« October 2008 | Main | December 2008 »

November 30, 2008

冬来たりなば

 午前中は、まだ暖かいのですが、夕方になると、すっかり冬です。ここで、「春遠からじ」なんて思えるといいのですけどね。(^^;
2008_11300016_2
 木ヘンに冬の柊です。同じ木犀科の金木犀のように、甘い香りで存在を示してくれるほど強くはないのですが、優しい上品な香りがします。この香りで冬が来たことを知らせてもらえるのは嬉しいですね。鬼も撃退する痛~い葉っぱは、頼りがいがありますし(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2008

Are You Ready?

 今日の週間こどもニュースのテーマは「どう選ばれる?裁判員」ですね。今年の憲法と人権のつどいのタイトルも「Are You Ready?裁判員制度」です。
2008_11290001 駅ビルに着いた頃、ちょうど雨がポツポツと降り始めていました。そのせいか人もまばらで、ちょっと(かなり)寂しい雰囲気です。午前中にライブコンサートなんかがあったようですね。このときも楽器の演奏を交えて○×クイズなんかをされていました。
 大階段の上からしばらく眺めて、そのあとは美術館「えき」KYOTOに入りました。エリック・カールの原画展をしています。展示されている数はそれほど多くないですが、絵本だけでなくインディペンデントアートと呼ばれる作品も半分くらいでしたか。小さいお客様も多かったですが、音の出る絵本のコーナーは大人の方が喜んでいたのではないでしょうか(笑)。あと邦訳されていない絵本のコーナーもありました。でも、一番賑わっていたのは、あおむしくんグッズのコーナーですね。ラブリーで大人気でした。(^^

 裁判員制度は、まだ現実味がなくていけないのですけど、諸刃の剣になるのでしょうか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2008

今が盛り

 見頃です。
2008_11280003 人出のピークも過ぎ、今からが紅葉は美しいと思います。今朝もだいぶ気温は低く感じましたが、12月の西日本は厳しい寒さだとか(12月は西日本中心に厳寒か=気象庁の3カ月予報)。暖かくしてお出ましください。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2008

東京ブックマーク

 一時期よくテレビでCMが流れていたと思いましたが、見かけなくなりましたね。→トーキョー☆ブックマーク
 往復新幹線+宿泊のプランを色々な旅行社の比較ができ、価格も往復の正規運賃くらいで宿泊もついていますからお得です。前述の旅行好きのMちゃんも、これを利用しているみたいです。
Cac75kc5_2 図書館で見つけたこの本にもブックマークです。どちらかと言えば地元の人向けの町歩きの本を、図書館で何冊か借りてきました。これだけでは距離感がわからないので、実際にまわりきれるのか見当もつきませんが、本の中の「東京お散歩」は楽しいです。
 IEのブックマークに旅行専用のフォルダをつくり、いつ行くわけでもない旅のプランのストックがいっぱいできていきます。
 でも、やっぱり足の向くまま気の向くままですね(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 24, 2008

冬支度?

 今日は一日雨です。クリスマス時分の気温とテレビで言ってましたが、それほど寒く感じません。
2008_11230001
 クリスマスカクタスのマドンナが、ひとまわり大株になって今年もツボミをつけました。今、室内に取り込んだら一気に咲き出しそうな。
2008_11230024
 まだこれから咲きそうなツボミをいくつもつけているミニバラは、四季咲きなので関係ないのですが、うちのベランダの鉢を眺めていると、季節感があまりありませんね。まだゴーヤもオシロイバナも花を咲かせていますし。
 ミニバラも四年半程前にお買い物の景品だったのですが、今年は菊の苗を別のお店でいくつかもらい、初めて育てました。色が選べて、赤・白・黄の三色をお願いしたと思うのですが、先に咲いたのは全部赤くて、花びらの裏が赤茶っぽいものと黄みのかかったものでした。これは、たぶん白になるのでしょうね(謎)。(^^;
2008_11230014
 寒さの苦手な鉢たちを取り込むタイミングを、そろそろ考えないといけなさそうです。バオバブが風邪をひいても困りますから(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

足の向くまま気の向くまま

 土曜日に、PCを提げて電気店にいくため、京都駅の地下街 を通り抜けようとしたときも、混み具合にうんざりしましたが、夕べの四条通りも尋常ではない人の多さに唖然でした。ベビーカーや車椅子を押している人は、もう耐えるしかないという様子で、車道に人がはみだしていましたが、車の量も当然増えているのでどうしようもないです。「歩いて楽しいまちなか戦略」はどうなっているのでしょう。(^^;

 少し前に、市外に住むMちゃんから「飲みに行こう」メールがあり、夕べは彼女おすすめのイタリアンのお店に行くことになりました。繁華街の中心に位置しますが、ファッションビルの裏側の細い路地に面しているので、表の喧騒が嘘のような店内です。ゆったりとした間隔を確保してあり、隣のテーブルの話し声が気になるということもなくのんびり食事を楽しめました。二人がけのテーブルをつけて四人がけ以上にしてあるので、離せば席をいくらでも用意できるのに、途切れることなく入ってくる人を、満席ですからと丁重に断られていました。
 Mちゃんは公共交通にたよれない場所に暮らしているので、どこに行くのも車です。昨日は市内のセカンドハウスに車をとめていて、酔いが醒めたら運転して帰るつもりだったのか、軽めの飲み物を二、三杯だけでした。毎年、この連休は、一年で一番の混みようなのですが、市内に向かう道は大渋滞だったようです。最近ガソリンが安くなったから尚更かもしれませんね。
 二人とも旅行が好きで、彼女もよく出かけているのですが、最近気がついたことは「私って方向音痴?!」だそうです。困ったものです(笑)。二時間余り、あれこれ話して、美味しいものをいただいて満足しました。飲み物からお料理まで、手間を惜しまず手作りされていて、いいお店です。
 ランチは2種類にしぼって、1000円以下でコンパクトに夜と同じものが食べられるそうです。全部Mちゃんにおまかせで、お店の名前も確かめなかったのですが、目印は、お店の向いに柳の木があり、中からガラス越しに見えたと思います。このアバウトさで迷子になるのかも…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2008

もったいない

「子供殺害」予告はがき、京都府教委に届く
2008.11.20 21:13産経ニュース

府警などによると、はがきは20日午前、府教委に届いた。差出人の名前はなく、裏に黒のボールペンで「京都府内の子供と教職員を殺害する。学校に乱入するか、登下校時に殺す」と書かれていた。

Mail_pen02 「誰でもよかった」なんて二番煎じはやめて、50円を有効利用してほしいです。あなたの不満を書けるだけ書いて、「(自称)庶民派」の人にでも出したらどうでしょう。ただし脅迫は駄目ですよ。(^^;

 ご覧の方も多いと思いますが、11月21日付の天声人語です。

今は昔の感もあるが、ブッシュ米大統領が瞬時に国民の心をつかんだことがある。9・11テロの後、がれきの上でハンドマイクを握り、国民と犠牲者に語りかけた▼「君たちの声が私に聞こえる。世界が君たちの声を聞く。ビルを倒した連中も間もなく我々の声を聞く」。のちの政策の是非は置いて、動揺する国民に強い言葉を送ったのは、国を率いる者の大切な役目だったのに違いない(asahi.com)

Cadcs4nq 何となく欲しいDVDを、子供らと1枚ずつ候補をあげて買いました。クーポンや割引を利用して、トータルで半額です。
 娯楽映画を現実と照らし合わせるのも変かもしれませんが、「インデペンデンス・デイ」を見ていると、この天声人語に、うんうんとうなずいてしまいます。某首相はシナリオを書いてもらってもNGみたいですから。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2008

緊急入院?

 お騒がせなタイトルです。危機的状況なのは、このパソコンです。私のいないときに落とした人がいて、角が欠けていました。ひび割れが進行して、何日か後には、ディスプレーの片側の留め金のところがはずれてししまいました。さっき起動したときにブルースクリーンがでてしまい、もう駄目かと思いましたが、それでも再起動したら何とか今はつかえています。
 今にもぽろっとはずれてしまいそうな状態で、改めて考えたらノートパソコンのディスプレーの部分と本体って、電源その他諸々、どこでつながっているのでしょう。不思議。(^^;
Pen1_12 買って4年余りですが、ちょっと不安定なときがあるので、ある日突然冷たくなってたら困るから、そろそろ次を考えないといけないのか迷っていたところでした。途中で一度ハードディスクを入れ替えて2年半くらいです。まだ買い換えるのはもったいないし、ソフトのことを考えたらこれは修理して(でも高そう)、ネット用に安いのをプラスアルファで買う方がいいのか…。明日の朝までに考えないといけなさそうです。(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 20, 2008

くりくり三角小さなドロップ

 冬支度をして出かけるようになれば、この程度の気温(今で10℃です→)だと、それほど寒くも感じなくなりました。もう熱もないし身体は全然しんどくないのに、話題が風邪から離れられません。
Car9w8tt_2 このCM→《「店頭のヒーロー」篇・「のどでの戦い」篇》は、見たことがないのですが、地域限定なのでしょうか。ヴイックスのCMと言えば、小鳥のアニメーションのCMが流れていたような昔々の記憶(モノクロ?)がおぼろげにあるだけです。いつ頃まで流れていたのでしょうね(放送年を知って驚きました)。(^^;
 CMはなくとも確かによく効くので、ノドがあまり強くない私は風邪をひくと手放せなくなります。今週に入って、もうこれで3箱目です(咳)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2008

最後のゴーヤ

 午後から急に寒くなってきました。明日の朝の最低気温は1℃の予想です。(^^;
2008_11160010 今日も、まだ花は咲いていますが、だいぶ葉っぱが枯れてきているので、これは日曜に収穫してありました。あまり元気のなさそうなゴーヤですけど、佃煮にするなら、これで十分です。

 日曜日、梅田までの道のりは予習していたので、通りにある地図を見ながら、なんとか迷わずにすみましたが、百貨店を出たところが行きと違ったもので、例によって方角がわからなくなってしまいました。(^^;
 正面に見えるのは、よくテレビに映る歩道橋です。そこでK電鉄の駅の方向を教えてもらい、その後は御堂筋をまっすぐ行けば帰れるはずなので、イチョウ並木に沿って歩きました。
 最近の街路樹は、雄株を選んで植えられると聞きますが、ここのイチョウは雌株が多いのですね。歩道にコロコロとギンナンが落ちています。特に梅田あたりでギンナン臭が漂っていました。(^^;
081116_155701_2 あと途中で見かけた、この看板も目印になりました。さすが大阪!見ているだけで食べたくなります。(^^;
 ということで、夕べの一品は餃子です。そして食後は、鉄瓶で沸かしたお湯で珈琲を入れ、鉄分摂取で元気いっぱい?(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2008

そうだ大阪、行こう。

 一日、雨降りかと思っていたらお昼頃やみました。そのとき、たまたま流れていたニュースの中に一瞬映ったものは…。
 K電鉄の開業したばかりの路線にも乗ってみたいし、中之島の並木の紅葉を見るならこのタイミングかなとか、風邪も治っていないのにそわそわと出かけてしまいました。(^^;
2008_11160002 中之島線「なにわ橋駅」です。深いところにある地下の駅から上がってきて、自然光を感じたあたりで正面に見える公会堂が何か特別な風景のように思えます。
2008_11160003_2
 このエントランス部分は、日が暮れてから見た方が良かったのかもしれません。安藤忠雄氏設計で、ガラスブロックにLED照明が内蔵されていて、その濃淡のグラデーションが昇るときには水中から浮上、降りるときには潜るような気分にさせるのだそうです。

 駅のすぐ横は、東洋陶磁美術館です。2008_11160007せっかく来たので中に入ると、今日は無料開放なんだそうです。特集展は「韓国のやきもの」で、シンプルで実用的なものより青磁の繊細なつくりの方が年代が古いのは意外でした。そのほかにもA~Lまである展示室は(私には)迷路のようで見ごたえありました(^^;
2008_11160016_2 それから二時間後、日暮れ時の中之島線「大江橋駅」です。新駅ですから、とにかく綺麗ですね。帰りは新車両の快速急行に乗ったのですが、通勤電車とは思えないおしゃれな内装で、フカフカのシートも座り心地がいいです。(^^

2008_11160075
 お昼のニュースで見たのは、梅田の百貨店で開催中の、工芸品の企画展の中に出展されている、南部鉄器の鉄瓶です。これは、その中で手ごろな大きさと注ぎ口の形が珈琲を入れるのに良さそうなので、念願の鉄瓶ですから思い切って買いました。会場に、この鉄瓶を作られた作家さんが来られていて、お手入れの仕方も教えていただきました。ちょっとだけ気持ちの贅沢です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 15, 2008

小春日和

2008_11150001  通りのイチョウが、いい色になっています(実物はもっと綺麗な色です)。今日は「小春日和となるでしょう」と昨日ラジオで言ってました。明日は雨の予報でもあり、こんなお天気の日にうちで過ごすのはもったいないです。幸い寝込むほどにはなりませんでしたが、遠出する元気はありません。

2008_111500a01_2 小振りのリンゴの買い置きが、たくさんあるので、冷凍のパイ生地を使ってアップルパイにすることにしました。
2008_11150004
 ラム酒に漬けたレーズンもいっしょに、お砂糖とレモン汁で炊いたリンゴを、のせて焼くだけの簡単なオヤツです。風邪ひきの日にはぴったりです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2008

風邪ひき指数

 風邪ですね。昨日からのどが痛むと思ったら。
Pen1_67 熱っぽいので、早めに寝ます。急に寒くなったので風邪気の人をちょくちょく見かけます。皆様もお気をつけて。

 風邪ひき指数なんてあるのですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2008

「基本的には『早く』『公平に』」?

首相VS記者団:定額給付金「基本的には『早く』『公平に』」 11月10日午前11時53分~
毎日新聞 2008年11月10日

「基本的には「早く」「公平に」。貧しいところにこの種の金が行くのが基本じゃないの?」

社説:定額給付金 支離滅裂な施策はやめよ
毎日新聞 2008年11月12日 東京朝刊
追加経済対策:定額給付金 振り込み?現金? 支給に多難、詐欺懸念も
毎日新聞 2008年11月12日 東京朝刊

市町村の作業が煩雑になれば、二重支給や支給漏れの恐れがあるほか、ホームレスなど所在地をつかみにくい人への支給も課題となる。制度の周知が徹底しない場合、職員を装った者による手数料名目の「振り込め詐欺」が起きる可能性もあり、実施本部には警察庁から職員が派遣された。

 本当に支離滅裂です。住所や銀行口座、身分証明書のない人はどうなるのかと思ってましたが。地域振興券のときより悲惨なことになりそうですね。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2008

もみじきっぷ

 ボケてますね、すみません。(^^;
2008_11110009_2
 近所で一番赤くなっていたカエデです。この何日かは、12月なみの気温だったので、キュンと赤くなるかと思いましたが、まだ他の木は青々としています。紅葉情報のお届けは、もう少し先になりそうです。

 ちょっと不思議な切符を発見しました。→「京都もみじきっぷ
 別にモミジの形をしているわけでもないのでしょうね(笑)。兵庫県内の限られた範囲の駅だけで発売されるみたいです。京都市内でJRと京阪の乗り放題区間がセットされていますから、結構便利でお得かも。これ、京都発では使えないのですか…。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2008

「命の授業」

 7日に届いた本です。
2008_11090018_2NHKスペシャル・こども輝けいのち
4年1組命の授業・金森学級の35人
NHK「こども」プロジェクト
日本放送出版協会

 同じ「命の授業」の実践でも、こちらは「Pちゃん」の黒田先生とは対照的なベテランの先生です。ひとことで言えば、本当に聞き上手な方だと思いました。
 本文中から少し紹介します。状況説明なしでは、わかりづらいとは思いますが、長くなるので省略しました。

この番組の制作ディレクターの感想です。

 少々うがった見方になるかもしれないが、教師がこの場を仕切っていた場合、たいていは落としどころを考えながら話を進めていくものだと思う。残り時間が少なくなったら、まとめとなることを言ってくれそうな子を指名することもあるだろう。教師というものは、そこまでしたたかに計算しながら説教するものだと思う。

学級の児童が先生について話しています。

教室では、先生がキャッチャーで、子供がピッチャーやねんて。みんなは普通直球投げるねん。俺だけフォークとかカーブとか、そんなボール投げて、そういうときでも金森先生は、ヤクルトの古田とかダイエーの城島とかみたいに、自分が要求したボールと違ってもバシンって捕ってくれるねんて。

転校していく児童にむけて、金森先生の言葉です。

優しさを貫くときは、強くないと貫けない。他人を本当に思いやるときは、人は強くなれる。逆に、強さを貫くときにはどこかに優しさがなければダメだ。

 「教育というのは、結論がわかっていて、そこにいかに上手に子どもたちを導いていくかというものである」、Pちゃんの黒田先生の実践を否定したプロデューサーの言う「結論」が、こちらのディレクターの言う「落としどころ」でもあるのかなと思いながら読みました。確かに私も、黒田先生の行き当たりばったり的なところは気になるのですが。
 でも、6日のクローズアップ現代でとりあげられているような状況が、これから進んでいくとしたら、若い先生方が余裕を持って、1年後、2年後と、先を見据えて教えていくなんてことは不可能になっていきます。
  先の記事にTBいただいた「まどろぐ」さんが、6日のクローズアップ現代の放送を公開されていました。私も当日は帰ってきたばかりで、ゆっくり見ていませんでしたから感謝します。→こちら
 それと、Pちゃんと32人の小学生が取り上げられた番組もYouTubeでみつけました。→こちら
よろしければご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2008

今年のキラキラ光る

 久しぶりの京都コンサートホールです。午後からK新聞主催の「ユベール・スダーンのフランス音楽 in KYOTO」に行ってきました。
 演奏曲は、ラベル作曲「マ・メール・ロア組曲」、ドビュッシー作曲「牧神の午後への前奏曲」、そしてメインはビゼー作曲「アルルの女第 1組曲、第2組曲」です。前半が30分、後半が40分ほどの短めの組み合わせで、牧神とアルルの女はフルートのソロが有名な曲ですが、マ・メール・ロアではヴァイオリンのソロも美しく、乙女チックな雰囲気にひたれました。アルルの女は、中高生のオーケストラでも演奏されることのあるおなじみの曲ですが、プロの迫力に圧倒されます。(*^-^*)

 この演奏会、京響の演奏でP席(1000円)以外は全席2000円と格安なのですが、何かいつもと違う雰囲気です。まず開演時刻になっても1階席が虫食いで3分の1くらい空いていました。上の階も同様です。それとパンフレットに、演奏中の入退場・携帯電話のアラームや写真撮影・録音・録画の禁止に加えて、拍手は演奏が終わりきるまで控えるようにとの注意書きがあります。そして演奏前、休憩中に飲食禁止などの注意が、くどいようにくりかえされました。
 演奏が始まると、この厳戒態勢に納得しました。色々な種類の雑音がコソコソと聞こえてきます。ふらっと演奏中に席を立って出て行く人も確かにいました。そして、とうとうアルルの女の楽章の途中で、指揮者が腕を振りかざしたとたん、力いっぱいの拍手が…、何故?(^^;
 でも、さすがにメヌエットのフルートのソロでは、水を打ったように静まり返り、誰もが聴き入っているのが感じられました。
 京響のフルートのトップの方は男性ですが、今日のサックスは女性でした。とても力強い演奏で、登場する機会の少ない楽器ですから、力の入り方が違うかなと思うのは考えすぎでしょうか(笑)。
 アンコール曲は「Mozart music on the street」と指揮者さんが、言われたと思います。コミカルなメドレー曲で、お茶目な指揮でした。

 帰りに1月の演奏会のチケットを買ってから、地下鉄の駅に向かうと、そこにはすでに団員さんたちの姿が。いつもながらの早業(着替えの)です。
 途中下車して、三条通り界隈を少し見て歩き、そのあと京都駅へ。2008_11080006イルミネーションが始まって、キラキラした駅ビルです。その八条口側がリニューアルされていて、その一角に人だかりがしています。
 上の噴出口から勢いよく落ちてくる水で、色々な模様やメッセージが現われるようにプログラミングされているそうです(YouTubeで公開されていました→こちら)。
 キラキラして綺麗でした。西側の端っこにあるのですが、これを見るため奥まで行く人が増えるでしょうね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2008

翡翠

ボージョレ・ヌーボー、成田に到着」日経ネット11月7日

 輸入元などによると、750ミリリットル入りで1瓶2500円前後の見通し。原材料高や燃油特別付加運賃(サーチャージ)の高騰などで昨年より値段は若干高め。全輸入量も昨年よりも20%減ほどになる見通し。ただ最近の円高ユーロ安もあり、店頭価格を引き下げる還元セールなどを検討しているスーパーもあるという。

 解禁は20日だそうですね。ひと足お先に、こちらは解禁です。
2008_11070004 レギュラーガソリンも120円台まで下がっていますが、地産地消で原油高もなんのそのです。
 一応、ボジョレヌーボーと同じ製法で作られているとか。ラベルのカワセミの絵が人気みたいですね。あと、よく見かけるのはリスのラベルのものですが、他にヤマガラのもあるそうです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2008

「どうする日本の公教育」

 今日のクローズアップ現代(NHK午後7時30分~)の放送は、「教育に穴が空く ~“非正規”教員 依存のひずみ~」でした。

 いま全国の公教育の場で、教員が確保できずに授業に穴が空くという事態が相次いでいる。財政難に苦しむ多くの自治体では、ここ数年、教育予算を抑えるため、正規の教員数を削減し続けてきた。その一方、教育現場には、少人数学級など「きめ細かな教育」が求められている。そうした中、増えてきているのが、時間給の非常勤講師など、人件費が安い"非正規"教員。現在、その数は教師全体の少なくとも14%に上っている。しかし、"非正規"教員への依存度があまりにも高まったため、その確保ができない学校が出てきているのだ。 非正規教員に頼り続ける公教育の歪みに迫り、教師とは何か、教育とは何か、その原点を探る。

 「どうする日本の公教育」とタイトルをつけ、番組紹介にあるとおり依存どころか非正規教員も確保できない自治体があることが紹介されていました。確保できず穴が空いた授業は自習です。(^^;

 夕べ、Amazonに本を1冊注文しました。明日には届くようなので、それを読んでから4日の続きをもう少し考えたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 04, 2008

「おわりのはじまり」

 小学校2年の夏、遠くの親戚の家で何泊かさせてもらったときに、近所のお宅に連れてもらい初めて本当のブタを見ました。それまで物語の中の動物だったブタは、とにかく大きいし、かわいいどころか怖くて後ずさりしたことを覚えています。そして親戚の家には、ニワトリを飼っていて、その日の晩ご飯は鶏料理でした。平飼いのニワトリらしくコリコリした感触が、そのときは気持ち悪く、おまけに誰かが、それは、さっきまで庭を走っていたと、本当か冗談だったのか言ったりするもので、もう、半べそだったと思います。

2008_11040001 「豚のPちゃんと32人の小学生」
黒田恭史著
ミネルヴァ書房
表紙のオレンジ色の部分は帯で、はずすと本物のPちゃんの写真が見られます。

 映画「ブタがいた教室」を観ながら、現実はどうだったのだろう…とあれこれ思うことはいっぱいあったのですが、まず原作本を読んで驚いたのは、先生自身がブタに対しての知識がほとんどないまま、手探りの状態でのスタートだったことで、多くを子供らや、まわりの大人たちに助けられたことです。
 解剖実習のためのウサギを事前に学生に飼育させる、何てことは聞きますが、小学生にこんなかわいいコブタを見せたら飼いたい♪と言うに決まっています。これは食べ物、育てて食べるなんて、どれだけの子が意識の中にもっていたでしょう。飼育して食べるというのなら期限を決めて、食肉センターへ送るというならまだしも、最終的に命の期限を子供らに決めさせるのはあまりに酷だと思いました。
 あっと言う間に大きくなってしまったブタは思い通りにならない日もあるでしょうし、悪気はなくともエサを食べる勢いで手をかまれたりすることもあるでしょう。3年間のPちゃんとの生活は、楽しいこともいっぱいあるけれど、泣きたくなる日もあったでしょう。そして、この結末だと、子供らの中には、力が及ばなかったと自分を責める子もいたのではないかと心配になりました。
 先生を非難するのは簡単ですが、子供らがブタを殺させないために知恵をしぼって悩む姿を見続け、泣かれてしまっては辛かったことだと思います。周囲の方々も本当に悩まれたでしょう。でも、ブタの命を守るために、手を尽くす子供らの姿は、頼もしく感じられたのではないでしょうか。

 映画では、妻夫木聡さんが、悩みながらも子供らの気持ちを大事にし、ぶれない心を持った先生を演じられていたので、後味は決して悪くありませんでした。
 ドキュメンタリー番組が放送されたのは、私は知らなかったのですが、この本によると、NHKスペシャルに提案しようということになり、その最終の編集段階でのことです。

教育畑を歩んできたNHKのプロデューサーが、突然、大きな声で怒鳴りだした。あまりの剣幕にこちらも驚いた。
 『これは教育ではない。間違った教育だ。間違っているものをNHKで放送するわけにはいかない』
 なにが間違っているのかがわからなかった。ただそのプロデューサーが言わんとすることは、教育というのは、結論がわかっていて、そこにいかに上手に子どもたちを導いていくかというものである。

 こちらの方が、私はひっかかってしまいました。ここからは、まだ考え中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連休最終日

 昨日は、少し前に案内をいただいていた作品展に行きました。
2008_11030005_3 そろそろ人出も多くなっているので、全体が入るように撮ろうと思っても、人通りが切れるのを待っているとなかなかです。
2008_11030002 会場は、酒蔵だったところをギャラリーにされていて、蔵の中などもお見せしたいのですが、残念ながら撮影禁止です。こっそり、お庭だけ。(^^;
 教室の作品展なので、同じ面でも初心者から先生方の作品までが展示されていますから、見比べているだけでも面白く拝見させていただくことができます。

 このあと、イノダの本店に。やっぱりレモンパイは、ここのが一番美味しいかもしれません。イノダ独特の濃い珈琲に合う淡雪のようなお味です。2008_11030013_2
 フワフワのレモンパイを綺麗に持って帰る自信がないので、オミヤゲは挽いてないお豆を1缶買いました(買い置きの練乳があったので、それらしく入れましたが同じ味かは謎ですね)。

 まだ少し早かったので、会員券も残っていることですから、引き続いて京都シネマで映画を観て帰ることにしました。時間の都合で「ブタがいた教室」にしたのですが、昨日までは、DVDが出たらレンタルしたらいいかなくらいに思っていたのに、これが想像以上に泣けました(涙)。
 原作本も買ったので、感想は別に書きます。(;_;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2008

「裁判員に必要なものは?」

 今年も文化の日を前に案内が届きました。
2008_11020009 「第38回憲法と人権を考えるつどい」、去年は抽選になり、はずれて行けませんでした。だからと言うわけでもないでしょうけど、今年はオープンスペースでの開催です。
 森脇健児さんの司会でコーラスユニットのライブ付ですね。もう駅ビルは、昨日からクリスマスのイルミネーションも始まっています。例年より、若い人の参加を期待されていそうです(笑)。雨降りのときは、会場が駅正面の広場になるようですが、どちらにしても参加される方、暖かくしてお出ましください。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2008

「生きてさえいれば、この世界は美しい」

Ca821a7o_2  「落下の王国」を観てきました。みなみ会館は、気になる作品をいつもしているのですが、何となく足を運ぶ機会がありません。前に一度、他館の前売りチケットを買いに入ったことがあるだけで、映画を観るのは、今日が初めてです。
 子供の頃の古い映画館そのままの雰囲気が何とも言えず、スクリーンに向かって座席が上向きに傾斜しているのも新鮮です。場内は綺麗に改装されていてシートの座りごこちもよく、京都シネマと比べると、わー広い!と思ってしまいました(京都シネマに初めて来た人は、たいてい「わー小さい!」と驚きます・笑)。
 上映時間の20分くらい前に着きましたが、結構な数の人が列をつくっておられたので、これが京都シネマなら隅っこの席しかないところでした。(^^;
 で、肝心の映画の方ですが、よくできたポップアップ絵本を見ているようでした。24カ国以上のロケ地に、13の世界遺産を舞台に使用したという凝りようで、衣装との配色も素晴らしく、とにかく美しい場面の連続です。ベートーベンの7番2楽章も、あれだけ繰り返し流れると、くどく感じそうなものですが、それも自然に耳にはいってきます。でも、評判が悪いというのも納得がいくような…。すごく単純なお話なのですが、特にラスト10分くらいは、ちょっと胃にもたれるようで苦手です。

2008_11010005 観終わって外に出ると、すっかり日も暮れて、車のテールランプが、まぶしく感じます。浮かび上がって見える東寺の五重塔が、何とも幻想的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドングリと背比べ2008

 ゴーヤが頑張ります。(^^;
2008_11010006 午前中は、めっきり秋らしく涼しくなったと思ってましたが、今は窓を開け風を入れて、ちょうどいいくらいです。この暖かさなら11月の収穫も夢ではなさそうです。

2008_11010012_3 こちらの真ん中は、去年、拾ってきたギンナンを、一つだけ土に埋めておいたものから芽が出たイチョウです。超ミニミニながら、この子も頑張っています。
 お兄さん(お姉さん?)格のバオバブ、ドングリと背比べです。

 今日は映画の日なので、買い物も兼ねて出かけようと思ってましたが、このままお昼寝したいくらい気持ちのいいお天気です。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3分間クッキング

 夕べは、やっぱり疲れていたのでしょうね。足がもつれて自転車もろとも転びそうになってしまいました(サドルを上げているので足が届きません)。(^^;

Oth_pen47  晩ご飯は簡単に、サラダご飯です。「ご飯にドレッシング」なんて不思議なものが売ってあったので、試してみたくなりました。プリーツレタス、水菜、にんじん(千切り)、目玉焼き、チキン、細切りにして焼いた油揚げ(おススメ!)等々、適当に、あったかご飯にのせてドレッシングをかけます。これが、なかなか美味しかったです。ドレッシングは、これをヒントに家で作ればいいのですから、うちの定番メニューになりそうです。

 インスタント食品の話が続きます。私は旅行に行くと、最後に必ずコンビニに寄って、ご当地商品がないか探します。これからハイシーズンの京都にお立ち寄りになる方へお知らせを(笑)。
 今、近畿地区限定で売っているカップ麺に、こちらのローカル番組とのタイアップ商品があります。→こちら
 最近、朝、夕2食のことが多く、カップ麺を食べることも滅多にないのですが、これは確かに美味しいとのことなので、朝から食べてみることにしました。
 名前からスープがこってりしていそうなイメージがありましたが、それが全然。くどさのない味で食べやすく、夕べのサラダ用の野菜を上にのせて、スルスルと食べてしまいました。
 フタの裏側にクジ(→こぶたグッズが当たる)もついています。秋の関西旅行のオミヤゲに是非どうぞ。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »