« March 2009 | Main | May 2009 »

April 30, 2009

「この戦いに勝者はいない」

010  昨日は、せっかくのお天気ですから電話予約したチケットを受け取りに、北山のコンサートホールまで自転車で行きました。

001 連休中だけに、いつもならひっそりとした所でも人の多さを感じます。普段から人気の「豆大福」の店先の賑わいには唖然でした(笑)。

 そのあと、映画館に寄って「レッドクリフ Part II 」を観て帰りました。バッグの中の、道中、一保堂さんで買った「煎り番茶」(燻したような匂いのする京都独特のお茶)から香ばしい香りがプンプンしていて、気になるのではないかと心配しましたが、たぶん大丈夫そうでした(すみません)。(^^;
 知恵のある者、風をよむことのできる者が勝利するという筋書きですが、「反戦」を旗印にするには、ちょっと無理があるようにも思いました。美しい涙を流すヒロインと「この戦いに勝者はいない」というヒーローのセリフに重みが感じられないのも惜しいです。
 でも、どのあたりからか、大きな勢力に立ち向う小さな勢力―今の現実に置き換えて考えてしまったりして面白く観られました。パートⅠでは、ただただ迫力を楽しんだ感じでしたが、パートⅡは結構泣けます。
 あと、エンディングロールで気がついたのですが、岩代太郎作曲のテーマ曲の演奏は都響ですね。テレビのCMで繰り返し流れている部分だけ耳に残りますが、後半を丁寧に聴いてみたい曲です。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2009

「アートの旅へ行こう!」

 夕べは、NHKの「プロフェッショナル」を見ていました。興福寺の国宝、阿修羅像を東京の国立博物館まで運ばれた、文化財輸送を専門にされる方の紹介です。ニュース映像で輸送のためのアルミのフレームに固定されているところを見ましたが、そこにいたるまでは長年積み上げてきた技術の上に成り立つ手仕事だったことに驚きます。仕事に向き合う姿勢が本当に素敵な方でした。
 阿修羅像は、確か小学校の遠足で観に行ったような…。だから、もっと大きな仏像のイメージがありました。今なら、どんな表情を見せてくださるのか、秋にお帰りになったら観に行きたいですね。
→「阿修羅展

Caut72wy  こちらは、値段から想像していたものよりは小さめな本でした。「手帖」ですものね。(^^;
 記事中で紹介されている方があり、面白そうなのでAmazonに注文しました。以前、「美術館を訪ねる旅」という特集のクロワッサンがありましたが、旅のガイドブックとしたら、そちらの方が詳しいかもしれません。こちらは読む部分が豊富ですね。
 周辺情報をパラパラと見たかぎりでは、五反田の「たい焼き」が、かなり気になっています(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 27, 2009

「残響2秒(満席時)」

 Suica到着。今月の初めに申し込んであったんです。(^^Suica
 JRについては、Kitaca(JR北海道)エリアをのぞけば、前から使っているICOCAが使えるのですが、オートチャージの機能がないので残高をいつも気にしていないといけなくて、ちょっと不便です。(^^;
 Suicaが対応していないPitapaエリア(関西圏の私鉄・地下鉄・バス)にICOCAを使って、それ以外は、このカードを使った方が便利そうです。

 1月末発売だった、企業の協賛がある演奏会に、気になるものを見つけたので、ホールのサイトから残っている座席を調べてみました。結果はA・B・C・D席のB席(1万円)で、2階のポディウム席(ステージ後方の席)すぐ横の前から2列目です。(^^;
 あっさりとそれはあきらめて、売り出したばかりの企業の協賛付演奏会を電話予約したら1階席中央でした。料金は、その楽団の定期演奏会の半額以下です。
 演奏時間を短くして価格を抑えてある演奏会もありますが、こちらは新進の演奏家が出られる以外は、内容的にも一般のコンサートとかわりません。
 以前はメセナでもっと安いコンサートもあったのですが、最近見かけなくなりましたね。お手軽価格のコンサートが必ずしもいいとは思わないのですが、空席のないコンサートなんて滅多にないのですから、当日になっても空いている席は、学割の対象にするとかしてしまったらいけないのでしょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2009

