« 「幸せを呼ぶ伝説」 | Main | アンチエイジング »

February 15, 2009

炎の第五楽章

 午後からアマチュアの演奏会に行きました。演奏曲が、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザークの「新世界より」とおなじみの曲だけに、それはちょっと心配ではありました。新世界は、前にやはりアマチュアの演奏で、途中でしどろもどろになり止まっちゃうんじゃないかと思ったことがあったもので、余計にそう思うのかもしれません。(^^;
 1曲目のベートーベンの「フィデリオ」序曲は、安心して聴いていられるようすではなかったのですが、2曲目のコンチェルトでは意気込みが違いました。ソリストさんも情感たっぷりの演奏です。初めに気張りすぎて途中でスタミナ切れ?と思う場面もありましたが、そこは女の意地です(笑)。
Mus_pen08 メインの新世界はそれ以上で、聴く側も身体がじっとしていられません。周りの席の人を見ても演奏に合わせて身体が揺れています。勢いがあるのですね。指揮者さんがプロですから、叱咤激励しながら一気にゴールインさせたというところでしょうか。
 こんな一生懸命な演奏を聴くと、かなり前に観た「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」なんて映画のことを思い出します(劇中の演奏曲が「新世界より」でした)。10年、20年と続けていくには苦労もあるでしょうけど、頑張ってほしいですね。(^^

|

« 「幸せを呼ぶ伝説」 | Main | アンチエイジング »

音楽」カテゴリの記事

Comments

ちょっと前の路地裏グルメは懐かしいというか、おなじみのお店で嬉しく見せていただきましたが、忙しくて書き込みできませんでした。
そしてまた、「炎の第五楽章」とは、懐かしい映画ですね。京都教文センター?で見たのを思い出します。

ところで、昨日朝、こちらを見ていると、画面に0系新幹線がやってきて、ドアから文字を拾っていくではありませんか!
わしはてっきり、「わしのパソコン、ウイルスに感染した!」と思いこんで、ウイルス対策ソフトを起動するやらファイルをスキャンするやらどたばたしてしまいましたが、よく見ると・・・
こちらに貼ってあるJRさんのブログパーツのしわざだったんですね。
心から安堵しました。
0系新幹線には、夢と希望が詰まってましたなあ・・・

Posted by: 龍3 | February 18, 2009 at 11:40

龍3さん、こんにちは。

>路地裏グルメ
コロッケは、相変わらずよく売れていました(笑)。
あと、豆十さんのおたふく豆も好きです。

>京都教文センター?で見たのを思い出します。

いっしょです。映画サークルですね。同じ日に観ていたかもしれません。
映サで観た映画で名前を覚えているのは、あと木靴の樹(こちらは内容は忘れました)くらいです。労演も同じ頃に入っていました。懐かしいです。(^^

>JRさんのブログパーツのしわざ

すみません、お騒がせしました。
「キボウのカケラ」のブログパーツが最前面の設定になっているので、記事中の画像を大きくして見たときに後ろに隠れてしまいます。仕方ないので、まとめて全部下に移しました。
上に貼ってあったら、パーツに「電車がまいります」と定刻になると表示されるのでわかったのですが。(^^;
これ、本当によくできたパーツなんです。左上の「i」のところをクリックして、電車が終着駅に到着するときに、リンクされているサイトでご覧になってください。またびっくりですよ。(^^


Posted by: winter-cosmos | February 18, 2009 at 19:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/44071678

Listed below are links to weblogs that reference 炎の第五楽章:

« 「幸せを呼ぶ伝説」 | Main | アンチエイジング »