« 「中之島Walker」 | Main | 「何世紀になっても」 »

December 25, 2009

「夢、あきらめずに、追い求めて」

 大阪センチュリー交響楽団創立20周年記念誌が届きました。
Ca48v0eo 目次に続いて理事長・音楽監督のごあいさつ、そして大阪府知事の祝辞です。
 「私は、知事就任以来、『大阪府庁を変える』『大阪の未来を変える』『大阪の未来をつくる』『大阪を輝かせる』という目標を掲げ、改革にまい進してきました。そして現在も、大人も子どもも笑顔あふれる大阪を目指して都市魅力の向上や発信に取り組んでいます」だそうです。微妙です。(^^;

 小泉和裕音楽監督のインタビューと過去の定期演奏会のDVDが付録についています。演奏会の方は制作・著作関西テレビと最後に入りますからテレビで放送されたものでしょうか。
 定期演奏会は平日の夕方、大阪のホールでありますから、ファンクラブに入ってから一度も行けなかったので嬉しいです。
 年明けの1月17日に京都で特別演奏会がありますが、残念ながら、その日は他の予定がありますし、あと3月にある日曜の演奏会も会場が東京(すみだトリフォニー)です。(^^;

 DVDに収録されているエルガーの変奏曲「エニグマ(なぞ)」作品36は、演奏時間30分ほどの短めの曲でアマチュアの演奏会でも以前聴いたことがあります。
 面白いタイトルの曲なのですが、「曲目解説」を見ると 「まさに『エニグマ=謎』が音楽に散りばめられた作品(中略)―。さらにひとつの大きな『謎』がある。『全曲を通じて大きな主題があるのだが、それは実際に演奏されない。主役は表舞台に登場しない』というのだ。深入りは無用。謎は謎のまま残して、この起伏豊かで、愛にあふれた音楽にじっくりと浸ろうではありませんか。」とあります。
 そうですね。(^^
 でも、この曲を選ばれたポイントはこちらでしょうか、「エドワード・エルガーこそがその暗闇に光を差し入れた作曲家だと言われている。(中略)20歳台、30歳台は音楽教室を開いて生計を立て、アマチュア・オーケストラで自作を指揮するなど、『夢、あきらめずに、追い求めて』の信念を貫いていた」。(^^

|

« 「中之島Walker」 | Main | 「何世紀になっても」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夢、あきらめずに、追い求めて」:

« 「中之島Walker」 | Main | 「何世紀になっても」 »