« August 2008 | Main | October 2008 »

September 28, 2008

里の秋

 すっかり秋です。涼しくなりました。半袖ではさすがに寒いので、パーカーを一枚、羽織って出かけました。
2008_09230017
 これは明日香村の柿の木です。いつもの図書館までは、ひとやま越えて行くのですが、その道中も栗の実が道に落ちていたり、紅葉の始まっている木を見かけるようになりました。
  そう、いつかのアゲハのサナギは、まだウチにいます(謎)。で、その子を育てたミカンの鉢は、もう、ほとんど葉っぱなんか残っていなかったのに、いつのまにか、またアゲハのチビちゃんでいっぱいになっていました。(^^;
 そして9匹いる内の2匹が、それでもアオムシ(終齢)になってしまいました。十分に食べていなかったからでしょうね、ミニミニサイズのアオムシです。このまま自然淘汰…ということも考えましたが、この際です、みんな山越えにつれて行って、移住させることにしました。運よく、交通量の少ない通りの緑地帯に背丈くらいのミカンの木を発見。金柑くらいの実がなっていますし、葉っぱにもかじったあとがあります(無農薬?)。
 去年も、涼しくなってからアゲハの子がやってきて、食べさせるものがなくて困ったんですよね。残念だけど、卵を産み付けられないように、ミカンの木だけガードするしかなさそうです…。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2008

舛添要一様

 ここまでひどいとは思いませんでした。(^^;
2008_09270003 今日届いた「『ねんきん特別便』です」を見てびっくりです。
 私なんか典型的な転職組なんですが、厚生年金の加入歴がそっくりぬけていました。つなぎにかけていた国民年金の分だけ記録されています。(_ _)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2008

ゴーヤ実る!

 デジカメの画像サイズを元に戻しておくのを忘れていました。クリックすると特大サイズになりますが、実際はこんなに大きくありません。(^^;
2008_09250001
 まだ、生まれたばかりの赤ちゃんの握りこぶしくらいです。13日に咲いた雌花を、しおれていましたが次の日に咲いた雄花で、ちょこちょこっと受粉させておきました。
 そして、今朝、葉っぱの陰から赤ちゃんゴーヤがのぞいているのに気がつきました。この細い茎でよくぶら下がってられるなと言う感じですね。どこまで大きくなるか楽しみです(笑)。

追記:右側の赤みのある茎は、去年、根っこをゲットしてきたカラスウリです。夏に一度枯れかけて復活しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2008

「時空を超えて万葉の世界へ」

 京都から近鉄の急行電車で1時間余りの飛鳥です。いつもは画像のサイズを640×480にしていますが、今日は1600×1200で撮りました。
2008_09230004_32008_09230006_22008_09230037_22008_09230068_32008_09230060
 そよそよと吹く風のおかげで涼しくて快適な一日でした。彼岸花も今日が一番の見ごろだったのではないでしょうか。

 石舞台古墳周辺は、広い駐車場のある綺麗な公園になり、今日は運動会やステージで何かイベントもしているようで、大変な人出でした。2008_09230024_3
 観光バスで来られているような集団にすれちがいましたが、古墳のまわりは、それほど人も多くありませんでした。それにしても、小学校の遠足で来たときのことを思うと、すっかり様変わりしています。(^^;2008_09230032_22008_09230033_2
 ちょっと変わったところで、周歩道沿いで見かけたホテイアオイの群落です。干上がったのでしょうか、まわりは水辺ではありません。 2008_09230016_2
 これも途中で見かけた大きなキノコで、ヒザぐらいの高さの背丈です。大きさの比較に置いた地図の横幅は36センチです。(^^;
2008_09230041_2

 うろうろと歩き回ってばかりでしたが、ここは最近発掘されたところだそうなので、見学させていただくことにしました。道路建設の際の調査で見つかった、酒船石遺跡の「亀形石造物」です。7世紀後半に造営された状態の良い部分だけ残して、あとは埋め戻されています。黒く見えているところは土嚢で、石の表面は樹脂加工されているそうです。2008_09230045_22008_09230048_3
 そのあと、お隣にある県立万葉文化館 に入りました。ここは飛鳥池工房遺跡の復元展示がメインなのでしょうが、他に日本画の展示室、劇場、映像ホール、万葉の音を体感する「さやけしルーム」などがあります。田園風景を見渡せる展望ロビーや眺めのよいカフェもあり、シティホテルを思わせる、とても立派な建物です。
2008_09230050_22008_09230058

 今日は、足のむくまま気の向くままに歩き、見そびれたところもたくさんできてしまいました。次は、いつか桜の頃にでも来たいなと思っています。(^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

燃えるがごとく今さかりなり

燃えるがごとく今さかりなり
燃えるがごとく今さかりなり
飛鳥です。
盛りなので人も車も多いです。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

Everyday,unknown heroes are born in the flames.

 朝から大雨です。(T_T)
 大雨洪水警報が出たので、洗濯物を取り込んだときは、どんより曇り空という感じでした。それが8時半頃に玄関を開けると、外は土砂降りです。彼岸花を見に行くどころではなく、今日は家でゆっくりすることになりそうです。

 最近、DVDもレンタルしすぎで観るのがせわしなく、今週は何も借りてません。これ(邦題は「炎のメモリアル」です)は、だいぶ前にムスメが買って家にありました。タイトルは、パッケージに書かれていたコピーです。
D111455957 最近のテーマパークがよくできているからでしょうね、火災現場がアトラクションのように見えてしまうのが悲しいですが、建物が炎上している場面は、セットではないそうなので迫力があります。
 でも、どちらかといえば、そんな見た目よりも、日常のドラマを消防士の目線で描いた、むしろ地味なお話という印象で、炎に挑む"ファイヤーファイター"という言葉そのものです。特典映像にあるメイキングの方が、危険な場面を真剣に取り組む俳優さんたちの姿に本編より感動しますね。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2008

「しあわせに生きるための道具」

 あまりに情けないこと…、でも、それが現実なんですね。気にしないでおこうと思いながらも、なんだか疲れてしまった一週間でした。

 そんなときに見つけたから、余計に涙腺がゆるくなったのかもしれません。
2008_09200007_2えほん日本国憲法
しあわせに生きるための道具

絵・文 野村まり子
監修 笹沼弘志
明石書店

 子供向けに条文を易しく説明してあるだけの絵本ではありません。この本が出来上がるまでに、それはそれは長い時間と、たくさんの積み重ねがあったのだと思えて、店頭で涙がにじんできました。是非、お手にとってご覧になってください。

わたしたちは、
自分のことは自分で決め、自分の生きかたやしあわせを
自分で思いえがいて実現する、自由と権利をもっています。
この自由と権利は、
だれもが、生まれながらに平等にもっているもので、
だれからも、うばわれることはありません

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 18, 2008

都井岬の南約60km?

 昨日の進路予想では、今日の帰りくらいに台風が接近していそうだったので、心の準備だけはしていたのですが、今のところ雨も降らず穏やかなお天気です。土日には彼岸花を見に行こう、何てノンキなことを考えています。(^^;

Oth_pen41  8月末の大雨のときにサナギになったアゲハも、のんびりやさんで、まだウチにいます。台風で、また 大雨にでもなった日に羽化するのではないかと心配しましたが、このぶんだと何とかなりそうですね。 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2008

十五夜お月さん

 夕べは、くっきり綺麗なお月様でした。午後からポツポツと雨が降り始めたので、今夜の満月は見えなさそうです。
2008_09150010 お月見団子代わりの白玉ぜんざいです。小豆だけ昨日に炊いてあったのですが、お腹がふくれてしまったので、お団子は今日になってしまいました。買ってあった白玉粉を見ると、もち米100%…産地表示がない…。こんなところに反応してしまうのも悲しいです。(^^;

 今日は、アマチュアのオーケストラの演奏会に出かけました。演奏曲はモーツァルトの交響曲等々です。昼下がりに聴くにはいい曲ばかりでしたが、アンコール曲のアヴェ・ヴェルム・コルプスが個人的にも好きですね。声楽で聴くことの方が多いですが、オーケストラの演奏も素敵です。
 ホールに立ててあったチラシの演奏会のチケットを、帰りにチケットぴあで買いました。久しぶりのコンサートホールです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2008

