« 「京都の春を彩る風物詩」 | Main | 四季折々 »

April 11, 2009

「風の都」

 夕べは桜の木の下でとはならず、室内で鍋物の宴会でした。そろそろ出回り始めたタケノコに京野菜と旬のお魚のお鍋は美味しくないはずがありません。
 家の夕食には煮物を用意しておきましたが、夏日が続く京都です。煮込み料理は、暑いこと暑いこと。(^^;

006_3 紅しだれコンサートのチケットはムスメの分もいっしょに、K新聞社に勤める友達にもらったので、会場の売店の売り上げに協力して帰りました。

 「平安神宮は平安京の正庁『朝堂院』を復元して創建されており、往時のままに大極殿の前庭には『左近の桜』と『右近の橘』が植えられています。この桜橘は平安神宮の神紋にもなっております。」と由来の書かれたお酒と、紅しだれ桜の開花時期に特別頒布されているという桜葉塩漬が入った餡の生八橋です。それと古武道のCDも1枚。

 それぞれの方のソロアルバムや古武道のアルバムも他に1枚ありましたが、ラベルの亡き王女のためのパヴァーヌが入っていたので、こちらにしました。ジャンルの違う曲ごとに、尺八とチェロが何か別の楽器のようにも聴こえる多彩な音色を表現されています。軽快なピアノのタッチも素敵ですね。

|

« 「京都の春を彩る風物詩」 | Main | 四季折々 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「風の都」:

« 「京都の春を彩る風物詩」 | Main | 四季折々 »