« June 2009 | Main | August 2009 »

July 31, 2009

Con Te Partiro

 そんなに忙しかったわけでもないのに、バタバタと週末になってしまいました。
 明日は、「映画の日」ですね。ちょっと観たいものはいくつかありますが、時間があればにしておこうと思っています。
 最近、テレビで、この曲がよく流れているので古いCD(2001年です)を出して聴いていました。同じ頃買ったエンヤのCDもいっしょに。
004  ずいぶん前の話です。テレビの音楽番組で錦織健さんが歌われていた曲が、何かわからないけれど、もう一度聴きたくてCDを探していました。「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」という歌詞だけがてがかりです。
 それからしばらくしてサラ・ブライトマンの来日公演のCMのバックに、その曲が流れているのを聴き、このCDを見つけることができました。イタリアの美しい景色に、この曲ですからヒットするだろうなと思います。この映画。(^^;
 エンヤの曲を流していた映画も、内容は全く違いますが、それと同じような印象だったのでは。
 どちらのアルバムも、何度聴いてもいい曲ばかりです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2009

ご当地限定

 先週の土曜の朝日新聞(朝刊)別刷りに、「羽田空港・夏の帰省みやげ」のランキングが載っていました。「限定感あり」「夏向け」を考えて選ばれたという10品の第2位はカールユーハイムのホーニッヒアッフェルバウムという長い名前のお菓子でした。林檎のシロップ煮が丸ごと1個入ったバウムクーヘンです。
 "評判"のバウムクーヘンを、あちらこちらで見かけますが、私は子供の頃からおなじみのユーハイムのものが一番好きなので、これはかなり気になります。でも、羽田空港に行く予定はないし…と思っていたら何のことはない、京都のデパ地下にありました。(^^;

003 これは「京都限定」だそうです。帰ってからユーハイムのサイトを見ると「神戸本店限定」もありました。たぶん、札幌限定のこれも、いっしょですね。何だかだまされたような気もしなくもないですが、お手軽に買うことができて嬉しかったです。微妙に値段が違って、このなかでは一番安かったし、と落ち着くところが関西人なんでしょうか(笑)。
 これは林檎らしくラッピングしてあるので、初めて見たときは、ちょっとドキッとしましたね。それぞれパッケージも少しずつ変えてあって、羽田のは林檎箱に入っているようです。

 かわいいから、ちょっとしたプレゼントにもいいですね。切ってしまうのが惜しくて、しばらく食べられそうもないです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2009

今日も「ぬれねずみじゃ」(T_T)

 今(11時30分)、京都府南部に大雨洪水警報が出ました。10時前にレンタルしてあったDVDを返しに行って、ついでに近くのお店で買い物をしていたら、また突然の雨です。家を出たときは、UVカットしないと!と思うくらい良いお天気でした。タイミングを見計らって、軒づたいになんとか帰ってくることができましたが、昨日以上に想定外です。

51ccjm8ukyl__sl500_aa240__2  この映画PG12らしいですが、R15にしてもいいと思います。かなり危ないシーンがありますから。
 パニック映画かなくらいに思って借りたのですが、これを映画館で観ていたら、ヘトヘトになっていたでしょうね。(^^;
 原作の、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」は寓話と紹介されています。これも本を読んでから、映画とあわせて感想を書きたいです。原作から引いてきてあるのか、映画のラストに入るナレーションがとても美しいです。エンドロールに流れるバッハのカンタータ(BWV156)も。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 25, 2009

「ぬれねずみじゃ」(^^;

 ひどい雨降りでした。001今日は八坂神社の能舞台で祇園祭の狂言奉納だったのですが、11時頃には滝のような雨が降ってきてしまいました。
 それでも能舞台の上は、なんとか吹き込まなかったようです。演じられていた「飛越」は、川を跳び越すことができずにずぶぬれになった男が笑われて喧嘩になるというお話なのだそうです。017観ている私たちも足元がびしょびしょで、ちょっと悲惨。(^^;
 家を出たときは、まだ降っていませんでしたから、雨具の用意のない人も途中見かけました。
 次の演目に入った頃には雨も小降りになりました。午後の演目に観たいものがあったので先に用事を済ませに行ったのですが、お昼ごはんを食べたりしていたので間に合いませんでした。
 これは、またの機会にですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2009

「夢と魔法の」

 三連休の間に観られるかなと思ってレンタルしてありました。
5182dzlrbl__sl500_aa240_ CGが美しいのは、いうまでもありませんが、何でしょうね…安心して観ていられるのが良いです。思いもかけない展開という訳ではないのですが、期待を裏切らない内容です。これは4部作の1作目なので続きは(12月に)映画館で観てしまいそうです。
 ただかわいいだけじゃない、わがままも言い悩みもするナイスバディなティンカーベルに妖精を見る目が変わりました(笑)。

61xaey8vvxl__sl500_aa240_ 初めて買った文庫本が、ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」でした。わりと厚みのある本のはずですが、一晩で一気に読んでしまったと思います。
 この2本の映画、現実と地続きのような部分があって、もしかしてこんなありえない(?)ことが起きるかもしれないと夢を持たせてくれるお話です。

 夢といえば、昨日の日食も「皆既日食」を太平洋上で観られた方は、本当に夢のような体験だったみたいですね。はるか水平線上に浮かび上がる景色の美しいこと。
 次が26年後なら、まだ観ることのできる可能性はゼロではありません(笑)。とりあえずは2012年の金環食を楽しみに待つことにします。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2009

雲の切れ間から

 どんよりとした曇り空でしたが。
070 何も用意がなかったもので、あり合わせのPP製のシートを通すと、その姿がわかりました。(^^

041  京都は食の始めが9時47分40秒、食の最大が11時05分52秒、食の終わりが12時25分21秒ですね。朝方に雨は上がり、晴れてきていました。それが10時半くらいに陰ったので、お天気が悪くなったのかと思いました。半分あきらめながら11時過ぎに表に出て空を見上げると、頭の上に欠けた太陽が見えます。暗くなったのは日食のためだったようですね。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2009

「世紀の天体ショー」

 雨上がりの朝に、待っていたかのような蝉時雨です。
001
 町中に響き渡りそうなにぎやかさで、こんなにいるのならと思って探しましたが、抜け殻は見つけられませんでした(何処?)。

008 まだ、ざっと降り出しそうな空です。明日、明後日のお天気も望み薄で、何十年に一度の天体ショーも危ぶまれそうです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2009

これも「危険な愛」?

 Amazonで品切れだったので、初めてコンビニ受け取りで文庫本を買いました。便利ですね。安い本でも手数料も送料もなしで近くのお店に届くので。
Cavri45o_2 本はなるべくお店で買おうと思っていましたが、2軒行って置いてないとあきらめて、ネットで買ってしまいますね。(^^;

 ともかく、明日から3連休なので、すごく嬉しいです。ルン♪(笑)
 せっかくですから小旅行にでもと思ってましたが、なるべく出かけずに読みかけの本を読みたい気分です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「夏は本当にご用心」

 バナー↑の写真を夏向きに替えようと思って、公園に咲いていた花を撮りました。
020_2 これは、どこにでもよく見かける夾竹桃なのですが、本当は怖~い花なんですね。花言葉は「危険な愛」「用心」「油断大敵」「危険」…。(^^;

 「あぶない 、あぶない 、夏は本当にご用心~♪」なんて、ちょっと古いですか?(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2009

夕焼け小焼けの赤とんぼ♪

Oth_pen54 キボウノカケラ(左のサイドバーの下の方にあります)の天気予報は雨降りになっていますが、夕方になってもお日様がまぶしいくらいの良いお天気でした。二、三日前からアカトンボが飛んでいるのを見かけます。
 こちらは、やっぱり祇園祭りの宵山に恒例の夕立があって梅雨が明けるのでしょうか、週間予報では16、17日は雨のようです。お祭りに行かれる方、くれぐれも土砂降りにご用心です。宵山と巡行の当日が平日で、お天気が悪いとなると少しは人出も少なくなるでしょうけど、せっかくのお祭りです。良いお天気となりますよう願います。
 今年は、この一番賑わう時期がずっと平日ですが、お祭りは月末まで続きますから後祭りに行くのもいいですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2009

夏も十八、番茶も出花

 最近、ずっとさぼっていた神社の名水を汲みに行き、その近くのお店でお気に入りの珈琲豆とお茶を買ってきました。
Oth_pen37  細々とした買い物も済ませてスッとした気分になりました。ショックだったのは、もうすぐなくなるからと思って買ったのに、戸棚をあけると封をきっていないものが二つも入っていたことです。暑さのせいだということにしておきましょう。(^^;

 金曜の晩のテレビで演劇をしていたので録画してありました。「プロの俳優を使わず、実物の経済学者や革命家、労働者らが登場する作品」だそうで、演技というより、ほとんど素のままの語りですね。途中で舌がまわらなくてカミカミな場面なんかもあったりして。(^^;
 タイトルとなっている「資本論」に絡めて話される体験は、芝居じみた(?)下手な演技より、よほど引き込まれます。舞台のお芝居は、その同じ空間の中にいることで役者さんが発するものをキャッチするのがいいのであって、編集されたものを観てもつまらないと思っていました。でも、これはテレビで見ていても舞台と観客の距離が近いというのか、そんなところが気になりませんでしたね。あとで、もう一度観てみようと思っています。
 NHKオンデマンドの「見逃し番組」でも観られますので是非どうぞ。

