« 純白の乙女 | Main | 「近江八幡は世界の中心」 »

August 18, 2008

美味しい夏の旅

 関西夏休みパスを使って、湖北に行ってきました。
2008_08180042_2
 新快速で長浜に行き、駅に置いてあった観光地図を参考に観光スポットをまわりました。
2008_08180019   有名なガラス細工のお店は、ほどほどのお値段でいいかなと思いましたが、オルゴール館にしても、大半は最近の観光地ならどこにでもあるようなものが置いてあるのが残念です。駅前から少し離れると、レトロな街並みが残っているので、そちらの方に、昔のままの商品を置いている、楽しいお店がいくつもありました。
2008_08180027 「長濱浪漫ビール」、地ビールのブルワリーレストランで、まずは近江牛のにぎり寿司と地ビールです。
 そのあと、「びわ湖の天然ウナギ入りました」と貼紙のしてあった郷土料理のお店でランチです。
2008_081800292008_081800312008_081800362008_08180038 ウナギは白焼きにして湯葉で豆腐と巻いてアンカケにしてあります。先の地ビールレストランとこちらのお店のどちらも、近江牛が柔らかくて美味しかったです。念願のウナギもビワマスも生臭みが全然なく、これは機会があればまた食べに行きたいですね。ビワマスだけ別料金ですが、これは2100円のランチでお手ごろ価格です。

 買い物も済ませ、また新快速に乗り、次は彦根で降りるつもりでした。それが歩きつかれて居眠ってたんですね、乗り過ごしてしまいました。(^^;
 仕方ないので、近江八幡で降りることにして有名なお菓子屋さん(バウムクーヘンが有名で行列ができます)に行きました。2008_08180053アールグレィのアイスティーがちょうど良い濃さにいれてあって、ケーキによく合いました。
 お店までの道中、これといって観光するようなところは全く見かけなかったのですが、会計のときにカウンターに観光地図が置いてあるのを見つけ、そこには綺麗な街並みが紹介されています。それを片手に、またテクテク歩き始めました。

2008_081800552008_081800592008_081800602008_081800612008_081800642008_081800682008_081800692008_081800742008_081800672008_08180072
 一番初めの目的地まで、駅から2キロくらいだったと思います。駅から少し離れていて、普通の住宅地だけに、観光地化してなくていい雰囲気でした。二時間は歩きまわりましたが、もう日が落ちかけていたので涼しくて、なんとか最後は駅までもどってくることができました(初めの小学校のところから帰りは近江鉄道バスに乗りました)。まだ書きたいことがあったのですが、くたびれたので。 (_ _)zzz

|

« 純白の乙女 | Main | 「近江八幡は世界の中心」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美味しい夏の旅:

« 純白の乙女 | Main | 「近江八幡は世界の中心」 »