僕のピアノコンチェルト

 まるで「名探偵コナン」を見ているようでした。(^^;
41vy53cbozl__sl500_aa240__2 同じ"神童"を主人公にしたお話でも、「4分間のピアニスト」とは、だいぶ違います。でも、こちらの主人公も高い知性と能力を持って生まれてきてしまったため悩みはつきず、唯一、彼をありのまま受けとめてくれるおじいちゃん(「ヒトラー~最期の12日間~」でヒトラー役を演じたブルーノ・ガンツ)と自分の進む道を模索します。
 主演のテオ・ゲオルギュー君は、本当に天才ピアニストだそうで、俳優としても堂々としたものです。
 うちの子は天才じゃないか、なんて思う瞬間は親なら持っても不思議はないです。その気持ちを、いい方向にずっと持続させられると幸せなんですけどね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2008

今年もゴーヤ咲く

 ゴーヤが咲きました。2008_09130004
 去年より1ヶ月ほど早いです。でも、暑さの峠を越さないと芽が出ないのは、余程こちらの気候が厳しいということなのでしょうか?
 せっかくの雌花ですが、他に咲いていないので受粉はできませんでした。今年も収穫は無理でしょうけど、涼しげな葉で目を楽しませてもらいます。まだまだ、日中は暑いので。

41vagerfmgl__sl500_ss120_ 朝から用事を済ませたあと図書館に行きました。今日の収穫は旅行の本を何冊かと、エア・サプライのベストアルバムです。もう30年近く前のヒットになるのですね。自然に耳に入ってきたような曲ばかりで、どんな場面で聴いたのかも思い出せませんが。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2008

4分間のピアニスト

 いい映画なのかよくわかりません。(^^;
51ky2bol8j8l__sl500_aa240_ 児童虐待、少年犯罪、更生施設の処遇等々の、背景に見え隠れする問題が、ヒロインの激しい暴力や荒い言葉遣いと、その凄まじい過去に目くらましされてしまうようです。
 刺激の強いシーンが続き、これを映画館で観ていたら、ヘトヘトになっていたでしょうね。(_ _)
 神童と言われたヒロインが、ベートーヴェンのソナタを弾き、「難しい」と言って少女らしく笑うシーンが、この映画に彩りを添えるところかなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2008

「ご当選のお知らせ」

 もらっちゃいました。(^^
2008_09100003 ギフトカードが入ってました。アンケートに答えた人の中から抽選だそうで、そんな書き込みをしたことも忘れていました。
 地味に懸賞も当たっている方なのでしょうか。子供のときにキョロチャンの金のくちばしで、「オモチャの缶詰」(一つはキョロチャンの形をした大きなスタンプだったと思います)を2回もらったことがあります。子供らが小さいころには、シズカチャンマークを送って、「四次元ポケット缶」も2回当たりました。これは2回出して、2回とも送ってきたので、出せばもらえるものだと勘違いしていました。(^^;
 あと、はっきり覚えているのは、ボスジャンですね。七、八年前の、革でダウンになったものです。そのくらいから懸賞も応募していないと思います。
 その頃だったか、テレビで懸賞マニアの人が当選のコツを話されているような番組を見かけました。毎日、何か当選した品物が送られてくるような人は、応募するのもプリンターで印刷するほどの量でしたが、私が当たったのは、たいてい、応募券が要るので1通しか出さないようなものでした。ちょっぴり“運”ですね(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 09, 2008

「旅はるかなる宿場まち」

 朝夕が涼しくなり食欲の秋の気配ですね。(^^
2008_09090005 今日の晩ご飯は、日曜に津の駅前で買った「ご飯の素」で炊いた、アワビご飯です。スライスしたアワビが別添えになっていて、蒸らすときに入れるようになっていました。混ぜ込んでも、ちゃんと存在感があります。あと、秋限定で黄菊の花びらが添えられたものもありました。そのぶん椎茸が抜いてあるそうなので、花より椎茸かなと思ってこちらにしたのですが(笑)。
2008_09090016 こちらは関で買った「関乃戸」(漉し餡を包んだ求肥に和三盆がまぶしてあります)と「志ら玉」(漉し餡を包んだ上新粉のお団子)で、どちらも上品な甘さです。
 カフェでわけていただいたお茶は、ハーブティーよりクセがなくて飲みやすく、元気になりそうな香りがしています。お店では、鉄瓶で煮出して出されていたと思います。鉄瓶でお茶を沸かすと貧血予防になると言いますね。鉄のお鍋は重いので使わなくなっていましたが、お茶を沸かすくらいなら、そんなに大変ではなさそうです。次は鉄瓶を探しに行く旅もいいですね…岩手(?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2008

