗鬼)をやっつけよう」と書いてあります。Oth_pen62「合格一直線!」というより節分みたいですね(笑)。鬼が持っているものには、あと「不安」と「誘惑」があります。その他は応援メッセージの数々です。
 飴の形も一ひねりしてあって、プレーン味は白い星で「勝利の白星」、グレープフルーツ味は黄色の犬で「ライバルはイヌ(居ぬ)」、ピーチ味はピンクの鯛で「おめでタイ」です。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2010

巣立ちの季節?

 春なのに~お別れですか?だったら良かったのですが、冬なのにどうしましょ。(^^;
003 ホットプレートの裏でサナギになっていたアゲハを、プラケースにいれてキッチンの床においてました。サナギの色が変わっている?と思ってよく見たら、その横にホヤホヤのアゲハが。
Oth_pen40 暖房の入った部屋ですから、春と勘違いして羽化してしまったようです。まだ孵ったばかりのようでしわくちゃですね。
 とりあえずは薄めた蜂蜜(クローバーですが)をコットンに浸み込ませていれてみましたが、明日の朝までに元気になるでしょうか…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 24, 2010

一度食べるとクセになる?

地デジカ  遅ればせながら、うちも地デジ化したので、地デジを録画したものと以前に買ったDVDを見比べて眺めたりしている間に、せっかくのお休みだというのに眠ってしまいました。Pen1_06
 それで、その画質ですが、DVDのデッキがそんなにいいものではないのと、AVケーブルを古いものをずっと使っているからかあまりよくないです。同軸ケーブルだけは新しいものを一式買ってきたので、そちらはすっきりしましたね。(^^;

Ca0lvpht  お目覚めのおやつです(笑)。酸っぱいお林檎があったので、焼きリンゴにしました。芯をくりぬいて(グレープフルーツ用のスプーンがあると便利です)お砂糖etcを適当に詰めて焼くだけなので手間はかかりませんが、オーブンで焼くとなると一時間くらいかかります。その間、甘酸っぱい香りが立ち込めるのはいいものなのですけど。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2010

「ディア・ドクター」

51zaswt2bffl__sl110_ 久しぶりに読んだ小説です。昨年、上映された「ディア・ドクター」の監督が、映画のサイドストーリとして出された短編集です。映画の内容と重なるようで、また違った方向に踏み込むような。

 映画を観たあとに原作本を検索してあがってきた本で、そのときにAmazonをのぞくと「在庫なし」でした。図書館に蔵書があったので、予約を入れたものの100人待ちくらいでしたから、いつのことやらと思ってました。全館で何冊かあったのか(15冊でした)、それが半年くらいで順番がまわってきました。
 読み出したら一晩で読めてしまいましたが、しばらく置いてあったので返却期限がきてしまい、大急ぎで返して、もうその本は次の人のところへ向かったはずです。私のあとにも60人くらい待たれていましたから。

 初監督作品の「蛇イチゴ」のときにも思ったのですが、なんでもない日常を、怖ろしく印象的こ見せてくれる映画でした。小説の方も同じですね。ゾクゾクするほど視覚に訴えてきます。このお話に登場するような感受性の強い人が身近にいたら、ちょっと耐えられないかもしれない…と思います。
 半年待っても読む価値ありです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2010

大寒ですが…

 《大寒ですが…ポカポカ 各地で3~5月並み陽気
asahi.com2010年1月20日20時53分
 こちらは3月くらいの暖かさだったでしょうか、でも夜になって寒くなってきました。

 これは大寒なのに柳の花です。
002
 お正月用に買った切花の銀柳、根が出てきたので鉢に植えたら育つかと思いましたが、去年は失敗でした。
 今年はどうでしょうね。しばらくこのままお水につけておいて、春になってから植えてみましょうか。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 18, 2010

「Make Our Garden Grow」

 一つ前の記事の写真に、手か何かがかぶさっていましたね。あらためて芦屋浜です。
011
 昨日は西宮の芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会でした。いつものようにお昼前に家を出て、演奏会までの時間に芦屋の町を歩きました。今回は、当初3時開演の予定だったものを震災の時刻に合わせて変更されたことの説明が、チケットが届いたときに添えられていました。

ヴェルディ「レクイエム 」
指揮:佐渡 裕
ソプラノ: 並河 寿美
メゾ・ソプラノ: 林 美智子
テノール: 松本 薰平
バリトン: 成田 博之
合唱 :オープニング記念第9合唱団 、大阪ヴェルディ特別合唱団
管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団

