« 見えるかな? | Main | ラストチャンス »

October 21, 2009

香りの記憶

 京都市の花だよりのサイトをのぞいても、今、見ごろの花は「木犀」のようです。
キンモクセイ いつごろからか芳香剤にキンモクセイの香りを使われなくなったおかげで、ようやくこの香りをかいでも某所を連想しなくなりました。そんなふうに思われていたなんてキンモクセイにしても、いい迷惑でしょうね。(^^;
 香りも流行りがあるのだそうですが、今の芳香剤は、消臭技術が発達したおかげで昔のものよりソフトになっているのだとか。それでも日本の住宅事情では存在感のありすぎる匂いです。
 スーパーの食料品の棚にゼロ(に近い)カロリーを意味する「ゼロ」とネーミングされたものをよく見かけますし、これも流行りなのか芳香剤にも「ゼロ」と書かれたもののあることに最近気づきました。
 何かの香りをかいだときに、不意に忘れていたことを思い出すことがありますが、その何かに似せた香りで連想するのもちょっと…です。香りのない芳香剤(?)の方がいいかもしれませんね(笑)。

|

« 見えるかな? | Main | ラストチャンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 香りの記憶:

« 見えるかな? | Main | ラストチャンス »