« 「土と語る、森の中の美術館」 | Main | 見えるかな? »

October 19, 2009

「窯元路地歩き」

 昨日、イベント会場でいただいたパンフレットの「丹波焼とは」の解説に「窯元が開かれてからおよそ800年、陶器ならではの、温かみがあり、素朴な『生活用器』を今日まで焼き続けております」と書かれていました。
 立派な品物もお店の奥に飾られていましたが、お小遣いくらいで買えるかわいい食器も多かったので、ツアーで来られているような年配の方々に交じって、まだ若い女の子の姿もあちらこちらで見かけました。ただ安いだけの食器なら、100均に行けばいくらでもあるのですけどね。(^^

 帰る間際にのぞいた「陶の郷」の中に、いくつもの窯元の作品が並ぶ中、他と印象の違うものがありました。お手ごろ価格の小皿なんかもあったので、ちょっと気にはなりながら、使うより眺めていたい器かなと思って、昨日は買わなかったのですが。
Ca2amomv_2 歩きつかれて折り返した大きな木の先にあったので、見ることのできなかった窯元のものでした。
 家に帰ってからネットで検索すると、ちょうどこちらの百貨店で開催されている「日本伝統工芸展」に出品されているようです。
 賞をとられたときの新聞の記事を見ると「フォルムの美しさを表現するのが、私の焼き物」と話されています。これを読んで、なんとなく納得しました。
 近くのことですから、26日までに時間があれば、のぞかしていただけるかなと思っています。

|

« 「土と語る、森の中の美術館」 | Main | 見えるかな? »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「窯元路地歩き」:

« 「土と語る、森の中の美術館」 | Main | 見えるかな? »