”青春18”今はもう秋の旅

2008_09070040
 久しぶりに夕焼けを見たような気がします。最近、ずっと夕方は曇り空でしたから。
 青春18切符(9月10日まで)を使って、三重に行きました。小学校の修学旅行と言えば「お伊勢さん」の時代があったので、鳥羽・伊勢方面は、私もムスメも今まで何度か来たことはありました。
2008_09070009  京都駅から、東海道線・草津線・関西本線・紀勢本線・参宮線を乗りついで、鳥羽には11時に着きました。朝方は涼しかったのに着いてみると想像以上に暑く、逃げこむように駅から徒歩5分のミキモト真珠島を見学することにしました。
2008_09070014  真珠博物館で養殖真珠のできるしくみの説明を聞き、アンティークのアクセサリーから豪華な真珠の数々で目の保養をして(☆_☆)、そのあと、食事を済ませました。真珠貝の貝柱のお料理等々(あと貝柱のフライも)と伊勢うどん(太くて生醤油 →「たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なうどんつゆ」がかかっています)が美味しかったです。
2008_09070011  もう少し、ゆっくりしたかったのですが、遅らすと次の到着が1時間ずれてしまうので、急いで鳥羽駅に戻りました。
 乗り換え案内のサイトで、最短時間の列車を調べてあったものを印刷して持ってきていて、途中の津駅で乗り換えの時間待ちが36分あるのは、着くまで気づきませんでした。そのおかげで、”つ”(気になる駅名です)で降りることができて、駅前を少し見ることもできました。
 次の目的地の関駅に着いたのは、4時前です。今回は、こちらがメインのつもりでしたが、ここまでで18切符を使ってしまうのも惜しかったので、鳥羽まで行ってみることにしました。

2008_09070019_2 「関は古代から交通の要衝であり、古代三関のひとつ『伊勢鈴鹿の関』が置かれていたところです。関の名もこの鈴鹿の関に由来しています。
 江戸時代には、東海道53次の江戸から数えて47番目の宿場町として、参勤交代や伊勢参りの人々などでにぎわいました。現在、旧東海道の宿場町のほとんどが旧態をとどめない中にあって、唯一歴史的な町並みが残ることから、昭和59年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。関宿の範囲は、東西追分の間約1.8キロメートル、25ヘクタールに及び、江戸時代から明治時代にかけて建てられた古い町家200軒あまりが残っています。」
 お菓子を買ったお店でいただいた、関宿・イラスト案内図の解説文です。
2008_090700302008_090700322008_090700292008_090700272008_090700282008_09070024
 4時半くらいには資料館やお店は閉められるのだそうで、中を拝見することはできませんでしたが、観光で歩かれているような人も少なく日常の風景です。その中で素敵なカフェが、まだ開けておられたので休憩することにしました。
2008_09070037 古くから薬局を営まれていたお宅を、そのままカフェとギャラリーにされています。お手製のチーズケーキと、それに合わせて選ばれたという珈琲のセットです。控えめな甘さで口溶けの良いケーキと、ブラックで出される珈琲がとてもよいバランスでした。あと、お店で出されているオリジナルブレンドのお茶も、分けていただくことができます。
2008_09070a002  関駅のすぐ隣は道の駅です。とれたての野菜を買ってしまったので、まるでスーパーの帰りのようですが、最後に京都駅でお豆腐と糸コンニャクも買って、晩御飯は、すき焼にしました。 「味しめじ」は香りも歯ざわりもよくておいしかったです。

 行きの柘植から先はワンマンカー(2両)で、亀山からは、それも1両になります。通勤電車のような混み具合が津駅まで続き(それ以外はずっと座れました)、ちょっと驚きましたが、乗り換えの慌ただしさも何もかも、青春18ならではのことで旅を満喫できました(笑)。今度は朝に関駅で降りて伊勢市くらいまでの逆コースで、冬に行きたいなと思っています。青春18の旅は、まだまだ続きそうです。(^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2008

つ
乗り換えの時間待ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“青春18”まだまだ青春の旅

“青春18”まだまだ青春の旅
いいお天気になりました。(^^v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2008

「雨の音がきこえる」

 今日から上映の「グーグーだって猫である」の原作は、大島弓子さんの漫画なんですね。テレビで映画の紹介をしていて知りました。ははっ、懐かしい。(^^
 漫画をよく読んでいたのは、ずいぶん前の話なので、すっかり忘れていましたが、「雨の音がきこえる」が好きだったんじゃなかったかと思います(言葉の響きが好きだった?)。
2008_09050035 グーグーの原作本を本屋さんに探しにいったら文庫本が出ていたので、それは立ち読みをして(すみません)、こちらを買いました。グーグーの劇中漫画7作品、一挙掲載だそうです。
 久しぶりに読んで、何でしょうね、この感覚。ふわふわと、お話の中に漂うような気持ちになるのが心地いいというか。中毒になるかもしれない。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再テスト

2008_09050021_2  少し前のメンテナンスで、サムネイルの画像をクリックするとライトボックスで表示されるようになったそうですが、そうなりません。(^^;
 既成のままテンプレートを使っていない場合は、ライトボックスのタグを自分で追加しないといけないそうなので、いったん別のテンプレートに変えてみたり試しましたが、ダメみたいです。???

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2008

取り急ぎ

 そんなに忙しかったわけではなかったのに、書きそびれてしまいました。
519n6tlkzrl__sl500_aa240__2
 ディズニー映画なんですね(あとで気がつきました)。これなら子供にもおススメできます。宝の地図への謎解きをすすめながら、適度にドキドキできて、おかしな刺激の強い場面がありません。
 歴史学者でもある冒険家のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)のお話ですから、歴史に興味を持つきっかけにもなりそうです。

516wonh2ugl__sl500_aa240_
 こちらは、ちょっと疲れた大人向け(?)。9・11で家族を亡くした男性と、恵まれた暮らしではあるものの家族としっくりこない男性のお話。冒頭の原付のキックボード(公道を走れるのですね)に乗り、ニューヨークの町を移動する男性の姿が印象的で、バックを、ゆるやかに流れる音楽にひたって、ずっとこの場面を眺めていたくなります。登場人物の気持ちの変化にあわせて、観ているこちらも気持ちをほぐしてもらえそうな気がします。

 私のPCの不具合かもしれませんが、ナショナルトレジャーの公式サイトを開くとブラウザーが変になる(?)ので↑Yahoo!映画がリンクしてあります。
 いつからか、と言っても、もうかなり前から、Outlook Expressがおかしくて、受信はできるのに新規作成したメールの送信ができません。携帯のメールや何かで、しのいでいたものの長文のときは悲惨でした。(_ _)
 エラーメッセージで検索してみたら、そう珍しい現象でもないようです。(→Microsoft サポートオンライン)でも、設定しなおすのが大変そうなので、あとまわしにしていたら、とうとう返信もできなくなってしまいました。なんとかしないといけない。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2008

今日も豪雨

 朝からお客様です。
2008_09020008_22008_09020014_2 キタテハかと思ったら、羽の裏側におしゃれな模様があり、ヒメアカタテハという種類のようです。何もゴチソウできなくて申し訳ないですが、雨宿りくらいならいくらでもしていってください。(^^
 午後から滋賀や奈良に警報が出て、しばらくすると、こちらも落雷があったのか(そんなに雨は降ってませんでした)、1秒ほど停電してしまいました。忙しい時間に困ります。(_ _)
 今もひっきりなしに、あちらこちらで警報が出ています。本当にどうなっているのでしょう。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2008

「茶番の劇場」

 ニュース速報を見て、子供らと三人で、「ヘェ~」とハモってしまいました。つなぎでしかなかったということでしょうか。大人の事情はよくわかりません。(^^;

51jw8smf2ml__sl500_aa240_ 「ミリオンダラー・ベイビー」です。モーガン・フリーマンのことが話題に出たときに、映画好きの友達が、すすめてくれたので、女性のサクセスストーリーかな…くらいに思いながら見始めました。家のテレビだと、なかなか落ち着いて観られないのですが、本当に久しぶりにじっくり観てしまった映画です。でも、私にはクリント・イーストウッドの自己満足にしか思えなくて、何だか後味が悪いです。(^^;
 あらすじはWikipediaをご覧いただきたいのですが、マギー(ヒラリー・スワンク )はフランキー(クリント・イーストウッド)ではなく、愛情を注いで欲しい人がいたのですから。人は泣きながら生まれて、泣きながら死んでいくのかなと思うと悲しすぎます。(;_;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »