« 青い空と広い… | Main | 水都OSAKA »

December 20, 2009

「12の月の精のすてきなプレゼント」

 ホールに行くのも、今年はこれが最後ですね。
010_2 京都からたった2駅と近いのですが、JRの駅からホールまでが少し離れている(徒歩20分)ので、何となく機会をのがしていたところです。(^^;
 上演されることは以前から知っていましたが、何日か前にネットのニュースで紹介されていたのを見て、ホールのサイトをのぞくと、まだ残席があります。金曜日に電話で問い合わせると、日曜は2階の隅っこに2席だけでしたが、土曜なら1階の良い席が残っていたので予約しておきました。

038 ここは大ホールで開かれるオペラが有名ですね。昨日は子供向けのオペラなのですが、作曲者の林光氏の指揮で大阪のいずみホールの専属楽団の演奏、そしてびわ湖ホール声楽アンサンブルの出演と豪華な内容です。
 「森は生きている」はおなじみのお話なので、よく上演されていますから、今までにも何度か見たことがあります。でも、こんな凝った舞台は、他ではなかなか観ることはできないだろうと思いました。
 2時開演で20分休憩をはさみ、終わったのは5時前と、子どもには長い上演時間でしたが、飽きることなく楽しめたのではないでしょうか。
 雪に降り込められる場面なんかに映像が効果的に使われていて、目の前に再現された吹雪は驚きだったのでは。そして36の役を早変わり しながら、次々と切り替わっていく場面を12人で演じられているとは思えないあざやかさでした。
 12月(博士、古老)役の安田旺司さん(バリトン)、4月(カラス、警備隊長)役の清水徹太郎さん(テノール)がよく通る声で素敵です。どの配役もアニメのキャラクターのようにも見えるかわいい衣装(映画「落下の王国」の衣装も連想するような)にコミカルな演技でしたが、特に"キャラの立った"女王(10月)役の栗原未和さんが熱演でした。
 管弦楽のいずみシンフォニエッタ大阪(2Vn・ Va・Vc・ Cb・Fl・ Ob・ Cl・ Fg・打楽器)とピアノの演奏も、少ない人数(11人)であれだけ表現できることが、オーケストラピットに隠れて見えないのが残念なくらいでした。

 子どもたちに良いものを提供するために、料金は抑えて苦労されているのではないでしょうか。そんなことを考えながらも、次回の上演が今から待ち遠しくなります。(^^

|

« 青い空と広い… | Main | 水都OSAKA »

音楽」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「12の月の精のすてきなプレゼント」:

« 青い空と広い… | Main | 水都OSAKA »