« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

Violoncello

 「重力ピエロ」の原作を読み終わって映画館に行ったのですが、満席で観ることができませんでした。(T_T)
 インフルエンザも何のその、先週も上映が始まったばかりでしたから、かなりの人だったようです。いつか映画を観ることができたら本の感想もいっしょに書こうと思います。

 あきらめて映画館の入っているビルのお店をブラブラ眺めていると、ガラス越しに白いヴァイオリンの模型が見えます。
008_4  パッと見ただけでは、何でできているのかわからなかったのですが、ペーパークラフトです。完成品も商品のようでしたが、売ってあったのは、このキットのほうです。ヴァイオリンとピアノのトリオで初めは揃っていたのが、他は売れてしまって、これが最後の一つでした。
016_2 弦もキットの中に含まれているようにパッケージに書かれていて、糸でも入っているのかと思いつつ開けてびっくりでした。全部レーザーで切り取られたという細かなパーツが並んでいます。(^^;
Violoncello のりしろになるパーツも混じっていますが、ほとんどが実際の楽器そのままです。矢印の部分が何か分かれば、かなりの楽器通かと(冗談)。ただし、本物にあって(外からは見えません)、このキットにはないものが一つありました。
 綺麗に作ることができたら、是非、グランドピアノにも挑戦したいです(笑)。

※追記:キットはAmazonでも売ってますね♪
「このキットにはないもの」はf孔からのぞけば見えます。なぞなぞみたいです。 (^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2009

「建築とミュージアムのイイ関係。」

 ひと雨きそうな空です。今、雷がなったような。(^^;
 さっきまで、すっきりと晴れていたのですけどね。いいお天気でしたから久しぶりに髪を切りに行き、さっぱりしたところです。

017  ひとまずは落ち着きを取り戻したようですが、弱り目に祟り目のような今回のインフルエンザ騒動に、頑張れ神戸!です。
 秋から月に一度、兵庫県に通うことに決めたので、途中下車して立ち寄れそうなところを探すのに買った雑誌です。おなじみの美術館も多いですが、ちょっと目先をかえた情報や小さなギャラリーの紹介なんかも楽しいです。"兵庫通"になれるでしょうか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2009

「××はない。でも、 ○○がある」

世界難民の日キャンペーンのスローガン、『NO HOME YES HOPE (まだ、帰るところはない。でも、希望がある。)』のように、あなたが身近に感じている『NO ×× YES ○○ 』、『××はない。でも、 ○○がある。』といった、あなた自身の「希望」へと繋がるメッセージを考えて、 トラックバック記事を書いてください。書かれた内容がブログパーツに表示されます。

 たまたま、このサイトとブログパーツを見つけたのですが、何があてはまるでしょうね…「国はあるけど、情けない」。もう少し考えます。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2009

「最強の家族」

映画:「重力ピエロ」県内先行公開 観客動員など記録更新 /宮城(毎日新聞 2009年5月25日 地方版)
 昼間にネットのニュースで見出しだけ見て、こんな時期にすごいなーと思っていました。宮城でのことだったのですね。(^^;

 昨日は、もともと映画を観に行くつもりでしたが、気にならないと言えば嘘になりますから、今週はやめておくことにしました。あわてなくともしばらくは上映されているでしょうし、先に原作を読み始めています。
Ca9d12vy あらすじがわかる程度に、パラパラと一度読んだのですが、その時々の登場人物の心情が私はあまり理解できないです。(^^;
 読み飛ばしているときは、気にならなかったことが、よく考えたら、こんな状況に出くわしたときに、こんな受け止め方をできるかな…と思えてきます。 さらっと読んだ方がいいのかもしれないですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2009

お散歩日和

 昨日は、からっとしたお天気に涼しい風も吹いて、気持ちの良い一日でした。
010_3 もう夕方の5時過ぎだったと思いますが、御所では芝生にゴロンと寝転んで、お昼寝(夕寝?)している人を見かけました。(^^

009_2 先に、お茶を買いに行ったお店の辺りは、お祭りで露店がでています。マスクをしている人も見かけますが、それほど多くはありません。テレビのニュースでは、観光地の人出が激減しているように言ってますが、普段と変わった様子は特になく、違うところがあるとすれば、デパートの店員さんだけは全員マスク着用だったことです。お揃いではないマスク、苦労して集められたのでしょうか。(^^;

 お茶の次は、お茶請けのお煎餅です。019_3御所の向かいにできた、直売所を兼ねた「FREE CAFE」です。数種類の飲み物とガラスのポットに割れたお煎餅が用意されています。試食のためのスペースのようなものかと思いましたが、無料の珈琲も思ったより美味しく、おしゃれな雰囲気の広い店内は、居心地が良いのかほぼ満席で賑わっていました。店内のパンフレットに経営哲学(サイトにも載っています)のようなものが書かれています。これは、ちょっと?という感じもしますが。

029_2 通り沿いのレンガ塀からのぞく、赤い薔薇が目を引きます。 ここはヴォーリズ建築事務所設計の有名な建物で、子供の頃は外国のお話に出てくるお屋敷のイメージを膨らませてくれる唯一の建物だったかもしれません。特に、怖~いお話のときなんかは(笑)。
026_2

 何と言うことはない京都の町歩きでした。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 22, 2009

カゼまかせ?

 お昼前です。コンサートのチケットを申し込もうと西宮のホールへ電話をしたら、「こちらはKDDIです、おかけになった方面への通話は大変込み合っているため かかりにくくなっております。おそれいりますが、しばらくしてからおかけ直しください♪」とアナウンスが流れたので、何か怖いことでもあったのかと思いびっくりしました。
 初日ならともかく、先行発売は昨日からだったはずなのに…、今日が初日のチケットもありますが、そんなに殺到するようなチケットがあったのでしょうか。(^^;
 おっしゃるとおり、しばらくしてからかけなおしたら、今度は、すぐにつながって希望の席を買うことができました。5ヶ月も先ですから、何か別の不測の事態でも起きないかぎり中止なんてことはないでしょう。

43大学が休校=同志社、立命館など-京都
jiji.com(2009/05/22-12:43)
 だそうですから、昼間の地下鉄もガラガラのようです。Enter03 メールを開くと、来週にあるイベントの中止や延期のお知らせが届いています。明日、明後日と遊びに行けば、どこも空いているね、なんて言いながら今日は帰ってきましたが。本当にどうしたものでしょう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2009

次の停車駅は?

 ニュースで東京でも感染が確認されたと伝えていましたね。夕べは、風邪気味だったので、ちょっと心配しましたが、兵庫・大阪に次ぐ感染者はおとなりの滋賀からでした。「南草津」は快速しか停まりませんが、兵庫から滋賀まで通勤・通学電車でつながる点と線になってしまいました。とにかく体調の自己管理に気を配るしかなさそうです。
Close03 それにしても京都の感染者1号になって、プライベートなことをテレビのニュースや新聞で公表されたら恥ずかしいです。だから京都には感染者が見当たらないのかと思ってしまいます。(^^;

 最前線に勤める友達に、慰労の意味を込めてアルコールでの消毒(宴)を打診したところ、とにかく忙しくてヘトヘトだそうですが、そんなに悲壮感漂う様子ではなかったのでホッとしました。
 こちらのアルコールは、やっぱり品切れのようですね。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 18, 2009

1にスイミン、2に?

 夕刊に、新型インフルエンザの感染者が確認された影響で「茨木と西宮の映画館 前売り券販売中止、従業員にマスク」と載っていました。まさかと思いながらも確かめたら、こちらも販売中止になっています。
 近辺のスーパーやドラッグストアーでもマスクが売り切れて、入荷は未定と貼紙がしてあります。うちは花粉予防に少しは買い置きしてあったのでいいのですが。
Pen1_06  とりあえずは、栄養の偏らない食事、外から帰ったら手を洗う、寝不足にならない等々の当たり前の風邪予防にこころがけたいと思います。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2009

疲労回復

009 しとしとと降り続いた雨が、ようやくやみそうです。まだ一雨降るように予報では言ってましたが、夕方にはほんのり西の空が明るくなってきたように見えました。お天気のせいもあって、安息日のような過ごし方をしてしまった土日です。

 ほとんど出かけることもなく、レンタルしてあったDVDで「グーグーだって猫である」「純喫茶磯部」「ぐるりのこと。」「百万円と苦虫女」をぼんやりと眺めていました。4本とも、どこにでもあっては困るけれど、何かのはずみで起きても不思議はないような範囲のできごとです。それぞれ存在感のある演技をされる俳優さんのおかげで感情移入させられてしまい、一度に色々な感情を味わって、ちょっと疲れました(笑)。
 内容は確かめずに話題になっていたものを適当に選んできたのですが、最近観た邦画はどれも同じような印象です。緩やかに気持ちに入り込んできて、気がついたら"再生の物語"として、こじんまりと終わっていた?きっかけは何であれ、前向きな気持ちになれるのはいいことですけどね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2009

先行予約

Caacfq4s  本日のおやつです。これ、漫画の「のだめカンタービレ」に登場しますね。コンセルヴァトワールの先生に手土産としてお母さんが持たせたのだそうです。
 お土産でもらって食べたことがあったので、漫画に出てきたときはびっくりしました。オクレール先生絶賛の「オマンジュウ」です(笑)。

 今日は大移動したあとの週末ですから、さすがにくたびれています。連休明けから忙しいので、もう遊んでばかりもいられません。(^^;
 ちょっと気になっていたところは、この春にだいたい行くことができて、しばらく何も予定がありません。ボーっとコンサート情報を見ていたら、良さそうな演奏会を見つけました。
 ソリストの女性のプロフィールをぐぐったら、「のだめ」のモデルになったと噂されている方のようですね。
 YouTubeで拝見すると、確かにどことなく雰囲気が。特に口元?
 チケットの売り出しが何ヶ月も先で、買えるかもわかりませんが、今年の後半の楽しみにしましょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2009

放浪記?(二日目)

101_3
 これ、麦畑ですね。先週、信楽で初めて麦畑を見たのですが、その日は涼しいくらいの気候でもありましたし、まだ穂が青々としていました。西鉄の窓から見える麦畑は、すっかり金色です(喜)。
 そう言えば、福岡の歩行者用信号のメロディは「故郷の空」なのですね。でも、どうしてでしょう…「麦畑」にしか聞こえません。(^^;
 京都は、ほとんど「カッコー」と「ピュー・ピュー」の組み合わせで、たまに「通りゃんせ」のところがあります。ずっと前に、信州の松本で、「お馬の親子」を聞いたことがありますが、それ以外の曲は初めてです。

 柳川のあちらこちらで見かけた、とても香りの良い花です。
183_2 念願の柳川の舟下りは楽しかったです。船頭さんの軽妙な語り口のお話も面白いし、日差しは強くても水を渡る風は涼しくて気持ち良く、掘割の4㎞を歩くよりもゆっくりと、ゆらゆら流れるように下船場に着きました。
 ちょうどお昼時だったので、船頭さんのオススメもあり下船場になっているお店にそのまま入りました。

 今、そのお店の"口コミ"を見ると1件しかみつからなかったのですが、「ぐずぐず気味の接客はのんびり気分で目をつぶりたい。」と書かれていました。確かに…、表の椅子に座って45分待ちで席につき、それからお品書きを見せて今日は予約が入っているので(温めるだけで出せる)一品しかできないと言われるのですから。(^^;
 中に入るとお店の半分は予約席で空けてあり、それから前後して10人くらいの予約客が二組入ってこられ、あらかじめ決められていたお料理を出されていました。
 先に数がよめていたのですから、それなら表に並び始めたときに注文をとりにくるなりして、その旨のおことわりがあっても良かったと思います。柳川の郷土料理を楽しみにして遠方から来ているのです(周りには軒並み同じようなお店が並んでいます)。
 そして、遅いだけならまだいいのですが、運んでこられた汁物をボトボトお茶の上にこぼされたので、お茶をかえていただけますかと言うと、急須を持ってきて上からつぎたそうとされます(何故?)。洗面所(男女共用でした)に入ると、ゴミ箱が使用済みのペーパータオルであふれていました。オバサン的には店員さんのエプロンのひもが"縦結び"になっていたのも気になります。観光客相手のお店ならば気配りがほしかったです。(^^;
 でも、お料理をいただいているときに、先に注文をとりに来られた女性がお店の外で待たれている人のところに行って何か説明されているのが見えましたし、お会計のときにも丁寧に謝っていただき、こちらの言ったことを"提案"として受け止めてもらえたようで、ちょっとホッとしたのですが。(^^;

180  久留米に戻る西鉄の本数が思ったより少ないのと、駅までの路線バスもそれに間に合う時間のものは1本しかなく、柳川にいられるのは、あと1時間あまりしか残っていません。急いで北原白秋の生家に行きました。
 そこは一歩中にはいると、ゆったりとした時間をとりもどせるような素敵な建物でした。奥の資料館からは、ピアノを伴奏に綺麗なソプラノが聴こえてきます。でも、演奏を聴いていたり丁寧に解説を読んでいる時間はありませんし、ひとめぐりだけして保存会が出されている冊子を買って帰ることにしました。
185 ここも見学するつもりでしたが、横目で見ながらバス停まで急ぎます。

 柳川からは、西鉄の「天神行き」に乗ったのですが、久留米からJRの指定がとってありますから、また久留米で降りて路線バスでJR久留米駅まで移動しました。このあと天神に寄るつもりだったので、JR博多駅からは地下鉄に乗らないといけないのですが。

192  こんなめんどうなことをしてでも、「リレーつばめ」は乗る価値がありました(二つ前の記事の写真は向かいのホームに入ってきたリレーつばめです)。行きに乗った「有明」も同じ車両のはずですが、車内が微妙に違います。DXグリーンやコンパートメントがあるからか、その他の設備もこちらの方が綺麗ですね。乗務員の女性も素敵な人でしたし、このままずっと乗っていたいくらいで、博多にすぐ着いてしまったのが本当に残念です。

002  天神の百貨店でオミヤゲを買って、ブラブラ中洲まで歩きました。屋台が出る辺りとは違ったようですが、博多の町歩きもほんの少しだけ楽しんで、かけあしの福岡の旅となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2009

放浪記?(一日目)

 これが、たぶん今回の旅の目的ですね。
158
 柳川の舟下りです。ぼんやりとですが、だいぶ前から行ってみたいと思っていた町でした。

 今回利用した、JR西・四国全線と九州の一部区間が乗り放題の「魔法の切符」は、東海道新幹線は利用できませんから、新大阪までは在来線を利用することになります。ちょうどいい時間にあったので、二つ前の記事の↓「くろしお」は、京都~新大阪だけ利用しました。
002  そして新大阪~小倉は「のぞみ」、小倉~門司港は「福北ゆたか線」(お米みたいな名前ですね)の普通です。木製の座席のおしゃれな車両ですね。
 ここで、悲しいかな小倉~門司港は、魔法が効かず乗り越し料金を払うことになりました。(^^;

020023
058_2059
 下の2枚は展望室からの眺めで、中央に巌流島と壇ノ浦がそれぞれ見えています。

010 こちらはお昼ごはんを食べたお店です。門司は作家の林芙美子の出生地ということで、それにちなんだ喫茶店です。
017

 ウニ丼が「看板」のようです。「フミコ林ライス」も注文しましたが、普通のハヤシライスでした。(^^;

 思ったよりコンパクトな観光名所という感じですね。
051 夕刻になるとライトアップされた港の景観が美しいらしいのですが、日が沈むまで待つ余裕もなかったので、早めに小倉に戻りました。

077  残り時間は2時間ほどです。ガイドブックに載っている小倉の駅からそう遠くないところにある市場が楽しそうです。JRの改札を出ると、その方面に行くモノレールの駅がありました。
 行って見ると、そこは細い路地に面してぎっしりと、お惣菜から生鮮食料品が何でも揃った市場でした。魚介類が新鮮で、初めて見るものもあります(活マテ貝!)。郷土料理の「糠炊き」(鯖や鰯が糠を入れて炊いてあります)も試食させてもらいましたが、思ったよりくせがなく食べやすいです(好)。
 中ほどにある古い空き店舗を利用した多目的スペースで、ヴァイオリンのライブ(投げ銭制)をしていました。普通のヴァイオリンをアンプとエフェクターにつないでの即興演奏です。本業とは別に、ライブハウスなんかでも演奏されている方のようで、1時間ほどのライブを楽しませてもらいました。

096  「魔法の切符」は普通車用とグリーン車用、それぞれ二日間に4回、指定がとれます。あまり値段が変わらないので、今回はグリーンにしたのですが、そのおかげで小倉~久留米の「有明」では、その車両のグリーン席に乗っているのは、私とムスメの二人だけという贅沢をさせてもらいました(笑)。

 宿泊は久留米です。他は知らない名前ばかりだったので、全国にあるビジネスホテルが予約してありました。簡単な朝食がついて必要最低限のコンパクトな室内は清潔で十分満足できました。

Caodpq9d 久留米は「九州ラーメンの元祖」だそうです。チェックインしてからガイドブックを片手にお店を探しましたが、載っていたのが"縮尺のない地図"です。JRの駅からホテルまで、ちょっと切ないことになったのですが、それがわかっていながら同じ失敗をしてしまいました。これは、なんとか見つけた別のお店のものです。(^^;
 翌日は西鉄に乗って柳川へ。二日目へ続く…zzz。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2009

九州はSUGOCA!

九州はSUGOCA!
JR九州の「リレーつばめ」です。落ち着いた雰囲気の内装に飛行機のようなサービスで、乗車時間が短かったのが残念でした。
まだ、戻っていませんが、京都駅から出発して、二日間で乗り物に16回(12種類)乗り、本当に鉄子の旅となりました。
ICOCAもSuicaも出番がなくて残念でしたが。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2009

出発進行

出発進行
のんきな旅の始まりです。この特急、途中で快速に抜かれました。(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 08, 2009

今は旅支度

 イロハモミジの、竹とんぼのような実がかわいいです。遠目にもこの赤さが、葉の緑によく映ります。
011_2
 これ、秋に熟して旅立つ頃には羽のところが薄くなり、虫の羽がちぎれて落ちているみたいに思って、子供の頃は苦手でした。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

「桃源郷」

 滋賀県の信楽に行ってきました。と言っても焼き物(狸)を見に行ったのではありません。
001 JR石山駅(京都から各駅で4駅目)からバスで30分あまり行くと、山の中に入り車同士がすれ違うのも難しいような道が続きます。
003 しばらくして視界が開けた向こうに、変わったデザインの橋が見えました。終点の「MIHO MUSEUM」は、もうすぐのようです。

007 バスを降りると、まずチケット売り場やレストランのあるレセプション棟がありますが、美術館棟は更に500メートル奥で、この桜並木の向こうには長いトンネルが続きます。
009_2 ひんやりとした空気に包まれるSFの世界のようなトンネルの向こうには、どんな景色が待っているのか期待してしまいますね。

031_2 ルーヴルのガラスのピラミッドと同じ方の設計による、「桃源郷」をイメージして造られた広大な敷地の美術館です。自然の景観を配慮して建物の八割が地下に埋設されていて、ガラス屋根の部分だけが山の斜面に見えているようです。
011 今は「ユーラシアの風 新羅へ」がテーマの特別展示と「中国・ペルシャ」「南アジア」「西アジア」「ギリシャ・ローマ」「エジプト」の常設展示です。特別展示を観ることで、常設展示のそれぞれがつながりを持ち、古墳時代の日本に大陸から文化が伝わっていった様子がわかりやすくなります。
 きらびやかな貴金属やガラスの展示品はドキドキするような美しさですが、特に年代の古い木製品の保存状態の良さに驚かされます(乾燥した気候のため)。
 メイン展示は、今話題の阿修羅像とは対照的な姿のガンダーラの仏立像ですね。ほとんどの展示品がそうなのですが、息がかかりそうなほど近くまで接近して観ることができます。

022 少し段差があるだけで、通路の続きのようにモザイクが展示されています。小さい子供だったら、この上を走り抜けて行きそうです(笑)。展示室の中はもちろん撮影禁止ですが、ここは通路ですね…。上から1枚だけパチリ。(^^;

040 電気自動車がレセプション棟との間を往復しています。吊り橋の上を歩いていると、電気自動車が通るときに少し揺れます(怖)。
048
 美術館棟に続く並木の桜は枝垂桜です。帰りに良く見るとほんのわずかですが、かわいい花が残っていました。063
 エントランスホールのガラス越しにも見えていた、真っ赤な霧島ツツジが今は見ごろです。
 敷地内にはカエデの木もたくさん植えられていますし、秋には松の緑に映えそうです。これで山全体が紅葉したら本当に素晴らしい眺めでしょうね。
 秋の特別展示が「オクサスのほとりより 東西文明の架け橋 中央アジア」というテーマです。会期が12月13日までですから、紅葉の進んだ頃にあわせて来るのも良さそうです。
 家を出たときは青空が見えていたのですが、こちらに着いた辺りからポツポツ雨が降り始めていました。お天気とも相談して、次は夕日が沈むところも見られると、なお良いです。

 想像していたものより、はるかにスケールの大きな施設で、1時間近くバスに揺られて行く価値が本当にあったと思います。ただし、これを造るに当たっては、信じられないような大きなお金が動いていることを思うと、少しムズムズするのはなぜでしょう。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「古都」

 今日も雨みたいですね。(^^;
Ca9867zy  この二日、久しぶりに小説を読んでいました。これは、前に買っていた他の本を読んでいる途中で読みたくなり、近所の書店で探して買いました。
 山口百恵さん主演の映画が上映された頃に、一度読んだような気がしますが、それもずいぶん前のことですから。

 当時の京都の暮らしや風俗を、うまく表されたお話ですね。ところどころに説明的な文章があり、「京都」を知りたい人には勉強になりそうです。

 この本になって面目を一新しているのは京言葉である。京都のひとに頼んで直してもらった。会話の全体にわたって懇切丁寧な修正の加えられて来たのを見て、これは容易でない煩労をかけたと思ったが、第一の難点の京言葉が改まって、私は安心した。しかし私の好みで修正に従わなかったところもある。

 新聞に連載されていたときには、この小説を毎日楽しみに読む人は多かったことだと思いますが、京都弁についてひとこと言いたいという人もきっとあったでしょうね(笑)。単行本刊行の際に付けられた、このあとがきに書かれていることを読んで納得しなくもないですが、いくらか読んだところで、目で追っている活字と頭の中に聞こえてくる言葉の違いに気づきます。でも、それは京都弁独特の音便や省略される音、語尾を伸ばすところなんかを忠実に表すとしたら、ひらがなで書くか、漢字にルビをふるしかないです。あと、なんとなくしっくりしない言葉遣いも確かにありました。

 そんなことはともかく、昭和30年代初めの京都の町を本当に美しく描かれていることには違いないですし、子供の頃に年配の人から聞いていたことを思いだし、懐かしい気持ちになりながら読めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2009

嵯峨野さやさや

 嵯峨野の広沢池です。
080103112119
 菖蒲が綺麗に咲いていました。これが日本の原風景なのでしょうね。ずっと遺したい景観だと、あらためて思いました。
 御室からだと、山越の地名のように少し上り坂が続き、それを越えると目の前に広がる景色が、この広沢池です。

 ここに来るまでに、御室の仁和寺に行きました。有名な御室の桜(遅咲きの里桜)はサクランボになっています。個人的には、あのぽったりとした桜はあまり好きではなく、人出のピークも過ぎた今の時期の方が好きですね。色とりどりのツツジが今は盛りです。
 出かけた時間が遅かったので、境内を少しお散歩したくらいで閉門になってしまいました。それで、まだ明るいことですから、そのまま嵯峨野の方までぐるっとまわって帰ることにしました。
067033031052_2

 今日のオミヤゲは、嵯峨野のお豆腐です。Ca1cd8ep途中、すれ違った人のバッグにポンと当たってしまい、ちょっとダメージを受けたようですが、なんとか原型は保っています(笑)。
 有名なお店のものは駅の百貨店で、だいたい買えてしまいますが、ここは他に卸したり宅配はされていないようです。だから観光バスが来るような時期には、行列ができるのかもしれませんね。普段は全く普通のお店です。

 あと、仁和寺の近くの茶房に寄りました。001 以前は予約しても1年待ちでないと買えなかったと言われるお店のロールケーキを出されています。今日の分は終わっていましたから他のお菓子を注文しました。
 表通りに面していますが、少し通りを入っただけで静かな雰囲気の店内です。おしゃれな内装に茶器がディスプレーされている様子を外からのぞくと、ギャラリーのように見えるかもしれません。

 今日は一日曇り空で、自転車で出かけるには涼しくて良かったです。6日がいいお天気になるようなので、(電車で)もう少し遠出しようかと思っています。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2009

獲得合戦

Waon  この間、届いたSuica付とは別に、他の電子マネーの付いた同じカードを持っています。
 先月の初めに、定額給付金の金額分、現金でチャージすると1200円相当のポイントがつくキャンペーンをしていました。普段の買い物は、大きなショッピングセンターではしないので、そのときも何も買わずにチャージだけしておきました。
 これは、ムスメにかわいい電子マネー(精算するときに機械からワオン!と鳴き声がします)があると教えてもらって、もともと持っていたカードに、あとから付けたのですが、滅多に使うことがないので仕組みをあまり知りませんでした。そのポイントを受け取るには店頭の入金機で操作しないといけなかったのですね。5月の何日かまでにダウンロードしないと無効になるとかで、お店に行きポイントもいただいたことですし、雑貨等々のお買い物をして帰ってきました。

 定額給付金の方は申請書も届いてないのですが、あちらこちらでキャンペーンをしているおかげで、少し得した気分です。これが消費拡大になっているのかは謎ですが。考えたら銀行が預金キャンペーンをすることは、さすがにないですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「魔法のロールケーキ」

 連休にたどりつきました。週半ばのお休みがあったのに、週末がすごく待ち遠しかったです。健康で働くことができることにも感謝しつつ、自由に使える五日間のお休みの幸せをかみしめます。(^^;

Camytk7w_2  のんびりムードの日には、最近買って美味しかったオヤツの紹介でも。
 まず一つ目は、橿原の駅で買った「はにわまんじゅう」です。埴輪の姿をしたもみじ饅頭のようですが、表面がほろ苦くて中の漉し餡のやさしい甘さがひきたちます。万葉文化館のミュージアムショップにも売っていたと思います。オヤツにするなら箱入りではなく、2個入りの袋詰めしたものを売っています。

Cay48576_2  こちらのドーナツは水曜に、D丸(いつも自転車をとめさせてもらうので、必ず何か買って帰ります)の地下に期間限定で売られていました。
 奈良のお店ですが、最近、京都にも出店されたようです。買ったときに、トースターで温めてくださいね!と念を押すように言われたので、次の日に温めてみると今までに食べたことのない美味しさでした。お店のサイトもブックマークしましたし、秋に阿修羅像を観に行くときにでも、お店に寄ってみようかなんて思っています。
 同じく期間限定で売られていた、"行列ができるロールケーキ"とよく似た名前のお店のロールケーキとプリンも買って帰りました(食べてしまったので画像はありません)。パリッとしたカラメルにとろとろのプリンが美味しくて、次に見つけたら必ず買ってしまうと思います(好)。

 豆大福の行列にもびっくりしますが、まるで「金のガチョウ」のように行列に並ばないと買えないお店ばかりではありません。ちょっと高いけれど本当に美味しいと評判のロールケーキで、毎月1日の朝10時から先着順で、その月の限定本数だけ予約を受け付けるというお店がこちらにあります(大変な競争率のようです)。
 米国発の"行列のできるドーナツ"が、こちらには進出して来ないのは、せっかちの関西人は並んでまで買わないからと言っている人がいました。何となくは納得しますね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »