« 舛添要一様 | Main | ヒトラーの贋札 »

September 28, 2008

里の秋

 すっかり秋です。涼しくなりました。半袖ではさすがに寒いので、パーカーを一枚、羽織って出かけました。
2008_09230017
 これは明日香村の柿の木です。いつもの図書館までは、ひとやま越えて行くのですが、その道中も栗の実が道に落ちていたり、紅葉の始まっている木を見かけるようになりました。
  そう、いつかのアゲハのサナギは、まだウチにいます(謎)。で、その子を育てたミカンの鉢は、もう、ほとんど葉っぱなんか残っていなかったのに、いつのまにか、またアゲハのチビちゃんでいっぱいになっていました。(^^;
 そして9匹いる内の2匹が、それでもアオムシ(終齢)になってしまいました。十分に食べていなかったからでしょうね、ミニミニサイズのアオムシです。このまま自然淘汰…ということも考えましたが、この際です、みんな山越えにつれて行って、移住させることにしました。運よく、交通量の少ない通りの緑地帯に背丈くらいのミカンの木を発見。金柑くらいの実がなっていますし、葉っぱにもかじったあとがあります(無農薬?)。
 去年も、涼しくなってからアゲハの子がやってきて、食べさせるものがなくて困ったんですよね。残念だけど、卵を産み付けられないように、ミカンの木だけガードするしかなさそうです…。(^^;

|

« 舛添要一様 | Main | ヒトラーの贋札 »

自然・環境」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62944/42624386

Listed below are links to weblogs that reference 里の秋:

« 舛添要一様 | Main | ヒトラーの贋札 »