 久しぶりにお芝居のチケットを買いました。ずっと前に映画化されていて、好きだったものだけに、あれを超えられるかな…と思うと、飛びついて買う気にはなれなかったのですが、先にあった東京公演での評判も悪くないようなので。
 遠くの会場ですが、「18切符」を利用して日帰りで行ける範囲のところですから。ちょっと異文化に触れる夏の小旅行になりそうです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2009

「モノとの出会いで、私の暮らしは変わる。」

 今日は暑さもましですね。夕べは夜になっても蒸し暑さが増すばかりで、煮豚用に買ってあった、豚さんが冷蔵庫にありましたが、とても煮炊きするようなものを作る気がしません。ということで、電子レンジを使って蒸し豚にすることにしました。少し時間はかかりますが、普通の加熱を使わずに、「解凍」で加熱するとびっくりするくらい軟らかくできます。時間は、その分量を解凍するときの3倍くらいで、中まで加熱されているか様子をみてください。
Oth_pen47 お肉の表面に塩と粒胡椒をすりこみ、耐熱容器に入れて料理酒をふりかけてラップでチン。容器のまま冷ましたら、あとはスライスするだけです。
 鶏の胸肉で、棒棒鶏もよくします。簡単便利な夏のお助けメニューです。ただし、うちのオーブンレンジは88年製の年代物…、「日付が昭和です」ね。(^^;

 88年と言えば、今、話題の方のこの曲がリリースされた年なんですね。一番忙しくしていた頃なので、当時のことはよく覚えてないのですけど、亡くなって今さらのように、どれほどすごい人だったのかわかったようです。でも、やっぱり整形(?)する前が良かったですね…。

 と、この辺りまでは夕べに書きかけていたのですが、そんなに寝不足でもないのに眠くて、今日の昼間も睡魔との闘いでした(困)。(^^;

 話題は変わって、久しぶりにクロワッサンを買ってきました。005_2 「日本の良品を探す。」という特集で、巻頭の記事は《「民藝」を発見する、鳥取の旅。》です。前にも書きましたが、クロワッサンは旅の特集のときに、いつも買っています。
 山陰は行ったことがなく、鳥取も一度行ってみたい所です。砂丘でラクダに乗りたいななんて(笑)。
 いつもながらの美しい写真の数々に、雑貨、食料品から家具まで、どきどきするような「良品」揃いです。(^^  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2009

「くもり 所により 夜のはじめ頃 まで 雨」

 「七夕に願いを☆」のブログパーツ、七夕の夜の定時になると天の川が見られます、と説明にあったのですが、正時ごとのようですね。ほんの一瞬なので、見張ってないとダメそうです(笑)。

Pen1_87  おり姫様、ひこ星様に会えたようですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2009

「生きているカーテン」

究極の“節約菜園” キッチンで簡単に!!特別な道具も不要》(2009.7.5 07:34産経新聞)
 ↑これは、私もだいぶ前に試しましたが、育ってもほんのちょっぴりなので見て楽しむだけでしたね。
002 こちらは、少し前のゴーヤチャンプルを作った日に、種をプランターに蒔いておきました。窓を覆うようにネットを張って育てれば、「緑のカーテン」になるので苗がよく売れているように少し前のニュースで見かけました。でも、わざわざ苗を買わなくてもスーパーで売っているようなゴーヤでも少し熟した種だったら、ちゃんと収穫するところまで育てられます。
 丈夫な植物のようで、水遣りさえ欠かさなければOKです。そう、ただ今年はちょっと警戒しています。(^^;

 この時期になってもアジサイが咲かないなと思っていたら、食欲旺盛なお客様です。
004_3 今まで害虫の心配のなかったものがお好みのようで、あとクレマチスとデンマークカクタス、紫蘭も被害にあいました。葉っぱが虫食いになっているのは気がついていたのですが、姿を目撃することがなかったので様子を見ていたら、ついに発見!です。
 まだ3匹しか見つけていないわりには痕跡があちらこちらに。「緑のカーテン」のサイトに「害虫が出たら…農薬をつかわずに、近くに食虫植物をおいて虫除けにしている人もいます」と書いてあります。…これは食べてもらえそうもないですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2009

「その嘘は、罪ですか。」

 夕方には雷雨になるかも、なんて毎日のように天気予報は脅かしますが、今日もなんとか、いいお天気ですね。昨日は、午後からムスメと出かけて、「ディア・ドクター」を観てきました。連日、満席・立ち見とサイトに案内があったので、一番遅い上映時間のチケットを買って(京都シネマは自由席でチケットの通し番号順に入場する方式です)、先に食事を済ませることにしました。

