« 燃えるがごとく今さかりなり | Main | ゴーヤ実る! »

September 23, 2008

「時空を超えて万葉の世界へ」

 京都から近鉄の急行電車で1時間余りの飛鳥です。いつもは画像のサイズを640×480にしていますが、今日は1600×1200で撮りました。
2008_09230004_32008_09230006_22008_09230037_22008_09230068_32008_09230060
 そよそよと吹く風のおかげで涼しくて快適な一日でした。彼岸花も今日が一番の見ごろだったのではないでしょうか。

 石舞台古墳周辺は、広い駐車場のある綺麗な公園になり、今日は運動会やステージで何かイベントもしているようで、大変な人出でした。2008_09230024_3
 観光バスで来られているような集団にすれちがいましたが、古墳のまわりは、それほど人も多くありませんでした。それにしても、小学校の遠足で来たときのことを思うと、すっかり様変わりしています。(^^;2008_09230032_22008_09230033_2
 ちょっと変わったところで、周歩道沿いで見かけたホテイアオイの群落です。干上がったのでしょうか、まわりは水辺ではありません。 2008_09230016_2
 これも途中で見かけた大きなキノコで、ヒザぐらいの高さの背丈です。大きさの比較に置いた地図の横幅は36センチです。(^^;
2008_09230041_2

 うろうろと歩き回ってばかりでしたが、ここは最近発掘されたところだそうなので、見学させていただくことにしました。道路建設の際の調査で見つかった、酒船石遺跡の「亀形石造物」です。7世紀後半に造営された状態の良い部分だけ残して、あとは埋め戻されています。黒く見えているところは土嚢で、石の表面は樹脂加工されているそうです。2008_09230045_22008_09230048_3
 そのあと、お隣にある県立万葉文化館 に入りました。ここは飛鳥池工房遺跡の復元展示がメインなのでしょうが、他に日本画の展示室、劇場、映像ホール、万葉の音を体感する「さやけしルーム」などがあります。田園風景を見渡せる展望ロビーや眺めのよいカフェもあり、シティホテルを思わせる、とても立派な建物です。
2008_09230050_22008_09230058

 今日は、足のむくまま気の向くままに歩き、見そびれたところもたくさんできてしまいました。次は、いつか桜の頃にでも来たいなと思っています。(^^

|

« 燃えるがごとく今さかりなり | Main | ゴーヤ実る! »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

winter-cosmosさん、大変ご無沙汰してました。

音楽会のこと、近江八幡のこと、ヴォーリズのことなど気になる記事が沢山あったのですが、暫らく余裕がなく、なかなかコメント残せなくて・・・(^^;

初秋の飛鳥、ステキですね~(^^)
私が訪ねた盛夏とは、全然雰囲気がちがいます!

白い彼岸花がこんなに群生しているの初めて見ました。(つい白花に反応してしまう私。(^^;)
ホテイアオイは見かけましたが、まだ咲いていませんでした。薄紫色の美しい花なのですね。(^^)

ほんと!飛鳥の里は時空を超えた世界を味わえますね。
しかも四季折々の変化も楽しめるのですね。ステキ~
最近、すっかり大和路にはまっている私、winter-cosmosさんの写真を拝見して、ますます再訪したくなりました。

Posted by: snow_drop | September 25, 2008 13:46

snow_dropさん、こんにちは♪

せっかくですから、snow_dropさんが、行かれてなかったところ(?)を載せようと思いました。

白い彼岸花は、道でいくらかは咲いているところを見ましたが、群生しているのは石舞台古墳の周囲だけでした。ただし自生しているのではないでしょうね。(^^;

最後は甘樫の丘に上がりたかったのですが、もうヘトヘトだった(たぶん20㎞以上歩いたと思います)ので、次のお楽しみです。春霞の万葉の里なんてどうでしょう。わくわく♪
キノコの横に置いた地図で、少々迷ってしまったこともあって、あまり効率よくまわれなかったのが残念です(笑)。

Posted by: winter-cosmos | September 25, 2008 19:26

そうなんです。石舞台古墳も万葉文化館も行けなったのです。(^^;
winter-cosmosさんのお心遣い、とても嬉しいです。(^^)

甘樫の丘もいいなぁ。次回は私も丘に登って大和三山を眺めてみたいものです。

ところで、winter-cosmosさん、ウォーキングで周られたのですね。20kmとはスゴイ!
サイクリングも良いけれど足の向くまま気の向くまま丁寧に見て歩くと楽しさが倍増しそうですね。(^^)

春の飛鳥レポートが待ちきれません。

Posted by: snow_drop | September 26, 2008 13:35

いえいえ、■十年ぶりに石舞台古墳を見て、私も感慨無量です(笑)。

地図を見ると、自転車でも通れないような道があるように書いてあったのと、丘陵だけに、ママチャリでは上り坂で足手まといになるような気がして、"歩き"にしました。
駅から少し行ったところにマウンテンバイクを貸しているところがありましたから、次はそれも選択肢にいれてもいいかもしれません。

雪の降るころにも行ってみたいのですが、またまた迷子になって遭難するかなとか。(^^;

Posted by: winter-cosmos | September 26, 2008 19:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「時空を超えて万葉の世界へ」:

« 燃えるがごとく今さかりなり | Main | ゴーヤ実る! »