« 放浪記?(一日目) | Main | 先行予約 »

May 13, 2009

放浪記?(二日目)

101_3
 これ、麦畑ですね。先週、信楽で初めて麦畑を見たのですが、その日は涼しいくらいの気候でもありましたし、まだ穂が青々としていました。西鉄の窓から見える麦畑は、すっかり金色です(喜)。
 そう言えば、福岡の歩行者用信号のメロディは「故郷の空」なのですね。でも、どうしてでしょう…「麦畑」にしか聞こえません。(^^;
 京都は、ほとんど「カッコー」と「ピュー・ピュー」の組み合わせで、たまに「通りゃんせ」のところがあります。ずっと前に、信州の松本で、「お馬の親子」を聞いたことがありますが、それ以外の曲は初めてです。

 柳川のあちらこちらで見かけた、とても香りの良い花です。
183_2 念願の柳川の舟下りは楽しかったです。船頭さんの軽妙な語り口のお話も面白いし、日差しは強くても水を渡る風は涼しくて気持ち良く、掘割の4㎞を歩くよりもゆっくりと、ゆらゆら流れるように下船場に着きました。
 ちょうどお昼時だったので、船頭さんのオススメもあり下船場になっているお店にそのまま入りました。

 今、そのお店の"口コミ"を見ると1件しかみつからなかったのですが、「ぐずぐず気味の接客はのんびり気分で目をつぶりたい。」と書かれていました。確かに…、表の椅子に座って45分待ちで席につき、それからお品書きを見せて今日は予約が入っているので(温めるだけで出せる)一品しかできないと言われるのですから。(^^;
 中に入るとお店の半分は予約席で空けてあり、それから前後して10人くらいの予約客が二組入ってこられ、あらかじめ決められていたお料理を出されていました。
 先に数がよめていたのですから、それなら表に並び始めたときに注文をとりにくるなりして、その旨のおことわりがあっても良かったと思います。柳川の郷土料理を楽しみにして遠方から来ているのです(周りには軒並み同じようなお店が並んでいます)。
 そして、遅いだけならまだいいのですが、運んでこられた汁物をボトボトお茶の上にこぼされたので、お茶をかえていただけますかと言うと、急須を持ってきて上からつぎたそうとされます(何故?)。洗面所(男女共用でした)に入ると、ゴミ箱が使用済みのペーパータオルであふれていました。オバサン的には店員さんのエプロンのひもが"縦結び"になっていたのも気になります。観光客相手のお店ならば気配りがほしかったです。(^^;
 でも、お料理をいただいているときに、先に注文をとりに来られた女性がお店の外で待たれている人のところに行って何か説明されているのが見えましたし、お会計のときにも丁寧に謝っていただき、こちらの言ったことを"提案"として受け止めてもらえたようで、ちょっとホッとしたのですが。(^^;

180  久留米に戻る西鉄の本数が思ったより少ないのと、駅までの路線バスもそれに間に合う時間のものは1本しかなく、柳川にいられるのは、あと1時間あまりしか残っていません。急いで北原白秋の生家に行きました。
 そこは一歩中にはいると、ゆったりとした時間をとりもどせるような素敵な建物でした。奥の資料館からは、ピアノを伴奏に綺麗なソプラノが聴こえてきます。でも、演奏を聴いていたり丁寧に解説を読んでいる時間はありませんし、ひとめぐりだけして保存会が出されている冊子を買って帰ることにしました。
185 ここも見学するつもりでしたが、横目で見ながらバス停まで急ぎます。

 柳川からは、西鉄の「天神行き」に乗ったのですが、久留米からJRの指定がとってありますから、また久留米で降りて路線バスでJR久留米駅まで移動しました。このあと天神に寄るつもりだったので、JR博多駅からは地下鉄に乗らないといけないのですが。

192  こんなめんどうなことをしてでも、「リレーつばめ」は乗る価値がありました(二つ前の記事の写真は向かいのホームに入ってきたリレーつばめです)。行きに乗った「有明」も同じ車両のはずですが、車内が微妙に違います。DXグリーンやコンパートメントがあるからか、その他の設備もこちらの方が綺麗ですね。乗務員の女性も素敵な人でしたし、このままずっと乗っていたいくらいで、博多にすぐ着いてしまったのが本当に残念です。

002  天神の百貨店でオミヤゲを買って、ブラブラ中洲まで歩きました。屋台が出る辺りとは違ったようですが、博多の町歩きもほんの少しだけ楽しんで、かけあしの福岡の旅となりました。

|

« 放浪記?(一日目) | Main | 先行予約 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放浪記?(二日目):

« 放浪記?(一日目) | Main | 先行予約 »