« 「おわりのはじまり」 | Main | 翡翠 »

November 06, 2008

「どうする日本の公教育」

 今日のクローズアップ現代(NHK午後7時30分~)の放送は、「教育に穴が空く ~“非正規”教員 依存のひずみ~」でした。

 いま全国の公教育の場で、教員が確保できずに授業に穴が空くという事態が相次いでいる。財政難に苦しむ多くの自治体では、ここ数年、教育予算を抑えるため、正規の教員数を削減し続けてきた。その一方、教育現場には、少人数学級など「きめ細かな教育」が求められている。そうした中、増えてきているのが、時間給の非常勤講師など、人件費が安い"非正規"教員。現在、その数は教師全体の少なくとも14%に上っている。しかし、"非正規"教員への依存度があまりにも高まったため、その確保ができない学校が出てきているのだ。 非正規教員に頼り続ける公教育の歪みに迫り、教師とは何か、教育とは何か、その原点を探る。

 「どうする日本の公教育」とタイトルをつけ、番組紹介にあるとおり依存どころか非正規教員も確保できない自治体があることが紹介されていました。確保できず穴が空いた授業は自習です。(^^;

 夕べ、Amazonに本を1冊注文しました。明日には届くようなので、それを読んでから4日の続きをもう少し考えたいと思います。

|

« 「おわりのはじまり」 | Main | 翡翠 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/43030889

Listed below are links to weblogs that reference 「どうする日本の公教育」:

» クローズアップ現代: 教育に穴が空く ~“非正規”教員 依存のひずみ~ [5号館のつぶやき]
 先ほど放送していた、NHKのクローズアップ現代は、日本の公教育がすでに崩壊してしまったことを示していました。 11月6日(木)放送 教育に穴が空く ~“非正規”教員 依存のひずみ~  昔から、小中高校の非常勤講師をする方々の多くは、チャンスがあれば正規教員になりたいと思っているので、信じられないほどの待遇の悪さにも耐えて、お小遣い程度にしかならない非常勤講師を続けながら、教員試験に挑んできたのだと思います。  ところが、「財政難に苦しむ多くの自治体では、ここ数年、教育予算を抑... [Read More]

Tracked on November 06, 2008 at 21:04

» 教育に穴が空く [まどろぐ]
木曜日のクローズアップ現代が教育について取り上げていた。非常勤講師にスポットを当てていたものだが、それを通して日本の教育行政の矛盾を説くものになっていた。以前に現場にいたものとしては少し物足りないところもあったが、今の施策のまずさは十分に伝わるものであったと思う。... [Read More]

Tracked on November 08, 2008 at 04:39

« 「おわりのはじまり」 | Main | 翡翠 »