« 猛暑 | Main | 「北西の風・雨 ・所により雷を伴い 激しく降る」 »

July 27, 2008

「残る文化は必死さが違う」

知事VS芸術系大学生 文化行政巡って激論
(2008年07月27日 読売新聞)

橋下知事は報道陣に「若い学生の声が聞けてよかった。文化でも需要と供給の原理があり、何でもかんでも金をつぎ込むのは違う」と語った。

  少数派は切りすてていく、とおっしゃっていると受け取っていいのでしょうか。仮にチケットの収入だけでも運営していけるくらい、高額の料金の演奏会になってしまえば、本当に一部の人にしか需要がなくなってしまうでしょう。機会がない人にも等しく提供していくことが知事の仕事のように思うのですが。

橋下知事が芸術論「残る文化は必死さが違う」
(asahi.com 2008年7月26日18時7分)

「消えそうだからといって、行政が特定の何かに金をぶち込むべきじゃない。やっている人間がまず努力すべきだ」

 お金を生まないことはするべきではない、と言われているように聞こえてきます。

労働者にオペラを 英歌劇場、大衆紙だけにチケット情報
(asahi.com2008年7月27日19時35分)

同歌劇場には国から多額の補助金が出ている。しかし、一部の社会階層しか楽しんでいないのでは税金を使うことが正当化できないとして、ファン層の拡大が重要な課題となっている。

 こんなところもあるんですね。(^^;

|

« 猛暑 | Main | 「北西の風・雨 ・所により雷を伴い 激しく降る」 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

■知事VS芸術系大学生 文化行政巡って激論-芸術の振興こそNPOの重要な役割
http://yutakarlson.blogspot.com/2008/07/npo.html
こんにちは。私は、現在の大阪府の状況を勘案すれば、橋下知事の言われることも無理はないものと思います。これが、大阪府が通常の状況であれば、そうではありませんが・・・・・。今は行政、府民、楽団員ともに耐え忍ぶときだと思います。今こそ知恵の絞り時だと思います。私は、この状況を互いに耐え忍び、楽団などが存続できたら、そのときよりいっそうコミュニケーションが深まると思います。
こちらは、北海道からですが、夕張では成人式に市からの補助金がおりず、成人を迎える若者自身や、周りの人々が一致協力して寄付など募り、何とか挙行できました。そのときの喜びを語った成人の涙は、感動的でした。私達の商売でも、今では原油高などから、既存の商売をそのまま継続していれば、破綻するのは目に見えています。だから、こういうときこそ創造性を発揮すぺきときと考え、実行しています。旭川の旭山動物園では、以前閉鎖の危機を迎えましたが、従業員の人々の創意工夫により、立ち直り、今では全国から集客できる動物園になりました。危機にあたって、創意工夫したことが、次への躍進のステップとなりました。危機の時こそ、チャンスと捉えるべきではないでしょうか?芸術関連の団体だけが、それができない理由は無いと思います。

Posted by: yutakarlson | July 28, 2008 10:05

 yutakarlsonさん、初めまして。丁寧なコメントを、ありがとうございます。
 まずサイドバーのバナーから「応援する会」サイトの>更新情報>【Q&A:大阪センチュリー交響楽団とは…】をご覧になっていただきたいのですが

Q. 1 オーケストラは補助金がなくなると運営ができなくなるのか?
Q. 2 オーケストラは不経済なのか?
Q. 3 「財団法人大阪府文化振興財団」とは?
Q. 4 「財団法人大阪府文化振興財団」が行っている事業は?
Q. 5 今回問題になっている「大阪府の補助金」とは?
Q. 6 「大阪府の補助金」は何に使われているのか?
Q. 7 「大阪府の補助金」の額は?
Q. 8 大阪センチュリー交響楽団の運営状況は?
Q.9 年間経費はどのくらいか?
Q.10 演奏の内訳は?
Q.11 楽団員の平均年齢や給与は?
Q.12 大阪センチュリー交響楽団が行っているパブリック・サービスとは?
Q.13 大阪センチュリー交響楽団の会員制度の状況は…
Q.14 補助の元は大阪府しかないのか?
Q.15 収入を増やす方法はないのか?

 夕張の成人式はニュースで拝見して、いい話だと思いました。それに比べて、30代にもなって「親が~してくれない」と人を殺めてしまう人が、あまりにも情けないです。

 旭山動物園は、ちょうど1年前に伺いました。決して便利といえない場所にあり、とりたてて珍しい動物がいるわけでもないのに、心のそこから楽しめるものを作り出されたことは本当に驚きでした。

 ただ、センチュリー響は、上のQ&Aにもありますように、収入を目的にしない自由な活動をされてきたことを、否定的にとり、決して楽ではない財政の中、精一杯頑張ってこられた方々の気持ちを踏みにじるようなことがあってはならないと思います。

http://mic.e-osaka.ne.jp/century/
 センチュリー響のサイトもご覧になってください。ファンクラブ、ワンコインサポートがスタートしています。
 今後の活動に注目したいと思っています。(^^

Posted by: winter-cosmos | July 28, 2008 18:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「残る文化は必死さが違う」:

» ●競争原理主義者 [空と旅と風景と]
 珍しく10時過ぎに帰宅。それが日常、という方も多いのだろう。  仕事で忙しそう [Read More]

Tracked on July 30, 2008 11:47

» 橋下徹、芸術を語る。 [慢性疲労症候群日記]
 橋下知事が芸術論「残る文化は必死さが違う」  こらこらアンタ、『サンデージャポ [Read More]

Tracked on August 05, 2008 00:52

« 猛暑 | Main | 「北西の風・雨 ・所により雷を伴い 激しく降る」 »