 午後5時46分を時報が告げたあと、1分間の黙祷をして演奏が始まりました。もともと大きな編成の曲ですが、それにも増して大変な迫力です。次のシーズンのチケットを買うなら、もう少し後ろの席にしようなどと考えてしまうくらい。(^^;
 注目のバスドラムも女性の奏者だと思わないくらい力強く、アンコール曲のシンバルも引き締まった音でした。バンダのトランペットも素晴らしかったです。
 若いソリストの方たちは声量があり、オーディションで選抜されたという合唱も、この日に備えて練習を重ねられたのでしょう。
 びっくりしたことに、メゾソプラノの方が楽屋へ入られるときにお腹をかばわれたように見えました。次にステージに戻ってこられたときも抱えるようにしておられます。この春にはお母さんになられるようでした。休憩の入らないこの長い曲を、よく頑張られたと思います。
 昨日は舞台の両サイドに訳詩の字幕が出ていたので、「主よ、永遠の死から私をお救いください。天も地も揺れ動き、火によって世をお裁きになるその怖ろしい日に。」…この酷な歌詞に、ちょっと重い気分になったのですが、彼女の晴れやかな笑顔と、明るく希望に満ちたアンコール曲に気持ちを切り替えることができました。
 夏に上演予定のバーンスタイン作曲「キャンディー ド」から「畑を耕そう」がアンコール曲でした。この町にふさわしい曲と佐渡さんがコメントされたように、今日まで誰もが大変な努力をしてこられただろうと思えます。
 その佐渡さんですが、家を出る前に見ていたテレビの特別番組にも出演されていて、この演奏会終了後もサイン会が予定されていました。本当にお忙しそうで、お体の方が心配になります。

 いい演奏を聴くことができ、ここで、お世話になったみなさまにお礼を言わないといけません。昨日、携帯から投稿↓した頃まではのんびりしたものだったのですが、肝心のホールまでの道のりはちょっと慌ててしまいました。(^^;
 駅から道中のお店で、遅めのお昼ご飯は食べてましたが、まだ時間があると思い美術館のカフェに入りました。駅からそんなに遠くまで来た気がしていなかったので、そのときまでは帰りもブラブラ歩いて戻れるかなくらいに思っていました。それが、お店の人にお聞きすると、結構な距離なのだそうです。
 通りにバスが走っていると教えていただいたのですが、お店を出るときに時刻表を見てくださってわかったことは、阪急の駅まで行くバスは一時間に一本ほどしかありません。タクシーもたぶん通らないから無線で呼んだ方がいいと、電話番号が書かれた紙をいただきました。(^^;
 確かに表の通りは、ほとんど車なんか走ってませんでした。ということで、まずは急いでバス停に行き、しばらく様子をみましたが、他のバスも来る気配はありません。携帯でタクシーをたのみましたが、近くを走っている車はなく、JRの駅におられる方がこちらに向かっていただけるそうなので待つことにしました。
 そして、その電話のやりとりを聞いていた女性が、いい方法がないか考えてくださって、芦屋川駅は電車の本数が少ないので、万が一のことを考えたら直接西宮北口まで行く方がいいかもしれないということになりました。
 タクシーが阪神高速の高架下にさしかかったとき、ドライバーさんに15年前もここでお仕事なさってたのですか?とお聞きすると、当時は銀行にお勤めで淡路島にいらっしゃったので、しばらくはお客様の安否確認や給水活動のお手伝いをされる日々だったそうです。当時のことを思い出しつつ、20分余りでホールに到着しました。ホールに入るまで気遣っていただき感謝しています。m(_ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 17, 2010

十五年

芦屋浜
ボランティアグループ「とまと」のみなさんから
阪急芦屋川駅から芦屋浜まで歩き、芦屋市立美術博物館に寄りました。
芦屋川ぞいには松並木があり、美しい町です。公園で記帳と献花をする人の列を見掛けましたが、この辺りは震災の被害がなかったのかと錯覚してしまいそうになります。
当時の写真展示を、震災後に生まれた子供たちと見学する人も多いです。
ボランティアの方たちから、温かいお茶とお菓子をいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2010

一輪ほどの暖かさ

 白い薔薇の鉢が並ぶ中に、一つだけピンクが売ってありました。うちは白い花ばかりなので、こんな季節には温かみのある色もいいですね。(^^
001

 鉢皿がいるのでベランダに置いているアボカドの鉢を持ち上げると、こんなに寒くてもナメクジが頑張っています。(^^:
 ということは、ワイルドストロベリーの葉の下をのぞいてみると…、やっぱりいました。どっさりと。(T_T)
 11月から、ずっと白い花を咲かせて、食べられるほどにはなりそうもないのですが、ちっちゃな実もできています。何とかナメクジに退散していただきたいものです。
 木酢液も効果があるようなので、次にホームセンターに行ったら探さないと。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2010

「おきばりやす」

 ビルの谷間にお寺です。境内に「ここが、京の都のど真ん中」といわれる「へそ石」があります。お堂が現在の位置より南に位置していたときの礎石のようです。桓武天皇の京都遷都の際に、道路の中央にあったため、現在の位置に移された(?)のだとか。
003 ここは「いけばな発祥の地」でもあり、後ろに見えているのが、その家元のビルです。
015「池坊」の名称の由来ともなった「聖徳太子が沐浴されたと伝えられる池跡」には白鳥がいて、この池に面したところに喫茶室があります。一般の人も利用することができますが、ちょっと入りにくいかもしれません。お堂の西側にスタバがあるので、そちらで休憩です。

030_2 今日の昼間は日差しが暖かく春のようで、プラプラと観光のような気分で歩いてしまいます。
 飴の中に文字があるのはわかりますでしょうか。「おきばりやす」につられて衝動買いです(他は「京」「おおきに」「はんなり」「おこしやす」です)。(^^;

039_3 かわいいと評判のオミクジも買いました。オミクジなんか買うのも●十年ぶりです。初詣に行った子どもらと、こんな時代だからクジだけでも良いものを沢山入れておいた方が、景気を後押しして上向くんじゃないか(笑)と話してました。みごと大吉です。
 いい年になりますように。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 10, 2010

「創造し発信する劇場」

 金曜日にBGMで懐かしい曲を聴き、家に確かあったはずなので、昨日は久しぶりに棚に並んだCDの整理をしました。
 分類するほどもないのですが、作曲家別に並べてみると同じような曲ばかり買ってますね。(^^;
 すっかり持っていることを忘れてしまっていたものを、新鮮な(?)気分で何枚か聴きながら、お正月に読むつもりで借りた図書館の本も少し。

日本の公立劇場の多くは「劇場」ではなく「会館」のスタイルをとっているからである。つまり「文化を受け入れる集会所」であればよいために、舞台芸術の制作にかかわる職員は少ない。さらに舞台制作の専門家や経験者が少なく、福祉や教育などの他の部署から定期的に行われる「人事異動」によって配属される人がほとんどである。そのため、舞台芸術の制作に関するノウハウや経験がなく、どうしても外注をせざるを得ない状況となる。

41o7mauff3l__sl110_ そんな中で「創造し発信する場としての劇場」という目標を掲げ、どのような努力をしてこられたのかが、この本の中に記録されています。「舞台芸術のプロ」が書かれたそうなのですが、用語の解説などに細かな気配りがされていて、これからこういう分野を目指そうという人にも教科書のようにわかりやすいのではないでしょうか。
 一つのオペラをつくりあげるには多くの人手と資金が必要ですが、工夫をかさねて後々を見据えた内容にするよう取り組んでこられたのだそうです。それなのに「公立音楽ホールどこへ」です。かなり前の記事ですが。

〈公立音楽ホールどこへ:上〉「びわ湖の衝撃」オペラ襲う
(2008年4月23日asahi.com)
〈公立音楽ホールどこへ:中〉共同制作・提携…苦境下の模索
(2008年4月24日asahi.com)
〈公立音楽ホールどこへ:下〉巡演前提に企画し、効率化を
(2008年4月25日asahi.com)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 08, 2010

産地直送

 今日は新年会でした。
Caxl9zoy 今年も牡丹鍋です。コラーゲンをたっぷり摂取して、明日、目が覚めてお肌がつやつやだったら嬉しいですね。(^^;
Cafznc4p

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2010

寒の入り

Oth_pen38 寒の入りだけに風が冷たくなった…と思った昨日は予告編のようなものでしょうか。今日の寒さといったら顔が痛いくらいです。
 12月の初めにデンマークカクタスを取り込んだだけで、他は外で冬越しさせようかと思いましたが、やっぱりバオバブだけは室内です。明日の朝は雪の予報ですから。
 育て始めて2年半になり、2鉢あるうちの背の高い方で75センチくらいです。まだ何年かは室内に取り込めそうですね。そのうち重くてもちあがらなくなるかもしれませんが。(^^;

 今日は仕事用の眼鏡(近距離用に度をゆるめた物)を持って出るのを忘れてしまい目が痛いです。ど近眼は不便です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2010

「めくるめく記憶の旅へ」

 今年最初に観た映画が、今年のベスト1になりそうです。(^^;
 お正月休み最終日の今日、京都シネマで「戦場でワルツを」を観てきました。
 他に観たいものがなかったこともあって、去年のアカデミー賞外国語映画賞を「おくりびと」と争ったことくらいしか知らずに選びました。イスラエル軍のレバノン侵攻と虐殺事件が描かれたイスラエルのアニメだったのですが、心理描写が巧みで予備知識はなくとも兵士の心の中に入り込んでいくことができると思います。
 監督の自伝でもありますから、そのほとんどが元兵士の独白といっていいような語り口のセリフで、淡々と物語は進められていきます。そしてタイトルになっているショパンのワルツ嬰ハ短調とバッハのアリオーソ(チェンバロ協奏曲第5番 ヘ短調 BWV1056 )のピアノ演奏の印象的な使い方には目を見張りました。
 よく「驚愕のラスト」と宣伝されている映画を見かけますが、いつの間にかエンドロールで終わっちゃたなんてことがほとんどのような気がします。この映画はそんな前置きは必要ありません。全身が粟立つようでした。

 精神状態の良いときに観ないとだめでしょうね。重いテーマだけに後を引き、情緒不安定になりそうです。
Cacl5fgn ムスメと京都駅の近くのお店でお昼ご飯(小エビと小柱、舞茸のかき揚げがのっていて美味しいです)を食べたあと、そこで別れて私だけ京都シネマに向かいました。まだ2時間ほどあったので、スタバでお茶を飲みながらゆっくり本も読めたし、平日の午後にこんな時間を持てて幸せな気分だったのですが…。
 でも、加害者側から戦争犯罪が描かれている、本当に貴重な映画だと思いますよ。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2010

水先案内(^^;

 最近、「京都 星の宿」と検索して来られる方をときどき見かけるなと思っていたのですが、今朝のテレビを見ていて理由がわかりました。よく似た名前の旅館が年末にオープンしたからのようです。正しくは「星のや」ですね。迷ってこられた方のために→こちらです。
 「京都の豪商、角倉了以(すみのくら・りょうい)家のライブラリー兼住居と伝えられる『水辺の私邸』」だそうですが、それで客室が25もあるとは大豪邸だったみたいですね。何にしても大層高級なお宿のようです。(^^;

 お正月休みにはどこか行きたいなと思ってましたが、よく考えたら帰省ラッシュで電車は混雑しているでしょうし、4日まではどこの美術館や博物館もお休みです。
 青春18切符も今からだと5回分を使いきれなさそうなので、今回は断念になりそうです。まだ3連休が控えているのですけどね。
Oth_pen60  本当に、お正月に開いているのは映画館か神社くらいです。「市営地下鉄1dayフリーチケット」の旅にでも行ってきましょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2010

豊作祈願

 たまにばったり出会うこともありますが、年賀状を書いている人のほとんどが何年も会っていません。年賀状のわずかなスペースに書く近況が、まるで一年がかりで返信されてくるチャットのようです。(^^;

Cadij040 年末に応募した綿の種です。大晦日に郵便受けに届いていたのを、初詣から帰ってきたムスメが持って上がってくれました。
 昨日は家にこもって、掃除をしつつお煮しめの準備をして(まだ現在進行形です)いましたから、一歩も外に出ていません。
 私が子どもの頃は家の手伝いがあったので、大晦日に遊びに出かけるということはありませんでした。ジルベスターコンサートにでも一度行きたいものです。(^^;

 何年か前に同じアオイ科のケナフは育てたことがあります。エキゾチックな女性を思わせる美しい花なのですが、鋭いトゲがあってたいへんでした(痛)。
 綿の種は4月~6月が蒔きどきだそうです。バオバブの育つうちのベランダなら4月で大丈夫かなと思います。背丈は150㎝くらいとのことですから、全部育てたら賑やかなことになるかもしれません(笑)。
 ふわふわの綿の実が収穫できたら、次のクリスマスにはリースを作れると嬉しいのですが。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

I wish you a happy new year!

Happynewyear_3
 今年は寒いお正月になるようですね。そんな新年にはこの曲かとmidiを探しましたが、見つからないので代わりにYouTube↑を。
Clp_pen21_2 「今年も沢山いいことが、みなさまにありますように」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »