« 九州はSUGOCA! | Main | 放浪記?(二日目) »

May 11, 2009

放浪記?(一日目)

 これが、たぶん今回の旅の目的ですね。
158
 柳川の舟下りです。ぼんやりとですが、だいぶ前から行ってみたいと思っていた町でした。

 今回利用した、JR西・四国全線と九州の一部区間が乗り放題の「魔法の切符」は、東海道新幹線は利用できませんから、新大阪までは在来線を利用することになります。ちょうどいい時間にあったので、二つ前の記事の↓「くろしお」は、京都~新大阪だけ利用しました。
002  そして新大阪~小倉は「のぞみ」、小倉~門司港は「福北ゆたか線」(お米みたいな名前ですね)の普通です。木製の座席のおしゃれな車両ですね。
 ここで、悲しいかな小倉~門司港は、魔法が効かず乗り越し料金を払うことになりました。(^^;

020023
058_2059
 下の2枚は展望室からの眺めで、中央に巌流島と壇ノ浦がそれぞれ見えています。

010 こちらはお昼ごはんを食べたお店です。門司は作家の林芙美子の出生地ということで、それにちなんだ喫茶店です。
017

 ウニ丼が「看板」のようです。「フミコ林ライス」も注文しましたが、普通のハヤシライスでした。(^^;

 思ったよりコンパクトな観光名所という感じですね。
051 夕刻になるとライトアップされた港の景観が美しいらしいのですが、日が沈むまで待つ余裕もなかったので、早めに小倉に戻りました。

077  残り時間は2時間ほどです。ガイドブックに載っている小倉の駅からそう遠くないところにある市場が楽しそうです。JRの改札を出ると、その方面に行くモノレールの駅がありました。
 行って見ると、そこは細い路地に面してぎっしりと、お惣菜から生鮮食料品が何でも揃った市場でした。魚介類が新鮮で、初めて見るものもあります(活マテ貝!)。郷土料理の「糠炊き」(鯖や鰯が糠を入れて炊いてあります)も試食させてもらいましたが、思ったよりくせがなく食べやすいです(好)。
 中ほどにある古い空き店舗を利用した多目的スペースで、ヴァイオリンのライブ(投げ銭制)をしていました。普通のヴァイオリンをアンプとエフェクターにつないでの即興演奏です。本業とは別に、ライブハウスなんかでも演奏されている方のようで、1時間ほどのライブを楽しませてもらいました。

096  「魔法の切符」は普通車用とグリーン車用、それぞれ二日間に4回、指定がとれます。あまり値段が変わらないので、今回はグリーンにしたのですが、そのおかげで小倉~久留米の「有明」では、その車両のグリーン席に乗っているのは、私とムスメの二人だけという贅沢をさせてもらいました(笑)。

 宿泊は久留米です。他は知らない名前ばかりだったので、全国にあるビジネスホテルが予約してありました。簡単な朝食がついて必要最低限のコンパクトな室内は清潔で十分満足できました。

Caodpq9d 久留米は「九州ラーメンの元祖」だそうです。チェックインしてからガイドブックを片手にお店を探しましたが、載っていたのが"縮尺のない地図"です。JRの駅からホテルまで、ちょっと切ないことになったのですが、それがわかっていながら同じ失敗をしてしまいました。これは、なんとか見つけた別のお店のものです。(^^;
 翌日は西鉄に乗って柳川へ。二日目へ続く…zzz。

|

« 九州はSUGOCA! | Main | 放浪記?(二日目) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放浪記?(一日目):

« 九州はSUGOCA! | Main | 放浪記?(二日目) »