« January 2009 | Main | March 2009 »

February 28, 2009

春が来~た♪

 ほわほわのポンポンみたいです。(^^
009
 これって、ミモザですね。最近植えられたばかりのような木に黄色い花が咲いているので、もしかしてと思って近づいてみました。
 私にとって、ミモザはお話の世界の中の木で、実際に見たのは初めてです。砂糖菓子のミモザは、これで作られるのでしょうか(謎)。
 今、調べてわかったことに、この木はフサアカシアという種類ですがミモザと呼ばれていて、本来のミモザは、オジギソウのことなんだとか。そして「アカシアの雨がやむとき」や「この道」の歌詞に出てくるアカシアはニセアカシアという種類なんだそうですね。ややこしいです。(^^;

 いいお天気になり、すっかり春ですね。今日、イカナゴ漁が解禁になったそうなのですが、お魚屋さんによると、残念ながら140隻出て、12カゴ分しか獲れなかったとか。明石辺りで全部消費されて、こちらまで届くには、まだしばらくかかるようです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2009

振り返ると

 最近、続けて映画館に行っているので、どうしても観たい映画もないから今度の日曜は行かなくていいかなと思っていました。それが、今週になって、またひとつ映画館が閉館になると聞くと記念に行っておこうか迷っています。考えたらその映画館に最後に行ってから28年になります。当時にすれば設備が良くて、映画を観るなら絶対ここ、とその頃は思っていました。その最後に行ったときも立ち見ですごく賑わっていたのをよく覚えています。
 15年くらい忙しい時期が続いたのと、子供らと行くようになると他の決まった上映館(こちらも閉館しています)でしていたドラえもんやドラゴンボール、あとはジブリ作品になります(あっ、それで1回行ったかも、それでも13年前です)。その時期が過ぎた頃にはシネコンができていましたし、予約できる便利さから、なおさらそちらに行く機会をなくしたのでしょうね。(^^;

51wyyfnrgll__sl500_aa240_  今週はDVDもレンタルしてありました。「ダークナイト」は、大人気の作品ですから、それ以上の感想はありません。もう1本の「光州5・18」は、そのあとだけに地味に感じてしまいますが、支持されてほしい映画ですね。ラブストーリのようでいて、その中に込められたメッセージは悲痛です。
 これはフィクションですから、1980年に光州で実際に起きた事件は、こんなものじゃなかったのかもしれませんが、そう遠くないところで起きていた事実に驚くばかりです。先の閉館のニュースで、1980年頃のことをいろいろ思い出しましたが、それからの28年は何だったのだろうと思うことも少々。
 いつか、あれが人生の折り返し地点だったと思う日がくるのでしょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

栄えあるグランプリ

 先週の金曜です。朝日の朝刊に「関西とりよせ帖」という記事があって、その日は「紀州よさこい焼き豚バーガー」の紹介でした。
 「甘辛たれ 豚の味極上に」の見出しに、「このたれで煮込んだ豚肉は、とろけるような軟らかさ。タケノコやニンジンなど歯ごたえのある野菜も入っていて、アクセントになっている。」と続きます。美味しそ~う。(^^;
 今まで、生ものをネット通販で買ったことはありませんでしたが、サイトを除くと、普通のお肉屋さんのようですし、フォームで申し込んだあとの入金の方法等、短いメールのやりとりも好感触でしたから信じて注文することにしました。

 そして、到着です。他にもちょこちょこ頼んでみました。竹の皮を編んでつくってあるパッケージもいいですね。野菜ケースか何かに使えないか思案中です。
003008
 高ければ美味しくて当たり前と思いますが、ほどほどのお値段で美味しいものを見つけると嬉しいですね。関西人的には、やっぱり値頃感重視です。(^^
 同じ記事で、少し前に掲載されたものに「ぼたん鍋」がありました。こちらは、注文できるのが3月中頃までです。それまでに適当な日があれば頼みたいなと思っているのですが、あまり日にちがないので、次の冬になるかもしれません。
 あっ、それでかんじんの焼き豚バーガーのお味の方ですが、看板に偽りはありませんでした。豚の味噌漬けは、ホットプレートでムキ身の牡蠣や野菜なんかも、お味噌をからめながらいっしょに焼いたら美味しかったです(ぐー)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2009

「pieces of love」

 賞を取った「愛をよむ人」の原作の「朗読者 」(新潮文庫/ベルンハルト シュリンク)と「おくりびと」のベースになった「納棺夫日記 」(文春文庫/青木 新門)、それとピアノ&チェロピース「 おくりびと」(寺西 千秋著・ 編集)をAmazonに注文してしまいました。ほんと単純です。(^^;
 注文が集中しているでしょうから、今の時間になって配送通知が来ないところを見ると、今回は1日で配達ということにはならなさそうです。
 映画の方の「おくりびと」は、こちらのシネコンでも、まだ上映しているので観たいような気もしますが、もうDVDでいいかなと思っています。 それよりも短編映画の「つみきのいえ」は、どんなところで上映されてていたんだろう?というのが、今日の茶の間の話題でした。
 知らないだけで、早くに絵本とDVDが発売されていたのですね。20090224mog00m200024000p_size5映画館での凱旋上映も予定されているようです。
 これはいいのか悪いのか…YouTubeで公開されていたので、とりあえずは観ることができました(画像にリンクしておきました)。
←やはり削除されたようです。(^^;
 なんだか切ないお話ですね。う~んと長生きをしたら、いつか亡くなる瞬間には、こんな夢をみるのかなとか思ってしまいます。(;_;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2009

「人はみんな幸せになれるようにできているんですよ」

 この前行った演奏会のパンフレットに書かれていました、ホールの館長さんの言葉です。
 「芸術はそこにあるだけでは価値をもちません。それを享受する受け手の存在があってはじめて真価をもつといえるでしょう。」
 本当に、そうですね。この前借りた本の期限がきていたので図書館に行き、予約してあった本を受け取ってきました。
「オーケストラは市民とともに―日本フィル物語」外山雄三・中村敬三(岩波ブックレット)
 15日の記事に書いた、映画の「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」よりは新しいですが、これも91年の発行で、かなり前のものです。表紙を開くと日フィル労組の当時のポスターの写真とともに「わたしたちから音楽と、生きる権利を奪うことは、できない。」の大きな文字が目に飛び込みます。
 図書館から帰ってくると、待っていたかのように、大阪センチュリーのファンクラブの会報がメール便で届いていました。頑張ってほしいです。

 図書館に行ったら、いっしょに「西の魔女が死んだ」の原作本を借りようと思っていましたが、検索すると市内の図書館の蔵書の全部が貸し出し中か予約別になっていました。相変わらずすごい人気です。仕方ないので本屋さんに寄って原作本をパラパラと立ち読みして、結局買いませんでした(ごめんなさい)。(^^;
 週末にレンタルで映画の方のDVDを借りてきて観ました。子供なりに持つどろどろした気持ちも、包み込むように淡く美しく描かれたお話ですね。原作を読むと本当に忠実に再現されていることがわかりました。
 なんとなく惜しいなと思ったのは、原作に比べて五感に訴える部分が少なく思えたことです。映画館で見ていたらもっと感じるものがあったのかもしれませんが、例えばワイルドストロベリーのジャムが煮えるときの甘い匂いや、お日様の下のラベンダー畑に干したシーツがどんなに素晴らしい香りがするのかとか、想像がふくらむようなものがほしかったです。
 パンの超熟のCMの方が一瞬で見せるだけに、その辺は上手いな~と思ってしまいました。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2009

おいしくて・おなかも・いっぱい

 八坂神社です。今日は梅を見に来たのではなく、初めてのケーキバイキングに行きました。(^^;
020_2 南門を出てすぐのカフェのあるケーキ屋さんが、一日限り(予約のみ)でされたのを、わがムスメが一度美味しいケーキ屋さんのバイキングに行きたいと言っていたので、予約を入れておきました。
 春と秋、年に二度だけバイキングをされるので有名なお店がありますが、そこは楽しみに待っている人が多いようで大変な混雑になります。時間が決まっていて食べるのは、気ぜわしいような気がしましたが、今日は各時間6組(12人)限定(?)だったのか、こじんまりとした店内で思ったよりゆっくりとお茶を楽しむことができました。

003_2 ここは和菓子のようなケーキが多く、お餅を使ったケーキが有名です。右奥のロールケーキは梅の香りのする白アンが生クリームの中に巻いてあります。左の奥は柚子のムースに黒豆がのっています。端っこにのっているチョコは柚子と桜の香りです。
005 紅茶のカップも祇園らしい柄(「つなぎ団子」は祇園甲部の紋章)です。 バイキングだとそれようのケーキを出されるところが多いようですが、ここは、いつも店頭に出ている商品の中から選べるのでお値打ちです。かなり無理をして五つも食べてしまいました。美味しく食べられるのは2個までですね。(^^;
011  これだけ甘いものばかり食べると、途中で窓から見える看板が気になり、ダシのきいたおうどんが食べたくなります。(^^;
 でも、そんなことを言ったら申し訳ないくらいサービスがよく、帰りにはオミヤゲにチョコレートまでいただいてしまいました。
021_2

 カロリー消費しないといけないので、このあとテクテク歩いて三条にある映画館に移動です。今日から上映の「7つの贈り物」のチケットが買ってありました。
 初めの方に贈り物が何かわかってしまうような場面があります。でも、やっぱりこれは衝撃のラストですね。
 灯りがつくのと同時に隣の席にいた人が、「あんなの事故やんか、あんなことする必要なんかあらへんやん」と一言。失くしたものの大きさからすると、こんな形でしかやりなおせなかったのかなと私は思っています。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2009

おいしくて・おなかも・キレイ

 買っちゃいました。(^^
005 久しぶりに食べたら、やっぱり美味しいなと思います(笑)。
 気のせいか、ちょっと柔らかくなったような感じですが。大きさや形状は前のままのようです。
 外袋と個包装に書かれた警告が大きくなったのと、これは新しく加わったのでしょうか、ノドを詰めたときの対処方があります。「膝の上にうつぶせにして背中をたたくか、または、にぎりこぶしをみぞおちに当てて押し上げはきださせてください。」だそうです。
 本格的です。この注意書きを実行してケガをしたとか、文句を言ったりしないでくださいね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

「私はワタシと旅に出る」

 土日祝で三連休になる日が、来月にあることに気がついた日です。青春18を提示すると割引になるホテルを一度利用してみようと、サイトで空室状況をチェックしました。どの日もまだ「空きあり」になっています。割引を受けるには、東京の予約センターに電話をかけて申し込んでおかないといけないそうなので、そのままになってしまっていました。
 のんきに構えていて、昨日、もう一度空室状況を見ると、ほとんど埋まってしまっていて部屋を選ぶどころではありません。とにかく空いている部屋を確保です。
 それで、今日、予約センターに電話してわかったことは、それぞれのホテルが設定された割引プランを、自分でネットから予約した方がずっと安いのです。な~んだでした。(^^;

Oth_pen25  ともかく春の旅のプランは決定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2009

アンチエイジング

 仕事中のことです。外線がかかってきたのを受けると、しばし沈黙が続きます。で、その後に続いた言葉は、「あんまり綺麗な声なので、留守番電話かと思いました(笑)。」
 そう言えば少し前に、電話でしか話したことのなかった人(女性です)に初めて会ったとき、私の声を聴くと「癒される~」といつも言ってたんですよ~。と言ってもらったことがあります。
 会ってがっかりしたなんて言わないでくださいね、なんて言ったらオバサン的ひがみのようですから、笑ってお礼を言うしかないですね。とりあえずは喜んでおきましょうか。(^^;
 まだアラサーの頃です。本当に鈴を転がすような声の持ち主がいて、話の前後は忘れましたが、「声は年をごまかせるわよ~♪声優さんをみなさいな~♪(少しメロディーをつけて読んでください)」とコロコロ笑い転げていましたね。(^^

 こちらは本当に、うつむき加減の美人です。今朝、咲きました。(^^
009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2009

炎の第五楽章

 午後からアマチュアの演奏会に行きました。演奏曲が、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザークの「新世界より」とおなじみの曲だけに、それはちょっと心配ではありました。新世界は、前にやはりアマチュアの演奏で、途中でしどろもどろになり止まっちゃうんじゃないかと思ったことがあったもので、余計にそう思うのかもしれません。(^^;
 1曲目のベートーベンの「フィデリオ」序曲は、安心して聴いていられるようすではなかったのですが、2曲目のコンチェルトでは意気込みが違いました。ソリストさんも情感たっぷりの演奏です。初めに気張りすぎて途中でスタミナ切れ?と思う場面もありましたが、そこは女の意地です(笑)。
Mus_pen08 メインの新世界はそれ以上で、聴く側も身体がじっとしていられません。周りの席の人を見ても演奏に合わせて身体が揺れています。勢いがあるのですね。指揮者さんがプロですから、叱咤激励しながら一気にゴールインさせたというところでしょうか。
 こんな一生懸命な演奏を聴くと、かなり前に観た「日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章」なんて映画のことを思い出します(劇中の演奏曲が「新世界より」でした)。10年、20年と続けていくには苦労もあるでしょうけど、頑張ってほしいですね。(^^

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2009

「幸せを呼ぶ伝説」

 2年待って、ようやくクリスマスローズにつぼみがつきました。(^^
001_4
 2007年の3月にポット苗を買いましたが、ずっと花を咲かせる気配はなく、今年もダメかな…、と半分あきらめかけたところだったもので嬉しいです。期待通りの真っ白な花を咲かせそうですね。
012  今日は朝から暖かで、シャツの上にフリースを羽織るくらいがちょうどいいです。陽気にさそわれ久しぶりに鉢の整理をして、プランターの空きができましたからワイルドストロベリーの苗を買いました。「幸せを呼ぶ伝説」―実ができるといいことがあるみたいですね(笑)。

 水曜日に芥川賞の受賞作が載っている文藝春秋を買いました。津村記久子さんの「ポトスライムの舟」のあらすじは、新聞で読んでわかっていまいしたが、何でしょうねこの息苦しさは。選評には「つつましく生きている女性たちの、そのときどきのささやかな縁によって揺れ動く心というものが、作為的ではないストーリーによってよく描けている。」とあります。
 私の母は回復の見込みのない呼吸器の疾患で長患いしました。亡くなる間際には、普通の人なら意識が無くなるくらい血中の酸素の濃度が低くてもケロッとしていました。その状態に慣れてしまうと、身体がそれでも保てるようになってくるのだそうです。そんなことを思い出させました。
 タイトルのとおり観葉植物のポトスライムの姿が、お話の中に見え隠れします。ポトスは伸びてきたところを切って水挿しすればいくらでも増やせて、水遣りさえ欠かさなければ場所を選ばなくとも育ちます。耐陰性もあるので日当たりの少ない室内に緑がほしいときには便利です。でも、季節感がないのですよね。(^^;
 主人公のナガセは世界一周の船の旅に憧れ資金を貯めるのですが、夢の実現に向けても、この感情の起伏のなさはな~に?と思ってしまいます。時代を映しているのだとすると、ちょっと悲しい…、なんて私の勝手な感想ですが。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2009

地下鉄に乗って

 今日は夕方から雨の予報でした001_3。地下鉄沿線の映画館で「レッドクリフPartⅠ」を観て、引き続いて地下鉄で、太秦に去年新しくできた駅まで行き、その近くにできた図書館をのぞきました。
 広くて綺麗な図書館で嬉しくなりますね。視聴覚資料(CD・DVD)の棚も思ったよりたくさんで、かさばらないことですからCDを2枚借りて帰りました。
 レディースディの祝日です。ずっと前から他の映画を観るつもりでいましたが、「マンマ・ミーア!」のときに観た、PartⅡの予告があまりに迫力があったもので、ぎりぎりまで迷いながらもレッドクリフにしてしまいました。戦闘シーンが多いので、ちょっと後悔しましたが、娯楽映画としたら文句なしです。147分間スクリーンにくぎ付けになります。(^^;

005 「市役所前駅」に移動して銀細工のお店に寄りました。この辺りは表通りから一歩入ると、ちょっとした小物でも、おみやげ物ではないものを置いているお店を見つけることができます。
 最近、買い換えた財布の口金に根付をつけるところがあるので、春財布らしく桜の根付を買いました。007

 ここで、ちょっと休憩です。前に「隠れ家」と書いたお店が、その近くです。実際に来られると、それがわかっていただけるかと思います。入り口が秘密基地のようにわかりにくいのです(笑)。
013 前にも書きましたが、ここは夕暮れ時がおすすめです。夕日と照明が合わさっていい雰囲気になります。ちょっと不思議なメニューも、軽く食べて飲むのにいいようなものが多く、それほど高くもないので若い人が多いです。それと、ここもFREESPOTが使えます。

006_2 京都は政令指定都市で、一番、地下鉄の初乗り料金が高い町ですから、この一日乗車券は重宝しています。そして市内の移動は、やっぱり地下鉄です。路線が少なくフットワークがいいとは言えませんが、新しくて綺麗ですしね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

「見つかりました」

 去年の秋に届いた「ねんきん特別便」には、そっくり抜けていた厚生年金の加入記録が見つかったと通知が来ました。
Nenkin_2 社会保険事務所に行って、窓口で確かめようと思いながら、なかなか行けずにいたのでたすかりました。
 難しい字ではないのですが、名前の読みが二通りあり、今まで初対面の人には必ず違う方で読まれましたから、そちらの読みになっているのかな…とか思ってました。とりあえずは良かったです。
 それにしても、こんなことを一つひとつ調べるために、経費がかさんでいそうですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2009

そろそろ見頃

 隣のY市に住む親戚のところに行く道中、「そろそろ見頃」とのことなので、松花堂庭園の梅を見てきました。
031_2
 外園の茶室の横に咲く数本の梅の木が上品な綺麗さでした。椿園がメインのようなのに、梅の頃に行くといいと聞いていたことに納得です。椿も咲きかけてはいますが、見ごろはもう少し先のようです。
025
 それほど広い敷地のところではなく、梅や椿を見るなら城南宮の方が見ごたえがありますが、この奥(撮影禁止です)にある、府の有形文化財のお茶室は素敵でした。細かな細工の施された建具など、一見の価値はあると思います。(^^
055

066 ここは松花堂弁当発祥の地です。その料亭で午後(3時~5時)は、テーブル席の方でお茶がいただけます。応対も丁寧ですし、スパイスとナッツの入ったケーキ(シフォンケーキのような食感です)は軽く温めてあり、お店の名前入りのおしぼりの肌触りが良いことも嬉しかったです。
 ガラス越しにお庭を眺めながら、ゆっくりとした時間をもつことができました。そう、夕方まではとても暖かでしたから。実は久しぶりの自転車での遠出で、帰りはだまされたかのような寒さでした(凍)。(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2009

憧れの名湯・名旅館?

 少し前に、ネットのニュースで「生協の白石さん」のお顔を拝見したら、本の方を読みたくなり図書館で借りました。読みやすく、確かにホッとするような文章ですね。(^^
Pen1_49 それを返しに行って、次は↓の旅プランの参考になるような本を借りてきました。まず食べるものは、すぐに決まりました(笑)。早春が旬で、京都では絶対食べられないものです。あと泊まるところや、見るものもほぼ決定です。
 車窓から景色を楽しめるとは言え、18切符だと往復に時間を取られるので、三日といっても観光に使えるのは中一日になってしまいます。さあ、途中下車できるというメリットをどこに活かしましょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2009

青春18・春はもうそこ♪の旅

 青春18を使って岡山まで行ったばかりですが、春に使える切符の発売(20日)が近づいてきました(笑)。そう思ってカレンダーをフッと見ると、春分の日は金曜日で土日と合わせて3連休になります。これを利用しないのはもったいないです。
Pen1_76 旅の候補はいくつかありますが、18切符で行くにはハードルが高いような気もします。残念ながらこの春は、夜行の快速の運行もないみたいです。でも日帰りじゃないなら温泉もありだし、久しぶりに船にも乗りたい…とか、考えるのはいいですが、この日程だと同じことを考えている人はいっぱいいるでしょうね。もうすでに出遅れているかもしれません。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2009

「あなたの思いがひとつひとつの音に変わります」

大阪センチュリー交響楽団存続へ 知事が補助金認める
(asahi.com 2009年2月5日16時39分)
 まだまだ喜んでなんかいられないでしょうけど、一歩前進でしょうか。おめでとうございます。(^^
Mus_pen01  タイトルは楽団のサイトからお借りしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2009

路地裏グルメ(?)

  立春ですね。空気は冷たくても、すっかり春の日差しでした。
002 そろそろ梅が咲き始めているので観光に来られている方を見かけるようになってきました。
 午前中、用事で近くまで行きましたから地元で評判のお漬物を買ってきました。
010 地味で目立たない雰囲気なのですが、贈答のシーズンになると行列のできるお店(ネットで注文できます)になります。看板商品のしば漬けは、あまり塩辛くなくフルーティな甘酸っぱさでポリポリ食べられます。
 そのついでに、これも買ってしまいました。地元の人なら、あっ!と思うお店(ここは大通りに面しています)のコロッケです(笑)。
007 小ぶりですが、1個50円とお値段もかわいいです。やさしい甘さはオヤツにぴったりです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2009

Do more, feel better, live longer

Pen1_63  こんな気分です。→
 そう書いただけで吐き出せるのだから、まだ軽症ですね。鬱々↓の原因が、恋の悩みとかだったら楽しいのですけど。まあ、映画でもメリル・ストリープ演じる自由奔放なドナでさえ、こんなはずじゃなかったと嘆く場面があったような。でも、そんなときでさえ楽しく見せてくれます。
 次々と速いテンポで意外な展開をしますから、何も知らないで観に行っていただきたいなと思います。大人気のミュージカルが舞台から飛び出して、いきなり広がる青い海に降り注ぐ陽光…、あっ、この「…」も映画の中ではキーワードです。(←これ誤解を生みそうなので消しておきます)(^^;
 まだ効き目が持続していて、嫌なことを考えそうになったら頭の中でABBAの曲のイントロが流れます。効き目長持ちです。
 これって何かのコピーみたいだと思ってサイトをのぞいたら、ふ~んと思う言葉が書かれていました。それをタイトルに拝借しました。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2009

Hot Spot

 観に行って良かったです。鬱々した気持ちが吹き飛びました。(^^;
002 結局、一番新しい映画だと言うだけで「マンマ・ミーア!」(注:音声付です)を観る事にしたのですが、あんまり楽しかったので、サントラを勢いで買ってしまいました。ABBAのベストアルバムにした方が良かったかな…。(^^;
 でも、本当に楽しめる映画です。特に熟女三人のダンスシーンは必見です(笑)。隣の席は、もう髪の白くなったオバアチャマでしたが、大変お喜びでした。(^^
 呆気にとられるようなラストですが、"老いも若きも"幸せな気分になれるのではないでしょうか。エンディングロールが終わり、灯りが点くのと同時に怒鳴り声がするから何事かと思ったら、前の方の席にいた人が言い争いの喧嘩を始めたのはびっくりでしたが。とにかくABBAの曲を聴いてムズムズする人にはオススメです。(^^;

Second_house またまたFREESPOTの利用できるお店に寄りました。ここは観光客にも人気のお店で、いつ行っても混んでいるから、ちょっと…なのですが、ケーキは美味しいです◎。
 今回は、うまく接続できました。これで何かのときには役に立つでしょう(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »