« February 2009 | Main | April 2009 »

March 31, 2009

DISCOVER WEST

 遊びに行って疲れたなんて言ったら怒られそうですが、2週連続の"18の旅"はくたびれました。そう言いながらも旅行から帰ると、次はどこに行こうか考えてしまいます。(^^;

 JR西日本から定額給付金の金額にあわせた、新幹線・特急の乗り放題切符が来週発売になりますね。条件がいろいろあるので詳しくはサイトをご覧ください。
 この期間だと、私は二日間の方しか利用できませんが、どうでしょうね…指定席をとるのが大変になりそうな気はします。でも、例えば割高なお盆とかに帰省するより、観光シーズンをはずしたこの時期にゆっくりとなんていうのもいいでしょうね。定額給付金の有効利用かもしれません。(^^
Oth_pen41  新幹線や特急を利用するなら出張パックなんかでも割安なプランはありますけど、途中下車ができません。この切符は乗り降り自由のところがいいですね。ちょっと寄ってみたかった場所にも行くことができます。
 ただの観光でもかまわないのですが、他に何か使い道はないか、しばらくはプランを考えて楽しめそうです(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2009

旅の達人見習い

 往復540㎞、乗車時間7時間半の、たぶん18切符での標準的な旅だったと思います。瀬戸大橋を渡り讃岐うどんを食べるのが目的でしたが、それ以上にプラスアルファーの楽しみがいっぱいありました。

 朝の新快速は絶対混みますが、大阪でたくさん降りられるのであまり心配はいりません。問題はそのあと(今回は相生)に乗り換える岡山までの普通列車が、とにかく混みます。でも今回は運よく、わりと早めに座ることができました。あとは本を読んだりしながら到着を待ちます。(_ _)zzz
008  瀬戸大橋線のマリンライナー(快速)は車両で立っている人が10人くらいだったと思います。
 ふだんは空いてるのでしょうね。駅員さんも、途中で乗ってきた人も、今日は混んでるね~と話されていました。(^^;
 そして初めての四国上陸です(喜)。まずは坂出の改札を出て、そのまままっすぐ正面へ進むと、目の前におうどん屋さんがあります。ここは四国新聞の「讃岐うどん遍路」というコーナーの中で見つけました。製麺所で茹でたての麺に生醤油をかけて食べさせてくれるようなところが美味しいように聞きますが、讃岐うどんビギナーにはハードルが高そうでしたから。
 11時35分に駅に着き、お店の中はすでに満席でしたが、相席で座らせてもらうことができました。しばらくしたらお店の周りにはぐるっと行列ができていましたね。ここはネットでお取り寄せができるのは行く前から知ってましたが、夕食用に買ってかえりました。言うまでもなくお店で食べた方がずっと美味しかったです。(^^

 次の目的地は瀬戸大橋記念公園です。駅から市営バス(運賃370円)が出ていますが、時間によっては9人乗りのワゴン車で乗り合いタクシー(同500円)になります。で、その乗り合いタクシーを待っている間、駅前をぶらぶら歩きました。
 電車の窓から見えていた綺麗な公園です。地元の実業家の別邸だったものを買い取り、公園として開放されています。すぐお隣にも素敵な建物があり、地元に貢献のあった測量技師さんの遺品などを展示された博物館になっていました。どちらも見学は無料です。
013017014020

 乗り合いタクシーは美術館前で降りました。ここは坂出周辺の観光スポットを探していて見つけました。024東山魁夷せとうち美術館」です。瀬戸大橋記念公園の中にあり、坂出駅からはバスで20分くらいです。とてもコンパクトな美術館で、ゆっくりと作品を鑑賞することができます。
 京都を題材にした作品が多く、あとを追ってはるばるたずねてきたような気持ちになります。作品を制作されるにあたっての気持ちを綴られたものなども少し展示されていて、画伯の京都への思いをも知ることができます。

028_2 ラウンジからは大橋と瀬戸内の海を眺めることもできます。このかわいい食器はミュージアムショップで売られているオリジナルです。

026025_2

036 お手入れされた広い公園の主役はこちらでしょうね。瀬戸大橋記念館です。水の中にどうやって橋脚を造って橋を架けていかれたのか大人だって不思議です。ここは結構楽しめました(笑)。
 坂出の駅にバスで戻ってから"乗り換え案内"で調べていた帰りの電車までだいぶ時間があり、30分早めのマリンライナーで岡山に戻ることにしました。
 行きの乗り換えのときに、駅のおみやげコーナーで見つけて気になっていたものがあったからなのですが、このあと早めにホームに降りていたおかげで岡山発の普通電車も座って帰ることができました。
 "乗り換え案内"で所要時間を最短にして検索すると、乗り換え時間の短い電車が選ばれますから、ぎりぎりにホームにつくことになります。最初に予定していた電車で岡山に戻っていたら、100%座れませんでした。やっぱり自分で時刻表を使って調べないとダメですね。

 今回利用した電車は、対面式のボックスシートが半分くらいでした。そこで私には"旅の達人"とも思えるお姉さま方のお話しを聞く機会がたくさんあり、それが最高の収穫だったかもしれません。
 一組は60代後半?と70台前半?くらいのしっかりものの妹さんとおっとりしたお姉さんという雰囲気で、昨日は往復で700㎞ほど移動されたようです。この期間に18切符を利用して5回日帰り旅行をされたそうなのですが、その前に行かれた旅行先は「ナスカの地上絵」だとか。現地で食べられたアボカドがとても美味しかったそうです。(^^;
 それと、前にテレビの番組の企画で、"大阪のオバチャンはいつでも飴を持っていて、「アメチャン食べ」と気さくに声をかけてくれる"というのがありました。これは本当です(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 29, 2009

五つ目のスタンプ

青春18・2009春
帰って参りました。晩御飯は坂出で買った讃岐うどんです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も青春18日和

HR瀬戸大橋線
讃岐うどん
讃岐うどんです。さすが本場のコシのある麺に薄味のダシで美味しかったです。
お天気に恵まれ暖かな日差しです。沿線の桜を眺めながらきましたが、まだほんの咲き始めでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2009

こわれもの注意

 今日は家にいます。011_2午前中買い物に出かけたスーパーで、全国の駅弁を売っている中に並んでいました。団子鼻がラブリーです(笑)。
 旅先でこういうお弁当を見つけても、陶器の容器は重いのと帰るまでに割ってしまうかもしれないから、たぶん買わないと思います。他にも初めて見るお弁当はありましたが、珍しいからか一番最初に売り切れました(最後の1個です)。

 中身は先に帰ってきた人のオヤツになりそうです。大人には少なめのチラシ寿司がはいっています。ローストビーフと蛸の煮付けが具になっているところが新神戸駅の駅弁らしさですね。
 このお弁当屋さんのサイトをのぞくとリンク用のバナーが用意してありました。これって何のためにあるのでしょう。やっぱり鉄ちゃん用でしょうか。(^^;

お弁当の淡路屋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2009

次は花より●●●の旅

 2月の末です。大根の葉っぱが綺麗だったもので、切ってコップに入れておくと茎が伸びてツボミができました。それを土に埋めておいたものが、やっと今朝、咲きました。002 ツボミは黄色いのに、開いた花びらが薄紫とは意外です。
 ずっと寒いからか思ったより日数がかかりましたね。毎年、室内に取りこんだ鉢は、立春には外に出しますが、今日も冬のような寒さで風邪をひかせてしまいそうです。

 18切符があと1日分残っています。今回は引き取り手もなく私が使うしかなさそうです。あと2週間しか使える期間がありませんし、来週くらいまでは寒さが続きそうですから花の旅というわけにもいきません。とりあえずはインドアな計画をたてて、朝、寝過ごさなければ実行することにしようと思っています。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2009

「悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれるひと」

 午前中はそうでもなかったのですが、夕方になって寒くなりました。風にあたると冷たいお水で顔を洗っているみたいです。(^^;

N_602asbx4337rps 「おくりびと」をレンタルして観ました。
 「葬儀」というシネコンで上映される映画らしからぬテーマを選びながら、モックンが出ているからでしょうね「シコふんじゃった。」を連想する笑いあり涙ありの娯楽映画です。
 古川展生さんの演奏されるテーマ曲に感情移入させられます。言葉に出さない思いを視覚に訴えた場面も美しく、そんなところが外国の方から評価されたのかな…と思いました。
 地方都市で、ピアノやヴァイオリンならともかく、わざわざ分数サイズを買ってまで、まだ幼稚園の主人公にチェロを習わせようとした父親はどんな人だったのだろうとか、去ってしまった人の残したものに囲まれて暮らした母親の気持ちはいかばかりだったのかとか、画面に現れない余白の部分を想像する楽しみがありますね。
 基になった「納棺夫日記」にあった、印象的な場面が省かれていたのはちょっとがっかりでした。できることならその場面は、黒澤明監督で観てみたいなというのが私の勝手な思いです(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2009

花冷え

002_3 冷たい風が吹く中、咲き始めていました。毎年、こちらの標準木と同じ日に咲くソメイヨシノです。開花宣言は19日だったみたいですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

次は秋?

 宇宙船の中です(笑)。002_2 熱海のMOA美術館です。本来の入り口にあたるところは道路幅が狭く、駅前から出ているバスは、その下方にある"エスカレーター入り口"のところまでしか行けないようです。そしてこの長いエスカレーターを4基分上がったところにある"2階展示室"へと向かいます。上に見えるドームのようなホールでも何か催しをされるときもあるようですね。

006 展示室10室の他に、好い雰囲気の能楽堂もありました。年に数回、定例の演能会があり、8月には薪能もあるそうです。それをお目当てに行くのもいいですね。

 その横には金のお茶室(お道具は全て金無垢だとか)もあります。(^^;
007010

 これは館内から海を見下ろしたところで、テラスのような所が薪能の会場になるようです。それと、お庭にある光琳屋敷(模して作られたものだったと思います)です。向こうにお茶席もありました。
015014

 熱海駅に戻って、おみやげの干物と釜揚げシラスを買いました。お店の冷蔵庫には生のシラスと桜海老も並んでいます???。シラス漁は春と秋の2度で、今、出回っているものは秋に獲れたものを冷凍保存したものなんだそうです。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2009

青春18・春はこれから

青春18切符
熱海行きの下り電車に乗ったかと思うと雨が降りだし、途中、強風のため徐行運転でした。それが熱海に着く頃には風もおさまり、雨もほとんどやんでいました。
帰りも熱海で途中下車して、MOA美術館へ。海が一望できる山手にあります。館内の長い長いエスカレーターで階上の展示室に上がって行く様子は、まるで宇宙船の中にいるようでした(笑)。
古今東西の充実した展示に満足し、熱海駅からまた電車に乗った途端に土砂降りです(幸)。
いま、雨で曇った窓越しに、満開の枝下桜を見ました。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古都鎌倉

Ca2me31o 昨日は、まずモノレールに乗って江ノ島へ。
126

 「江ノ島水族館」では、流れるように形を変えながら泳ぐイワシの群れ、優雅な動きのエイ、ダイバーさんと仲良しの魚たち、そして一番楽しみにしていたクラゲの幻想的な姿に楽しませてもらいました。
043060
109_2083
095088_2

 「江ノ電」は昔、江ノ島周辺が舞台のドラマを見て、憧れの乗り物ようなところがありました。住宅の軒先をかすめて、一生懸命走っているモーター音を聞いていると、懐かしい気持ちになりますね。
 江ノ島ですでに満員だったのですが、鎌倉に着くまでに、またびっくりするほどホームで待たれている人のある駅がありました。たぶん文学館のある辺りだったと思います。
 鎌倉の駅を降りると商店街で、京都にもよく似た所があります。賑やかなのはJRの駅を挟んだ向こう側になるのですね。人が流れていくのにあわせて移動していくと「鶴岡八幡宮」がありました。結婚式の真っ最中のようで、綿帽子をかぶった花嫁さんの姿が見えます。式を済ませた人、これからの人たちと何組も見かけました。晴れやかで誇らしげな表情に思えました。(^^
 鳥居をくぐると、まず橋のたもとの左手にある、やや濃い目の色をした桜が咲き始めていました。あと咲いている桜を見かけたのは2種類だけです。昨日はのどが痛くなるほど寒く、満開の桜が見られるまでには、もう少しかかりそうな気配です。
 風が強くて、てゆっくりと拝見させていただく余裕がなく残念だったのが、ご神木の大銀杏です。いつか金色に色づく頃に、もう一度伺いたいですね。(^^
133156
148137
142146

 鎌倉駅周辺で何種類かのお菓子を買いました。「鳩サブレー」がこの町のものだということは、昨日初めて知りました。これもまた懐かしい!おみやげに用に買って、まだ開けていませんが、食べるのは、たぶん小学校の頃以来だと思います。(^^

Cap4jgog_3  ホテルの近くで生の桜海老を出されているお店を見つけ、そこで晩ご飯にしました。甘エビのちっちゃいのを食べているようですね。ヒゲやカラも思ったより気にならず美味しかったです。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2009

行楽日和

江ノ島水族館
江ノ島水族館
鎌倉コロッケ
昨日、頭の上を通って行ったモノレールで江ノ島、そしてエノデンに乗り鎌倉へ。
駅のホームにはあふれかえる人です。通勤電車のような混雑には驚きました。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2009

春の海

 晩ご飯はシラス丼です。
Cajzg9mu 相模湾の取れたての魚介を提供されているそうです。生シラスも生桜海老も不漁で入ってこないようなので、あきらめて釜揚げですね。普段京都では食べることのないものを選んでいろいろ注文しましたが、どれも生臭くなくておいしかったです。
 駅弁のイナリ寿司もそうだったのですが、びっくりするほど味付けが甘いですね。異文化を感じるほど違います。歩いている頭の上をモノレールが通り過ぎていくのも衝撃です。

 夜になって、冬に逆戻りしたような寒さです。(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ
ローマ風呂の熱海・大野屋
熱海で途中下車して、大野屋のローマ風呂に入ってきました。久しぶりの温泉です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青春18日和

豊橋の稲荷寿司・大あんまき
朝には雨もあがり、いいお天気です。
豊橋で駅弁とアンマキを買いました。
ずっと座席は確保できましたが、満員だったり、浜松からあとは空いても横並びのシートだったりで(でもオニギリやパンを食べている人は多かったです)、食べるときがなさそうです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2009

花粉前線も北上中

 明日、私は旅に出ま~す♪いつものことなので特別な準備もないのですが、旅行に行く前の日は、そわそわしますね。暑くもなし、寒くもなしの気候になりそうなので、着替えもそれほどいりませんから身軽な旅になる予定です。そのぶん、今回はパソコンをお供につれていくので心強いです(のはず)。期待していた旬の味覚は望み薄なのですが、目だけでも楽しめるかなと思っています。

 で、その目なのですが、クシュクシュしますね。Oth_pen65花粉も今週で落ち着くようにテレビで言っていたはずですが、今日は結構辛いものがありました。(*_*)
 桜前線といっしょにヒノキの花粉前線も北上してきているようです。こちらからはなんとか逃げ切りたいのですが。(^^;

 読売新聞から今日届いたメルマガに《もの知り百科2 「ほこり」はなぜ発生するのでしょうか?》というのがありました。これを読んでいて、小学校のときの担任の先生が、君らが大人になる頃には掃除とかしなくてもいいような時代がくるかもしれん(笑)と言われたことを思い出しました。先生~、まだ無理みたいです。そうなれば花粉で苦しむ人も減るのでしょうけどね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2009

桜前線北上中

 Amazonに注文した4/3~4/16配送予定だった本が、なぜか届きました。この三連休の旅のお供に間に合ったので嬉しいです。なにぶん"長旅"なもので。(^^;
 その三連休のお天気は、ちょうど往復の電車に乗っていそうな時間帯が雨の予報で、中日の土曜が晴れるようです。まあ当たるような当たらないような予報(↓)ですが(笑)。 Pen1_78

 確か日曜は、鍋物が恋しくなるほど寒かったのですよね。今日は上着を着ていたら暑いくらいの日差しでした。この週末は、平年なみの気温に戻るようですが、桜前線といっしょに北上なんてことになりそうですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2009

「はねずの梅」

 京都で「香りの花旅」↓に、写真付で紹介されていたのはここだけでした。
025 小野小町ゆかりの寺、「随心院」の観梅園です。それほど広くはない敷地に、ぎっしりと梅が咲き誇っているという感じですね。
 白梅の中には散り始めているものもありましたが、遅咲きの紅梅がほとんどで、見ごろは今から今月下旬にかけてだそうです。
 この紅梅は「はねずの梅」とよばれています。朱華(はねず)色というのは、「うつろう」「はかない」を導く言葉で、赤の染料は色移りしやすいことからのようですが。
002_2009
 市内の中心からは、少し離れた場所になりますが、市営地下鉄の駅から歩いて5分ほどのところにあります。特に昨日は、お天気がいいので混み合うんじゃないかと思って、見学できる時間(~4時30分)の終わりぎわをめざして行きましたから、梅園以外は見学していません。他は、また次の機会に拝見したいですね。
028 逆光になるので写真は撮っていませんが、本堂の方から見下ろすように見た方が、色の濃淡が重なり合って綺麗なのではないかと思います。

 ここは近くを通ることはあっても、中に入ったのは初めてでした。総門を出るときに、フッと思い出したのは、ずいぶん前に、この前を「路上教習」で通ったのではないか…と。満開の大きな桜の木の下を、くぐりぬけるように通り抜けた瞬間が素晴らしく綺麗だったことだけを覚えています。あまりロマンチックな思い出ではないですね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2009

「子供が大人に、読んであげたい物語。♪」

 通り一遍という気がして、お話そのものには、そんなに感動はしなかったのですが、CGのアニメーションが綺麗で、劇場で観ていたら素晴らしかったでしょうね。昭和の雑貨屋の店先のような、原色のオモチャ箱をひっくり返したようなセットの場面から始まりますが、背景に使われているCGの色合いは"絵本のように"美しく、最後まで「色彩設計」を意識しながら観てしまいました。
51pmrn6twjl__sl500_aa240_ 劇場で観て、とても気に入ったムスコがDVDを買いました。これは舞台でヒットしたお話が基になっているようですね。実力派俳優さんが勢ぞろいのかなり濃~い内容です。全部CGで作ってしまっていたら、子供向けのアニメになっていたでしょうが、そのCGの中を所狭しと繰り広げられる、キャラクターになりきりながらも人間くさい演技に魅せられます(笑)。わ~、やっぱり舞台の方を観に行きたいですね。(^^

| | TrackBack (0)

見合って見合って

 昨日は、言われていたほどひどいお天気でもなく、午後にはすっかり青空となっていました。マスクでガードして、恐る恐る駅前の書店をのぞきに行くと、お目当ての雑誌と新書はどれも見当たらず。結局、またAmazonに注文することになってしまいました。配送予定日(4/3~4/16)には、もう来月号が出るんですけど…。(^^;

 午前中も用事があったので、雨の中プラプラ歩いて晩ご飯の買い物だけは済ませていました。005_3
 夕べはムスメと二人だけだったので、量はなくてもいいから変わったものを買おうと思っていたら、お買い得商品は毛蟹(北海道産)でした。(^^;
 ボイルしてあったので、そのまま食べても良かったのですが、本屋さんからの帰り道、風が冷たくて冷え冷えでしたからチゲ鍋にすることにしました。高級なものは食べたことがないので違いはわかりませんが、これでも身はしっかりと詰まっていて美味しかったです。気持ち、いつもより静かな晩ご飯でした(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2009

「香りの花旅」

Oth_pen66_2  お天気は下り坂との予報ですね。こちらは朝から降り始めています。明日にかけて「春の嵐」になるそうなので、土日は、家でおとなしくしているのが良さそうです。
 福岡で早々とサクラが咲いたとニュースで言ってました。今年は暖かいからか花粉の飛散量が特別多いとか。ずっと苦にならなくなっていた花粉症の症状が目にでているようで、雨上がりが怖いです。(^^;
 今週は図書館で借りてきた本をまとまりなく読んでいるうちに、更新しないまま週末になってしまいました。1冊は「藤田省三対話集成③」です。少し前の記事に書いたお芝居の、「朝を見ることなく」の基になった本を探したら、絶版のようで図書館にも置いてません。代わりにその内容を紹介していたので借りましたが、その部分は、それほど量的には多くなく、他のところもパラパラ読んでいて唐突に思いました。こんな不穏な時代ですから若い人たちが救いを求めて宗教に走った―なんてことが話題にのぼったりしなくて良かった!と。それが、この本の感想です(笑)。
 あとは次の青春18の旅のための本と、全国の"香りが素晴らしい花の群生地"を紹介しているものも1冊。その本の著者によるあとがきに「一般的には日本は狭いといわれいますが、実際に日本各地を回って見ますとそれはとんだ間違いで、日本は予想外に広いことが痛感されます。」と書かれていますとおり、行ってみたいところはいっぱいあっても、簡単には行けそうもないところがほとんどです。
Oth_pen51  まずは、昨秋にひきつづいてここです。「ひさかたの あめのかぐやま このゆふべ かすみたなびく はるたつらしも」―見ごろは来月に入ってからのようですから、それまでに少し予習しておくのもいいかもしれませんね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2009

「おくりびと」

 昨日は"キボウのカケラ"(↓)の天気予報がはずれて、雨は降りませんでした。でも土曜日に用事を済ませておいたのは正解でした。
 午前中、近所にお買い物に出かけた帰り道、荷物の一番上にのせていたイチゴのパックが転げ落ちて、それを拾おうとしゃがんだとたん、バランスをくずした自転車の重さが右手の親指の上に全部かかりました。(T_T)
Pen1_69  なんとか帰ってきたものの痛みで疲れてしまい、気がついたら1時間くらい眠っていました。病院に行くほどでもないのですが、指のつけねのところが腫れて肉球ができたみたいです。(^^;

 そんなことで、昨日は、ずっと家にいて、「納棺夫日記」青木新門(文春文庫)を読んでいました。
Cac5u35s 人の死の数だけ、さまざまなドラマがあり、幸せな死などほとんどないように思います。目をそむけたくなるような現実の中にも自然の営みを見いだし、言葉を綴ることで自分を保っていかれたように私にはとれました。
 読むのをためらうような内容が多いのではないかと先入観はありましたが、それぞれの切り取られた場面の描写が美しいです。
 今のお仕事に就かれるまでは、ご自身の趣くままに暮らしてこられたように書かれていますが、この本の内容も関心のあることに次々と思いをめぐらせていかれるまま、書きとめていかれたようです。
 何でしょうね、「日記」を書いている人が、こうしてたくさんいるということに通ずるものがあるのではないでしょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2009

「帰れない何があっても」

 一日、いいお天気でした。ムラサキハナナが、もうすぐ咲きそうです。水滴がダイヤみたいに見えませんか。(^^
002_19

 24日にAmazonに注文した本が昨日届いたので、今日はゆっくりとそれを読むつもりでした。それが、お出かけ日和は今日だけで、明日は雨模様なのだそうです。済ませておきたい用事があったので、せっかくですから、この間買ったタンブラーも持って出かけ、またハニーオレンジラテ(好)を入れてもらい、京都シネマで「シリアの花嫁」を観てきました。(^^;

 昨日の朝日の夕刊に映画評が載っていたのですが、読まずにおいて良かったかもしれません。「登場人物のキャラクターを説明的にならずに、物語の中で自然に分からせる手腕はさすがです。」と、そこにも書かれているとおり、花嫁が嫁ぐ日の半日ほどのできごとを追っているうちに、軍事境界線を前にして、その家族の置かれている状況までが理解できるようになっています。
 何かを変えていこうとする女性たちの意志的な姿が魅力的です。帰り道、ちょっと古いですが、はしだのりひこ(作詞:北山修)の「花嫁」の歌を思わず口ずさんでしまいました(笑)。
 占領下の村で営まれる穏やかな暮らし(に見えます)や、今でも写真1枚を渡されてまだ見ぬ人のところへ嫁いで行こうとするあたりは、少し不思議に感じなくもないですが、"お見合い"としては、たぶん好条件の二人なのでしょうね。それと日本人は若く見えるといいますが、この映画に登場する人たちは、その逆で何となく老けて見えて、家族関係が、しばらくのみこめませんでした。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2009

「最後に笑うのは誰だ?」

 先週末にレンタルしたDVDが、もう1本。517bcec420l__sl500_aa240_子供らが観るかなと思って借りてあった「マジックアワー」です。タイトルの言葉の意味だけは、何かで聞いたことがありましたが、どんなお話かは全く知りませんでした。
 まるで舞台のお芝居を観ているような、セットらしく作ったセットの町で、豪華な顔ぶれの俳優さんたちが芝居じみた演技をされるのが、初めのうち、何を意味しているのかよくわかりませんでした。それが、じわじわおかしさがこみ上げてきて、後半は大笑いです。特に佐藤浩市さんの熱い演技のおかげで。(^^;
 評判の映画だったようですから、このくらいしみじみとした、あっさり胃にもたれない終わり方がいいのかもしれませんね。Dan_pen27 私は青年座の歌って踊る、テンションの高いお芝居として観てみたいなと思いましたが。西田敏行さんが出ておられるから、イメージが決まっちゃったところもありますね。

 そんなに長い期間ではありませんが、お芝居(新劇)を定期的に観に行っていた頃がありました。ぼんやりと覚えているのは、初めての例会で観た青年座の「三文オペラ」と、あとは民藝の「朝をみることなく」くらいです。劇団の中では民藝が一番好きでした。
 東京の劇団がこちらで上演するということは、ほとんどないので、地方公演をしてもらうための会員制の鑑賞組織があります。三人以上のグループで入会し、毎月の会費を払って、その例会として観ることになります。
 例会の内容は選べませんから好みではない月もありますし、決められた平日の夜に例会を観にいくのが大変とか、家族で入ると安くはない会費が家計を圧迫する(笑)とかいう話も聞きました。
 私も、最初はお芝居好きの人に誘ってもらって入会したのですが、物理的に続かなくてグループが解散となったんじゃなかったかと思います。
 最近、こちらのテレビでも、東京で上演される「三文オペラ」のCMが流れることがあります。これは、チケットぴあのメルマガが来たときにサイトをのぞいたのですが、かなり濃い内容になりそうな配役です(笑)。久しぶりに何か観に行きたくなりますね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2009

桃の節句

 冷たい雨が降っています。ひな祭だというのに午後から降り始めた雪が雨に変わりました。
 今年は、家のお雛さまも出しそびれてしまい、毎年楽しみにしていた博物館のお雛さまも、展示館の工事のため見ることができませんでした。
 今日は早く帰れたので、今から恒例のチラシ寿司でも作ろうかと思っています。肝心のお姫様は帰りが遅くなるようですね。まあ、いずれ巣立っていくのでしょうが、餌付けしてあるので戻ってきたら、それはそれで困ります。(^^;

 すみません、桃の花も買ってないので、季節はずれな名前をつけてもらったクリスマスローズでも。
016
 咲き始めは真っ白な花が、日を追ってピンクに変わっていく様子も楽しめます。丈夫で切花にしても長持ちしそうです。(^^

006 はい、完成です。具で隠れてしまいましたが、"おむすびやま"を使ってピンクの寿司飯です。具はアボカドと海老とトマトで、マヨネーズをかけてあります。時間のないときには簡単でいいです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2009

やっぱりB級グルメ

 今日は、大阪のホールであるコンサートのチケットが、半年ほど前に買ってありましたがムスコに譲りました。結局、仕事が終わったのが7時を過ぎていたので、それが正解でした。
 前の日から夕食の支度をしておいて、夜に大阪まで出かけるのがめんどうだと言う事もありましたし、もともと知り合いのいる楽団と勘違いして申し込んでしまったわけで、そうなると行く理由が無くなったのもありましたから。

Oth_pen17  昨日は花粉がひどくて辛かったのですが、今日はまたキュンと寒くなり、風邪なのか花粉症なのかよくわからない鼻とノドの痛みです。今日の晩御飯は昨日のお鍋のお出汁を利用した鍋焼きウドンにでもして、あり合わせで済ませようかなどと考えています。(^^;
 明日はもっと寒くなるようですから皆様もご自愛くださいませ。

002 おみやげです。どんな小さな音もしっかりと聴こえ、堅苦しさを感じなくもないものの、この作曲家の曲を、しつくしたかのような重厚な演奏だったそうです。パンフレットもさすが立派です(高)。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2009

春なのに~♪

 春らしく桜柄です。049ずっと使っていたタンブラー(今、調べたら4年も使っていました)を落としてしまい、外側にヒビが入ったので新しいのを買いました。期間限定で売っているお豆が入っていた、ベルベットの袋がタンブラーをいれるのにちょうどいいサイズです。キルティングになっているので保温性もあるし、少しくらいなら落としても平気かもしれません。(^^;
 今日は、古い方のタンブラーに、ハニーオレンジラテを入れてもらい、お天気もいいことですから、お散歩がてら月末に閉館する映画館に行きました。
 久しぶりに入ると、やっぱりレトロな雰囲気に感じますね。シネコンに比べると広いのですが、座席の間隔が狭くて、浅く座ると膝が前の座席に当たります。
 映画の日だというのに場内はガラガラで、来られているのも低めの年齢層です。よく考えたらオールドファンの方々は、いつでも千円ですからファーストディでなくともいいのですね。(^^;
 上映されていたのは「感染列島」だったのですが、まさかの(?)意外性のない筋でした。よく似た内容の「アウトブレイク」と比べると緊迫感がなく、パニック映画というよりヒューマンドラマを目指した感じですね。うーん、妻夫木君ファンの人なら堪能できるかなと思います。(^^;
 でも、広々とした場内も満喫できましたし、最後に観たのが、誘ってもらったものの怖くて貧血をおこしそうになった映画(観たがったのは女性です)というよりずっと良かったです(笑)。

 今日の晩御飯は、先月の25日の記事に書いた「ぼたん鍋」です。かけこみで注文して、今朝、届きました。
001004
 これは3~4人用ですが、そんなにたくさん食べられるものでもないので猪肉は多目ですね。評判のお出汁も、たっぷり大きなペットボトルに入ってきています。
 それぞれに予定ができて、なかなか揃って外食に行く機会がありません。たまには家でのんびりと、ちょっと珍しいものを食べるのもいいかなと思います。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »