« 四季折々 | Main | 「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない」 »

April 14, 2009

自然の中の美術館

 一つ前の記事に書いた大山崎山荘美術館ですが、展示スペース以外の広い敷地もとてもよい雰囲気です。
106 駅との間を往復している無料の送迎バスを降りると、まずこのトンネルがあります。003

 バスを降りた人をやり過ごせば、人影の入らない風景を撮ることのできるくらいの静けさはあります。

 今なら通路沿いの斜面はシャガが盛りです。山荘の正面に向かうこの通路以外にも、こちらの斜面にお庭へ通じる小道がつけてあり、ブロンズのウサギのいる庭へ直接行くこともできます(敷地内は自由に出入りできます)。001 
 染井吉野と枝垂桜の盛りが過ぎていたからか、お庭の方もこんなお天気の日曜でも人が多くて困るようなことはありませんでした。
026 中ほどにいるスリムなウサギの姿はわかりますでしょうか。

006_2  テクテク歩いて、ようやく山荘の入り口に到着です。駅からの道のりも見晴らしが良いので、眺めを楽しみながら帰られるのなら歩きやすい靴をはかれるのが良さそうですね。
 美術館の横を通り抜けて山道を上がっていくと天王山ハイキングコースでもありますから。(^^

|

« 四季折々 | Main | 「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自然の中の美術館:

« 四季折々 | Main | 「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない」 »