タッチ&ゴー

 朝から何度も草なぎくんの謝罪会見のようすをテレビで見て、本当にかわいそうになってきます。
 ニュース速報が流れたときも、あまりの騒ぎに「強制わいせつ」で逮捕されたのかと思ってしまいました。(^^;
 裸を見せたと言っても泥酔状態でのこと、普通のオジサンなら「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」で保護されたのではないのですか…。夜中に大声で騒いだのはいけないけれど、警官に暴力をふるったのでもなさそうです。現場を目撃していた外国の人が、お酒に酔ったHAPPYな人に見えたと言ってましたよ。
 誰でも"弱い"部分はあって、同じ間違いをくりかえしてしまうことはありますし、謝罪会見の場で34歳にもなって「大人になったら」というのは、困ったちゃんだと思いますが。(^^;

Oth_pen66 雨、やみませんね。今日は「星空コンサート」が大阪である予定でしたが、お天気が悪いので順延になりました。
 11月くらいまでのコンサート情報が「チケットぴあ」からきてますが、物理的なことも含めて行けそうなものは、なかなかありません。中には、かなり高価な演奏会の案内もあり、●万円も出して聴きにいくと期待しすぎてがっかりするんじゃないかと思ったりして申し込む気になれないです。
 コンサートは見つからないのに便利そうだったもので、Suica機能付カードを申し込みました(笑)。活躍する日がくるでしょうか。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 24, 2009

白くても紫蘭

 明日からゴールデンウィークですね。私は暦どおりなので長いお休みは5月の5連休になります。
 急いで行っておきたいところも今のところありませんし、私の場合は遊びすぎと言われそうですが、今日はそこそこ疲れてますから、この期間はおとなしくしておこうと思ってます。
 御所が一般公開をすると電車も混むのですよね。雅楽の演奏があるので行きたいなとは思うのですが。
 とにかく連休の間はツンドクになっている本の山を減らす努力をします。(^^;

006 これも「万葉の花」のようですね。去年、初めての花を咲かせた白花紫蘭が、今年はたくさん咲きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2009

万葉の花

 飛鳥の桜です。通り道では八重桜をよく見かけましたが、甘樫丘に咲くのは山桜です。ソメイヨシノより清々しい綺麗さで、今が見ごろでした。
093

 これは万葉の花ではなさそうですね。087甘樫丘の前の道の並木は色鮮やかな菊のような細い花びらで、たぶん菊桃だと思います。近くで見ると盛りは過ぎているようで、接写には耐えられないかと…。(^^;

 レンゲに菜の花も、明日香ではおなじみの風景のようです。
125075
 こんな白いナバナも見かけました。根元のところにのぞく葉っぱはキャベツのようにも見えましたが?
023_3

 紫外線が強くなる時期には紫色の花が咲くとテレビで言ってました。
115_2  スミレが舗装した道路の隙間にでも咲いているところを、あちらこちらで見かけました(すみません、ピントがあってませんね)。

 おなじみの山吹です。122この花を見てわかったことに、今の小学生が使っているような水彩絵具には山吹色がないのですね(色数の多いものにはあります)。あと群青色も― ムスメがそんな色知らないと言うもので。
 昭和の子供だった私の頃には、セットの中に入っていたと思うのですが。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ご当地グルメ

 飛鳥の駅前に野菜の直売所のようなところがあります。去年の9月に初めて行ったときにのぞいてみると、珍しい野菜がいろいろ置いてあったので、帰りに何か買おうと思っていました。それが、確か夕方5時頃に駅に戻ったときには閉まっていました。(^^;
 今回もパフェを食べたり、のんびりしていたので、また間に合いそうもないし半分あきらめかけたとき、114 亀石の隣にあった自販機で缶ジュースを買おうとしたら、柑橘系のいい匂いがします。横にスーパーには並んでいない素朴な野菜や果物がいろいろ置いてありました。
 お店のオジサンもいい人そうだし、匂いの元の八朔と掘りたてのタケノコを買って帰ることにしました。
 タケノコは帰ってすぐにグラグラ茹でておいて、月曜の晩ご飯に直鰹の煮物にしましたが、軟らかいしえぐみもなくて美味しかったです。

 あとこれも、なかなかでした。
Can6qpan_2 黒米の寿司飯の上にアナゴと奈良漬がのって「あなら寿司」です(バックはかめバスのシートです)。(^^
 ピクニック気分で、資料館のベンチに座って食べました。ムスメは「わさび葉寿司」にしましたが、そちらもピリ辛くて美味しかったそうなので、どちらも帰りに橿原神宮前の売店で、京都行きの急行に乗り換えるときに買って帰りました。
 奈良の郷土料理で有名なのは「柿の葉寿司」や「めはり寿司」ですが、その応用編というところでしょうか。
 郷土料理といえば、次は冬に行って飛鳥鍋を食べるプランを考えています(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2009

星の宿

 春の飛鳥で楽しみにしていたのは、レンゲの群落を見ることでした。
055_2
 ここは飛鳥寺のすぐ近くで、秋には田んぼの緑に真っ赤な彼岸花が映えていたところです。場所によって時期が違うのか、これだけ咲きそろっているところを、他で見つけることはできませんでした。

 昨日は、その前に話題の「キトラ壁画展」を見るため、飛鳥資料館に寄りました。橿原神宮前で電車を降りて、通りに出ると、ちょうど資料館の方面に行くかめバス(周遊バス)が停まっていたので乗っていくことにしました。
 かめバスの亀のマークは、たぶん亀型石造物の絵ですね。あとで気がついたのですが、このバス、PiTaPa(ピタパ)に対応していて、持っていたICOCA(イコカ)で運賃を支払うことができたようです。帰りに利用した近鉄の飛鳥駅も自動改札ではないのですが、ICカードを読ませる機械がありICOCAが使えました。
006_2 奈良文化財研究所・飛鳥資料館です。ここは、今、行われているキトラ壁画展や、一部を除くと館内も写真撮影ができます。で、その館内は拍子抜けするほど空いてました。(^^;
008_3 よくお手入れされたお庭には石造物のレプリカが置かれていて、明日香村に点在しているものを見ることができます。高松塚のコーナーでは、後で行った高松塚壁画館よりも、展示されている出土品の種類も 多いです。模造品とはいえ原寸大ですし、十分雰囲気は味わえました。

 このあとは甘樫丘に向かい大和三山を眺めに行くのですが、とにかく暑かったので、途中、前回にも行った万葉文化館のカフェで休憩しました。
028_2 館内のカフェとミュージアムショップは展示室の外にあるので入場料は要りません。綺麗なお庭を眺めながらイチゴパフェです。このイチゴは残念ながら「あすかルビー」ではないようです(笑)。

 そして、テクテク歩いて、ようやくたどり着いた 甘樫丘です。
095_2
 これが天香具山だと思います。(^^;
 こちらは、よくわからないのですが、写真中央あたりに法隆寺が見えているはずです。
107
 資料館からの道のりに何度もウグイスの鳴き声を聞き、ここでようやく姿を見ることができました。ウグイス色というより実際は茶色ですね。
Uguisu 見つけられますか?

 甘樫丘を南に向かい亀石の横を通り最後に高松塚古墳に向かいました。古墳そのものは壁画の修復作業のため囲いがしてあるので、ただの工事現場のようですが、周囲は散策ができるよう公園になっています。
116118_2
 古墳に続く道の向こうには、四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)の形に作ったトピアリーです。

 一日よく歩いて、壁画館を出た頃には膝が痛くなってきました。この暑さのことを考えても夏に来るなら自転車をレンタルするのがいいかなと思います。いつか、一泊くらいして石室に描かれていたような万葉の星空を眺めてみたいです。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (1)

April 19, 2009

飛鳥の里の八重桜

飛鳥の里の八重桜
ウグイスの鳴く声を初めて聞きました。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2009

いにしへの奈良の都の八重ざくら

 今日の夕刊に載っていた小さな記事です。
キトラ壁画展始まる 奈文研飛鳥資料館で6月21日まで
 asahi.com 2009年4月17日
 写真付きで、紙よりこちらの方が詳しいです。(^^;

 春になったら飛鳥に行こうと思っていました。私の目的は他のことなのですが、これだと特別公開される期間になると混雑しそうですね。
Cazu7v8f 行くまでに読むつもりで買った本の1冊です。こんなふうに考えると、ちょっと恥ずかしくなるようなことが書かれていますね。おもしろく読めますけど(笑)。
 何冊か買って、まだ、全部読んでいませんが、お天気もいいことですから、今のうちに行っておきましょうか。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2009

「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない」

 バックを流れる曲の効果もあるのでしょうけど、見終わったあと、妙にしんみりとなるお話ですね。同じ内容でも向田邦子の脚本のホームドラマだったら、どんなだろうなんて思ったりして。(^^;
51rbwcauabl__sl500_aa240_ ベテランお二人(樹木希林、原田芳雄)の演技は言うまでもなく、夏川結衣さんのピリッ(怒)としたときの表情が上手いな~と思いました(笑)。
 家族だから話せるような毒のある会話と、家族だから言ってはいけない言葉がくりかえされながら、それでいて許せてしまうのは、それぞれが胸の奥にしまっている悲しい部分をのぞいてしまうからなのでしょうね。人生、少し切ないくらいがちょうどいいのかな…とか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2009

自然の中の美術館

 一つ前の記事に書いた大山崎山荘美術館ですが、展示スペース以外の広い敷地もとてもよい雰囲気です。
106 駅との間を往復している無料の送迎バスを降りると、まずこのトンネルがあります。003

 バスを降りた人をやり過ごせば、人影の入らない風景を撮ることのできるくらいの静けさはあります。

 今なら通路沿いの斜面はシャガが盛りです。山荘の正面に向かうこの通路以外にも、こちらの斜面にお庭へ通じる小道がつけてあり、ブロンズのウサギのいる庭へ直接行くこともできます(敷地内は自由に出入りできます)。001 
 染井吉野と枝垂桜の盛りが過ぎていたからか、お庭の方もこんなお天気の日曜でも人が多くて困るようなことはありませんでした。
026 中ほどにいるスリムなウサギの姿はわかりますでしょうか。

006_2  テクテク歩いて、ようやく山荘の入り口に到着です。駅からの道のりも見晴らしが良いので、眺めを楽しみながら帰られるのなら歩きやすい靴をはかれるのが良さそうですね。
 美術館の横を通り抜けて山道を上がっていくと天王山ハイキングコースでもありますから。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2009

四季折々

  アサヒビール大山崎山荘美術館のテラスからの眺めです。「京都」から各駅停車で5駅目の「山崎」を、山手に向かって10分ほど歩いた所にあります。
016
 テラスはオープンカフェになっていて、5日に行った八幡の背割堤の桜を眺めながらお茶をいただくことができます。
057_2 大正から昭和の初期に実業家の別荘として建てられた山荘を、建具や調度品もそのまま利用して当時の姿に修復整備されたものです。
 ステンドグラスや室内の装飾が素晴らしいのですが、残念ながら館内は撮影禁止です。お庭に向かってならよいそうなので、ちょっとだけ。(^^;
043 このチューダー様式をもとにした本館は、普段使いにしても良さそうな、楽しみで蒐集されたような陶器も多くありました。そして安藤忠雄設計の新館にはモネの「睡蓮」やルノワールの絵画が展示されています。
064
 足のとても長いウサギはお庭の番人でしょうか(笑)。テラスから見下ろす位置にある、このお庭がちょうど今花盛りです。ソメイヨシノの花吹雪に、八重桜や御衣黄(実際に見るのは初めてです)が綺麗でした。

102 
084 
100 
 このかわいい桜(何でしょう?)は敷地入り口のトンネルのところにありました。
110

 このあたりは、市内からだと小学校の遠足でも行ったりするのですが、駅につくと夏でもひんやりとした空気に、わずか14分の旅でもどこか遠くに行ったような気分になります。
 駅から美術館に続く道にはカエデの木がたくさんありました。紅葉の季節が楽しみです。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 11, 2009

「風の都」

 夕べは桜の木の下でとはならず、室内で鍋物の宴会でした。そろそろ出回り始めたタケノコに京野菜と旬のお魚のお鍋は美味しくないはずがありません。
 家の夕食には煮物を用意しておきましたが、夏日が続く京都です。煮込み料理は、暑いこと暑いこと。(^^;

006_3 紅しだれコンサートのチケットはムスメの分もいっしょに、K新聞社に勤める友達にもらったので、会場の売店の売り上げに協力して帰りました。

 「平安神宮は平安京の正庁『朝堂院』を復元して創建されており、往時のままに大極殿の前庭には『左近の桜』と『右近の橘』が植えられています。この桜橘は平安神宮の神紋にもなっております。」と由来の書かれたお酒と、紅しだれ桜の開花時期に特別頒布されているという桜葉塩漬が入った餡の生八橋です。それと古武道のCDも1枚。

 それぞれの方のソロアルバムや古武道のアルバムも他に1枚ありましたが、ラベルの亡き王女のためのパヴァーヌが入っていたので、こちらにしました。ジャンルの違う曲ごとに、尺八とチェロが何か別の楽器のようにも聴こえる多彩な音色を表現されています。軽快なピアノのタッチも素敵ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2009

「京都の春を彩る風物詩」

 「平安神宮 紅しだれコンサート」に行ってきました。
018_2

 見慣れた風景の中で、こんなに感激するとは思いもしませんでした。011_2 
014 
020 
041_2 
130_2 
118
 日曜まで4日間のイベントで、初日の今日の出演はKOBUDO ‐古武道‐(チェロ/古川展生・ピアノ/妹尾武・尺八/藤原道山)です。
 オープニングはバッハの無伴奏チェロ組曲第1番。続けて、溝口 肇作曲の「こころのふるさと~平安神宮紅しだれコンサートのテーマ~」。そして古武道の新しいアルバムの中から数曲とNEWS23のテーマ曲等でした。回遊式で座席はなく、40分の演奏が2回ありますから、2回目の途中で混雑する前に帰りました。
 今日は晴天で満月、遅咲きの桜も全て咲きそろい、こんな恵まれた条件の日は珍しいのだそうです。古川展生さんが「夢のようなシチュエーションのステージ」と言われたとおり、今、この場所にいて最高の音楽を聴いていることが本当に夢のようで、話し声や、ざわつく気配も何も気になりません。生きているかぎり、こんな素敵なことが待っているんだと思えました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

八重紅枝垂桜

 平安神宮
 平安神宮/八重紅枝垂桜
 平安神宮/八重紅枝垂桜
 本当に綺麗です。(^^
 このあと「平安神宮 紅しだれコンサート」へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2009

「行ったモン勝ち!」

 関西らしいコピーですね。西日本パスを申し込みに旅行社へ行ったら、こんなパンフレットが。(^^;
Ca4wqmhb これは日帰りバスツアーなんかのパンフレットです。こちらは申請書も届いてませんし、給付金を受け取れるのは、まだまだ先です。

 JR西日本・四国全線・JR九州一部区間乗り放題の西日本パスは、今日から発売です。テレビのニュースでも流れていて、ハウステンボスまでグリーン車で行った場合(大阪から?)、往復で2万くらい(3万ですね)差額があるように言ってました。
 差額のことよりも、せっかくなのですから、ただ往復するだけではなく、途中下車できるメリットを活かしたいですね。一つ残念なのは東海道新幹線の区間は使えないので、新幹線を利用するなら京都から特急か何かに乗って新大阪で乗り換えないといけないのが、ちょっとめんどうなのですけど。とにかく指定席はとれたようなので、一ヵ月後のお楽しみです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「こころのふるさと」

 6日の朝日新聞(朝刊1面)に、背割堤の航空写真が載っていました。今、asahi.comをのぞいてみると、そのときのヘリからの動画がアップしてあります。実際に空から見たら素晴らしい眺めでしょうけど、動画で見るとピンクのモコモコしたイモムシ君みたいです。(^^;

京都府(?)八幡市の背割堤のサクラ
asahi.com2009年4月7日

 その下にあった《満開・都内の桜名所巡り》を見ると、さすが東京!(?)と思ってしまいます。都会なのに緑地が多いとは聞いてましたが、本当に広い。(^^;
 京都は、本当にコンパクトな町ですね。近日中に、私にしては珍しく、そんな京都の名所の桜を観に行く予定です。

097

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2009

各駅停車の小さな旅

 昨日のお花見のときに通ったサイクリングロードですが、詳しい地図はこちらにあります。
《国交省道路局>国交省の自転車施策>大規模自転車道の紹介> 一般府道京都八幡木津自転車道線(京都府)》
 京都市内では桂川に沿っているため桂川サイクリングロードとよばれています。嵐山の渡月橋近くが起点で、松尾大社や桂離宮など名所の横を通り南に向かいます。
 帰りにサイクリングロード側から撮った背割堤です。
162
 今なら菜の花(セイヨウカラシナ)も見頃です。去年はあまり咲いてないように思いましたが、今年は河川敷や中州を埋め尽くすほどのところも多いです。
 昨日、桜並木から新幹線が見えていましたが、新幹線からも菜の花と桜が見えているということですね。西から京都に来られる方は、降りる支度をされる頃なので眺めている暇はないかもしれませんが(笑)。

 しばらくはお天気も良く満開の桜も長持ちするそうですから、散ってしまうまでにこの景色を見渡すことができる場所に行ってみようかと思っています。(^^
098

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2009

「鳥通う桜の堤」

 少し曇っているのが残念ですけど、長さ1.4㎞の桜のトンネルです。桂川、宇治川、木津川が合流する中州のようなところにあります。サイクリングロード沿いにありますが、この時期に来たことがなかったので、並木道を歩くのは今日が初めてです。想像していたよりも大きな木ばかりで、ちょっと感激しますね。(^^
001
 ようやく咲きそろって、お天気の日曜です。10時半に着いたときにはもういっぱいの人でした。こちら側は写真を撮りに降りている人くらいしか歩いていませんが、並木の反対側はブルーシートを敷いて場所を確保した人たちが、バーベキューなんかで大宴会ですから美味しい匂いが漂っています(笑)。
037
 エノキとハナミズキが所々に植えられている以外はソメイヨシノばかりです。そのエノキも大きな木で、葉桜の頃にあわせて見てみたいなと思います。ただし「マムシに注意」の札がたくさん立ててあったので要注意です(怖)。(^^;
 向かい岸には大山崎の町が見えていて新幹線が通ると音でわかります(中ほどに写っています)。
085
 堤の終点は大島桜でした。ここから先は淀川になります。
076_3
 公園の入り口になる橋のたもとには八重の紅しだれです。折り返し戻ってきた頃になってようやく晴れてきました。往復3㎞ほど歩いて見かけたのは、高いところにいたので、たぶん…ですが、メジロとヒヨドリです。普段は"通ってくる"鳥をいろいろ見ることができるようですね。
134
 地図(→こちら)にある駐車場は、この期間、駐輪場に使われています。右岸に臨時の駐車場がありますが、せっかくのサイクリングロードですから、自転車で行かれるのがいいかなと思います。たぶん今週いっぱいくらいは綺麗でしょうね。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2009

花曇り?

 雨こそ降っていませんが、朝からどんより曇り空です。(^^;
007
 ソメイヨシノは、ほぼ満開。紅しだれが五分咲きというところです。これはあまり大きくない木なので、遠目に見ると舞妓さんの立ち姿を連想するかわいらしさでした。(^^

51vjq960ujl__sl500_aa240_ お花見は明日の楽しみに残しておいて、レンタルしてあった「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」を観ました。
 印象に残る俳優さんも出てないし、今だと実写で迫力のあるレッドクリフと比べてしまい見劣りしてしまいます。でも古代史のエッセンスがふんだんで、おもしろく観られました。中国がかなり悪者仕立てなのは気になりますが。
 呪いで陶器に変えられていた悪~い皇帝と兵馬傭が現代によみがえります。そして万里の長城を築くために犠牲になった民衆が立ち上がり(?)戦う場面は圧巻で、見た目にはさわやかとは言いがたいですが、胸がすくラストです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2009

ふるさとの味?

 本日のオヤツです。(^^
Caji1s7n_2 京都限定だそうで、あと「八ツ橋風味」があります。生八ツ橋ということでしょうか。焼いた八ツ橋もあるのですけど、お土産に買っていかれるのはたいてい餡入りの生の方ですから。
 ニッキの味のヨーグルトと聞いて、えっ?と思いましたが、美味しいかもしれませんね。桜は酸味が少なく、香りもくどくなくて食べやすかったです。

 こちらは本当に、ご当地のお菓子です。坂出のキヨスクで買ったCalt6x9n_2 「揚げぴっぴ」です。ぴっぴとは幼児語でおうどんのことだそうです。塩気を残して茹でたさぬきうどんを油で揚げたスナックです。塩をまぶしてないので、あっさり味ですね。サラダにいれて食べても美味しいような気がします。

Ca9vximw_2 これは坂出の東山魁夷せとうち美術館限定のお饅頭で、真ん中に画伯の落款がおされていますす。地元のお菓子屋さんがつくられていて、青海苔の入った皮に塩餡が包まれています。塩田での塩作りが盛んだったことからのようですね。いいお茶を煎れて食べたくなります。
 お菓子の食べすぎですね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2009

「花明り」

010_2 姫リンゴが今朝咲きました。去年よりは、ちょっと遅めですね。(^^
 桜もだいぶ咲いてきました。遠目に見ている分には、そろそろかなと思いましたが…。

020
032
 この小鳥(ヒヨドリ?)、蜜をついばんでいると思って見ていたら、プチッと花ごと取って丸呑みしたのにはびっくりしました。(^^;

 五分咲きと、まだ一分咲きくらいのものが半分半分くらいで、来週あたりまではお花見もできそうですね。
 今度の土日にどこかへ見に行こうと思っていますが、お天気がくずれるそうです。キボウのカケラ(↓)の天気予報では今日は雨の予報でしたが、お昼前後に少し降っただけでしたから、まだあきらめてはいません(笑)。
 そのキボウのカケラの《詳細情報>京都>ピンポイント天気》をのぞいてみてください。昨日の朝日新聞の夕刊に載っていた「読者が決める『日本一』は?」で、日本一の桜に選ばれた円山公園のシダレザクラをLiveCameraで見ることができます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »