« 「子供が大人に、読んであげたい物語。♪」 | Main | 桜前線北上中 »

March 16, 2009

「はねずの梅」

 京都で「香りの花旅」↓に、写真付で紹介されていたのはここだけでした。
025 小野小町ゆかりの寺、「随心院」の観梅園です。それほど広くはない敷地に、ぎっしりと梅が咲き誇っているという感じですね。
 白梅の中には散り始めているものもありましたが、遅咲きの紅梅がほとんどで、見ごろは今から今月下旬にかけてだそうです。
 この紅梅は「はねずの梅」とよばれています。朱華(はねず)色というのは、「うつろう」「はかない」を導く言葉で、赤の染料は色移りしやすいことからのようですが。
002_2009
 市内の中心からは、少し離れた場所になりますが、市営地下鉄の駅から歩いて5分ほどのところにあります。特に昨日は、お天気がいいので混み合うんじゃないかと思って、見学できる時間(~4時30分)の終わりぎわをめざして行きましたから、梅園以外は見学していません。他は、また次の機会に拝見したいですね。
028 逆光になるので写真は撮っていませんが、本堂の方から見下ろすように見た方が、色の濃淡が重なり合って綺麗なのではないかと思います。

 ここは近くを通ることはあっても、中に入ったのは初めてでした。総門を出るときに、フッと思い出したのは、ずいぶん前に、この前を「路上教習」で通ったのではないか…と。満開の大きな桜の木の下を、くぐりぬけるように通り抜けた瞬間が素晴らしく綺麗だったことだけを覚えています。あまりロマンチックな思い出ではないですね。(^^

|

« 「子供が大人に、読んであげたい物語。♪」 | Main | 桜前線北上中 »

京都」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「はねずの梅」:

« 「子供が大人に、読んであげたい物語。♪」 | Main | 桜前線北上中 »