« 飛鳥の里の八重桜 | Main | ご当地グルメ »

April 20, 2009

星の宿

 春の飛鳥で楽しみにしていたのは、レンゲの群落を見ることでした。
055_2
 ここは飛鳥寺のすぐ近くで、秋には田んぼの緑に真っ赤な彼岸花が映えていたところです。場所によって時期が違うのか、これだけ咲きそろっているところを、他で見つけることはできませんでした。

 昨日は、その前に話題の「キトラ壁画展」を見るため、飛鳥資料館に寄りました。橿原神宮前で電車を降りて、通りに出ると、ちょうど資料館の方面に行くかめバス(周遊バス)が停まっていたので乗っていくことにしました。
 かめバスの亀のマークは、たぶん亀型石造物の絵ですね。あとで気がついたのですが、このバス、PiTaPa(ピタパ)に対応していて、持っていたICOCA(イコカ)で運賃を支払うことができたようです。帰りに利用した近鉄の飛鳥駅も自動改札ではないのですが、ICカードを読ませる機械がありICOCAが使えました。
006_2 奈良文化財研究所・飛鳥資料館です。ここは、今、行われているキトラ壁画展や、一部を除くと館内も写真撮影ができます。で、その館内は拍子抜けするほど空いてました。(^^;
008_3 よくお手入れされたお庭には石造物のレプリカが置かれていて、明日香村に点在しているものを見ることができます。高松塚のコーナーでは、後で行った高松塚壁画館よりも、展示されている出土品の種類も 多いです。模造品とはいえ原寸大ですし、十分雰囲気は味わえました。

 このあとは甘樫丘に向かい大和三山を眺めに行くのですが、とにかく暑かったので、途中、前回にも行った万葉文化館のカフェで休憩しました。
028_2 館内のカフェとミュージアムショップは展示室の外にあるので入場料は要りません。綺麗なお庭を眺めながらイチゴパフェです。このイチゴは残念ながら「あすかルビー」ではないようです(笑)。

 そして、テクテク歩いて、ようやくたどり着いた 甘樫丘です。
095_2
 これが天香具山だと思います。(^^;
 こちらは、よくわからないのですが、写真中央あたりに法隆寺が見えているはずです。
107
 資料館からの道のりに何度もウグイスの鳴き声を聞き、ここでようやく姿を見ることができました。ウグイス色というより実際は茶色ですね。
Uguisu 見つけられますか?

 甘樫丘を南に向かい亀石の横を通り最後に高松塚古墳に向かいました。古墳そのものは壁画の修復作業のため囲いがしてあるので、ただの工事現場のようですが、周囲は散策ができるよう公園になっています。
116118_2
 古墳に続く道の向こうには、四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)の形に作ったトピアリーです。

 一日よく歩いて、壁画館を出た頃には膝が痛くなってきました。この暑さのことを考えても夏に来るなら自転車をレンタルするのがいいかなと思います。いつか、一泊くらいして石室に描かれていたような万葉の星空を眺めてみたいです。(^^

|

« 飛鳥の里の八重桜 | Main | ご当地グルメ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

Comments

わ~い! 待ってました春の飛鳥♪
やはり秋とは光が違いますね。
太陽と若草の匂いがしてきそうなステキな写真ですね。今、無性にレンゲ畑の中を走ってみたい衝動にかられています。(^^)

天の香具山を望む風景も美しいですね。
あっ!そこそこ、衣が干してある。(なんちゃって(^^;;;)

キトラ古墳の壁画も5月8日から公開されるのですね。見てみたいなぁ・・・

Posted by: snow_drop | April 20, 2009 11:19

snow_drop さん、こんにちは。

レンゲ畑では、最近「蜂不足」がささやかれる中、忙しく働く蜂さんたちの仕事ぶりを見せていただきました。(^^

全体展は、それほど広いスペースではありませんでしたから、青竜白虎の展示が始まると混雑するかもしれませんね。
昨日も、そちらの前売りがないか尋ねておられる方がありました。
本当に好きな人が見られるといいなと思っています。(^^;

Posted by: winter-cosmos | April 20, 2009 18:50

はじめましてこんにちは。
04年に飛鳥に行きました。
冬だったのでちょっと寒かったですが、がんばって歩きました。トラバさせて頂きました。

Posted by: kokoni | April 21, 2009 11:01

kokoniさん、初めまして。TBありがとうございます。

冬も素敵ですね。
雪景色と星を観に、私も次は冬に行きたいです。(^^

Posted by: winter-cosmos | April 21, 2009 18:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 星の宿:

» 板蓋宮跡(いたぶきのみやあと) [ここに行きました]
天皇の屋敷だったのでは?との説。ここで蘇我入鹿が暗殺された。 [Read More]

Tracked on April 21, 2009 10:58

« 飛鳥の里の八重桜 | Main | ご当地グルメ »