007 遅めのお昼ご飯です。ここは日本茶専門のカフェ(?)なので、お水もいいものを使ってられるのでしょう。羽釜で炊き上げたというご飯も甘みがあり美味しかったです。このランチには抹茶入り玄米茶の冷茶と氷出し碾茶がセットになっています。011 ですから食後のロールケーキのセットには、ほうじ茶を注文しました。
 かわいいケーキは、最近、一日の個数限定でメニューに加えられたのですが、予約販売のみの「幻のロールケーキ」と評判だったお店のものです。確かに、むっちりとした生地に、卵と生クリームの良い香りがして美味しいのですけどね。(^^;

 このカフェは、京友禅の老舗のビルの1階にあります。まだ時間があったので2階のギャラリーを拝見することにしました。今は「夏の時代衣装と屏風」ということで、江戸時代の珍しい図柄の単衣の着物を観ることができます。この資料展のために足を運ばれる価値はあると思います。サイトも綺麗ですからのぞいてみてください。

 お腹がいっぱいになって、夕方から映画なんか観たら眠くなるんじゃないかと思いましたが、ギュッと詰まったドラマと、スクリーンの中の草木や風、自然の一瞬の小さな動きにも無駄がなく、集中して観ることができて映画館にいることを忘れそうになるときさえありました(笑)。
 この「ドクター」、笑福亭鶴瓶さん演じる偽医者なのですが、何年もの間、1500人の村民をだましとおせたことが、映画を実際に観るまではかなり不思議でした。それが、たぶん丁寧に取材されたのでしょうね、現場では日常の光景(人間関係)じゃないかと思うようなできごとで組み立てられていて、何の違和感もありません。
 思い余って本当のことを話したり、「そんなことはできない」と目で訴えているのに取り合ってもらえず、どんどん名医にしたてられていくところは何ともおかしく悲しいです。でも、彼は医療機器を使いこなし、医学書を読んで内容を理解することもできるのですから疑いの余地はなかったのかもしれません。そんな謎めいた部分も筋書きの中で自然に納得させられていきます(原作を読んでみたいです)。そしてこんな救われるラストが待っていたとは。初監督作品の「蛇イチゴ」のラストも印象的で好きだったのですが、今から次回作が楽しみになりますね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2009

「ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子♪」

 一週間がアッという間で、バタバタと週末になりました。レンタル店のカードの更新期限が今日までだったので、手続きをしてサービスで借りられる1本は「崖の上のポニョ」を借りました。
51thlhg08hl__sl500_aa240_ 確か、「千と千尋の神隠し」は映画館で観ましたが、それ以降はムスメが買ったDVDの「ハウル」を観たくらいで、ジブリの映画は久しぶりです。
 「人気のある作品なので当日か1泊にしてください」とのことでした。そんなに評判だったとは(驚)。
 ちょっとせわしないけれど、明日はお天気もいまひとつのようですし、幸い用事も片付いているので、ボーっと観るにはいいかもしれません。
 用事をしながら横目で少し見たのですが、ジブリ総集編のような内容です。どこかに登場していたキャラクターのしぐさやセリフが次々と出てきます。中途半端にパステルカラーなところは、私が子供だった頃の、むか~しの絵本を連想しますね。ターゲットは、世代交代をして、そんな昔を知らない小さいひとでしょうか…。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2009

半夏生

 今日の晩ご飯は、蛸めしです。明日の「半夏生には蛸を…」なんて魚屋さんの店先に書かれているものが目につきますけど、そんな習慣は最近まで知りませんでした。でも、意味があるみたいですね。
 蛸というと子供の頃は、そのまま酢の物にするか、タコヤキ、オデンくらいの食べ方しかしませんでしたが、いつだったかお弁当に、蛸の入った炊き込みご飯を持ってきている人がいて、明石の方ではご飯にいれるんだ…とびっくりしました。(^^;

005  何度かお試しで作ってみたものの、生臭かったり、硬かったりでした。新鮮な生の蛸を使って炊き込むと綺麗な桜色のご飯になるみたいですね。残念ながらこちらで売っているのは、ほとんどモロッコ産か何かのユデダコです。ですから、あらかじめ生姜といっしょに甘辛く煮付けたものをご飯の炊き上がりに混ぜて、蒸らす方法が一番食べやすいようです。
 青みはサラダ用のセリにしました。ドリンク剤のCMなんかで名前をよく聞くタウリンが蛸は豊富だそうです。夏に向けて体に良さそうですね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »